Array ( [0] => 既存建築物への作業 [1] => 補修、改造又は増築 ) 既存建築物への作業 | 補修、改造又は増築
説明

Fターム[2E176BB00]の内容

既存建築物への作業 (7,016) | 補修、改造又は増築 (2,869)

Fターム[2E176BB00]の下位に属するFターム

Fターム[2E176BB00]に分類される特許

1 - 20 / 25

















【課題】 隔離、密封、換気装置の設置といった事前準備や養生を不要とし、作業の効率を高めコストを低減可能とする。
【解決手段】 吹き付け石綿の表面に無害化処理薬剤を供給する方法であって、薬剤を泡化して石綿を覆うように供給する(請求項1)。薬剤1を泡化して石綿表面に供給するので、液体を用いた従来の薬剤供給法と異なり石綿繊維を飛散させない。泡化させた薬剤は、石綿繊維に対するシールドとして機能する。強い圧力で吹き付け供給される液体の薬剤と違い、当たりが柔らかく、石綿繊維の飛散を惹起しない。このため石綿繊維の飛散に伴う煩雑な事前準備や養生が不要となる。壁面や天井面には押圧材を用いることがある。 (もっと読む)


【課題】通常の改修の機会を利用して、きめ細かく建物の耐震性向上を提案する手段を提供する。
【解決手段】耐震性向上提案装置1は、入力部2、表示部3、処理部4および記憶部5を備える。入力部2は、ユーザの操作に伴って改修部位や建物の図面を含む建物情報を入力する。表示部3は、改修プランを提示するための画面などを表示する。処理部4の改修プラン策定部41は、入力部2によって入力された建物情報から、記憶部5に格納された、改修部位ごとの耐震化工法などのデータに基づいて改修プランを策定する。耐震性評価部42は、改修プラン策定部41によって策定された改修プランに係る建物の耐震性を評価する。地震被災リスク評価部43は、改修プランに係る建物の地震被災リスクを評価する。改修コスト評価部44は、改修プランに係る建物の改修コストを評価する。記憶部5は、処理部4が改修プランを策定、評価するのに必要なデータを格納する。 (もっと読む)



【課題】アスベストの飛散防止処理を迅速、且つ安価に行う。
【解決手段】水をアスベストを含む被覆層に含浸する第1工程、水を含浸させたアスベストを含む被覆層に石灰の粉状体を吹き付けする塗布する第2工程を含む。
(もっと読む)



1 - 20 / 25