説明

Fターム[2D050DA01]の内容

杭、矢板の設置・撤去及びそれらの付属品 (4,237) | 撤去方法 (237) | 引き抜き力によるもの(装置) (164)

Fターム[2D050DA01]の下位に属するFターム

Fターム[2D050DA01]に分類される特許

1 - 20 / 43


【課題】 杭を曲げることなく容易に地面から抜くことができる杭抜き具の提供。
【解決手段】 杭Pに取り付けられる本体3と、本体3に下方へ向けてねじ込まれる操作棒5と、地面に載置され、操作棒5の下端部が当接される台座7とを備える。本体3は、一対の矩形板状の支持片9,11により構成されており、ボルト31により互いに固定可能とされる。各支持片9,11の他端部中央部には、上下方向に貫通してネジ穴19,21が形成されており、ネジ穴19,21には、それぞれネジ棒状の操作棒5が上下方向に進退可能にねじ込まれている。杭Pに本体3が固定された状態で、操作棒5がねじ込まれ、操作棒5の下端部が地面に載置された台座7の受部39に当接し、さらにねじ込むことで本体3が上昇すると共に杭Pも上昇して杭Pを抜くことができる。 (もっと読む)


【課題】 土留め工事で使用された土留部材を、地割れや地盤の軟化等を生じることなく引き抜き、地中から撤去する方法を提供する。
【解決手段】 この方法は、埋設されている土留部材に隣接または近隣して注入管を挿入するための挿入孔を形成し、挿入孔内に注入管を挿入して埋設する工程と、注入管から注入材を一定の流量で流出させるとともに、埋設されている土留部材を注入材の流量に応じて一定の速度で引き上げることにより、土壌内に空隙が生じるのと同時に、周囲の土圧により注入材を空隙へ流入させて該空隙を埋める工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】鋼製の地中壁の引抜きに対する地盤の摩擦抵抗力を効果的に低減させることができる方法を提供する。
【解決手段】地盤3に埋設された鋼製の地中壁1を引抜く方法であって、一対の鋼材11、12を、その一方が地中壁1の一方の壁面に面し、その他方が地中壁1の他方の壁面に面するように、地盤3に埋設し、直流電源14の正極を一対の鋼材11、12に、直流電源14の負極を地中壁1に接続し、直流電源14により一対の鋼材11、12と地中壁1とに直流電圧を印加してから、地中壁1を地盤3から引抜く。 (もっと読む)


【課題】作業性よく鋼管類の圧入および引き抜きが可能であり、軽量で安価な鋼管類圧入引抜装置を提供する。
【解決手段】鋼管類が貫通される第1貫通部を有するベース10と、第1貫通部の外周部に立設される昇降部材18を有する3以上の昇降機構14と、昇降部材18に連結され、鋼管類が貫通される第2貫通部38を有する昇降フレーム37と、鋼管類が貫通される第3貫通部42を有し、昇降フレーム37に第3貫通部42の軸線を中心として回動可能に配設した回動フレーム41と、回動フレーム41の上部に配設され、鋼管類の外周部を締め付けて保持する締付保持機構44と、昇降フレーム37上に水平方向に回動可能に配設され、進退駆動される駆動ロッド54A,54Bの先端を回動フレーム41に連結した駆動シリンダ53A,53Bと、を備えた構成としている。 (もっと読む)


【課題】大口径の杭でも省スペースで静荷重により容易に回転抜き打ち施工できて、工期・工費を抑えられるようにする。
【解決手段】杭1を把持して駆動部4で回転させるとともに、この駆動部4に連結する反力装置7で杭1を軸方向に往復動させながら杭1の軸方向の反力を受けて、杭1を回転打ち抜きする方法であって、杭1の周囲に、反力装置7を介して杭1の軸方向及び回転方向の反力を受けるための反力基盤10を配置し、その反力基盤10に反力装置7を複数固定する。そして、駆動部4で杭1を回転させるとともに、複数の反力装置7で杭1を軸方向に往復動させて、杭1を回転打ち抜きする。 (もっと読む)


【課題】 作業者が一定の姿勢で杭抜き操作を行うことができるようにする。
【解決手段】 本発明の杭抜き機1は、地中に打ち込まれた杭Sの地上露出部Saを挿通する空間2aを有する接地部2と、該接地部2に立設された支柱3と、該支柱3に沿って昇降自在に設けられた昇降部4と、該昇降部4に取り付けられ、杭Sの地上露出部Saを係止するクランプ部5と、該支柱3の上部に回転自在に支持されたスプロケット6と、途中部が該スプロケット6に巻き掛けられ、一端部が引っ張りバネ8を介して支柱3におけるスプロケット6よりも下方に取り付けられ、他端部が昇降部4に取り付けられたチェーン9と、該スプロケット6に対し、相対回動自在に且つ軸心を一致させて支持されたハンドル10と、該ハンドル10の往復回動により、チェーン9を前記一端部側へ移動させる一方向への回転のみをスプロケット6に生じさせるラチェット部7とを備えている。 (もっと読む)


【課題】リーダは非作業時には略半分の長さに縮小できるから、フロントを有する作業機に作業用アタッチメントとして取着して使用できるし、強風に速やかに対応が可能で安全性に優れており、また移動時も通常の作業機と同様に行うことが可能なので作業性に優れている地中埋設杭の引抜き装置を提供する。
【解決手段】油圧モータ32を吊下げてガイドするリーダ2は、作業機のフロント1Aに取着した内筒3に外筒5を縦方向に変位可能に挿装して構成してある。内筒3と油圧モータ32との間には、外筒5の上端に設けたガイドプーリー6を介してモータ支持索8が張設してある。内筒3には外筒5を上昇させるリーダ伸長機構10と、外筒5を降下させるリーダ縮小機構22が内設してあり、油圧シリンダ14によって作動するようにしてある。 (もっと読む)


【課題】 境界杭の大きさに影響されにくく、また境界杭を加工することなく地中から境界杭の引き抜きを容易にする。
【解決手段】 長手方向に段差を有する境界杭をスコップを用いて地中から引き抜くためにスコップに取り付けられる引抜補助具であって、スコップのスコップ本体の取手側端縁部に係止可能に、スコップに取り付けられるブレード部を備え、ブレード部は、大きさの異なる複数の境界杭のそれぞれをそれぞれ係止可能な複数の切欠部、または大きさの異なる境界杭のそれぞれを係止可能な少なくとも一つの切欠部を備える。 (もっと読む)


【課題】この発明は、土留部材撤去時や撤去直後における地盤沈下を防止するため、土留部材撤箇所が迅速に安定状態になれるような土留部材撤去方法を提供することを目的とする。
【解決手段】上述の課題を解決するため、この発明の土留部材撤去方法は、土留部材に沿って注入管を設置し、注入管より注入材を注入しながら土留部材を引き上げて、土留部材の引抜き跡を注入材で充填していく土留部材撤去方法であり、3本の土留部材に対して1本の割合で注入管を設置し、注入管より注入材を注入しながら注入管が設置されている位置の土留部材の隣の土留部材を引き上げ、ついで注入管より注入材を注入しながら注入管が設置されている位置の土留部材の隣の土留部材を引き上げることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】多様な継手ピッチの鋼矢板に対応可能な汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法を提供する。
【解決手段】鋼矢板圧入引抜機1において、チャック装置として鋼矢板の継手ピッチ19cに対応した複数のチャック装置12を装備するとともに、該複数のチャック装置12をチャックフレーム10に、それぞれ着脱自在に装着可能とし、クランプ装置3で先頭の鋼矢板を含む既設の鋼矢板をクランプすることにより台座2を既設の鋼矢板上に定置させて、チャック装置12に作業する鋼矢板15を挿通してチャックするとともに、該先頭の鋼矢板の開放された継手18に、作業する鋼矢板の継手18を噛合させた状態において、チャックフレーム10に装着された前記複数のチャック装置12は、いずれも鋼矢板圧入引抜機1の他の部材と干渉することがないようにした。 (もっと読む)


【課題】 土木工事において山留用に杭として使用されたH型鋼材を地盤から引抜くことができるコパクトな引抜装置を提供する。
【解決手段】 間隔を開けて直立した一対のコラム11とコラムを連結する連結部材12とを含む本体10、本体に沿って昇降可能な昇降台20、および昇降台と本体間に連結され昇降台を昇降させる直立した昇降用油圧駆動部材30からなり、昇降用油圧駆動部材はシリンダ21とロッド23とからなおり、昇降台はH型鋼材60が通過可能なT形開口20bが形成されると共にH型鋼材の連結部材側のフランジ61を押圧してを把持する一対の油圧把持具25を具備している。 (もっと読む)


【課題】ケーシングが杭孔に強固に固着している場合でも油圧シリンダに過大な曲げ荷重が作用するのを回避すし、ケーシングを安全に引抜くことが可能なケーシング引抜装置を提供する。
【解決手段】地中に埋設され上部が地表Gに突出するケーシング102の直上に位置しクレーンと連結可能な水平横フレーム10と、横フレームの左右両端部で下方に延びる筒状の縦フレーム19と、横フレーム10の左右両端部側で縦フレーム19と上下に摺動可能に嵌合する筒状のガイド部22を有し、下端部を地表Gに設置するベース21と、横フレーム10の左右両端部側で上端部が横フレーム10に揺動可能に連結され、下端部がベース21に連結され、伸縮によりベース21に対して横フレームと10縦フレーム19とを上下方向に駆動する油圧シリンダ31と、横フレーム10に保持され地表Gから突出するケーシングの上部と連結可能な吊り具61とを備える。 (もっと読む)


【課題】上部の掘削量を削減し、ガス溶断を不要とし、ナットの撤去のみで簡単迅速に上杭を撤去することができ、かつボルト締結による上杭と下杭相互の嵌め合いで十分な耐力を有する1本の杭として使用する方法を提供する。
【解決手段】杭鉄骨を撤去部である上杭11と残置部である下杭12とに分割し、相対する端部をウエブとフランジの連続部分の一部もしくは、フランジの一部のみを切り下げ、かつ、平端面開口をボルト穴を設けた接合プレート14で閉塞し、相互に嵌め合い可能な段違い形状とし、また、上杭11の上部位置内方平面も同様にボルト穴を設けた上プレート16で閉塞し、これら上杭11と下杭12とを嵌め合い、長ボルト21とナット20、22で結合しておき、撤去時には杭頭部である上杭11の上プレート16を掘削により露出させ、ナットを外して長ボルト21を撤去し、上杭11と下杭12を分離した後、上杭11を引き抜き撤去する。 (もっと読む)


【課題】構造物に近接して杭を圧入・引抜することが可能であり、かつ、杭圧入施工性が高い杭圧入引抜機、並びに、当該杭圧入引抜機を用いて杭を地中に圧入する杭圧入方法及び当該杭圧入引抜機を用いて杭を地中から引き抜く杭引抜方法を提供する。
【解決手段】杭圧入引抜機1において、チャック6は、円筒状で外面の一部が軸方向に沿って開口しており、外周に沿って設けられた円弧状のガイドレール部63を備え、チャックフレーム7はガイドレール部63にスライド自在に係合する係合部71を備え、ガイドレール部63は上側に設けられた上ガイドレール部63と下側に設けられた下ガイドレール部63とを備え、係合部71は上ガイドレール部63に係合する上係合部71と下ガイドレール部63に係合する下係合部71とを備え、チャック6はチャック回動機構部8によりガイドレール部63が係合部71をスライドすることによって回動することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】場所打ちコンクリート杭工法における表層ケーシング引抜き時の事故を防止すること。
【解決手段】本発明では、表層ケーシングを挟んで反対位置で表層ケーシングの引抜き方向に向けて伸縮する一対の伸縮支柱と、一対の伸縮支柱の間に介設して、表層ケーシングの上端開口部の上方位置で表層ケーシングの径方向に向けて伸延する支持台と、支持台に設けた表層ケーシングの上端部に着脱自在に装着可能な吊具と、一対の伸縮支柱を同時に同量だけ伸縮させる伸縮機構とを有するジャッキを使用し、表層ケーシングが埋設された地盤に表層ケーシングを跨いでジャッキを設置し、ジャッキの吊具を表層ケーシングの上端部の直上方位置に移動させて吊具に表層ケーシングの上端部を装着した後に、ジャッキの伸縮機構を駆動して両方の伸縮支柱を同時に同量だけ伸張させて表層ケーシングを所定量上方に引抜くことにした。 (もっと読む)


【課題】この発明は、施工後にも周囲の地盤や地下水の流れに変動を与えることがなく、しかも注入管の取り付け場所に制約がなく、さまざま装置について広く適用できる土留部材撤去方法を提供することを目的とする。
【解決手段】この発明の土留部材撤去方法は、上端部に吊下げ用穴5を有する土留部材1を撤去する方法であって、土留部材1の上端部付近であって吊下げ用穴5よりも下側にスペーサ23を取り付け、このスペーサ23に注入管10を接続し、注入管10より注入材を注入しながら土留部材1を引き上げて、土留部材1の引抜き跡を注入材で充填していくことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】土圧の高い場所にも適用可能な剛性の高い芯材の分離構造を提供する。
【解決手段】地中に埋設されて軸直交方向からの荷重を受ける長尺状の芯材10を上下に分離可能に形成する芯材の分離構造である。そして、芯材は、下側芯材2と、その下側芯材に固定される上方が開口された継手函体3と、その継手函体の開口から挿入されて下側芯材に当接されるとともに継手函体に着脱自在に固定される上側芯材1とによって構成される。また、下側芯材と上側芯材とが当接される箇所には、芯材の軸直交方向の少なくとも一方向の相対変位を制限するせん断抵抗部が設けられるとともに、上側芯材は継手函体の外殻部31によって囲繞される。 (もっと読む)


【課題】簡単で小規模な作業により地中上側に位置しているH形鋼の上部回収作業を効率よく行えるようする。
【解決手段】壁部材1を構成している上下段のH形鋼3,4同士を分離可能に連結するもので、H形鋼の一方フランジに設けられた取付孔10から他方フランジに設けられた取付孔10に向けて操作されるボルト等の取付用棒材と共に用いられ、上下段のH形鋼同士を突き合わせる上下端部に亘って配置され、取付用棒材を介してH形鋼同士を連結する接続金具である。この接続金具6は、H形鋼の両フランジ及びウエブで区画している凹部3cや4cに配置される大きさの鋼材からなり、前記上下端部のうち、一方端部の凹部3cに固定された状態で他方端部の凹部4cに配置される差込部6aと、該差込部に設けられて他方端部の凹部4cを区画している両フランジ4aに設けられている取付孔10に一致する取付用棒材を通す挿通孔8とを有している。 (もっと読む)


【課題】地盤に埋設された杭、たとえば外径が大きい鋼管杭を引き抜く場合、必要な引き抜き力を杭に伝えることができ、杭抜き作業が効率的に行なえる簡単なフレーム構造の油圧式杭抜き装置を、杭抜き方法とともに提供する。
【解決手段】前後一対の主フレーム4にクライミングロッド1aがシリンダ内を貫通している油圧式ジャッキ1を搭載するとともに、クライミングロッド1aの下端部に設けた吊り金具1bと、前記杭の前後面に外向きに突出して設けた連結金具5とを、連結部6で着脱可能に連結した油圧式杭抜き装置および杭抜き方法。 (もっと読む)


【課題】回転圧入用鋼管杭が建て込まれた水平状態の鋼管杭回転圧入装置を安全かつ容易に傾斜状態に移行させることが可能な斜杭の施工方法及び斜杭の施工設備を提供すること。
【解決手段】鋼管杭回転圧入装置の1つの脚座のみを載置可能な第1の架台を2つ設置するステップと、第1の架台上に鋼管杭回転圧入装置の脚座を1つずつ載置し、鋼管杭回転圧入装置の他の脚座を第1の架台に載置しないで、鋼管杭回転圧入装置を水平状態で設置するステップと、鋼管杭回転圧入装置に回転圧入用鋼管杭を建て込むステップと、回転圧入用鋼管杭の下部を鋼管杭回転圧入装置によって把持した状態で、脚座と接続された鋼管杭回転圧入装置のジャッキを調整して、鋼管杭回転圧入装置及び回転圧入用鋼管杭を地盤に対して傾斜させるステップと、鋼管杭回転圧入装置を駆動して、回転圧入用鋼管杭を回転させながら地盤に圧入するステップとを有する。 (もっと読む)


1 - 20 / 43