Fターム[2C056KC17]の内容

インクジェット(インク供給、その他) (179,423) | インクタンク (8,461) | インクタンクの内部構造 (2,873) | 大気連通手段 (742) | インク漏出防止 (231)

Fターム[2C056KC17]に分類される特許

1 - 20 / 231



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】液体噴射装置に液体を供給する液体収容容器に関し、液体収容容器を液体噴射装置に装着する際に気泡が発生した場合であっても、液体噴射装置への気泡の侵入を低減する技術を提供することを目的とする。
【解決手段】液体噴射装置に液体を供給する液体収容容器1であって、液体を収容する液体収容部12と、液体を前記液体噴射装置に供給する液体供給部30と、液体収容部12と液体供給部とを連通させる液体連通流路22とを備え、液体供給部30は、液体噴射装置に接続するための液体供給口35と、液体供給口35から鉛直上方に伸びる中空の液体供給流路32であって、下端が前記液体供給口35に接続され、上端が閉塞した液体供給流路32とを有し、液体供給流路32の途中には、液体連通流路22からの液体が流入する液体流入孔33が開口している。 (もっと読む)


【課題】液体貯留手段の着脱を行ってもフィルター上に気泡が残留するのを抑制することができる流路部材、液体噴射ヘッド及び液体噴射装置を提供する。
【解決手段】液体貯留手段20に設けられた供給部23が接続されて、前記液体貯留手段20から前記供給部23を介して液体が供給される流路311が開口する取付部316を有する流路部材30であって、前記取付部316には、前記流路311の開口を覆い、当該取付部316の前記供給部23側の面に固定されたフィルター317が設けられており、該フィルター317には、前記供給部23側に開口すると共に当該フィルター317の縁部に達する溝部318が設けられている。 (もっと読む)


【課題】印刷流体カートリッジが挿抜されるときに、装置の外側へ印刷流体が飛散することを抑制する手段を提供する。
【解決手段】カートリッジ装着部110は、開口112を通じてインクカートリッジ30B,30CLがそれぞれ挿入されるケース101と、回動軸13周りに回動されることにより、開口112を閉じる閉姿勢及び開口112を開く開姿勢に姿勢変化する平板形状の蓋12と、ケース101の終面102に設けられており、インクカートリッジ30B,30CLのインク供給口71,171に接続されてインクを導出するインク供給管122と、を具備する。蓋12は、回動軸13に沿った幅方向の一端側が、その一端側の端面17が閉姿勢においてケース101の終面102側を向くように湾曲された湾曲部14を有している。湾曲部14は、開姿勢においてケース101の底面側から上方へ起立する。 (もっと読む)


【課題】複数の印刷流体カートリッジが装着可能な記録装置において、印刷流体カートリッジの誤装着を防止する手段を提供する。
【解決手段】カートリッジ装着部110は、インクカートリッジ30B,30CLが挿入されるケース101と、回動軸13周りに回動されることにより、開口112を閉じる閉姿勢及び開口112を開く開姿勢に姿勢変化する平板形状の蓋12と、を具備する。蓋12は、回動軸13に沿った幅方向の一端側が、その一端側の端面が閉姿勢においてケース101の終面102側を向くように湾曲された湾曲部14を有する。インクカートリッジ30Bは、後壁42の高さ方向52に沿った角部が、閉姿勢における蓋12の湾曲部14と当接しないように面取りされている。インクカートリッジ30CLは、後壁142の高さ方向52に沿った角部162が、開姿勢から閉姿勢へ姿勢変化する蓋12の湾曲部14と当接して閉姿勢への姿勢変化を制止する。 (もっと読む)


【課題】電気的インターフェースとの導通不良を防止可能な印刷流体カートリッジを提供する。
【解決手段】インクカートリッジ30は、前壁40及び後壁42を有する本体31と、前壁40と後壁42との間で奥行き方向53に拡がる上面67に配置されており、接点106と導通可能なIC基板74と、ロック部材145と当接する係止面46と、を具備する。IC基板74は、係止面46より奥行き方向53の前側であって、奥行き方向53に並んで配置されたものである。 (もっと読む)


【課題】空気通路を通じて液体収容部に空気を取り入れる液体容器に検出部材を設けた場合に、検出部材の表面に気泡が付着することを抑制可能な技術の提供を目的とする。
【解決手段】内部に液体を収容する液体収容部内に検出部材が設けられた液体容器において、液体容器の外部から空気通路を通じて取り入れた空気を液体収容部内に供給する空気口を、検出部材よりも上方に設けることとする。こうすれば、検出部材よりも上方で気泡が発生するので、検出部材への気泡の付着を抑制することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】液体収容室の内側壁面に接触している気泡の体積を、複雑な画像処理を必要とすることなくより正確に計測する。
【解決手段】液体収容室8の内側壁面6aを下方に向けかつ水平にして液体収容容器1を保持するステップと、気泡18を水平方向から撮影するステップと、撮影された画像における気泡18の輪郭上の、横軸方向に最も離れている第一および第二の点P1,P2の位置を取得し、最も下方に位置する第三の点P3の位置を取得し、壁面6aに接触している接触部分の位置を取得するステップと、気泡18の形状を、第一および第二の点P1,P2を結ぶ線分を長軸、長軸に対して第三の点P3とは対称の位置にある仮想点P4と第三の点とを結ぶ線分を短軸とする仮想の楕円形状を短軸のまわりに1回転させて形成される仮想の回転楕円体形状から接触部分より上側の部分が取り除かれた形状とみなして、気泡18の体積を算出するステップと、を含む。 (もっと読む)


【課題】外気の流入、内気の流出、内部液体の漏出の無い接合部を持つ液体流路ユニットを提供することを目的とする。
【解決手段】液体流路ユニットは、複数部材の接合によって構成され、その接合箇所に任意の気密性を有し、ユニット内部に液体を保持する機能が要求されており、ユニット構成部材接合部の全部ないし一部が液体に接液しており、購成部材接合部の表面が任意の擾液性もしくは親液性またはその両方を有する。 (もっと読む)


【課題】破壊による液体の流出や混合を抑制する流路部材、液体噴射ヘッド、液体噴射装置を提供する。
【解決手段】ベース部31とカバー部32とで分割可能なカバー30と、液体の流路が形成された積層構造を有する流路部材本体40と、を具備し、他方の部材に向かって突出する第1当接部612bと、第1当接部612bより締結部材37に近い領域に設けられた第2当接部327とは、ベース部31及びカバー部32を締結部材37で締結する前に、第1当接部612bが他方の部材に当接し、且つ第2当接部327が他方の部材との間に隙間を有し、且つ締結部材37を締結することで、第2当接部327と他方の部材との距離が短くなるように設けられている。 (もっと読む)


【課題】カートリッジ装着部から印刷流体カートリッジが取り出されるときのインクの垂れを防止すること、又は装置の小型化の少なくとも一方が解決できる構造を備えた印刷流体カートリッジ又は記録装置を提供する。
【解決手段】インクカートリッジ30は、取出向き55へ作用する外力に抗してインクカートリッジ30を係合可能な係合部材145を有するカートリッジ装着部110に装着される。インクカートリッジ30は、インクが貯留されるインク室36を有する筐体31と、筐体31に対してスライド可能に設けられており、そのスライドによって係合部材145の係合を解除する解除部材60と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】カートリッジ装着部から印刷流体カートリッジが取り出されるときのインクの飛び散りを防止すること、又は装置の小型化の少なくとも一方が解決できる構造を備えた印刷流体カートリッジ又は記録装置を提供する。
【解決手段】インクカートリッジ30は、係合部材145との係合を解除する第1位置と、係合部材145との係合を解除しない第2位置とにスライド可能な操作部材60を具備する。操作部材60は、第2位置から第1位置に移動するとき、係合部材145の係合端部146をインクカートリッジ30の外部へ移動させるものである。 (もっと読む)


【課題】インクカートリッジへ空気を流入させるための半透膜がインクと接触したとしても、空気の通過度が回復されやすい手段を提供する。
【解決手段】プリンタ10は、インク室36を有する本体31、及び本体31に設けられており、インク室36に貯留されたインクを外部へ流出させるインク供給部37を有するインクカートリッジ30と、インクカートリッジ30が装着されるカートリッジ装着部110と、を備える。インクカートリッジ30は、インク室36へ気体を流入可能な気体流路77を有する。カートリッジ装着部110は、気体流路77と接続されており、気体流路77との接続部とは異なる箇所において開口している部屋107と、部屋107の開口109を封止する半透膜124と、部屋107に設けられ、気体流路77からインクが流入したときに空気が残存する空気溜まりとしての第2空間116を具備する。 (もっと読む)


【課題】インクカートリッジのインク室を大気連通するために設けられる半透膜の面積を小さくすることが可能な手段を提供する。
【解決手段】インクカートリッジ30は、インクが貯留されるインク室36を有する本体31と、本体31に設けられており、インク室36に貯留されたインクを外部へ流出させるインク供給部37と、本体31に設けられており、インク室36へ空気を流入可能な大気連通部38と、を有する。カートリッジ装着部110は、4個のインクカートリッジ30がそれぞれ挿入されるケース101と、ケース10に設けられており、各大気連通部38とそれぞれ接続可能な4個の気体流路107と、4個の気体流路107と接続されており、各気体流路107との接続部とは異なる箇所において開口109を有する合流路108と、合流路108の開口109を封止する半透膜124と、を有する。 (もっと読む)


【課題】液体を導出する液体導出管を液体収容体から抜き出すときに、その液体収容体から漏れ出す液体を回収する液体導出管取り付け構造およびその液体導出管取り付け構造を備える液体噴射装置を提供する。
【解決手段】スライダ40内に第1インク吸収体を収容し、その当接面51aがスライダ40から突出するように配設した。そして、カートリッジ18がスライダ40に装着される間、カートリッジ18の差込面19bに当接面51aを当接させて、カートリッジ18の差込口を第1インク吸収体で覆うようにした。 (もっと読む)


【課題】環境変化によって生じるインキ吐出口からのインキの流出を抑制しつつ、インキ収容部に豊富な量のインキを収容して、本来の生インキ式としての、印字持続性、インキ残量の視認という特長点を得たインキジェットプリンタ用インキタンクを提供する。
【解決手段】インキを自由状態で収容するインキ収容部3aと、そのインキ収容部3aからインキ1が供給されるインキ吐出口2と、インキ収容部3aの内部圧力上昇分のインキ1を、一時的に収容可能とした、一時的インキ溜め部10を配置してなるインキジェットプリンタ用インキタンクであって、前記インキタンクに直接、前記インキタンクの内外の圧力差によって作動可能とした差圧弁を接続すると共に、一時的インキ溜め部10の、インキ1の収容容積を、インキ収容部3aに収容したインキ1の収容容積の50%未満としたインキジェットプリンタ用インキタンク。 (もっと読む)


【課題】インクタンクを大容量化した場合においても、溶着稜線の長さを長くすることなく、インクタンクのシール性の信頼性を保持する。
【解決手段】インクタンクは、インクを収納するインク収納部と、前記インクを供給する開口部を形成する前記インクタンクの筐体の一側面と、接続部材と係合するジョイント部材120と、を具え、ジョイント部材120は、前記一側面に対して前記開口部の周縁の部位に沿って溶着され、位置決めのための前記接続部材を内部に挿入して係合するための位置決め孔123を形成する中空部を有し、前記中空部は、略円形状の溶着部121の円の外側に設けられて、且つ、前記一側面に対して溶着されずに当接する。 (もっと読む)


【課題】液体収納容器内に存在する空気の量を適確に管理可能な液体収納容器の製造方法および製造装置を提供すること。
【解決手段】圧縮部材503Bによって、仕切り壁150の表面に接する負圧発生部材503A,503Bの外面を押圧し、圧縮部材503Aによって、仕切り壁150と対向する第1凹部100Aの内面に接する負圧発生部材503A,503Bの外面を押圧する。挿入爪504による負圧発生部材503A,503Bの外面の押圧を維持したまま、圧縮部材503Bによる負圧発生部材503A,503Bの外面の押圧を解除しつつ、負圧発生部材503A,503Bを第1凹部100A内に収納する。負圧発生部材503A,503Bを第1凹部100A内に収納してから、挿入爪504による負圧発生部材503A,503Bの外面の押圧を解除する。 (もっと読む)


【課題】インクジェット方式の画像形成装置に備えられ、インクを吐出するヘッドと一体のインク収容部を有し、ヘッドの向きを変更可能であるとともに、ヘッドの向きを変更してもインク収容部内のインク量を検知可能なインク収容容器及びこれを備えたかかる画像形成装置の提供。
【解決手段】回動により、ヘッド61の位置が変化する態様で、少なくともヘッド61からインクを吐出する第1の配置状態と、第1の配置状態と異なる第2の配置状態とを有するインク収容容器50が、インク収容部54内のインクを介して電流が流れることでインクを検知する複数の検知部材53a、53bを有する。検知部材53a、53bは、第1の配置状態と第2の配置状態とでインク収容部54の回動中心に対する位相が変化するとともに、インク収容部54の回転面内で互いに異なる方向を向くようにインク収容部54に配設されている。 (もっと読む)


【課題】液体収容容器が落下した際など、液体収容容器に衝撃が加わった場合でも、デバ
イスの損傷を回避することができる技術を提供する。
【解決手段】液体収容容器は、液体を内部に収容する液体収容室と、液体を噴出ヘッドに
供給するための液体供給部と、液体収容室から液体供給部に液体を供給するための経路中
に設けられ、内部にデバイスを備えるデバイス室と、内部が空気で満たされており、液体
収容室から液体が逆流した場合に液体をトラップする空気室と、を備える。デバイス室を
囲む壁のうち、少なくとも一部の壁は、空気室と隣接している。 (もっと読む)


1 - 20 / 231