Array ( [0] => 浴槽と潅水器及びそれらの付属品 [1] => 浴槽、潅水器、洗面器、便器の組合せ [2] => 収納部 ) 浴槽と潅水器及びそれらの付属品 | 浴槽、潅水器、洗面器、便器の組合せ | 収納部
説明

Fターム[2D032GA04]の内容

Fターム[2D032GA04]に分類される特許

1 - 20 / 162


【課題】収納部に温度調整を行う機能が付加されることにより、収納部内の物の温度管理ができる収納キャビネットを提供する。
【解決手段】浴室3と洗面脱衣所4を仕切る間仕切壁2に貫通形成されるキャビネット孔21に設けられる収納キャビネットであって、内部が収納空間16となる筐体からなる収納部1が、キャビネット孔21を塞ぐように設けられ、収納部1の側壁部には、内部の収納空間16と洗面脱衣所4とを連通させる脱衣所側開口12と、内部の収納空間16と浴室3とを連通させる浴室側開口13と、が形成され、脱衣所側開口12と浴室側開口13とにはそれぞれ扉14が開閉自在に設けられ、収納部1に、収納空間16内の温度の調整を行う温度調整部11で構成される。 (もっと読む)









【課題】壁面等へ着脱可能に取り付けられる棚構造において、意図しないで棚が脱落するのを確実に防止する。
【解決手段】棚本体1に、下方を開放したスリット4を間に挟む係合片3,3から成る係合部2を設けると共に、スリット4下方の抜け止め位置と、支持体10がスリット4から離脱するのを許容する開放位置との間で移動可能な停止部22を有するロック部材20を設ける。ロック部材20には、抜け止め位置にしたときに、棚本体1の係止受け部6に係止する係止突起23を設ける。抜け止め位置に在るロック部材30は、停止部22により支持体10がスリット4から離脱するのを阻止して、棚本体1の脱落を防止する。ロック部材20を、必要に応じ開放位置へ移動させれば、棚本体1を支持体10から容易に取り外せる。その結果、棚本体1及び取付面の清掃が簡単且つ確実になり衛生性が向上する。 (もっと読む)


【課題】カウンター天板の意匠性を損なわず、且つ前垂れ部が浮き上がることを防止可能なカウンター天板固定構造を提供することである。
【解決手段】棚受部材44を腰壁パネル41の背面43に固定し、前垂れ部3を有するカウンター天板1を棚受部材44の上に載置し、ビス54,55でカウンター天板1と棚受部材44とを固定してなるカウンター天板固定構造において、カウンター天板1は正面視で略弓状であって、カウンター天板1の端部31,32は中央部30よりも上側に位置しており、棚受部材44に固定された状態においては、カウンター天板1は正面視で略直線状を成している。 (もっと読む)


【課題】 洗面器を置くための洗面器置き部を上面に形成している浴室用カウンターにおいて、洗面器を前方又は後方に滑らすことなく安定した姿勢で置くことができ、また洗面器置き部を汚れにくくし、掃除を容易化できると共に、意匠性も良くなるようにする。
【解決手段】 洗面器1を置くための洗面器置き部2を、上面3に形成する。洗面器置き部2を、断面略円弧状に張り出して脚1a付き洗面器1を支持可能に形成する。この場合、洗面器置き部2の輪郭を円形状に形成し、この洗面器置き部2の周りを、洗面器置き部2から流れ落ちる水の排水路7に形成するのが良い。 (もっと読む)



【課題】 浴室用天板が深型の場合でも簡単且つ楽に設置でき、配管作業に左右されることなく設置でき、またメンテナンス時やリフォーム時等に配管を撤去することなく取り外すことができ、更には設置作業を浴室壁面の正面から楽にできるようにする。
【解決手段】 浴室壁面1に設ける浴室用天板2の支持具であって、浴室用天板2の前後方向に沿ってその下面に取り付ける天板取付け用部材3と、上記の浴室壁面1に固定する壁取付け用部材4とで形成する。この壁取付け用部材4の上下方向に延びる差込みスペースSに上方から差込む差込み片3bを、上記の天板取付け用部材3の後端部に垂下状に設ける。また天板取付け用部材3の前端部3cに上端6aを連結する支持腕6を、壁取付け用部材4に設ける。 (もっと読む)



【課題】簡単な構成で後端辺における表面張力を破壊して効果的に排水し、後端辺に沿って表面張力により残水が残るのを抑制する。
【解決手段】棚本体1の上面1aに、直線又は略直線状となった後端辺2側に向けて下り傾斜した水勾配を設ける。棚本体1の後端辺2の長手方向の複数個所から後方に向けて表面張力破壊用の小突起3を突設した。 (もっと読む)


【課題】赤外線リモコン信号の受信性に優れた吐水装置を提供する。
【解決手段】水を吐出し、赤外線信号を発信する送信部20を有するヘッド部2と、前記赤外線信号が透過可能な受信窓44を有し、前記受信窓44を透過した前記赤外線信号を受信する受信部40を格納するケーシング4と、前記ヘッド部2への前記水の供給量を調節する弁部6と、前記受信部40が受信した前記赤外線信号の情報に基づいて前記弁部6の動作を制御する制御部5と、前記弁部6から前記ヘッド部に前記水を供給するホース部3と、を備え、前記受信窓44は、カウンター10の前面、または下面に配置されることを特徴とする吐水装置を提供する。 (もっと読む)




【課題】浴室等で1つの洗面器に吐水する場合、溢れて排水される湯の無駄を無くし有効に利用できるようにする。
【解決手段】洗面器置きテーブルが上下に階層を成して複数配置される洗面器置き台を構成し、各洗面器置きテーブルはテーブル奥側から手前側に下り勾配を有し、上の洗面器置きテーブルに比して下の洗面器置きテーブルは手前側の前面が張り出す構成とする。カランの吐水口の下に洗面器置き台を置き、各洗面器置きテーブルに洗面器を載置する。カランから吐水された湯は、最上段の洗面器に湯を溜め、洗面器置きテーブルの勾配により洗面器の手前側から溢れ湯が垂下する。この垂下する溢れ湯は下に載置された洗面器内に垂下し湯を溜める。もう一段下の段がある場合も同様のことが行われる。このように構成された洗面器置き台を提供する事により、1つの洗面器では排水されていた溢れ湯を溜めることができ、湯の無駄を無くし有効に利用することができる。 (もっと読む)


【課題】 カウンター本体が深型の場合でも簡単且つ楽に設置でき、配管作業に左右されることなく設置でき、またメンテナンス時やリフォーム時等に配管を撤去することなく取り外すことができ、更には設置作業を浴室壁面の正面から楽にできるようにする。
【解決手段】 浴室壁面1に固定する支持具2と、この支持具2に支持させて浴室壁面1に取り付けるカウンター本体3とを備えてなる。支持具2を、後側を開放した枠状の本体部材2aと、浴室壁面1に固定する壁取付け用部材2bとで形成する。この壁取付け用部材2bの上下方向に延びる差込みスペースSに上方から差込む差込み片2a2を、上記の本体部材2aの上枠2a1の開放状の後端部に垂下状に設ける。 (もっと読む)


1 - 20 / 162