説明

Fターム[2C088CA35]の内容

弾球遊技機(パチンコ等) (187,966) | 管理 (15,569) | ホール運営 (1,785)

Fターム[2C088CA35]に分類される特許

1 - 20 / 1,785









【課題】封入式遊技機における遊技媒体の貸し過ぎに対する対策を行うこと。
【解決手段】台間カード処理機10は、レートを変更可能な封入式遊技機20よりレートを取得して設定レートデータ10e5として記憶する。台間カード処理機10は、遊技客による玉貸しボタン17bの押下操作を検知した場合には、設定レートデータ10e5に示されたレートに基づいてプリペイド価値から減算する値を特定し、プリペイド価値から減算する値に対応する数のパチンコ玉を貸し出す。 (もっと読む)


【課題】遊技者の熱中度を効率良く特定可能な遊技者管理装置を提供する。
【解決手段】管理装置(遊技者管理装置)は、遊技機において遊技を行っている遊技者の画像を撮像し、その撮像結果から遊技者の視線が変化している度合に対応した情報である視線変化率(視線変化情報)を特定し、予め定められた基準期間における遊技者の視線変化率である基本視線変化率(基準視線変化情報)を遊技者に対応付けて管理し、基本視線変化率とその遊技者が遊技を行っている場合の視線変化率との乖離度合を示す視線乖離度合)を管理する。 (もっと読む)


【課題】オフライン状態で発行されたシートの真偽を簡単に確認することができ、偽造シートによる景品交換を排除可能な遊技媒体計数装置を提供する。
【解決手段】遊技媒体計数装置は、計数情報を管理する計数管理装置との接続状態がオンライン状態かオフライン状態かの判定を行う接続状態判定手段と、所定の規約に基づいて計数情報を所定の数値に変換する符号化手段と、シート100を所定のサインSのそれぞれ印刷される複数のサイン領域101〜109に区画した場合において、数値とこれに対応するサイン領域101〜109との対応関係を記憶する対応関係記憶手段と、を備え、オフライン状態と判定されたときに、符号化手段により変換された数値に対応するサイン領域101〜109にサインSが印刷されたシート100を発行する構成としてある。 (もっと読む)


【課題】本来の使用環境以外で不正な使途に用いられる不都合を極力防止できる遊技機および記録媒体を提供する。
【解決手段】P台2の払出制御基板17に設けられたカード挿入保持部172に遊技カード99を挿入保持させて、主制御部161と払出制御部171との間での通信を遊技カード99が仲介する。その遊技カード99は、暗号通信鍵K1、K2を記憶しており、主制御部161と遊技カード99との間で暗号通信鍵K1を用いて暗号通信するとともに、払出制御部171と遊技カード99との間で暗号通信鍵K2を用いて暗号通信する。 (もっと読む)


【課題】離席した前の客の有価価値と後から入金した客の有価価値を混同することを極力防止する。
【解決手段】台間機3、4、6はカード処理部を備え、台間機3、4、6の制御部は、カード処理部により読み取った情報から有価価値を特定し、特定した有価価値を減算してパチンコ玉を貸し出すとともに、入金またはパチンコ玉の計数によって有価価値を付与する。付与した有価価値は、残有価価値に加算更新する。そして制御部は、計数操作を受け付けると、入金の受け付けを禁止する。 (もっと読む)


【課題】一定数の遊技球を循環して遊技を行う遊技機において、遊技機に使用される遊技球の中で、遊技者が入賞(通過)し易い遊技球、又は、入賞(通過)し難い遊技球を判断でき、これにより遊技の興趣を向上させることのできる遊技機を提供する。
【解決手段】封入式遊技機で使用する全ての遊技球にRFタグ70を設け、RFタグライタ39wによりRFタグ70に識別情報を書き込むと共に、始動入賞口及び普通図柄作動ゲートにRFタグリーダ11ar、11br、19rを設け、遊技球から識別情報を読み取って、その入賞又は通過回数を遊技球毎に対応付けて累積記憶し、その累積記憶した遊技球毎の入賞又は通過回数を演出図柄表示装置6に表示する。 (もっと読む)


【課題】離席した前の客の有価価値と後から入金した客の有価価値を混同することを極力防止する。
【解決手段】台間機3、4、6はカード処理部を備え、台間機3、4、6の制御部は、カード処理部により読み取った情報から有価価値を特定し、特定した有価価値を減算してパチンコ玉を貸し出すとともに、入金またはパチンコ玉の計数によって有価価値を付与する。付与した有価価値は、残有価価値に加算更新する。そして制御部は、所定の操作を受け付けると、入金の受け付けを禁止する。 (もっと読む)


【課題】遊技店の開店処理に関連する不正を効率良く防止すること。
【解決手段】カード管理装置40は、遊技システムを形成する各装置の動作可能時間帯を示す動作可能時間帯設定データ44bを設定し、動作可能時間帯内に開店処理操作を受け付けた場合には開店処理操作に応答する開店処理を実行して島コントローラ30、精算機60及び景品管理装置70を起動し、動作可能時間帯以外に開店処理操作を受け付けた場合には開店処理操作に応答する開店処理を実行しないよう制御する。 (もっと読む)


【課題】管理装置により管理される差遊技媒体数と計数装置で計数された計数遊技媒体数との差が生じた理由を効率良く管理することを課題とする。
【解決手段】管理装置であるホールコンピュータ40が、遊技機20及び台間カード処理機10から取得したパルス信号に基づいて、遊技客により獲得されるべき玉数を示す差玉数を算定して計数装置80に通知し、計数装置80が、投入された遊技媒体を計数処理した計数玉数とホールコンピュータ40から通知された差玉数との差が第1の基準値以上であるか否かを判定し、差玉数と計数玉数との差が第1の基準値以上であると判定された場合に、第1の基準値以上の差が生ずる理由を入力させ、理由が入力された場合に、入力された理由をデータ管理装置50に格納制御する。 (もっと読む)


【課題】 遊技場(ホール)に家族や親友同士で来店した遊技者がそれぞれ離れたパチンコ遊技機で遊技を行う場合であっても、互いの遊技の進行を把握することができることにより自分の遊技に集中することができる遊技機を提供する。
【解決手段】 共有設定を要求した台番号:No.7における上皿側液晶表示装置と、共有設定を許可した台番号:No.104における上皿側液晶表示装置とは、互いの共有設定したパチンコ遊技機の対面に着座する遊技者を仮想遊技者としてそれぞれ共有情報と対応する動作態様に表示するため、この表示される仮想遊技者を、共有設定が許可されたパチンコ遊技機における互いの遊技者が見ることにより互いの遊技の進行をリアルタイムで把握することができるようになっている。 (もっと読む)


【課題】所有者が不明となってしまった有価価値を外部機器に記憶することによって、所有者が不明となってしまった有価価値を保護し、他人による盗み行為を防ぐ遊技システム、遊技方法を提供する。
【解決手段】複数の記憶媒体処理装置3、4と、該記憶媒体処理装置と通信可能な外部機器13と、を備えた遊技システム1において、第1の記憶媒体処理装置における記憶媒体受付手段が記憶媒体を受け付けない状態にて有価価値設定手段によって記憶媒体の対応付けがない第1の有価価値が新たに生じていた場合、前記第1の記憶媒体処理装置とは別の、記憶媒体処理装置または外部機器からなる第2の装置が、前記第1の有価価値が生じる直前に前記第1の記憶媒体処理装置において使用履歴のある使用履歴付き記憶媒体を受け付けた場合に、前記第1の有価価値を、クリアするとともに前記第1の有価価値を前記外部機器13に記憶する外部機器記憶手段を備える。 (もっと読む)


【課題】遊技意欲の低下を防止する。
【解決手段】遊技者によって、メインメニュー画面の「2次元コード作成」の選択操作等の終了操作が行われると、パスワードの入力後から終了操作までの期間において、遊技者が獲得したメダルの総量から、遊技者が使用したメダルの総量を差し引いたメダル差枚数を算出する。そして、算出したメダル差枚数が、遊技者にとって不利な結果を示すものである場合、有利な結果を示すものである場合よりも、管理サーバから特典が付与されるための条件を遊技者側に有利となるように設定する。 (もっと読む)


【課題】各台計数方式を採用した場合に、閉店作業における不正行為を防止しつつ閉店作業の業務効率を向上させること。
【解決手段】台間装置は、計数部が、台間装置に対応する遊技台で遊技者が獲得した遊技媒体を計数し、記憶部が、計数された計数値を記憶し、発行指示を受けた場合には、カード発行処理部が、読み出した計数値を処理済計数値として計数値記録媒体へ関連付けたうえで計数値記録媒体を発行し、指示受付部が、通知指示を受けた場合に、未処理計数値通知部が、カード発行処理部に対する発行指示を禁止したうえで、関連付けが行われていない計数値を記憶部から読み出して未処理計数値として管理装置へ通知し、管理装置は、指示通知部が、台間装置に対して通知指示を送信し、計数値格納部が、未処理計数値を未処理計数値の通知元である台間装置と対応付けたうえで未処理計数値記憶部へ格納するように計数値管理システムを構成する。 (もっと読む)


1 - 20 / 1,785