説明

Fターム[2G024BA14]の内容

Fターム[2G024BA14]に分類される特許

1 - 6 / 6


【課題】建材のカビ耐性を短時間で簡便に判定する方法を提供する。
【解決手段】建材の表面のpHを測定するpH測定ステップと、pH測定ステップで測定されたpHが所定値以上の場合に、建材のカビ耐性が高いと判定する判定ステップと、を含む、建材のカビ耐性判定方法。 (もっと読む)


【課題】 なるべく外乱が少なく、なるべく実機を模擬して、水素脆性起因の早期損傷を効率よく起こさせることができる転動部品材料等の鋼製材料の転がりすべり疲労寿命試験方法およびその試験装置を提供する。
【解決手段】 この鋼製材料の転がりすべり疲労寿命試験方法は、試験油槽1内の潤滑油2に鋼製材料の被試験体3bを浸漬して、転がりすべり接触を生じる負荷を与え、被試験体3bの転がりすべり疲労寿命の試験を行う。潤滑油2中に水を注入し、潤滑油2中の混入水分濃度を静電容量と油温とによって測定する。被試験体3bが転動部品用の材料である場合、転動部品を試験用に模した部品である転動部品模擬体3を、前記被試験体3bを構成要素に含めて製作し、この転動部品模擬体3bを潤滑油に浸漬して動作させる。 (もっと読む)


本発明は機械装置のエネルギ消費量の分析方法に関する。本発明では、まず、1つの作業工程の各部分工程を表す複数のデータと機械装置のエネルギ消費量を表す複数のデータとが記録され、ついで、各部分工程を表す複数のデータとエネルギ消費量を表す複数のデータとがメモリ装置へ記憶され、さらに、メモリ装置から各データが読み出されて表示される。表示の際には少なくとも2つの部分工程に対するエネルギ消費量が別々に表示される。
(もっと読む)


【課題】宇宙環境試験装置において、温調プレートを回転可能とするとともに温度環境による駆動部の不具合の発生を減少させ、メンテナンスを容易にした。
【解決手段】宇宙環境試験装置1は、供試体4を固定する温調プレート5が真空容器2内に設けられ、温調プレート5を回転させる回転軸6が真空容器2を貫通して設けられ、温調プレート5に冷媒7を供給、排出する可撓性配管8が回転軸6に巻き付けられて設けられている。回転軸6には、真空容器2の外側から回転駆動を与える駆動部30が設けられている。温調プレート5の回転と共に、可撓性配管8が回転軸6に巻き付くように構成されている。 (もっと読む)


【課題】転動装置の振動等の状態を正確に外部に知らせることができる検出器及びセンサ付転動装置を提供する。
【解決手段】転動装置17の状態を検出する検出器20は、プリント基板25と、プリント基板25に実装された振動検出素子30とを少なくとも有し、プリント基板25の板方向と、振動検出素子30の振動検出方向とが平行に設定されている。 (もっと読む)


【課題】遠心力載荷試験時の短縮された時間内にそれに見合った物理的・化学的風化を模型地盤に強制的に作用させる模型地盤劣化装置を提供する。
【解決手段】 模型地盤容器の内部に模型地盤を載置し、また前記容器の上方部に噴霧ノズル装置を設け、前記模型地盤に給水タンク内の劣化溶液を前記噴霧ノズルから噴霧できるようにするとともに、前記模型地盤容器を密閉できる構造とし、真空ポンプを使って模型地盤容器の内部の真空度を高めるようにしたことを特徴とする遠心力載荷試験用地盤劣化溶液噴霧装置。 (もっと読む)


1 - 6 / 6