Array ( [0] => 立坑・トンネルの掘削技術 [1] => 掘削作業の目的 [2] => 分岐 ) 立坑・トンネルの掘削技術 | 掘削作業の目的 | 分岐
説明

Fターム[2D054AA03]の内容

立坑・トンネルの掘削技術 (8,857) | 掘削作業の目的 (979) | 分岐 (93)

Fターム[2D054AA03]に分類される特許

21 - 40 / 93







【課題】拡幅部を有する複雑な形態のトンネルを合理的に施工し得る有効適切なこうぞうと工法を提供する。
【解決手段】複数のトンネル(シールドトンネル1A,1B,2A,2B)を上下方向および横方向に間隔をおいて並べて多連多段に構築し、各段のトンネルどうしの間を拡幅してそこに拡幅部5A,5Bをそれぞれ設ける。各段の拡幅部の間を掘削してそこに上下の拡幅部どうしを連結する支保構造体10を構築する。支保構造体は、上段の拡幅部5Aの下部床版4Aと、下段の拡幅部5Bの上部床版3Bと、それらを一体に連結する補強壁版からなり、その支保構造体を上下の拡幅部の施工に先立って先行構築する。 (もっと読む)


【課題】工程上の制約の少ないトンネルの構築方法を提供する。
【解決手段】親子シールド機1は親シールド機4と子シールド機2からなり、親シールド機4は扇形カッタ11aを有し、子シールド機2は扇形カッタ11bを有している。扇形カッタ11aと扇形カッタ11bは連結板13によって連結され、円形カッタ11となる。
親子シールド機1は親シールド機4と子シールド機2が一体となって地山を掘削する際は円形カッタ11が円形断面のトンネルを掘削し、子シールド機2が分離した際は扇形カッタ11bが扇形断面のトンネルを掘削する。 (もっと読む)















21 - 40 / 93