Array ( [0] => その他の電気的手段による材料の調査、分析 [1] => イオン源 [2] => FID、水素炎イオン化 ) その他の電気的手段による材料の調査、分析 | イオン源 | FID、水素炎イオン化
説明

Fターム[2G041DA17]の内容

その他の電気的手段による材料の調査、分析 (22,023) | イオン源 (4,018) | FID、水素炎イオン化 (45)

Fターム[2G041DA17]に分類される特許

1 - 20 / 45





【課題】セメント製造設備からの排ガス中の有機物に起因しない臭気を連続的に測定して、臭気指数による管理を可能にする。
【解決手段】セメントキルン4からの排ガスの一部を抽出するサンプリング部13に、排ガス中の窒素酸化物量を測定する窒素酸化物測定器16と、窒素酸化物測定器16の測定結果から所定時間後の二酸化窒素量を推定する二酸化窒素推定手段18と、二酸化窒素推定手段18で推定された二酸化窒素量から排ガスの臭気指数を推定する臭気指数推定手段19とが設けられている。 (もっと読む)






【課題】 簡便な構成によって長時間の測定が可能な汎用性の高い可搬型の水素炎を利用した測定装置を提供する。
【解決手段】 試料中の特定成分の濃度を、水素炎を利用した検出器9を用いて連続的に測定し、電力供給手段としてバッテリーを用いる測定装置2であって、水素吸蔵合金から水素を供給する水素供給手段11と、空気精製手段13を介して助燃ガスを供給する助燃ガス供給手段と、前記水素を定圧化する圧力調整器7bと、圧力調整器7bを通過した水素を定流量化するキャピラリー8bと、前記助燃ガスを定流量化するキャピラリー8cと、試料を定流量化するキャピラリー8aと、キャピラリー8aの上流側で分岐され検出器9を経由せずに試料の一部を排出するバイパス流路と、キャピラリー8b,8c,8aとこれらより下流側であり検出器9に至るまでの各流路を、検出器9とともに所定温度に温度調節する手段と、を有する。 (もっと読む)










【課題】 簡便な構成によって長時間の測定が可能な汎用性の高い移動型の測定装置を提供すること。特に、水素炎を利用した分析計を用いた測定装置においては、高圧ガスを必要としない燃料ガス源を確保することによって簡便性に優れ安全性の高い移動型測定装置を提供すること。
【解決手段】 測定装置の電力供給手段として水素ガスを燃料とする燃料電池6を用い、燃料電池6の燃料用水素ガスの供給手段として水素吸蔵合金を有する水素供給部7を用いるとともに、分析計(検出部)2の燃料ガスとして水素供給部7から供給される水素ガスを用いることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】適切なフィルタ処理を行うことにより正確な炭化水素濃度を求めることができ、しかも分析時間を短縮することができるVOC分析計用信号処理装置を提供する。
【解決手段】水素炎イオン化検出器12の出力信号を処理する信号処理部に第1及び第2ディジタルフィルタ31,32を設け、検出器12に導入されるガスの種類が切り換えられるとカットオフ周波数が低い第2ディジタルフィルタ32を用いてフィルタ処理し、ガスの種類が切り換えられてから一定時間が経過するとカットオフ周波数が高い第1ディジタルフィルタ31を用いてフィルタ処理する。これにより、検出器12の出力信号が安定化するまでの時間を短縮でき、且つ、炭化水素濃度を正確に測定することができる。 (もっと読む)



1 - 20 / 45