Fターム[2C064DD00]の内容

共通的な機構 (1,530) | ギャップ調整機構 (476)

Fターム[2C064DD00]の下位に属するFターム

Fターム[2C064DD00]に分類される特許

1 - 3 / 3


【課題】カメラダイレクト印刷時においてもデジタルカメラ側からヘッド紙間設定コマンドを発行することを不要とすると共に、記録ヘッドと記録媒体とが擦れて記録媒体が汚れる現象を的確に防止すること等を可能とする。
【解決手段】インクジェット記録装置では、ホスト装置8から第1のインタフェース4を介してヘッド紙間指定ジョブコマンドを受信すると、ヘッド紙間設定コマンド受信解析プログラムにより、ヘッド紙間調整手段6でヘッド紙間ギャップを調整する。一方、デジタルカメラ9から第2のインタフェース5を介して受信した印刷データを、当該ヘッド紙間指定ジョブコマンドで指定されたヘッド紙間ギャップに従い、ヘッド紙間調整手段6でヘッド紙間ギャップを調整して印刷を行う。 (もっと読む)


【課題】 従来の印刷装置のギャップ設定方法は、自動で印刷用紙厚を計測することで最適なギャップの設定をおこなっていたが、用紙厚を計測する機構部にコストがかかり、安価なドットプリンタには原価的に困難という問題があった。
【解決手段】 ハンマバンクと、シャトル機構部と、紙送り機構部と、プラテンと、ギャップ可変機構部と、印刷制御部と、印刷モード設定手段と、印刷モード等の印刷設定を記憶する不揮発性記憶素子を有する印刷装置において、印刷モード設定時に前記不揮発性記憶素子に記憶した印刷用紙仕様に適したギャップを同時に設定できることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 厚さの異なる記録媒体に対して常時安定した印字動作を行うことができる印字制御方法および印字装置を提供する。
【解決手段】 プラテン51上に搬送される通帳10に印字ヘッド41で印字するときの印字制御方法であって、通帳10の厚さに応じて、印字ヘッド41と通帳10の印字面との間のギャップである印字ギャップを調整する。 (もっと読む)


1 - 3 / 3