説明

Fターム[2C057AG81]の内容

Fターム[2C057AG81]の下位に属するFターム

Fターム[2C057AG81]に分類される特許

1 - 14 / 14


【課題】 フレキシブル配線基板の屈曲部の張り出しや接着部の浮き上がりの恐れを低減でき、フレキシブル配線基板の、インクジェット記録装置内部の部品や記録用紙との接触による損傷の恐れを低減する。
【解決手段】 フレキシブル配線基板14は、液体を吐出するためのエネルギーを発生するエネルギー発生素子を有する液体吐出ヘッド1に用いられ、樹脂からなる基材401と、該基材401に積層され、エネルギー発生素子に電気的に接続される電気配線404aと、を有し、屈曲された屈曲部14bを備えている。屈曲部14bの稜線14cを跨いで電気配線4004aが配されており、フレキシブル配線基板14は、基材401のうちの、電気配線404aが配されていない領域に、稜線14cを跨いで配された、エネルギー発生素子に電気的に接続されない金属層404bを有する。 (もっと読む)


【課題】製造が簡単な液体吐出ヘッドおよびそれを用いた記録装置を提供する。
【解決手段】液体吐出孔が開口している液体吐出孔面ならびに液体加圧室およびマニホールドの液体導入孔5bが開口している、液体吐出孔面に対向している液体加圧室面を有する平板状長方形状の流路部材4と、液体加圧室面の上に積層されている平板状の圧電アクチュエータ21と、信号伝達部と、凹部63および分岐流路61を有し、平板状の分岐流路部材60と、リザーバ流路41、貫通孔42および側面保護板43を有し、分岐流路部材の上に積層されているリザーバ流路部材40とを備える液体吐出ヘッド2であって、前記信号伝達部は、前記凹部の開口および前記貫通孔を通って前記リザーバ流路部材の上方に引き出されているとともに、前記凹部の開口は、前記流路部材および前記分岐流路部材の長辺を含む側面に沿って延在している前記側面保護板で覆われている液体吐出ヘッドを用いる。 (もっと読む)


【課題】本発明はインクジェットヘッド、インクジェットヘッドの製造方法及びインクジェットヘッド用電気接続装置に関する。
【解決手段】本発明によるインクジェットヘッドは、内部に形成されるインクチャンバ及び上記インクチャンバと隣接した表面に形成される電極部を含むヘッドの胴体と、上記電極部と電気的に連結されるように上記ヘッドの胴体に装着される圧電アクチュエータと、ボンディングツールにより加圧され相互高さが異なる上記電極部及び上記圧電アクチュエータに伝導性接着剤により電気的に連結される基板部と、を含むことができる。 (もっと読む)


【課題】共通供給流路形成部材の剛性を高めて取扱性の向上を図り、吐出特性が安定した動作信頼性の高い液滴吐出ヘッドを提供する。
【解決手段】列状に配置された複数のノズル1と、各ノズル1にそれぞれ個別に連通して設けられた圧力室3と、圧力室3に圧力の変動を与える圧力発生手段17と、圧力室3に個別に連通して設けられた個別供給流路4と、各個別供給流路4と連通する共通供給流路8を形成した共通供給流路形成部材10を備え、共通供給流路8を通して供給された液体を各個別供給流路4を通して各圧力室3に導入し、圧力発生手段17により圧力室3に圧力の変動を与えて、ノズル1から液滴を吐出する液滴吐出ヘッドにおいて、共通供給流路形成部材10の共通供給流路8内に、ノズル配列方向と直交する方向に延びる格子部9をノズル配列方向に沿って所定の間隔をおいて複数形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】動作信頼性の高い液滴吐出ヘッドを提供する。
【解決手段】ノズル開口11を有するノズルプレート10と、共通液体溜まり71の液体をノズル開口11と連通する圧力発生室31に供給する液体流路32と、圧力発生室31に対向する位置に設けられた振動板40とからなる流路基板5と、流路基板5を保持する高剛性部材70と、振動板40を介して複数の振動子81を固着したアクチュエータ80を備え、アクチュエータ80に各振動子81を個別駆動する駆動IC84を有する電気的接続部材83が接続され、駆動IC84からの熱を放散する放熱部材93が固着されて、アクチュエータ80と駆動IC84を有する電気的接続部材83と放熱部材93が高剛性部材70と保護部材95で覆われて密閉されている。 (もっと読む)


【課題】外力に対して脆弱な吐出口面の剛性を強化することができるインクジェット記録ヘッドを提供する。
【解決手段】インクジェット記録ヘッドは、吐出口プレート7の厚みを増すように吐出口プレートの基板5に対向する面上に設けられた梁状突起9を有している。インク吐出口3からのインク吐出量がインク供給口(共通液室)8の両側にそれぞれ配置されたインク吐出口列ごとに異なっている。梁状突起9と同じく吐出口プレート7の基板5に対向する面上に設けられ、梁状突起9からインク吐出量が大きい方のインク吐出口列側に延びるように梁状突起9と一体に形成された補強リブ4が基板5上に接触している。 (もっと読む)


【課題】共通インク室を大型化する必要なく、簡単な構造で、クロストークに起因する圧力室間の影響を少なくすることのできるインクジェットヘッドを提供すること。
【解決手段】側壁の少なくとも一部が圧電材料により形成された圧力室11が多数並設されたヘッドチップ1に、各圧力室11に共通にインクを供給する共通インク室5が設けられ、前記圧力室11のインク入口11a、インク出口11b及びノズル21が直線上に配置され、前記側壁の壁面に形成された駆動電極に電圧を印加することにより該側壁をせん断変形させ、前記圧力室11内のインクに圧力を付与してインクを前記ノズル21から出射するインクジェットヘッドにおいて、前記共通インク室5における前記圧力室11のインク入口11aとインク出口11bとを結ぶ直線の延長線に対して交叉する壁面部材9が、体積弾性率40GPa以下の材質からなることを特徴とするインクジェットヘッド。 (もっと読む)


【課題】紙ジャム等によって記録ヘッドの吐出口面が損傷するのを防ぐ。
【解決手段】記録ヘッド1001の記録素子基板1100の側面は、第1の封止樹脂1307によって封止され、支持板に固定された配線基板1300との電気接続部は第2の封止樹脂1308によって封止される。記録素子基板1100の吐出口面に、紙ジャム等によって折れ曲がった被記録媒体が接触するのを防ぐために、記録素子基板1100の側縁に沿って、配線基板1300の表面に所定の高さで突出する第3の封止樹脂1309を被着させる。 (もっと読む)


印字ヘッドモジュールが、印字ヘッド本体(102)、ノズルプレート(110)、および1つ以上の圧電アチュエータ(120)を含む。上記印字ヘッド本体は、1つ以上のポンピングチャンバ(104)を含み、各ポンピングチャンバは、印刷液供給源から印刷液を受け取るための受取り端部とポンピングチャンバから印刷液を噴射するための噴射端部とを含む。上記ノズルプレートは、ノズルプレートを貫通して形成された1つ以上のノズル(112)を含む。各ノズルは、ポンピングチャンバと流体的に連絡し得、ノズルからの噴射から印刷液を受け取る。上記1つ以上の圧電アチュエータは、上記ノズルプレートと接続される。圧電アチュエータは、各ポンピングチャンバ上に配置され、ポンピングチャンバを歪ませ加圧することにより、ポンピングチャンバの噴射端部と流体的に連絡している対応するノズルから印刷液を噴射させるように構成された圧電物質を含む。
(もっと読む)


【課題】インク流路における気泡発生と成長を抑制したインクジェット記録ヘッド、及びそれを備えたインクジェット記録装置を提供すること。
【解決手段】 例えば、ノズルプレート1と、共通流路プレート2と、供給路プレート3と、連通路プレート4と、圧力発生室プレート5と、振動板6と、による計6枚のプレートを積層接合することにより構成されたインクジェット記録ヘッドにおいて、各プレートにはインク流路の少なくと一部を構成する各貫通口の内壁を含む全表面に渡って樹脂層を形成する。そして、この樹脂層19により接合する。 (もっと読む)


【課題】液滴吐出ヘッドの静電アクチュエータを構成する振動板と個別電極との間のギャ
ップの封止を絶縁膜を利用して行い、その小型化、低コスト化を図る。
【解決手段】一方の面にノズル32に連通する流路及び振動板12が形成され他方の面に
絶縁膜16が形成された第1基板1と、第1基板1に接合され振動板12とギャップ17
を介して対向する個別電極23が配線された第2基板2とを備え、絶縁膜16の振動板1
2に対応した部分が他の部分より薄くされた凹部16aとして形成されており、個別電極
23は第2基板2の基材内に埋め込まれていて個別電極23の表面と第2基板2の基材表
面とが同一面を構成しており、ギャップ17が絶縁膜16の凹部16aと第2基板2とに
より構成されて封止状態とされている液滴吐出ヘッド。 (もっと読む)


【課題】 インク吐出特性のばらつきを抑える。
【解決手段】 流路ユニットには、複数の圧力室が形成されている。アクチュエータユニット42は、各圧力室と対向する位置に形成された個別電極60と、複数の個別電極60の各配列方向外側に離隔された周縁電極65と、共通電極とを含んでいる。複数の個別電極60及び複数の周縁電極65と共通電極との間には、圧電シート91が配置されている。圧電シート91において周縁電極65及び個別電極60と対向するそれぞれの領域は、ともに同程度に分極している。複数の周縁電極65は、導電部材75,76によって互いに電気的に接続されている。 (もっと読む)


【課題】基板の反りや破損等の製造上の問題を回避しつつ、ヘッドのコンパクト化、記録性能の向上、コストダウンを図る。
【解決手段】素子基板10は、基板11と、基板11を貫通するインク供給口13と、基板11上に設けられ、インク供給口13から流入したインクに吐出エネルギーを供給するエネルギー供給手段16とを有している。素子基板10の製造方法は、基板11上にエネルギー供給手段16を形成する工程と、その後に、基板11を薄化する工程と、その後に、基板11にインク供給口13を形成するインク供給口形成工程とを有している。 (もっと読む)


インクジェット装置は、水冷式シャシー(100)の平行な熱管理面(50a、50b)に背面合わせに配置された2つの圧電アクチュエータ(106、108)を有する。シャシーは、熱伝導率の高い2つの凹状プラスチック成形部品(102、104)を合わせることによって形成される。2つのアクチュエータに取り付けられた共通のノズル(112)プレートは、正確なノズル整合を保証する助けとなる。
(もっと読む)


1 - 14 / 14