Array ( [0] => その他の電気的手段による材料の調査、分析 [1] => 試料形態 [2] => 液体、流動体 ) その他の電気的手段による材料の調査、分析 | 試料形態 | 液体、流動体
説明

Fターム[2G041EA03]の内容

その他の電気的手段による材料の調査、分析 (22,023) | 試料形態 (2,319) | 液体、流動体 (1,103)

Fターム[2G041EA03]の下位に属するFターム

Fターム[2G041EA03]に分類される特許

61 - 80 / 354







空気又は油によって分離されたナノリットルのサンプルのプラグは、溶融シリカ・ナノスプレー・エミッタ・ノズルの中に直接送り出されるときに、エレクトロスプレー・イオン化質量分析によって分析することができることが発見された。メタノール中のロイシン・エンケファリン及び水溶の1%酢酸をモデル・サンプルとして用いると、プラグ間のキャリー・オーバーが<0.1%であり、一連のプラグについての信号の相対標準偏差が3%であることが分かった。検出限界は1nMであった。内径75μmのチューブ内の長さ3mmの空隙によって分離された13nLのサンプルを送り出すことによってサンプル分析レート0.8Hzが実現された。分析レートは、イオン・トラップ質量分析計のスキャン時間によって制限された。このシステムは、頑健で迅速で情報の豊富な、セグメント化流れシステム中でサンプルを化学分析する方法を提供する。
(もっと読む)





【課題】大気イオン化法を適用可能な物質の範囲を金属や他の無機種を含むまでに拡大する。無傷の有機または有機金属分子も分析できるものと同じ機器を用いて、表面試料を直接サンプリングする、あるいは、拭き取って別の場所で分析するための物質を収集する。
【解決手段】無機元素が揮発し表面から直接脱離されるように表面をキレート試薬で処理する工程と、前記表面の上のボリュームまたは前記表面を拭き取る綿棒を大気圧で準安定原子および分子の流れに曝して、揮発性化合物をイオン化する工程と、前記イオン化した揮発性化合物を質量分析計等に移す工程とを含むことを特徴とする質量分析による無機分析方法。 (もっと読む)


【課題】イオン付加方法として、リチウム付加は有用な方法であるが、低極性の高分子化合物をイオン化することが出来ず、これらの物質を質量分析することが望まれていた。そこで、本願発明の課題は、低極性の高分子、例えば、アルカンをイオン化し、質量分析することである。
【解決手段】本願発明は、溶媒に液体試料及び強力な付加能力を有する銀、銅、ニッケル、セシウム、金等の金属1価イオンを付加することにより、極性の化合物はもとより、低極性の高分子をも質量分析することを可能とした。 (もっと読む)











61 - 80 / 354