説明

Fターム[2E141EE03]の内容

テント・膜構造 (3,144) |  (748) | 素材 (312) | 合成樹脂 (142)

Fターム[2E141EE03]に分類される特許

121 - 140 / 142


【課題】中央部分を固定することができる大型シートを提供する。
【解決手段】大型シート1の中央部分にも固定可能なパーツ2を設けることで、外力を分散させ、風の含みや、たわみによる雨水の溜まりを少なくする。又、中央部分にも固定できる方法があるため、変形物や立体物、曲がったものにも十分対応した固定方法が取れるようになる。 (もっと読む)


【課題】従来から市販されている子供用プールにも適用することができて、プール内を狭くすることもなく、子供の安全を図ることのできる日除けを、簡単な構成によって提供すること。
【解決手段】上下に重なったエア室21a内に空気を入れることにより形成されるプール側壁21と、このプール側壁21の底面に形成される底壁とにより囲まれる空間内に水を注入して形成される子供用プール20に取り付けられる日除け10であって、空気を入れることにより柱状となる複数の柱状袋11と、これら各柱状袋11間に張設される日除けシート13と、柱状袋11の先端部に形成されて、子供用プール20のプール側壁21の上端に係合されるエア爪部とにより構成したこと。 (もっと読む)


【課題】断熱壁の側壁を折れ部のない均一且つ十分な壁厚の断熱材で形成し断熱性、収納性、洗浄性および生産性に優れた断熱テントを得る。
【解決手段】折り位置を決定するガイド棒5を断熱壁2の内側壁に座金11を介して固定し、ベント棒6の両端が回転自由端になるようにベント棒6を一個間隔でガイド棒5に取り付ける。そして、断熱壁2の下方にバランスウェイト7を取り付け、テープ10でバランスウェイト7とシャフト12を連結し、シャフト12をプーリー14を介して巻取り機4と連動させて、巻取り機4を作動させてテープ10を巻き取るようにして、断熱壁2の側壁に折りたたみ手段を具備する。 (もっと読む)


部品のセットから容易に組み立てられる解体可能な建物構造物が開示される。この建物構造物は建物構造物の長さに沿って間隔を置かれた複数の弓形フレーム部材を含む。各々の弓形フレーム部材は第1の脚部から頂上へと延び、第2の脚部へと戻る。各々の弓形フレーム部材は複数の梁を含む。各々の梁は2つの対向するフランジを含む。各々のフランジは2つの二股に分かれた端部を有する。これらの端部は開放部を備えたC字形状のロープ溝を規定する。この建物構造物はさらに、第1および第2の脚部と摺動嵌合可能な基礎、および玉縁になった縦方向のエッジを有する複数の細長の膜を含む。これらの膜は隣り合う弓形フレーム部材の間に引き伸ばされる。これらの縦方向のエッジはロープ溝の中にある。弓形フレーム部材を強制的に互いから遠く離すため、およびこれらの膜を引き伸ばした状態に保つためにスプレッダが隣り合う弓形フレーム部材の間で広がる。
(もっと読む)


【課題】 膜状物の材料として好適なポリテトラフルオロエチレン水性分散液組成物、光透過性に優れたポリテトラフルオロエチレン膜状物と上記ポリテトラフルオロエチレン膜状物からなる屋根材を提供する。
【解決手段】 テトラフルオロエチレン単独重合体及び/又は変性ポリテトラフルオロエチレンからなるフルオロポリマー粒子が水性媒体に分散しているポリテトラフルオロエチレン水性分散液組成物であって、
前記ポリテトラフルオロエチレン水性分散液組成物を適用することにより作成し且つ基材を含まないポリテトラフルオロエチレン膜状物について入射光の強度をI、透過光の強度をI、及び、膜状物の厚みを10μmとしたとき下記式(Ia):
α=10/ln(I/I) 式(Ia)
により算出されるαが260以上である
ことを特徴とするポリテトラフルオロエチレン水性分散液組成物。 (もっと読む)


本発明の自動展張テントは、ベースループ(2)と、少なくとも1つのトップループ(3)と、これらベースループ(2)及びトップループ(3)に接続されたルーフスキン(5)とから成るアーチ構造を含む。前記テントは更に、前記ルーフスキン(5)の下方に位置するとともに、フレキシブルスプレッダ手段(8)によって前記トップループ(3)に接続されたトップ部(6a)と、前記ベースループ(2)に接続されたボトム部(6b)とを備える内部チャンバ(6)を有する。前記テントの展開状態において、前記ルーフスキン(5)と前記内部チャンバ(6)のテンションは、前記スプレッダ手段(8)によってそれらが互いから離間するように選択される。
(もっと読む)


【課題】 野外用テントの天幕に一体的に雨樋を形成できるようにし、雨天の際に簡単に雨樋を設けることができるようにする。
【解決手段】 接地される支柱11に支持される屋根用骨組12に被せて屋根部分を覆う天幕20の周縁に、外上向きに折り返し可能とした折り返し部20aを設け、折り返し状態で対向する天幕20の外面との間に断面U形状の雨樋21が形成できるようにしている。且つ、折り返し部20を折り返し状態で保持する保持手段32を、該折り返し部20aと折り返された状態で対向する部位の天幕20のとの間に設けている。
(もっと読む)


【課題】 別途多数の接合用部材を要することなく、かつ個々のユニットにおける形状保持性により、組立および解体が容易であるとともに、完成後の維持費用の低減化を実現することができる組立式構造物を提供する。
【解決手段】 本発明に係る組立式構造物は、独立して内部に空気を封入可能な三角形の袋体2aと、この袋体2aの少なくとも2辺にそれぞれ形成された凸状部3および凹状部4とを備えた複数の単位ユニット1を、一の単位ユニット1の凸状部3を、隣接する他の単位ユニット1の凹状部4に係合させて互いに連結することにより、自立性を有する外殻を形成してなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】外気が軒裏を通じて建物の屋内に侵入するのを防ぐことができ、しかも、それを施工容易に実現することができる軒下付きシート式屋根の構造を提供する。
【解決手段】軒下の備えられた側の外壁と屋根用シート11との間の開口部が、屋根用シート11に備えられたエプロン部16でカバーされ、エプロン部16の下端部は、面ファスナー17a,17bで外壁の側であるマグサ8に止め付けられている。また、屋根用シート11の勾配は、小屋梁7…と屋根用シート11との間に介設されたジャッキ15,15によってつけられている。 (もっと読む)


【課題】 ドーム状建物の開口部構造を、建物全体に調和した簡素な構成で、組立や撤去も容易に行えるように構成する。
【解決手段】 空気封入される三角形状の外殻パネルを面ファスナで接合した殻構造のドーム状建物において、次の構成とする。外殻パネルの一部を開口部外殻パネル2Aとし、この開口部外殻パネル2Aに回転窓15を設ける。この回転窓15の窓枠17と戸19とに、互いに接合されて戸19の閉じ状態を保つ面ファスナ9を設ける。回転窓15の代わりに、出入り口となる開き戸を設けても良い。 (もっと読む)


【課題】屋根用シートの軒部側の先端部を軒部の下面側に回り込ませた取付け状態を施工容易に形成することができる、シート式屋根の構造を提供する。
【解決手段】軒部に、軒線方向に沿って延びる添え材8が、軒部の上面側から側面側へと回動するように枢着され、該添え材8に屋根用シート11の軒側の先端部が止め付けられ、該添え材8が軒部の上面側から側面側へと回動することで、屋根用シート11の軒側先端止付け部が添え材8の下面側又は背面側に回り込まされている。 (もっと読む)


第1の半剛性の面が第1の位置と第2の位置と、をとることを可能とするように基準に回転可能に固定されたように構成された第1の湾曲した縁部と、第1の半剛性の面が第1の位置にある時には折りたたまれ、第1の半剛性の面が第2の位置にある時には展開されることを可能とするように、第1の半剛性の面にまたがる第1の連結構造と、を有する構造。前記構造は、第2の湾曲した縁部を有し、第1および第2の位置を取ることを可能とするように前記基準に回転可能に固定されるように構成された第2の半剛性の面を含む。前記第1および第2の半剛性の面は、前記第1および第2の湾曲した縁部にて、第2の連結構造によって連結されている。前記第2の連結構造は、前記第1および第2の半剛性の面が第1の位置にある時にはほぼ同時に折りたたまれることを可能とするように構成されている。
(もっと読む)


【課題】 建物の外表面が曲面であっても、水を利用して建物の外表面を効率よく冷却することができ、使用場所を選ばない外装部材、外表面冷却構造、及び外表面冷却方法を提供すること。
【解決手段】 外表面冷却構造1の製造では、まず、ネット3をテント用膜材5に物理的に圧着することで貼り付ける。ネット3は、0.3mm厚のポリエチレン製ネットであり、網目の粗さは20メッシュである。テント用膜材5は、芯材7の両側をテント生地9で挟む構造を有している。次に、ネット3の表面及びテント用膜材5の表側に、常温硬化型コーティング剤により光触媒コーティングを施す。 (もっと読む)


【課題】 単一のパイプ材を用意するだけで、簡単且つスピーディに組付けられ、製造設備の標準化がはかれ、単一の収容スペースや段ボール箱内に均一にそえて収容でき、経済性にすぐれた枠体とこの枠体を利用した構造物を提供すること。
【解決手段】 コ字状、U字状又は半円状に折り曲げた一対のパイプ材2,3からなり、各パイプ材は一端に小径部4を形成し、一方のパイプ材の小径部をそれぞれ他方のパイプ材の他端に圧入して矩形に形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ランニングコストおよび初期コストを低く抑えることができ、しかもメンテナンスが容易なニューマチックパネルを提供する。
【解決手段】2枚の膜材2aの間に空気が封入された二重膜構造の膜パネル2と、膜パネルの周縁部を保持する外周フレーム3と、膜パネルの表面に弾性力を作用させて、膜パネルの内圧に応じて膜パネルの容積を可変とすることにより、膜パネルの内圧の変動を抑制する圧力調整機構5とを備える。 (もっと読む)


【課題】コストと高モジュラスの両方を実現できるテント・幌用防水シート用基布およびこれをテント・幌用防水シートを提供すること。
【解決手段】基布の少なくとも一部がポリエチレンナフタレート繊維より構成されているテント・幌用防水シート用基布、この基布を用いたテント・幌用防水シート。 (もっと読む)


【課題】 比較的強度を有して大型のものが製造可能で、しかも、敷地面積に対して内部の空間を大きくでき、更に、その高さや幅を変えることができる簡易バルーンシェルターを提供する。
【解決手段】 間隔をあけて配置され前後に長い左右の基礎部材11、12と、基礎部材11、12に連結され垂直配置された側壁部13、14及びこれらを連結する屋根部15を形成しているカバー部材16とを有し、基礎部材11、12及びカバー部材16が軟質の合成樹脂シート等からなり、空気注入によって膨らむバルーンによって形成され、カバー部材16は、少なくとも左右の側壁部13、14が、並べて配置されそれぞれの連結部分の一部が連通する複数の筒状気室22、23で全体が構成され、更にそれぞれの筒状気室22、23の基部が基礎部材11、12に立設されている。 (もっと読む)


【課題】 強風に曝されても破損しない頑健性の高い開閉式屋根の提供。
【解決手段】 互いに平行に配設された一対のレール部材と、前記一対のレール部材に両端上下を挟持され、該レール部材に沿って移動可能とされるとともに、該レール部材に対して略直角に横切る複数本の支持部材と、前記複数本の支持部材下面に配設・固定される折り畳み可能な材料からなる矩形シート状の幕材からなることを特徴とする開閉式屋根である。 (もっと読む)


シェルタ用ポールのねじれが防止されたハブ脚継手システムが提供される。ハブ脚継手システムは、シェルタ用ポールの一端を受けるためのソケットまたは開口を備えたハブを有する。前記開口および一端は、前記一端が前記開口中に挿入可能であるが、その中で回転しないように構成されている。例えば、開口および端部は、長円形の断面形状とする。 (もっと読む)


フレキシブルな複合布材からなるレドームであって、複合布材はフレキシブルな樹脂マトリックス材中にポリエステル‐ポリアリレート繊維を含んでいる。
(もっと読む)


121 - 140 / 142