説明

Fターム[2G045DA20]の内容

生物学的材料の調査、分析 (60,403) | 対象成分(有機物) (11,408) | 酵素 (589)

Fターム[2G045DA20]に分類される特許

201 - 220 / 589


(1)将来の心臓血管疾患のリスクの予測及び(2)心臓血管疾患の予防及び/又は治療のために設計されたある治療の使用から、ある個体が多かれ少なかれ利益を得られる可能性の決定のために、免疫アッセイ又は免疫試験などのアッセイによって、体液(血液、血清、血漿、尿、唾液、涙などを含むが、それらに限らない)中のリポカリン−2を測定するための方法及び装置を開示する。 (もっと読む)


本発明は、アルツハイマー病を診断する方法、同様に、被験者におけるアルツハイマー病の存在または非存在を確認する方法に関する。また、本発明は、アルツハイマー病の治療に有用なリード化合物を同定するための方法に関し、該方法は非-アルツハイマー細胞をアミロイド ベータ ペプチドと接触させること、前記細胞をプロテインキナーゼC アクチベータで刺激すること、前記細胞を試験化合物と接触させること、およびアルツハイマー病特異的な分子バイオマーカーの値を決定することを含む。また、本発明は、プロテインキナーゼC アクチベータで刺激後の細胞において特異的にリン酸化されたMAPキナーゼタンパク質の比率の変化を検出することにより、被験者におけるアルツハイマー病を診断する方法に関する。本願で開示されるアルツハイマー病に特異的な分子バイオマーカーは、アルツハイマー病の診断のため、被験者におけるアルツハイマー病の進行のモニタリングのために有用であり、またアルツハイマー病を治療する又は予防するための化合物を同定するスクリーニング方法に有用である。また、本発明は、アルツハイマー病の存在または非存在を本願に開示されるアルツハイマー病特異的な分子バイオマーカーを用いて検出および診断する試薬を含んでいるキットに関する。
(もっと読む)


手術又は移植前の、例えば、肝臓、大動脈、消化管中、又は分娩の間にサンプリングされた胎児頭皮血液中の組織の低酸素状態の検出方法、試料から得られた血漿中の乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)の総量を測定することを含む。この方法は、血漿及び/又は血液中のK、Mg、Ca、AST、ALT、乳酸の追加測定を含み得る。LDH、Mg、Ca、AST、ALT、乳酸の1種以上の値の上昇は、胎児における低酸素状態の指標である。方法における、血漿分離装置の使用も開示される。 (もっと読む)


【課題】より高精度に癌の再発リスクを判定しうる、新規なアンスラサイクリン系抗がん剤治療の有効性判定方法、及びより高精度にアンスラサイクリン系抗がん剤治療の有効性診断を支援しうる、新規なアンスラサイクリン系抗がん剤治療の有効性の診断支援方法を提供する
【解決手段】
本発明による癌の再発リスクの判定方法は、被検癌患者から採取した悪性腫瘍から、第1のサイクリン依存性キナーゼ(CDK)及び第2のCDKの発現量と活性値を取得し、下記式(1)に基づいて判定スコアを求め、得られた判定スコアに基づいてアンスラサイクリン系抗がん剤治療の有効性を判定することを特徴とする。
判定スコア=F(x)×G(y) ・・・(1)
(式中、xは第1CDK比活性を表し、yは比活性比を表す) (もっと読む)


本発明は、酵素変異体、補因子に対するそれらの応答性に関し、並びに酵素変異体の活性、及び補因子に対するそれらの応答性を試験するインビボアッセイに関する。 (もっと読む)


【課題】今日まで分析アッセイ方法は、カルシトニン前駆体として既知のプロカルシトニンと、敗血症の場合に形成されるプロカルシトニンとの間の違いを明らかにしなかったので、敗血症のケースで形成されるプロカルシトニンは、カルシトニン前駆体と同一であり、ゆえに、既知の116アミノ酸のプロカルシトニン配列を有するペプチド(プロカルシトニン1−116)であると暫定的、一般的に見なされていた。
【解決手段】敗血症疾患の診断及び治療、及び、プロカルシトニン以外のプロホルモン並びにジペプチジルペプチダーゼIVの測定における、並びに、敗血症の診断でのバイオマーカーとしての、組み換えプロカルシトニン3−116の使用が可能である。 (もっと読む)


本発明は、肥満症、インスリン抵抗性、糖尿病、体重減少、および関連する疾患に関する診断方法、スクリーニング方法、および処置方法を提供する。特に、本発明は、このような健康状態をIKKi阻害剤によって処置する方法、このような健康状態をIKKiの状態に基づいて診断する方法、およびIKKi阻害剤の候補物をスクリーニングする方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、カテプシンCの使用に関する。本発明の他の態様は、薬剤のスクリーニング、疼痛感受性の診断及び疼痛処置の方法に関する。 (もっと読む)


体液からの、特に歯肉溝滲出液または涙液からの物質、特にタンパク質、例えば酵素を吸収するための平面状装置であって、受容要素(10)、支持要素(20)を含み、・受容要素(10)が親水性であり、0.22μm〜5μm、特に0.5μm〜3μmの細孔径を有し、プラスチック材またはプラスチック材の混合物よりなり、特に、不活性プラスチック材または不活性プラスチック材の混合物よりなり、・支持要素(20)が疎水性であり、受容要素(10)の表面の1つを少なくとも部分的に覆い、・該装置が更に、受容要素(10)の対表面に位置する識別要素(40)を含むことを特徴とする、平面状装置。
(もっと読む)


本発明の第1の態様は、式(I)の化合物、またはその薬剤として許容可能な塩、水和物、複合体もしくはプロドラッグに関し、


式中、
3は、シクロペンチルおよびシクロヘキシルより選択され、
9は、置換された5員もしくは6員のアリールもしくはヘテロアリール基、または6,5−もしくは6,6−縮合ビアリールもしくはヘテロビアリール基である。
式(I)の化合物は、ヒトカテプシンSおよびKに対する驚くほど高い二重の効力を呈し、関節リウマチ、変形性関節症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、アテローム性動脈硬化症、細胞外基質(ECM)の著しい損傷および再形成を示す心血管疾患、ならびに慢性疼痛の治療に有用である。
(もっと読む)


【課題】吸光光度計やプレートリーダー等の汎用測定機器で測定可能なステロイド 5α-レダクターゼの高感度活性測定法とキットを提供する。
【解決手段】5α-ジヒドロテストステロン(5α-DHT)および/または5α-アンドロスタン-3α,17β-ジオール(A-diol)の測定方法。前記5α-DHTおよび/またはA-diolを含有する被検体とNADH、チオNADおよび3α-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ(3α-HSD) を混合し、3α-HSDの酵素反応を所定時間行った後、生成したチオNADH量を計測し、チオNADH量の計測量から5α-DHTおよび/またはA-diolの含有量を求めることを含む。この測定方法を利用した、ステロイド5α-レダクターゼ活性の測定方法、ステロイド5α-レダクターゼに相互作用する物質のスクリーニング方法。これら方法に用いるキット。 (もっと読む)


本発明は、アミロイドβ誘発細胞毒性を阻害する治療剤を特定および選択するための細胞ベースのin vitroスクリーニングアッセイに関する。 (もっと読む)


本発明はインフルエンザ・ウイルス・ポリメラーゼ・サブユニットPAの発現方法に関し、具体的にはPAをN末端前256位アミノ酸及びC末端第257−716位アミノ酸ポリペプチド断片のようにN末端とC末端両部分に分け、そして別々にN末端前256位アミノ酸及びC末端第257−716位アミノ酸ポリペプチド断片を発現する方法;及びPAのC末端第257−716位アミノ酸断片とインフルエンザ・ウイルス・ポリメラーゼ・サブユニットPB1のN末端オリゴペプチドの発現、共精製と共結晶化の方法;及びPAのC末端第257−716位アミノ酸断片とインフルエンザ・ウイルス・ポリメラーゼ・サブユニットPB1のN末端オリゴペプチドの共発現、精製と共結晶の方法;及びPA第257−716位残基断片とPB1のN末端オリゴペプチドの複合体の結晶体構造及び結晶体構造の薬物選別並びに薬物設計における応用に関する。 (もっと読む)


本発明は、PI3Kを含むタンパク質調製物をフェニルチアゾールリガンド1と共にインキュベートすることによってPI3K相互作用化合物を同定する方法に関する。 (もっと読む)


酵素を含む、生理的に許容できる、経口投与可能な抗バイオフィルム組成物であって、必要に応じて、更に、ヒトの胃腸のバイオフィルムの抑制および治療に有用な、抗菌物質、抗生物質、抗真菌物質、薬草、キレート化剤、ラクトフェリンおよびそれらに関連する化合物、ミネラル、界面活性剤、結合剤および充填剤のような成分を添加する。かかる酵素を含有する生理的に許容できる抗バイオフィルム組成物は、バイオフィルムと関係する、胃腸管内の微生物が引き起した胃腸のバイオフィルム感染およびそれと関係する全身の症状の抑制、低減および/または治療に有用である。そのような生理的に許容できる抗バイオフィルム組成物を同定し、製造し、使用する方法もまた提供される。 (もっと読む)


動脈瘤の診断およびモニタリングのためのバイオマーカーが、複数のこれらのバイオマーカーを測定するためのアッセイの使用との関連で記載される。組織変性、特にエラスチンおよび/またはコラーゲン分解を、患者の血液(血清)および/または尿内でモニターして、動脈瘤性疾患の存在、進行または破裂の可能性を診断することができる。さらに、この分解に関与する酵素およびこれらの酵素の活性化または阻害に関与するバイオマーカーを、さらにまたは代わりにモニターすることができる。迅速な診断は、治療介入のための機会を提供することができ、衰弱性および生命を脅かす動脈瘤の発生を抑えることによって患者の健康を潜在的に増加させることができる。
(もっと読む)


【課題】Arabidopsis thaliana由来のサイトカイニンオキシダーゼ活性を有するタンパク質をコードする遺伝子を含む遺伝子構築物を提供すること。
【解決手段】根の成長を刺激するため、または側根もしくは不定根の形成を促進するか、または根の屈地性を変化させるための、植物サイトカイニンオキシダーゼをコードする核酸または植物もしくは植物の一部におけるサイトカイニン活性レベルを減じるタンパク質をコードする核酸の使用。 (もっと読む)


【課題】客観的にかつ高い精度で診断でき、少ない試料に基づいて簡便に診断可能であり、アトピー性皮膚炎との違いも明確に判別できる敏感肌の診断方法を提供すること。
【解決手段】(A1)皮膚から採取された角層細胞中の、カリクレイン6及びカリクレイン14のうち少なくとも1つの含有量を測定する工程と、(A2)前記カリクレイン6及びカリクレイン14のうち少なくとも1つの含有量を指標として、敏感肌か否かを診断する工程と、を含むことを特徴とする敏感肌の診断方法である。更に、(B1)皮膚から採取された角層細胞中の、カテプシンDの含有量を測定する工程と、(B2)前記カテプシンDの含有量を指標として、アトピー性皮膚炎か否かを診断する工程と、を更に含むことが好ましい。 (もっと読む)


化合物が小核試験において遺伝毒性を示す可能性を、選択された群からの少なくとも5種のキナーゼを阻害する化合物の能力により予測する。 (もっと読む)


本発明は、セプラーゼポリペプチドおよび/またはその断片、ならびに抗p53および/またはオステオポンチンおよび/またはフェリチンのいずれか、任意にCRCの1つ以上の他のマーカーの濃度および/または活性を試料中で測定する工程、ならびにCRCの評価において組み合わせた測定結果を使用する工程を含む、インビトロでの結腸直腸癌(CRC)の評価方法に関する。さらに、本発明は、特にセプラーゼおよび少なくとも抗p53、フェリチンおよび/またはオステオポンチンを液体試料中で測定することによる、個体由来の液体試料からのCRCの評価方法に関する。本発明の方法は、例えば無症状個体のスクリーニングによる癌の早期検出または手術を受ける患者のサーベイランスに使用され得る。

(もっと読む)


201 - 220 / 589