説明

Fターム[2C061HK19]の内容

付属装置、全体制御 (183,611) | 制御のための検知、計数の対象 (21,184) | 計数、カウント (5,981) | 時刻、タイマ (3,046)

Fターム[2C061HK19]の下位に属するFターム

Fターム[2C061HK19]に分類される特許

101 - 120 / 2,917


【課題】 文書管理システムで管理される文書が、外部のアプリケーションで印刷された場合、どの文書が印刷されたかを文書管理システム側で判別することができなかった。
【解決手段】 本発明によれば、文書管理システムで管理される文書に対する操作の履歴を示す操作ログと、プリンタ等の印刷デバイスで実行された印刷の履歴を示す印刷ログとを比較することによって、文書が印刷されたかどうかの判定を行う。 (もっと読む)


【課題】省電力の効果を維持しつつ、ストレージ印刷機能を使用して印刷要求をしたユーザがスリープモードを解除するのに待たされる不都合を抑制する。
【解決手段】画像形成装置は、印刷ジョブを受信する受信部と、該受信部で受信された印刷ジョブが、印刷指示の入力まで印刷が保留されるストレージ印刷ジョブか、直ぐに印刷される通常印刷ジョブかを判断するジョブ判断部と、印刷ジョブに係る画像を記録媒体に印刷する印刷部と、該印刷部を制御する制御部を備える。制御部は、印刷ジョブを受信してから待機時間内に次の印刷ジョブを受信しなかった場合は、該印刷部をスリープモードに設定する。制御部は、ジョブ判断部の判断結果に基づいて、受信した印刷ジョブが前記ストレージ印刷ジョブである場合には、前記入力部への印刷指示の入力まで当該印刷ジョブの印刷を保留しつつ、待機時間を通常印刷ジョブである場合の待機時間に比して、長い時間に設定させる。 (もっと読む)


【課題】 置かれた周辺環境の状況に応じて電力制御を行う画像処理装置および電源制御方法を提供すること。
【解決手段】 本画像処理装置100は、当該画像処理装置100の周辺環境から光を取り込んで発電する発電手段102と、発電手段102が発電する電力により駆動され、周辺環境の状況に応じてセンサ信号を出力するセンサ手段104とを含む。本画像処理装置100は、さらに、センサ信号により当該画像処理装置100を復帰させる条件が満たされたことを検出して、復帰信号(LIGHT_DET)を出力する検出手段132と、上記復帰信号(LIGHT_DET)に応答して、当該画像処理装置100の制御を行っている装置制御手段112への給電を開始させる電源制御手段134と、給電を受けて起動した後、復帰信号(LIGHT_DET)の出力が停止した後も電源制御手段が給電を維持するよう制御を行う装置制御手段112とを含む。 (もっと読む)


【課題】種々の設定項目を有する画像処理装置において、ユーザが変更した設定項目に対応する設定値を容易に復元可能な画像処理装置及びその制御方法、並びにプログラムを提供する。
【解決手段】画像処理装置100は、ユーザによる設定が可能な設定項目における設定値を含む設定情報が記憶された記憶手段を有する画像処理装置であって、画像処理を実行した際に、前回実行した画像処理における設定値からユーザにより変更された差分設定値を抽出する抽出手段と、抽出手段により抽出された差分設定値を、画像処理を実行するたびに履歴として保持する保持手段と、保持手段により保持された差分設定値を用いて、記憶手段に記憶された設定情報を復元可能な復元手段とを備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 エラー画面の画像データを短時間で画像形成装置などからサポートセンターに転送する。
【解決手段】 画像形成装置1において、所定のエラーが検出されると、表示装置11aにエラー画面が表示される。そして、エラー画面送信部36は、表示装置11aに表示されているエラー画面の一部であってエラー内容によって変化する一部画像を抽出し、抽出した一部画像の画像データを、通信装置21を使用してサポートセンターへ送信する。 (もっと読む)


【課題】投入済みのジョブを簡便且つ迅速にキャンセルする。
【解決手段】画像処理装置10において、印刷ジョブの停止要求を受け付けると、ジョブ停止部16bは、印刷中の印刷ジョブを停止させる。操作部12は、待機画面を操作部12に表示し、ログイン要求を受け付ける。ログイン処理部13は、ログイン処理を行い、ログイン成功のときには、入力された第1の利用者IDを保持する。利用者情報照合部15は、停止中の印刷ジョブの第2の利用者IDと、入力された第1の利用者IDとを照合する。一致しなかったときには、ジョブ再開部16cは、現在停止中の印刷ジョブを再開する。 (もっと読む)


【課題】ユーザが記憶媒体を接続部に接続する際、印刷処理又は読み取り処理を実行するかを選択することなく、ユーザ所望の処理に対応する設定画面を表示する。
【解決手段】印刷処理又は読み取り処理の設定画面を表示する操作部60と、接続部30に外部メモリ2が接続されたときに、外部メモリ2に記憶されたデータ毎に、記憶された時点を示す時点情報を抽出し、この抽出された時点情報に基づいて、記憶された時点から現在までの時間である経過時間が所定の記憶時間閾値未満であるデータが外部メモリ2に記憶されているか否かを判定する判定部71と、経過時間が所定の記憶時間閾値未満であるデータが記憶されていると判定された場合に、印刷処理の設定画面を操作部60に表示させ、経過時間が所定の記憶時間閾値未満であるデータが記憶されていないと判定された場合に、読み取り処理の設定画面を操作部60に表示させる機器制御部72とを備える。 (もっと読む)


【課題】 ユーザーが操作する場合に限ってプリント動作を開始すること。
【解決手段】 MFPは、ユーザーが携帯する携帯装置と通信する人体通信部と、画像を形成する画像形成部と、携帯装置から受信される認証情報に基づいてユーザーを認証する認証部59と、認証部59により認証されたユーザーの動作を検出する動作検出部61と、認証部59によりユーザーが認証される場合、ネットワークを介して接続されたコンピュータから送信されたプリントデータとユーザーを識別するためのユーザー識別情報との組のうちに認証されたユーザーのユーザー識別情報と組になるプリントデータが存在する場合、動作検出部61により所定の動作が検出されることを条件に、プリントデータの画像を画像形成部に形成させる認証出力部(67)と、を備える。 (もっと読む)


【課題】従来の画像形成装置よりも、稼働効率を向上させることが可能な画像形成装置及びプログラムを提供する。
【解決手段】CPUは、入力されたユーザのユーザID及びパスワードと、各ユーザのユーザID及びパスワードを含むユーザ情報とを比較することにより、入力されたユーザのユーザID及びパスワードに対応するユーザを認証し、人感センサの検知信号に基づいて、認証されたユーザが画像形成装置から離れたことを検知し、認証されたユーザが画像形成装置から離れたことを検知した場合に、認証されたユーザの認証状態を解除する。 (もっと読む)


【課題】誤報知を防止する。
【解決手段】1ビンスタック紙センサ34は、1ビンスタック部上に記録紙があることを検知する。残紙LED54は、1ビンスタック部上に記録紙があることが検知されている間、点灯する。搬送制御部58は、印刷形式に両面印刷が設定されている場合に、一方の面が印刷された記録紙の一部を1ビンスタック部上に排出させた後に当該記録紙を引き込ませるスイッチバックを1ビン排紙ローラに行わせることにより、印刷面を当該記録紙の他方の面に反転する。残紙LED54は、印刷形式に両面印刷が設定されている場合に、1ビンスタック部上に記録紙があることが検知されていない状態でスイッチバックが行われても点灯しない。 (もっと読む)


【課題】キャリブレーション中の扉開閉によるキャリブレーションの中断及び再開に要する時間を短縮することを目的とする。
【解決手段】制御装置20が、制御回路100を制御してインラインセンサ200の各種キャリブレーションを行っている途中に、扉開閉検知センサ30によって扉の開閉が検知された場合に、ランプ212を点灯した状態のままキャリブレーションを一旦中断するように制御回路100を制御する。そして、予め定めた条件に基づいて、キャリブレーションを中止して前回のキャリブレーション結果を流用、キャリブレーションを再開、及びキャリブレーションを最初からやり直しの何れかを選択して実行するように制御回路100を制御する。 (もっと読む)


【課題】利用者の意図しないタイミングで印刷データが削除されることを防ぎ、印刷データの再印刷を容易に可能にすること。
【解決手段】複合機100の制御部101は、印刷部107による印刷データの印刷が終了すると、印刷済みの印刷データを記憶部108に保持した状態で、利用者により課金装置200に投入された現金の残金を返却するための操作がなされたかどうかを判定し(S307)、該操作がなされたと判定した場合(S307でYes)、記憶部108に保持されている印刷済みの印刷データを削除する(S308)。 (もっと読む)


【課題】二次電池の長寿命化を図ることのできる画像形成装置を提供する。
【解決手段】電源から供給された電力により動作する画像形成装置であって、PSU10からの電力を充電し、充電した電力を各部に供給する二次電池20と、ユーザから印刷処理にかかる入力を受け付ける受付部31と、PSU10から供給された電力によって当該画像形成装置が動作する通常状態と、通常状態に比べて当該画像形成装置の消費電力が少ない省エネ状態を当該画像形成装置の動作状態として設定する動作状態設定部32と、過去に省エネ状態に設定された状態が継続した時間である省エネ時間に基づいて、二次電池20の充電量を算出する演算部43と、算出された充電量分、二次電池20を充電する電源制御部45とを備える。 (もっと読む)


【課題】二次電池の劣化を検出することにより、消費電力の抑制の効果を持続すること。
【解決手段】装置本体の各部へ電力を供給する主電源101と、主電源101および太陽電池111の電力によって充電される二次電池102と、二次電池102の充電電圧の低下を監視し、二次電池102の劣化を検出する二次電池劣化検出部10と、省エネモード時、二次電池102の劣化を検出したときに二次電池102を充電する補充電回路103と、省エネモード時、二次電池102の劣化を検出したとき、二次電池102から主電源101に動作を切り替えて省エネモードを続行する省エネモード制御部11と、を備える。 (もっと読む)


【課題】印刷開始前に、排紙トレイ上の混在の有無を確認し、混在する可能性がある場合には他の印刷装置に印刷ジョブを転送して印刷させる。
【解決手段】プリントサーバ31と複数台の複合機21と端末装置11とがネットワークNを通じて相互に接続され、複数台の複合機21及びプリントサーバ31の相互間で印刷ジョブや装置情報を送受できるように構成された印刷システムであって、端末装置11から1台の複合機21に対して印刷ジョブを送信して実行させる際、複合機21は、排紙トレイ上の印刷物の積載情報に基づいて、印刷ジョブを実行した場合に印刷される印刷物と排紙トレイ上の印刷物とが混在する可能性があるか否かを判断し、混在する可能性がある場合は、他の複合機から装置情報を取得して、印刷可能な他の複合機を選択してその選択情報を端末装置11に送信し、端末装置11は、送信されてきた選択情報を表示する。 (もっと読む)


【課題】 装置の使用電力を節約すると共に装置の使用者の利便性を良くする。
【解決手段】 画像形成装置に電力を供給する電源ユニット2と、画像形成装置周囲の光量を検出する光センサ6と、画像形成装置に電力が供給状態の時、検出部19が光センサ6からの光量の信号に基いて画像形成装置周囲の光量が予め設定された基準値未満になった検出信号を出力した場合、電源制御部18に画像形成装置への電力の供給を遮断させ、画像形成装置への電力の供給が遮断状態の時に検出部19が画像形成装置周囲の光量が予め設定された基準値以上になった検出信号を出力した場合、電源制御部18に電力を給電させる主制御部10を備え、主制御部10は、供給遮断状態の時に画像形成装置周囲の光量が予め設定された基準値以上になった検出信号を受信した場合、予め設定された電力の供給を遮断状態に維持する日時範囲では、電力の供給を遮断状態に維持させる。 (もっと読む)


【課題】コピーを行う印刷ジョブの実行中に印刷ジョブを中断し、中断した印刷ジョブを再開することができる技術を提供する。
【解決手段】印刷中断処理部15は、画像読取部10により読み取られた原稿の画像データを用いて画像形成部11による画像形成が行われるコピーの印刷ジョブの実行中に、操作表示部13を介して印刷ジョブの中断が指示されると、印刷ジョブを中断させ、中断させた印刷ジョブの再開に必要な印刷中断ジョブ情報を印刷中断ジョブ記憶部18に記憶させる。印刷再開処理部16は、操作表示部13を介してユーザーにより選択された印刷中断ジョブ情報に基づいて、中断された印刷ジョブを再開させ、画像読取部10に原稿の読み取りを再開させ、画像形成部11に画像の形成を再開させる。 (もっと読む)


【課題】必要な設定内容のみを自動的に選定、保存し、ユーザが設定途中履歴を利用する際に必要としている設定途中履歴を探しやすくすることができる情報処理装置及び、情報処理プログラムを提供する。
【解決手段】ユーザから設定入力を受け付け、その設定内容が複雑であった場合、もしくは設定内容が複雑になると予測できる場合、その設定内容を設定途中履歴として記憶する。その設定内容が複雑であるか否か、もしくは設定内容が複雑になると予測できるか否かを判定するタイミングは、設定入力を受け付けている最中常に行ってもよいし、設定が完了した時(この場合は設定内容が複雑であるか否かのみ)でもよい。 (もっと読む)


【課題】デバイスの消費電力量を計測できない場合でも、その状況に応じて適切に消費電力量を管理可能とする。
【解決手段】消費電力量管理システムを構成する消費電力量計測デバイスでは、消費電力量計測手段が消費電力量を計測する。計測エラー判定手段は、動作状態毎に消費電力値と消費電力予想値を比較し、消費電力の計測が、比較結果が閾値以下の場合成功、閾値以上の場合失敗と判定する。消費電力量履歴通知手段は、消費電力量計測手段によって計測された消費電力量の情報と計測エラー判定手段によって判定された計測エラー判定結果とを管理装置に通知する。管理装置は、消費電力量履歴受信手段が、デバイスからの消費電力量履歴通知手段による通知を受信する。管理装置の消費電力量情報補正手段は、消費電力量履歴受信手段によって受信した計測エラー判定結果を参照し消費電力量の情報を補正する。 (もっと読む)


【課題】操作者の労力負担を増大させることなく、時間に応じて可変印字情報を切り替えつつ印字ラベルを作成する。
【解決手段】印字ラベル作成装置1は、定型印字情報が互いに共通であるとともに可変印字情報が互いに異なる複数のテンプレートTPを、タイマ201での計時結果に応じて予め定められた時間区分ごとに切り替えつつ取得し、プラテンローラ26及びサーマルヘッド31を連携して制御することで、取得された各テンプレートTPに含まれる定型印字情報を定型印字領域R1〜R4に印字し、可変印字情報を可変印字領域T1,T2に印字する。 (もっと読む)


101 - 120 / 2,917