説明

Fターム[2D037AA13]の内容

便座、便蓋等の便器用品及び化粧室室設備 (5,085) | 便座、便蓋 (1,360) | 構造 (584) | 材質 (222)

Fターム[2D037AA13]に分類される特許

1 - 20 / 222


【課題】感電を防止し、ヒータ線が断線する事もなく、信頼性の高い暖房便座装置を提供することを目的とする。
【解決手段】人が着座する着座面を有する便座上板と、前記便座上板と接合され便座の底面を形成する便座底板と、前記便座上板と前記便座底板との間に形成された空洞部に配設され、前記便座上板を加熱するヒータと、を備え、前記便座上板は、樹脂により形成され、且つ使用者がトイレルームに入室してから着座するまでに、冷感限界温度まで昇温可能な構成になっており、前記ヒータは、発熱しない芯線と、前記芯線に対して巻かれ、発熱する横巻線からなることを特徴とする即暖暖房便座装置を提供する。 (もっと読む)


【課題】情報量の多い表示を行うことができる透光区画を有した便座装置を提供する。
【解決手段】便座ボックス3の上面に透明な合成樹脂フィルム11、着色層12、表示20〜27付きの遮光層13及び透明合成樹脂プレート14よりなる透光区画10が設けられている。遮光層13には図形又は記号形状の非印刷部よりなる透光部が設けられ、表示20〜27が形成されている。表示20〜27に対面して、複数のLEDを有した光源ユニット15が設けられている。着色層12の色は透光区画10周囲の便座ボックス3と同色であり、便座ボックスの外観は一様である。LEDを点灯すると表示20〜27が現われる。 (もっと読む)


【課題】従来の便座は、腰を下ろすのに、足の曲げが90度近くなり、高齢者など、足の曲げが不自由な人々にとって、容易ではない。
【解決手段】 次の構成を有することを特徴とする補助便器である。
イ.洋式便器の便座の内径よりも大きな略円筒型の便器を設けた構成。
ロ.略円筒形の便器の上部には略60度の便座を設けた構成。
ハ.略円筒型の便器の下部に洋式便器の便座の内径よりも小さな略円筒型の部分を設けた構成。
ニ.小さな略円筒形の部分は洋式便座の内径に勘合する構成。
ホ.便座の下端が斜め上方に持ち上がった構成。 (もっと読む)


【課題】使用感がよく、手入れが簡単な便座を提供する。
【解決手段】便座20は、ヒータ24と、ヒータ24の上方に配置される被加熱部201とを備える。被加熱部201は、カバー23と、壁部221を含む弾性部材22とを含む。カバー23は、被加熱部201の上面を形成するものである。壁部221は、カバー23から下方に延び、かつ、被加熱部201の内部に気体を保持するための複数の独立した貫通孔222を形成するものである。 (もっと読む)


【課題】便座の表面に面状ヒータを装着した即暖性に優れた暖房便座において、着座面の温度分布の均一化を図る。
【解決手段】電源に接続される給電ラインS1,S2と、給電ラインS1,S2に並列接続される複数の線状発熱体Rとをシート状基材10に配置して成り、線状発熱体Rの通電長さが長く設定されている部位では断面積を比較的大きく設定し、通電長さが短く設定されている部位では断面積を比較的小さく設定する。これにより、通電時における線状発熱体Rの単位長さ当たりの発熱量を均等化し、着座面の温度分布を均一にする。 (もっと読む)


【課題】暖房洗浄便座を提供する。
【解決手段】本発明による暖房洗浄便座は、垂直に貫通する中孔部が形成され、上部面に沿って形成された固定溝に対応するように接触層が結合される軟質の表皮層と、前記表皮層の下部に付着され、外部から供給される電源によって発熱して前記表皮層を加熱させる発熱体が備えられた上部筐体と、前記表皮層の下端に対応する形状に結合されて空間部を形成し、前記表皮層の下端枠部位と接する上端枠部位に上部に刃をなす切断部が形成された下部筐体と、前記空間部に充填されて前記発熱体の熱損失を防止するための断熱材と、を含む。 (もっと読む)


【課題】便器または衛生洗浄装置等に設けられる樹脂成形体としてのフィルム加飾便蓋の製造方法において、フィルムのトリミングを容易化し、さらに端面からの剥がれを抑制する。
【解決手段】前記側壁部42内側に段差51をもうけ、段差51部分でフィルム63のトリミングをすることで、真空圧空工法を用いたフィルム加飾工法であっても、外観良好性を損なうことなく、トリミングが容易で、かつ、フィルム63端面の段差を解消し、指等で触れることによる、引っかかりを減少させ、フィルム63がはがれることを防止することができる。 (もっと読む)


【課題】接合部の強度と防水性能の高い便座の製造方法を提供する。
【解決手段】金属製の上部便座ケーシング310と樹脂製の下部便座ケーシング320の相互の外周縁と内周縁の先端が当接するように積層し、電磁誘導加熱装置510により上部便座ケーシング310の外周縁と内周縁を発熱させることにより下部便座ケーシング320の外周縁と内周縁の少なくとも一部を溶融し、押圧装置520により上部便座ケーシング310を下部便座ケーシング320に押圧することにより、上部便座ケーシング310と下部便座ケーシング320の外周縁と内周縁を溶着する。 (もっと読む)


【課題】外力による便蓋の脱落を抑制し、安全性の高い便座装置を提供すること。
【解決手段】本体200に回動機構500を介して枢支された便蓋400の開放位置を規制する規制手段510を備え、規制手段510は同心の円弧で形成された小径部521と大径部522との境界に形成された段差面523を備え、大径部522の外周と段差面523とを鋭角で交差するように形成したものである。
これにより、便蓋400の開放状態において、それ以上開放する方向に外力が加えられた場合、段差面523に対する外力の作用は、段差面523と大径部522の外周との接点の方向に移動させる方向に作用し、段差面523がより強固に圧接することとなり、段差面523の変形や損傷の発生を抑制することができ、外力による便蓋400の脱落を抑制することができ、安全性の高い便座装置を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】溶着部の外周側にはみ出す溶着バリの量を極力少なくして、溶着後におけるバリ仕上げ加工を簡便に行うこと。
【解決手段】座裏成形品3の上面に着座部6を有する座表成形品2が被せられて溶着により接合一体化された便座成形品1を備える。座表成形品2と座裏成形品3の互いに対向する溶着面2a,3aのいずれか一方に、溶着面2a(3a)の厚み方向Bの中央側に寄せて、溶着時に発生する溶着バリ5aを逃がすための溝条部4を形成した。 (もっと読む)


【課題】軽量化が図れる便座を提供する。
【解決手段】便座4は、合成樹脂よりなる便座外郭体1と、便座外郭体1の内部の中空部2とを備える。中空部2内には大気圧よりも高い圧力の高圧ガスが封入される。 (もっと読む)


【課題】打ち抜き加工した布帛製の便座シートであって、特別な縁処理をしなくても輪郭が崩れないものを提供する。
【解決手段】洋式便器1の便座11又はその洗浄・暖房装置の便座11の上面に着脱自在に装着される、ほぼ三日月形状に形成された一対のシート2であって、各シート2は、表面層、クッション層、粘着剤層の3層からなり、表面層が50〜100デニールのポリエステル糸を使用し、目付量が150〜200g/m2で編成されたフリース編地で、パイルループをシャーリングカットし、毛羽立てて起毛地にしたものであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 防汚性に優れた樹脂組成物の提供、汚れの付着が少なく、かつ汚れが付着したとしても容易に汚れを除くことができる樹脂成形体を提供すること。
【解決手段】 ポリプロピレン系樹脂と、シリコーングラフトポリプロピレンと、シリコーンオイルとを少なくとも含んでなる樹脂組成物は、汚れの付着が少なく、かつ汚れが付着したとしても容易に汚れを除くことができる。従って、便座、特に局部洗浄装置付きの便座として好適に用いられる。 (もっと読む)


【課題】誘導加熱の原理を利用した暖房便座装置であって、高周波電流の伝送ロスを低減でき、高い信頼性を得ることができる暖房便座装置を提供することを目的とする。
【解決手段】便座または便蓋と、前記便座または便蓋を開閉可能に支持するケーシングと、前記ケーシングに内蔵され、高周波電流を生成する高周波電源装置と、前記便座または便蓋に内蔵され、前記高周波電源装置から供給された高周波電流により磁界を発生させる誘導加熱コイルと、前記磁界によって誘導加熱される導電体と、前記高周波電源装置から前記誘導加熱コイルに前記高周波電流を送る電線と、を備え、前記電線は、複数本の導線を束ねた状態で全体が被覆された第1の電線と、前記第1の電線と直列に接続され、複数本の絶縁素線が撚り合わされた第2の電線と、を有し、前記第1の電線は、前記便座または便蓋の開閉によって前記電線に捩れが生ずる範囲に設けられた暖房便座装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】誘導加熱の原理を利用して便座着座面を暖める暖房便座装置であって、使用者の着座による繰り返し荷重が加わり、便座の着座面に破損が生じたとしても、使用者が温度むらを感じることなく、好適に使用できる暖房便座装置を提供することを目的とする。
【解決手段】便座と、前記便座に設けられ、供給された高周波電流により磁界を発生する誘導加熱コイルと、前記誘導加熱コイルが発生した磁界により誘導加熱される発熱体と、前記誘導加熱される発熱体の破損を検知する前記発熱体とは別体の検知部と、誘導加熱コイルへの高周波電流の通電を制御する制御部とを備え、前記検知部が前記発熱体の破損を検知した場合、前記制御部が、前記誘導加熱コイルへ前記高周波電流を通電させないこと、を特徴とする暖房便座装置。 (もっと読む)


【課題】保温性をより向上させた暖房便座用便蓋を提供する。
【解決手段】暖房便座用便蓋は、内蓋10と、内蓋10の上面を覆う外蓋20とを有し、支持具に対して起倒回動可能に連結される。上面部と、この上面部の左右及び前側の端部から垂下した側面部とを有しており、上面部内であって、内蓋10と外蓋20との間に確保した空間内に収納し、前端から後端部に向けて徐々に厚くなり、後端部は後方に向けて徐々に薄くなるように連続的に徐々に厚さが変化した断熱材60を有している。 (もっと読む)


【課題】本発明は、剛性の高い便座装置を提供することを目的とした。
【解決手段】座面を形成する座面部材2と、便器に載置する裏面部材3と、座面部材2と裏面部材3とに囲まれた空間10に設置されたリブ部材5からなる便座装置1において、リブ部材5は、座面部材2と裏面部材3を天地方向に支持する本体部23と、本体部23を介して互いに離反方向に突出した内側リブ片24と外側リブ片25を有し、内側リブ片24と外側リブ片25は、座面部材2又は裏面部材3を固着支持する構成となっている。 (もっと読む)


【課題】小さい力で昇降操作が可能な、膝の負担を軽減する便座昇降装置を提供する。
【解決手段】ベース1、支柱2からなる便座昇降装置の据付部材に、回動可能に設けられたキャスター・ガイド3、メインフレーム4、カム7を設け、便座12はメインフレーム4に回動可能に軸支されるとともに、キャスター9、10により、それぞれキャスター・ガイド3、カム7により支持されている。キャスター・ガイド3とメインフレーム4とはジョイント・プレート8で連結されている。以上により、取手11を回動操作することによりカム7を回動させ、便座12を昇降可能とした。なお、便座を上昇させる力を軽減させるガススプリング16を設けている。 (もっと読む)


【課題】イラストや写真などのデザイン画を施したアートデザイントイレ及びアートデザイン浴槽を提供する。
【解決手段】トイレのふた1、トイレの便座、トレイ本体、トイレタンク、お風呂の浴槽にイラストや写真などのデザイン画を直接施したトイレ及び浴槽。 (もっと読む)


【課題】熱膨張・収縮による歪みを最小限とすることでコード状の発熱体の破断を防止する暖房便座を提供すること。
【解決手段】着座部3、およびこの着座部3の下方に配置した便座本体2と、着座部3の内面に配設した180°の折り返し部の集合で蛇行状に形成されたコード状発熱体4とを備え、安全装置を取り付けるコード状発熱体4の線密度の高い領域の蛇行状に形成されたコード状発熱体4の直線部長さを、線密度の低い領域よりも短くしたことにより、線密度が高く他の箇所より高温となる発熱体の特定の部位では、膨張・収縮による歪みも大きくなるが、その部分に配設するコード状発熱体の直線部長さを短くして、熱の影響をなるべく小さくすることでコード状発熱体の破断を抑制することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 222