Fターム[2C056KC09]の内容

インクジェット(インク供給、その他) (179,423) | インクタンク (8,461) | インクタンクの内部構造 (2,873)

Fターム[2C056KC09]の下位に属するFターム

Fターム[2C056KC09]に分類される特許

1 - 20 / 247


【課題】吐出性の優れた液滴吐出装置を提供する。
【解決手段】供給部から供給される機能液を貯留するとともに、貯留された前記機能液を排出するタンクを含み、前記タンクは、底部と、前記機能液が供給される供給口と、前記機能液が排出される排出口と、を有し、側面視において、前記底部が配置された高さ位置と前記供給口が配置された高さ位置との間の高さ位置に前記排出口が配置された。 (もっと読む)


【課題】流体カートリッジの部屋の容積を容易に変更可能な手段を提供する。
【解決手段】インクカートリッジ30は、インク室36にインクを貯留可能な本体31と、インク室36から本体31の外部にインクを流出可能なインク供給部37と、インク室36内に装着可能に設けられる少なくとも一部の側壁部83を有し、インク室36内の容積を変更可能な第1オプション部材80と、を具備したものである。第1オプション部材80の有無により、インク室36の容積が容易に変更可能である。 (もっと読む)


【課題】金属粒子を含む光硬化型インクを長期にわたって安定的に保存可能な光硬化型インク用容器およびインクパックを提供すること。
【解決手段】光硬化型インク用容器10は、金属粒子と重合性化合物と光重合開始剤とを含む光硬化型インク100を収容する容器であって、内部に、光硬化型インク100を収容可能な第1の空間21と、隔壁4を介して第1の空間21に隣接し、酸素含有ガスを収容した第2の空間22と、を有し、隔壁4が酸素透過性を有していることを特徴とするものである。これにより、第2の空間22から第1の空間21へと継続的に酸素が供給されるため、酸素による重合禁止効果が継続的に発揮され、光硬化型インク100の重合反応を長期にわたって防止することができる。 (もっと読む)


【課題】インクカートリッジ内に揺動可能に設けた撹拌部材の撹拌動作に伴う騒音を抑制可能とする技術の提供

【解決手段】支持構造によって撹拌部材をキャリッジの往復動によって揺動可能な状態で液体収容室内に収容し
、撹拌部材の少なくとも一部に液体収容室での揺動によって液体収容室内の液体を撹拌する撹拌面を形成してお
く。そして、支持構造と撹拌部材との間に緩衝部材が設けておく。こうすれば、撹拌板が液体収容室の壁面に衝突して生じる支持構造に対する撹拌部材の振動の結果、支持構造と撹拌部材との間で発生する衝突音を低減する
ことができる。 (もっと読む)


【課題】比較的大きな又は比較的長い印刷ジョブを均質に高い印刷品質で実行することができる、記録媒体に印刷するためのインクプリンタを提供する。
【解決手段】脱気流入部(34)から流れるインクがまず半径方向に所定の傾斜角度(α)を成して流出して、中間インク容器(30)の底部(45)又は容器壁(46)によって変向されるように、少なくとも1つの流れ方向付与部が、インクで満たされている中間インク容器(30)の領域の内側において底部(45)に対して間隔を持って傾いて配置されており、これによりインク流が中間インク容器(30)において形成され、インク流により中間インク容器(30)内においてインクの混合が行われるようにした。 (もっと読む)


【課題】固体インクのインクの溶融に要する時間を短縮する。
【解決手段】相変化インクを貯蔵するための容器は、主として断熱材料で構成され、内部に一定量の空間を有するハウジング204と、ハウジング内に位置合わせされる加熱エレメント212とを含む。加熱エレメントは空間量の高さ及び幅によって画定される面積より大きい表面積を有し、印刷装置と流体で連通する出口224に近接する加熱エレメントの少なくとも一部が、出口に近接する固体インクを空間量の残りの部分における固体インクより固体インクを急速に溶融して印刷動作を可能にする。 (もっと読む)


【課題】カートリッジケースに設けられたリブが損傷して、カートリッジケースの再利用回数が制限される。
【解決手段】インク収容袋202は、袋本体221に供給口部材222を接合してなり、供給口部材222には、袋本体221内のインクを外部(装置本体側)に供給するために装置本体側から中空針が刺し通される供給口部223が形成され、また、装置本体側のカートリッジホルダ6に設けられるガイド溝261、262に対応するガイドリブ225、226が設けられている。 (もっと読む)


【課題】インクなどの液体を収容するための液体容器であって、容器内の液体残量を検知するための揺動体を容器に取り付ける作業が簡易且つ単純であり、取り付けられた揺動体が安定して容器内の所定位置に保持されるものを提供する。
【解決手段】第一の向きに開放された第一の開口57aを有するインク収容室11を備えた本体フレーム50と、インク収容室11と連通開口16を介して連通する指示室15を内部に備えた突出部14と、第一の向きに延びる揺動軸77と、指示部72とフロート部73とを有し第一の開口57aを通じて第一の向きへ取り出すことの可能な外形状を成す揺動体70と、揺動軸77に取り付けられて揺動体70の落脱を防止するとともに揺動体70の揺動範囲を指示部72が指示室15に存在する範囲に規制するキャップ60と、第一の開口57aを覆うフィルム40とを含めて、液体容器を構成する。 (もっと読む)


【課題】液体収容容器に外部から衝撃が加わったとしても、センサー部が破損する可能性を低減できる技術を提供することを目的とする。
【解決手段】液体収容容器は、液体を収容する可撓性を有する収容体本体と、収容体本体を内部に収容する容器本体と、液体排出流路を形成する円筒形状の排出流路形成部と、液体排出流路と連通する流路である液体検出室を形成する検出室形成部と、検出信号を出力するセンサー部と、容器本体に設けられた第1の規制部材であって、排出流路形成部の動きを規制するために排出流路形成部を挟持する第1の規制部材と、容器本体に設けられた第2の規制部材であって、排出流路形成部を回転軸とした検出室形成部の回転を規制するために検出室形成部を挟持する第2の規制部材と、を備える。 (もっと読む)


【課題】液体残量を複数の液量レベルで検出することが可能な液体カートリッジ、及び、液体供給装置を提供すること。
【解決手段】インクカートリッジ5は、インク貯留室33を形成する壁の少なくとも一部に透光部を備えたカートリッジ本体30と、インク貯留室33内において液量に応じて移動するフロート40と、発光素子63から照射された光を、フロートに導くアーム41と、フロート40に設けられ且つ光出口53を有する突出部43を備えている。そして、アーム41によりフロート40に導かれた光が、光出口53からカートリッジ本体30の外側へ照射される。 (もっと読む)


【課題】プリントヘッドにおいて、固化したインクに気泡を閉じ込めることなく、溶融したインクを固化させる。
【解決手段】画像受領基板上に溶融インクを噴出するプリントヘッド100であって、ハウジング104と、プリントヘッド100から噴出する溶融インクを貯蔵するように構成された、ハウジング内のタンクまたはチャンバ108と、タンク108内において溶融インクの固化を制御するために溶融インクと熱的に連結している熱導体112とを備える。 (もっと読む)


【課題】コスト低減並びに環境負荷低減を図ることのできるインクカートリッジを提供する。
【解決手段】チャンバー4を規定する一つまたはそれ以上の壁を備えるハウジング1と、ハウジング1の第1の壁から延出される流体吐出口30と、湾曲した流体の導管42を備えるサイフォン構造とを備え、導管42は、チャンバー4の内部に配置される流入端部43から流体吐出口30に配置される導管42の反対側の流出端部44まで延びてなる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、インクジェットプリントヘッドに連通するタンクヘッド内の共通チャンネルに貯蔵されるインクに気泡が発生しないインクジェットプリントヘッドアセンブリ及びそのインク供給方法に関する。
【解決手段】本発明の一実施例によるインクジェットプリントヘッドアセンブリは、外部から提供されるインクを貯蔵するインクタンクと、前記インクタンク内を区画する隔壁と、前記インクタンク内のインクが少なくとも2つのインク移動ホールを介して流入され、前記インク流入ホールを連通する共通チャンネルが形成されるタンクヘッドと、前記タンクヘッドと結合され、前記共通チャンネル内のインクを吐出するインクジェットプリントヘッドと、を含むことができる。 (もっと読む)


【課題】液体噴射装置に供給する液体を収容する液体容器において、液体容器の内圧が高くなった場合にも、液体が漏出しにくくなるようにする。
【解決手段】液体容器100は、液体を収容する収容部101と、空気導入部140を備える。収容部101は、液体送出口120aと、空気導入口130aと、収容部101内の圧力減少に伴って変形する変形部112,114と、を備える。空気導入部140は、以下の構成を備える。収容部101の内部において空気導入口130aの周りにある第1の封止部142。収容部101の内部において変位可能に設けられ、第1の封止部142を外部に向かって押圧して空気導入口130aを塞ぐ第2の封止部144,145。第2の封止部144,145を第1の封止部142に向かって押圧する付勢部146。空気導入部140は、変形部112の変形を伝達されて、第2の封止部144,145を第1の封止部142から離す。 (もっと読む)


【課題】印刷品質の低下を抑制しつつ、液体の撹拌を行うことができる液体噴射システム、液体噴射装置及び液体収容体を提供する。
【解決手段】液体噴射システムは、主走査方向Xに沿って移動するキャリッジと、キャリッジに搭載される液体噴射ヘッドと、キャリッジに配置される液体収容体16と、主走査方向Xと交差する副走査方向において、液体収容体16の一方側の端部と隣接する位置に配置される磁石25とを備える。液体収容体16の内底面は、上下方向Zにおいて磁石25よりも低い高さ位置で副走査方向における一方側から他方側に向かって下方に傾斜しつつ延びる往路斜面28と、副走査方向における他方側から一方側に向かって下方に傾斜しつつ延びる復路斜面29とを有し、液体収容体16内には、自重により往路斜面28及び復路斜面29を移動可能であるとともに、磁石25の磁力で上昇する磁性体26が収容されている。 (もっと読む)


【課題】粒径の大きなインクを用いる場合であっても安定した印字品質が得られる、液滴吐出装置を提供する。
【解決手段】基板上にインクを吐出する液滴吐出ヘッドと、インクを収容したインクパック150,151と、インクパック150,151を収縮させる収縮部材と、を備えた液滴吐出装置である。インクパック150,151は、その内部に、インクを攪拌する攪拌部材200と、攪拌部材200の移動をガイドするガイド部201と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】
頂点(部)を持つプリズム被検知部では、オリジナルの状態は無論のことインクが再充填された場合は特にその能力が低下するという課題がある。また一方で、顔料や染料の分子量が大きくなってきた現状では、会合や凝集でさらに大型化するため、表面エネルギーも大きく変化してくることが原因として推定される。
【解決手段】
インクを直接収納するインク室内の相対的に下側に位置し互いに対向しつつ相対的に上方に向かう第1斜面及び第2斜面を備えた光学的被検知部が、相対的に上方に向かい前記対向する第1斜面及び第2斜面の上部と連続するとともに前記第1斜面及び第2斜面の表面エネルギーよりも高い表面エネルギーである上面を備えているインク収納容器。 (もっと読む)


【課題】分解・組み立てが容易であり、落下時の衝撃などによって係合が簡単に外れて分解してしまうことのないインクカートリッジを提案すること。
【解決手段】インクカートリッジ20のカートリッジケース21は、ケース本体40の両側に蓋板41、42を着脱可能に組み付けて構成される。ケース本体40に対する蓋板41の着脱式の係合機構は、蓋板41の第1係合板101(1)を強制的に弾性変形させて、ケース本体40の第1係合突起103に係合させ、その係合を解除させるものである。第1係合板101(1)の弾性変形は、他方の蓋板42の係合保持板104(1)により拘束されている。蓋板42をケース本体40から外さない限り、係合機構の係合が解除されて蓋板41がケース本体40から外れてしまうことがない。 (もっと読む)


【課題】液体検出装置を備えた液体収容容器において、収容される液体の種類が極端に限
定されることがない技術を提供すると共に、液体検出装置が出力する検出信号の精度の低
下を抑制できる技術を提供することを目的とする。
【解決手段】液体噴射装置が噴射する第1種の液体を液体噴射装置に供給するための液体
収容容器であって、第1種の液体を収容可能な液体収容室と、液体収容室から液体噴射装
置に第1種の液体を流通させる液体供給流路と、圧電素子を有する液体検出装置であって
、液体供給流路と連通する連通室と、連通室に存在する流体の振動特性に応じた検出信号
を出力する液体検出装置と、を備え、当液体収容容器は、第1種の液体と、第1種の液体
よりも比重が小さく、第1種の液体と相分離する不揮発性の第2種の液体と、を収容して
いる。 (もっと読む)


【課題】 液体収納容器の吸収部材の浸透界面を平坦な状態に近づけ、吸収部材に保持される液体の偏りを低減させる。
【解決手段】 下段の側壁で囲まれた開口部より上段の側壁で囲まれた開口部が大きな液体収納容器の製造方法であって、吸収部材を上下方向に圧縮して配置し、液体を注入し、吸収部材の側面から排出させた液体を吸収部材と第2の側壁との間に保持し、圧を解放をして、保持された液体を吸収部材に再吸収させる。 (もっと読む)


1 - 20 / 247