Array ( [0] => 航行(Navigation) [1] => 他の航行体搭載機器との連携 [2] => 安全/走行支援 ) 航行(Navigation) | 他の航行体搭載機器との連携 | 安全/走行支援
説明

Fターム[2F129GG01]の内容

航行(Navigation) (246,646) | 他の航行体搭載機器との連携 (8,583) | 安全/走行支援 (3,448)

Fターム[2F129GG01]の下位に属するFターム

Fターム[2F129GG01]に分類される特許

1 - 12 / 12



【課題】車両走行中の運転者による操作を的確に禁止しつつ他の乗員による操作の利便性を適切に向上させる。
【解決手段】車両用機器の操作装置10は、車両用機器10aを操作する操作部21と、車両の走行中には操作部21の操作を禁止する制御部22とを備え、車両の運転席以外の座席に配置された電磁波発生装置12と、操作部21に接続されて操作部21に照射された電磁波を検出する電磁波検出装置13とを備え、制御部22は、電磁波発生装置12から出力された電磁波が電磁波検出装置13により検出された場合に、操作部21の操作の禁止を解除する。 (もっと読む)



【課題】操作キーの操作状況や車両の走行状態に応じて案内音声を適切に出力することにより、操作感を高め、優れた操作性を確保して安全性の向上に寄与する車載装置を提供する。
【解決手段】キー処理部15は、操作支援モード選択時であり、操作間隔時間計測部13による操作間隔時間が所定の時間以内であり、且つキー種別判定部14が同一の操作キー7が連続操作されたと判定した場合に限り、キー操作に対応する処理を行う。音声出力制御部16は、操作支援モード選択部11によって操作支援モードが選択されている場合にのみ、キー操作に対応する案内音声を出力するように制御する。 (もっと読む)



【課題】本発明の課題は、ドライバによって車両の走行性能のチェックが行われたことを証明できる過重量検出システムを提供することである。
【解決手段】前記課題は本発明では、中央電子回路が、質量最大値を超えたことの情報と、手動操作可能な確認応答スイッチの確認応答信号とを記憶するためのメモリを有する構成によって解決される。 (もっと読む)





【課題】 アプリケーションが外部機器から確実に情報を取得することができる車載機を提供する。
【解決手段】 車載機にはナビ情報プラットフォームマネージャを有したプラットフォーム13が搭載されていると共に、ナビアプリ10、運転技術評価アプリ11、安全運転情報提供アプリ12が搭載されている。ナビ情報プラットフォームマネージャ13a及び車両情報プラットフォームマネージャ13bは、ナビアプリ10、運転技術評価アプリ11、安全運転情報提供アプリ12から情報要求を受けたときは、要求を受付け、要求情報を判定する。判定の結果に応じて対応するAPIをコールし、カーナビゲーション装置15或いは車両制御用ECU18から情報を取得し、アプリからの要求に応答する。これにより、各アプリは、カーナビゲーション装置15或いは車両制御用ECU18の存在を意識することなく情報を取得することができる。 (もっと読む)




1 - 12 / 12