説明

Fターム[2C061HK19]の内容

付属装置、全体制御 (183,611) | 制御のための検知、計数の対象 (21,184) | 計数、カウント (5,981) | 時刻、タイマ (3,046)

Fターム[2C061HK19]の下位に属するFターム

Fターム[2C061HK19]に分類される特許

201 - 220 / 2,917


【課題】本発明は、より消費電力の少ない画像形成設定で画像形成処理する。
【解決手段】画像形成装置1は、画像データに基づいて複数の画像形成モードと複数の画像形成条件のうち設定された画像形成モードと画像形成条件で用紙に画像形成する際に、コントローラ2のCPU21が、画像形成モードと各画像形成モードに対して予め設定されている基本消費電力量に基づいて該画像形成モードでの画像形成による消費電力量を算出し、また、画像形成モード毎の各画像形成条件での画像形成による消費電力量を測定して、算出した消費電力量及び測定した消費電力量を該画像形成モード及び該画像形成条件に対応させてデータメモリ24に記憶させ、設定された画像形成モード及び画像形成条件による消費電力量を、データメモリ24を参照して決定して、操作部3のLCD33に表示出力する。 (もっと読む)


【課題】エラーの誤検知を抑制することが可能なプリンタを提供すること。
【解決手段】本発明は、エラー状態、及び非エラー状態を検出するセンサ35と、センサ35の検出結果に基づき、プリンタ100にエラーが発生しているか判定を行う判定部50と、所定の時間T0内において、センサ35の検出結果がエラー状態と非エラー状態との間で所定の回数N0以上切り換わった場合、プリンタ100にエラーが発生していると判定するための判定部50の感度を低下させる感度低下部48と、を具備するプリンタ100である。 (もっと読む)


【課題】 複数のジョブを効率的に処理すること。
【解決手段】 複数の処理実行部各々は、実行されていない処理のうちで順番が最も先の処理が担当処理であるジョブを蓄積する蓄積部63と、トータル処理量が下限値以上になることを条件に、1以上のデータを1つにまとめた合成データに対して担当処理を実行するバッチ処理部55と、を備え、バッチ処理部55は、担当処理の直前の前段処理が実行中であるジョブが存在する否かを判断する判断部73と、トータル処理量が下限値以上となる開始可能時から所定時間経過するまで担当処理の開始を遅延させる第1遅延部75と、開始可能時から所定時間が経過する前に、前段処理が実行中であるジョブが存在すると判断される場合、前段処理が実行中と判断されたジョブが蓄積されるまで、担当処理の開始を遅延させる第2遅延部77と、を含む。 (もっと読む)


【課題】エラー事象が生じた場合であっても、迅速に印刷処理を完了することができる印刷装置を提供する。
【解決手段】印字ラベル作成装置1は、プラテンローラ26及びサーマルヘッド31を含む複数の動作機構とを有し、所定量のラベル用テープ30Aへの印刷指令に対応した印刷処理を順次行うものであって、サーマルヘッド31の過熱状態を検出する温度センサ240を有し、サーマルヘッド31の過熱状態が検出された場合に、ラベル作成処理のうち未完了部分の処理を印字ラベルLの1枚ずつ委託する第1委託指令を生成し、他の印字ラベル作成装置1A,1Bが情報送受信可能に接続されたことを検出し、第1委託指令を第1印字ラベル作成装置1Aへ出力し、第1委託指令が出力された後の印字ラベルLの印刷処理の実行に対応した時間Tpが経過する前に、サーマルヘッド31の過熱状態が解消したか否かを判定する。 (もっと読む)


【課題】ユーザインターフェース機能が複数のモードを提供する場合でも、ユーザの習熟度を正確に特定することができる印刷装置を提供する。
【解決手段】テープ印字装置では、書式設定モードに移行すると、タイムカウントγおよびキーカウントnがリセットされる(S1:YES、S3:YES、S5)。最初の有効キーが押下されるとタイムカウントγがスタートされて(S7:YES、S9:YES、S11)、有効キーの押下に応じてキーカウントnがアップされる(S7:YES、S9:NO、S13:NO、S15:NO、S21)。確定キーが押下されると、タイムカウントγがストップされて、有効操作の平均実行間隔(γ/n)に基づいてユーザの習熟度が判定される(S15:YES、S17、S19)。 (もっと読む)


【課題】印刷ジョブに含まれる印刷設定をフレキシブルに変更する。
【解決手段】変更規則テーブル記憶部141は、印刷回数と印刷設定の変更規則とを対応付けた変更規則テーブルを記憶する。印刷ジョブ取得部155は、印刷回数及び印刷設定を含む印刷ジョブを取得する。印刷設定変更部157は、変更規則テーブルを参照して、印刷ジョブに含まれる印刷設定を、印刷ジョブに含まれる印刷回数と一致する印刷回数に対応付けられた変更規則で変更する。印刷制御部159は、変更された印刷設定で印刷ジョブに基づく印刷を印刷部170に実行させる。 (もっと読む)


【課題】 印刷システムにおける操作者のニーズや操作性、利用環境に配慮した、画像形成装置、ジョブ処理方法等を提供する。
【解決手段】 互いに独立した複数のジョブデータを記憶可能な記憶手段のジョブデータを印刷可能な画像形成装置であって、前記記憶手段のジョブデータのうちの、互いに独立した複数のジョブデータの印刷処理を連続的に実行する複数ジョブ連続印刷動作を、前記画像形成装置により、実行可能にする、制御手段を有し、前記制御手段は、前記複数ジョブ連続印刷動作により連続印刷対象となる複数のジョブデータの印刷処理が全て完了する前に、印刷結果をユーザにより確認可能にする試し印刷処理を、該連続印刷対象となる前記複数のジョブデータの夫々に対して、前記画像形成装置により、実行可能にする、ことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、シャットダウン時間を適切に確保しつつ、電源電力の供給/供給遮断を行うコイルへの通電時間を適切化してコイルを適切に保護する。
【解決手段】複合装置1は、スイッチ部2のコイル21への駆動電流の通電停止/通電によって、商用電源電力から各種電源電力を生成する電源部4への該商用電源電力の供給/供給遮断を行う場合に、コイル21近傍の温度を温度検出部24で検出して、スイッチ部2の操作によって商用電源電力のオフ指示があると、検出されたコイル21近傍の温度に基づいてコイル21への通電時間を求めて、所定のシャットダウン時間経過後に、コイル21に該通電時間だけ駆動電流を流して電力供給遮断状態へ移行する。 (もっと読む)


【課題】消費電力の低減を効率的に行うことのできる画像処理装置及びその制御プログラムを提供すること。
【解決手段】外部記憶装置40を接続可能な接続部20と、外部記憶装置40に記憶する画像データを読み取る画像読取部10と、画像読取部10に供給される電力を制御する制御部28であって、通常モードまたは通常モードより消費電力の少ない節電モードを選択可能な制御部28と、を備え、制御部28は、節電モード中に外部記憶装置40が接続部20に接続された場合に、外部記憶装置40が書き込み可能であるかを判定し、書き込み可能である場合には画像読取部10への電力供給を通常モードで行い、書き込みが不可能であれば画像読取部10への電力供給を節電モードで行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】記録に係る動作を終了した後、次の記録に係る動作を実行させる制御コマンドの受信が開始されるまでの待機時間の実態に即して、休止動作移行時間を設定可能とする。
【解決手段】プリンター12は、記録処理が終了した後、制御コマンドの受信が開始される前に、休止動作移行時間が経過した場合、記録に係る動作を並行して実行できない休止動作を実行する休止動作実行部41と、記録が終了した後、制御コマンドの受信が開始されるまでの待機時間を計測して待機時間履歴データ50として記憶する計測時間記憶部42と、待機時間履歴データ50に基づいて、休止動作移行時間を設定する休止動作移行時間設定部43と、を備える。 (もっと読む)


【課題】スイッチ部がオンしている状態で、省エネモード実行していると言ったユーザによる故障勘違いを防止できるようにする。
【解決手段】エンジン基板104への通電要否に基づいてサブ電源部101からエンジン基板104への通電及び、メイン電源部102から制御基板103への通電を各々制御するCPU32は、エンジン基板104への通電否に対応して第1省エネモードを設定し、当該モードの設定後、サブSW13がオフ操作されたか否かを検出し、サブSW13のオフ操作が検出されない場合であって、第1省エネモードが設定されている場合に、サブ電源RLY11をオフし、サブ電源部101への通電を停止して当該第1省エネモードを実行し、その後、第2省エネモードを設定し、サブSW13のオン状態をオフ状態にリセットすると共に、メインSW12をオフ制御し、メイン電源部102への通電を停止して第2省エネモードを実行するものである。 (もっと読む)


【課題】 揮発性のメモリにジョブを受信していない状態が継続した場合に、特定のジョブを受信しても、特定のジョブを消失することなく適切なタイミングで揮発性のメモリへの電源をオフ状態に移行させて節電状態に速やかに遷移させる。
【解決手段】
不揮発性のメモリと、受信するジョブを揮発性のメモリとを備える画像処理装置において、揮発性のメモリへの電源をオフ状態に移行させるための移行条件と、特定のジョブを不揮発性のメモリで保持しておくための保持条件とを設定する。そして、移行条件で揮発性のメモリへの電源をオフ状態に移行させる前に、CPUが保持条件を満たすように、揮発性のメモリに保持される特定のジョブを不揮発性のメモリに退避させた後、移行条件に従い揮発性のメモリへの電源をオフ状態に移行させる(605)。 (もっと読む)


【課題】 プリンタエンジンのサイクルダウンが発生すると再度印刷が可能になるまでに長時間必要なため、生産性が大きく低下する。
【解決手段】 プリントデータのページ並列によるRIP処理を行う際に次ページ以降の処理状況を監視し、サイクルダウンに入る制限時間を適応的に延長制御する (もっと読む)


【課題】記録装置が省電力モードからの復帰する時に、SDRAMに関する不要な初期化処理を省略して高速な復帰処理を行うことである。
【解決手段】動作状態から停止状態に遷移する際、SDRAMをセルフリフレッシュ動作させるかどうかの情報をフラグに保持する。停止状態からの復帰時にフラグを参照し、停止状態においてSDRAMがセルフリフレッシュ動作を行っていた場合は初期化処理を省略する。 (もっと読む)


【課題】 画質を維持するためのキャリブレーションが印刷処理と競合し、印刷処理の実行が遅れることがないようにキャリブレーションの実行タイミングを制御する画像形成装置を提供する。
【解決手段】 本発明における画像形成装置は上記課題を解決するため、パッチパターンを印字する印字手段と、前記印字手段で印字されたパッチパターンを用いて出力される画像の濃度を補正する補正手段と、前記補正手段の実行要求を受信する受信手段と、前記受信手段により実行要求を受信しても、該実行要求に応じずに、消費電力を削減させるべくスリープ状態に移行するまで前記補正手段の実行を延期する延期手段とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 1点目は、省エネ設定の選択はあくまで、システムが決定しているので、ユーザがインタラクティブに省エネ設定を選択し実行することはできない。2点目は、省エネ設定は静的な設定として予めシステムに登録する必要がある。従って状況に応じて動的に省エネ設定を生成することができない。
【解決手段】 スキャンや印刷などのファンクションを実行する際に、インタラクティブに省エネ設定を選択し実行できる手段、利用状況に応じて最適な省エネ設定を動的に作成することを特徴とする画像形成処理装置。 (もっと読む)


【課題】 複数のネットワークセクションにて分割されて送られてくる印刷データにおいて、オーバーレイデータを示す印刷データが別の印刷データとして記憶されていると、再印刷時に所望の結果が得られない。
【解決手段】 他の印刷データを使用する印刷データを記憶する際に、該印刷データと他の印刷データとをリンクし、再印刷時にそれらを使用できるようにする。 (もっと読む)


【課題】本発明は保管スペースの飽和に伴うサービスの停止を抑制し、かつ顧客に対して確実に印刷物を受け渡すことが可能なプリント自動販売装置の提供を目的とする。
【解決手段】本発明のプリント自動販売装置は、顧客の注文に応じてデジタル画像データを印刷し、その印刷物を提供するプリント自動販売装置であって、前記印刷物を注文毎に収納する収納部6を有し、収納部6に格納した印刷物を装置開口部から顧客に提供する受渡部4と、収納部6に収納されてから所定の時間が経過した印刷物が、収納部6から取り出されて格納される格納部5とを備える。 (もっと読む)


【課題】人がいる時間帯と人がいない時間帯とを記録装置に把握させて該記録装置の稼働率を向上させること。
【解決手段】本発明の記録装置1は、被記録材Pの被記録面に記録を実行する記録実行部25と、留守になる時間帯51を指定できる時間指定部53と、前記記録実行部25の動作を制御する制御部43とを備え、前記制御部43では、前記時間指定部53からの時間指定情報55に基づいて実行される記録優先モード57と、指定された時間帯51以外及び時間帯51が指定されなかった場合に実行される通常記録モード49とを切り換えて記録を実行するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】適切に管理された認証履歴を用いて、認証サーバの代わりに認証を行なうことができる画像処理装置及びそれを備える認証システムを提供する。
【解決手段】画像処理装置100は、ユーザによりログインID及びパスワードが入力されて利用要求を受けた場合、認証要求を認証サーバ160に送信する通信部と、認証サーバから認証結果のデータを受信する受信部と、認証結果のデータを認証情報として時系列に記憶する記憶部と、認証サーバから正常な認証結果を受信できなかった場合、ログインIDを用いて認証を行なう認証部と、認証部による認証において使用する認証情報を特定する特定部とを含み、認証部は、特定部によって特定された認証情報に、ログインIDが含まれているか否かを判定することにより、認証を行なう。これにより、認証サーバによる認証が不可能な場合でも、ユーザは画像処理装置を使用することができる。 (もっと読む)


201 - 220 / 2,917