説明

Fターム[2C061HK19]の内容

付属装置、全体制御 (183,611) | 制御のための検知、計数の対象 (21,184) | 計数、カウント (5,981) | 時刻、タイマ (3,046)

Fターム[2C061HK19]の下位に属するFターム

Fターム[2C061HK19]に分類される特許

1 - 20 / 2,917










【課題】 印刷履歴の表示を見ただけでは、どれがリプリント対象の印刷ジョブであるか否かを識別できない。また表示されている印刷ジョブの一覧からは、次のどの印刷ジョブが削除されるかを識別できない。
【解決手段】 印刷装置で印刷した印刷ジョブの履歴情報の表示を指示されると、その指示に応じて、印刷ジョブの履歴情報の内のリプリント対象の印刷ジョブを識別可能にした履歴情報の一覧を表示する。 (もっと読む)


【課題】印刷命令をより適切に変換することを目的とする。
【解決手段】印刷命令から中間フォーマット情報への変換をページ毎に処理し、処理を開始してからの時間を計測し、計測した時間が規定の時間を超えたか否かを判断し、超えたと判断した場合、超えたと判断したときまでに処理したページの情報をまとめて一の中間フォーマット情報を作成し、かつ、一の中間フォーマット情報に変換されていないページの変換を継続し、超えたと判断することなく全てのページについての処理を終了した場合、全てのページの情報をまとめて中間フォーマット情報を作成することによって課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】 複数列のパターンを順次読み取る際のトータルスループットの向上。
【解決手段】 パターンが複数列に渡って形成されたシートを、パターンが形成された領域が少なくとも乾燥部が乾燥を行う領域に到達するまで下流に向けて送る。次いで、パターンに対して、複数列に含まれる列ごとの読み取りと上流に向けてのシートのステップ送りとを繰り返す。ステップ送りによって読取領域に送られるシート領域を、当該シート領域の読み取りの前に乾燥部で強制乾燥させる。 (もっと読む)


【課題】学習と手動設定とを組合せて省エネ動作パターンの管理を効率的に行なえる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置を制御する省エネ設定部260は、通常状態で所定の操作がされることなく移行時間が経過すると節電状態に移行する画像形成装置を制御するものであり、通常の稼働稼働日と特定日とを区別する特定日情報を記憶する特定日情報記憶部304と、画像形成装置の過去の通常の稼働日の稼動状況に基づいて、通常の稼働日における移行時間を決定するオートパターン更新部274と、特定日における移行時間の設定を受付け、記憶する特定日パターン登録部296と、特定日情報に基づいて、通常の稼働日と特定日とにおいて、それぞれオートパターン更新部274により決定された移行時間と特定日パターン登録部296により記憶された移行時間とを用いて画像形成装置の通電状態を切替える切替部とを含む。 (もっと読む)


【課題】再RIPが必要な場合、RIPに要する待ち時間を少なくし、また、無駄なRIPをしないようにする。
【解決手段】ジョブの画像データーに基づいて画像形成を行う画像形成部と、ジョブに関するデーターを保存する記憶部と、ジョブを管理し、画像形成を制御する制御部と、を備え、記制御部は、ラスタイズによって生成した画像データーを再ラスタライズする必要がある場合、印刷中および印刷待ちの予約ジョブの状態に基づいて、再ラスタライズの開始時期を決定するものとし、例えば、印刷中および予約ジョブの印刷要時間が前記再ラスタライズ要時間以下である場合、再ラスタライズするジョブの印刷指示前に再ラスタライズを開始し、印刷中および予約ジョブの印刷要時間が再ラスタライズ要時間より長い場合、再ラスタライズするジョブの印刷指示以降に再ラスタライズを開始する決定を行う。 (もっと読む)


【課題】 画像形成装置において、異常が発生した場合に、実行待ちジョブの実行遅れを低減する。
【解決手段】 画像形成装置1において、ジョブ管理部21は、ジョブを順番に実行し、通知処理部23は、異常によりジョブの実行が中断されたことを検知すると、ジョブ管理部21において実行中のジョブの要求元、およびジョブ管理部21において実行待ちとなっている少なくとも1つのジョブの要求元に対して異常を通知する。 (もっと読む)


【課題】従来の画像形成装置では、認証印刷が開始された後、操作者が画像形成装置を離れてしまった場合、認証印刷データが印刷された記録媒体を、第三者に盗み見されたり、第三者に盗まれたりする危険性があった。
【解決手段】画像形成装置10は、再認証タイミング条件設定部23cと、認証情報取得部24aと、乱数生成部24bと、再認証要求タイミング生成部24cと、認証印刷データ制御部24dと、印刷制御部27aと、を備えている。これにより、認証印刷が開始された後、認証印刷を継続し続けるには、操作者が所定の頻度で再認証する必要があり、操作者は、画像形成装置10から離れられない。又、操作者が、画像形成装置10の側を離れてしまった場合、認証印刷データが短時間しか印刷されない。そのため、認証印刷データが印刷された記憶媒体を、第三者に盗み見されたり、第三者に盗まれたりする危険性を軽減できる。 (もっと読む)


【課題】使用する予定の印刷装置を把握しやすくするサーバ及び画像処理装置を提供することを目的とする。
【解決手段】管理サーバ300では、PC情報を受信したと判断する場合(S201:YES)、CPU51は、強調判断処理を実行する(S202)。続いて、強調指示が指示されていると判断する場合(S203:YES)、CPU51は、プリンタ100をPC200において強調表示させる命令を生成し、当該命令をPC200に送信することにより、PC200に強調表示を指示する(S204)。このため、ユーザは、使用する予定のプリンタ100をPC200において、把握しやすくなる。 (もっと読む)


【課題】電源オフ期間中に電源スイッチがオンされても、消費電力が増大するのを抑制することが可能な画像形成装置を得る。
【解決手段】記憶手段が記憶する時間内に電源スイッチがオンされた場合に、当該電源スイッチがオンされた時間が記憶手段により記憶される時間内か否かを判断する。ここで、電源スイッチがオンされた時間が記憶手段により記憶される時間内だと判断された場合に、前記複数の機能の各々に対応する複数の選択部を表示手段に表示する。そして、表示手段に表示される複数の選択部の何れかが選択された場合に、当該選択された選択部に対応する機能を実行するためのユニットに電力を供給し、選択されなかった選択部に対応する機能を実行するためのユニットに電力を供給しないように制御する。 (もっと読む)


【課題】媒体を回収しにきたユーザが到着したタイミングで、最後の媒体を排出する。
【解決手段】画像形成装置3は、外部装置2から印刷ジョブが入力された時からの経過した時間を計測する時間計測部23と、印刷ジョブを解析して、当該印刷ジョブを実行したときに実行開始から最後の媒体の排出完了までにかかる印刷時間を推定する印刷時間推定部24と、印刷ジョブに対して与えられた印刷猶予時間から、推定された推定印刷時間を減算して待機時間を算出する待機時間算出部25と、印刷ジョブを実行させる印刷ジョブ発行部26とを備え、印刷ジョブが入力された時から待機時間が経過したときに、その印刷ジョブを実行する。 (もっと読む)


【課題】印刷装置に関する履歴情報をカートリッジに設けた記憶素子を用いて好適に管理することができる印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】複数のカートリッジ85にそれぞれ充填された各色の記録剤を用いて記録媒体に画像を印刷する印刷装置10である。印刷装置10は、残量検出部28と、記憶部及び読出部とを備える。残量検出部28は、複数のカートリッジ85にそれぞれ充填されている記録剤の残量を、カートリッジ85毎に検出する。記憶部は、カートリッジ85に設けられた記憶素子に、印刷装置10で発生又は実行された事象に関する履歴情報を記憶する。読出部は、カートリッジ85に設けられた記憶素子から履歴情報を読み出す。記憶部は、事象が新たに発生又は実行された場合、最も残量の少ないカートリッジ85に設けられた記憶素子に、新たな事象の履歴情報を記憶する(S100,S110)。 (もっと読む)


【課題】オフィス等に設置されている複数の画像形成装置の各々に設定されている省エネモードへの移行スケジュールを最適化し、オフィス全体として適切な運用を実現することができる画像形成システム及びその管理サーバを提供する。
【解決手段】
サーバ180は、ネットワーク190を介して画像形成装置100〜108の各々から、各々の画像処理装置自体が省エネモードになる期間の情報を含むスケジュールを受信する受信部と、受信したスケジュールをグループ毎(G1又はG2)に解析する解析部と、解析結果に応じて各グループに属する画像形成装置のスケジュールを変更する変更部と、変更後のスケジュールを該当する画像形成装置に送信する送信部とを備え、各画像形成装置は、サーバ180から受信したスケジュールにしたがって動作する。これにより、グループに属する画像形成装置を、全体として適切に運用することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 2,917