Array ( [0] => サンプリング、試料調製 [1] => 対象試料 [2] => 金属 ) サンプリング、試料調製 | 対象試料 | 金属
説明

Fターム[2G052AA11]の内容

サンプリング、試料調製 (40,385) | 対象試料 (4,333) | 金属 (225)

Fターム[2G052AA11]の下位に属するFターム

鉄、鋼 (72)

Fターム[2G052AA11]に分類される特許

1 - 20 / 153










【課題】表面から不純物が良好に除去された鉛ボタンを効率良く製造する。
【解決手段】乾式試金法を利用して作製された粗鉛ボタンの表面をバレル研磨により研磨する工程を含む鉛ボタンの製造方法。 (もっと読む)



【課題】メタルメルトまたは氷晶石メルトからのサンプル採取用サンプラーを改善し、サンプルのより高速な分析を実現することである。
【解決手段】上方外壁部分12の上側にキャリヤランス用の連結装置14が配置され、連結装置14はサンプル採取後、上方外壁部分12を上方冷却用胴部10と共に、または下方外壁部分12’及び下方冷却用胴部7を含むサンプルチャンバアセンブリ全体と共にさえ、キャリヤ管1を通して上方に抜き出し得る。連結装置14の長手方向軸内を通るガス流れチャネルがキャリヤランスを介して不活性ガス源に接続され得ると共に不活性ガスをサンプルチャンバアセンブリの中空空間15内に導通させ得、かくしてサンプルキャビティ9から下方冷却用胴部7を取り外すとサンプルは不活性ガスで包囲されるため酸化しない。 (もっと読む)









【課題】組織を転写したい部分が3次元的に湾曲した部位や角部であっても、簡単な操作で確実にレプリカフィルムを供試体に貼り付けることのできる組織転写方法を提供することを目的とする。
【解決手段】レプリカフィルム1の一方の面を供試体3に接触させ、前記一方の面に前記供試体3の組織を転写する方法であって、該組織転写方法は、樹脂を基材上に密着塗布して硬化させることにより、弾性体であり、且つ、前記レプリカフィルム1または前記供試体3に脱着可能に接着できる転写補助器具2を形成する工程と、前記レプリカフィルム1を、前記一方の面を供試体3の転写したい部分に向けて貼り付ける工程と、前記転写補助器具2を前記他方の面側から前記レプリカフィルム1に押しつける工程と、を備えている。 (もっと読む)



1 - 20 / 153