説明

Fターム[2G088EE17]の内容

放射線の測定 (34,480) | 対象分野、対象装置 (4,049) | 汚染測定 (572) | 表面汚染 (115)

Fターム[2G088EE17]の下位に属するFターム

Fターム[2G088EE17]に分類される特許

1 - 20 / 87


【課題】線源が不明な状況下においても線源の候補を絞り込むことができる簡便な方法、および、装置を提供する。
【解決手段】放射線の検知対象領域をマス目状に分割し、所定の角度領域からの放射線を検知する放射線検出器3を用い、検知対象領域に放射線検出器を配置して得られた放射線の検知角度領域をマス目上に表記し、検知対象領域の複数個所P1とP2で計測した検知角度領域をマス目上で重ね合わせることで、放射線の線源箇所を推定する。 (もっと読む)


【課題】放射線取扱作業環境の正確な放射能分布を測定できる放射能3次元測定装置を提供する。
【解決手段】実施形態の放射能3次元測定装置12は、複数の構造物ごとに構造情報を格納する構造DB8と、構造物の2次元可視画像を撮影する可視カメラ1と、撮影方向から入射する放射線強度分布を測定するガンマカメラ2と、撮影位置記憶部3と、複数の可視画像から構造物の形状および位置を算出する構造3次元化部4と、複数の可視画像とガンマカメラ画像とを構造物の形状表面の位置での放射線強度に換算する表面放射線分布換算部5と、構造物の形状表面での放射線強度とガンマカメラ2で測定された放射線分布とを比較して同一表面の位置において放射線強度が異なる部位を抽出する表面放射線分布差異部位抽出部6と、抽出された部位について放射線発生位置を推定して放射能量に換算する放射能推定部7とを備えている。 (もっと読む)


【課題】K40とK40以外の放射性物質を含有した土壌で栽培された農作物の放射線量を同時に測定して、手間及びコスト高を回避しうる放射線測定装置を提供する。
【解決手段】カリウム40(K40)とK40以外の放射性物質からの放射線が入射することにより光を発生するシンチレータ,及びこのシンチレータにおいて発生する光を検出して検出信号を出力するフォトダイオードを有した放射線検出部1と、前記フォトダイオードの出力を増幅する主増幅器6と、この主増幅器に接続され,K40とK40以外の放射性物質からの放射線の夫々のエネルギーに対する強度を判定する第1・第2のコンパレータ7,8と、これらのコンパレータに接続され,デジタル化したK40とK40以外の放射性物質の放射線量とスペクトルの特性を表す表示データを生成する制御部9と、この制御部に接続され,前記表示データを表示する表示部10とを具備することを特徴とする放射線測定装置。 (もっと読む)


【課題】 全方向から入射される放射線を効率的に、しかも同時に(リアルタイムで)検出することができる放射線検出器を得ること。
【解決手段】 放射線を検出する放射線検出手段と、前記放射線検出手段で検出された信号より放射線情報を演算する演算処理手段と、前記演算処理手段で演算された放射線情報を表示する表示手段を有する放射線検出器であって、
前記放射線検出手段は、略球体の外壁面に形成した放射線が入射可能な入射面と、前記略球体の内部に封入された前記入射面から入射した放射線に対応した蛍光を発するシンチレータと、前記略球体の外壁面に設けた前記シンチレータから放射された蛍光が前記略球体の外部から透過せず、拡散反射する拡散反射面と、前記略球体の外周部の一部に設けた前記シンチレータから放射された蛍光を検出する光検出部とを有していること。 (もっと読む)


【課題】衣類用放射線測定システムにおいて、作業員の作業負担を軽減するとともに、必要な被曝を軽減できるようにする。汚染衣類の確実な仕分けを行う。
【解決手段】メイン搬送路100に沿って複数の枠体34が設けられており、各枠体34により、各袋36が吊り下げ保持されている。投入位置14において袋の中に複数の衣類54が投入される。検出位置16において袋を対象として放射線の測定が実施される。第1の落下位置18においては放射性汚染有りと判定された袋に対して、その袋それ自体を下方へ落下させて排出する工程が実施される。第2の落下位置20においては放射性汚染無しの判定がなされた袋についてその下部を開放させて内容物である衣類をベルトコンベア18へ落下させる工程が実施される。 (もっと読む)


【課題】測定対象物から放射される放射線量の空間的な分布を測定可能な放射線測定装置および放射線測定方法を提供する。
【解決手段】放射線測定装置は、イオン検出手段18と、送風手段17と、イオン検出手段側へ送風された気体の風速ν、イオン検出手段側へ送風された気体中に含まれ測定対象物15から放射される放射線によって電離されたイオン16が測定対象物15をn個に分割して得られる各メッシュからイオン検出手段まで移動する時間t,…t,…,tと、イオン検出手段がイオンを検出して生じる電流Iと、電流Iを各メッシュの放射線量R,…R,…,Rに換算する換算係数Sとの関係を規定した式(1)


と、風速ν、移動時間t,…t,…,t、電流Iおよび換算係数Sを用いて測定対象物15の放射線量分布を算出する演算手段19を具備する。 (もっと読む)


【課題】位置精度を向上させた広範囲な地表の放射線量分布情報を生成する装置を提供する。
【解決手段】放射線量計測装置により、地表上空の複数の計測位置それぞれにおいて、または地表上空の連続的に変化する計測位置に沿って複数の方向への、複数のサブ領域に分割される計測領域の計測を行い複数の計測情報を取得して計測位置情報と計測方向情報と計測時刻をメモリに記憶し、計測情報が取得されたときに計測されたサブ領域を特定し、このサブ領域に関連付けられている計測情報を参照し、演算により地表の放射線量分布情報を生成する装置。 (もっと読む)


【課題】従来よりも廃棄体検査自体の信頼性を向上させる放射性廃棄体の測定データ識別システムおよびその方法を提供する。
【解決手段】放射性廃棄体測定データ識別システム10は、放射性廃棄体12の識別番号が書き込まれた書込部13から当該識別番号を読み取る読取手段と、放射性廃棄体12の放射線量を計数し、各チャンネルに対する放射線量を示す第1のデータを得る放射線検出手段16と、読取手段が読み取った識別番号を変換し各チャンネルに対する放射線量として表した第2のデータを得る識別番号変換手段15と、第1のデータに第2のデータを埋め込んだ第3のデータを得る放射線測定手段17と、第3のデータを保存するデータ処理手段18と、読取手段、識別番号変換手段15、放射線検出手段16、放射線測定手段17およびデータ処理手段18を制御する廃棄体検査装置制御手段19を具備する。 (もっと読む)


【課題】筐体内雰囲気を外気と換気する処理装置であって、内部の放射能汚染の有無を簡単にチェックすることができる処理装置を提供すること。
【解決手段】処理装置1は、入力に応じた処理を実行する処理手段11と、筐体21に吸気口22と排気口23とを備え、換気によって内部冷却を行う電圧発生器1において、排気口23を覆うと共に、筐体21に着脱可能に取り付けられ、排気口23を通過する雰囲気中の異物を捕集する第1フィルタ51を備える。 (もっと読む)


【課題】放射性物質が封入されたドラム缶の放射能濃度、表面汚染密度、表面線量当量率を測定可能な放射線検出器の校正のために使用される放射線源の取り扱いを簡易にし、放射線源の取扱時間を短くすることが可能な放射線源収容治具を提供する
【解決手段】本発明にかかる放射線源収容治具は、所定の幅と所定の長さを有する板状部と、板状部に設けられた放射線源収容孔と、放射線源収容孔を覆う蓋部と、蓋部の一端を基端として蓋部が開閉可能に、一端を板状部に取り付けるヒンジ部と、蓋部の他端を板状部に係止する係止部と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】搬送・検出・仕分け・収納・運搬という一連の動作が途切れなく確実に行なわれるようにして、作業員の手間を低減するランドリモニタシステムを提供する。
【解決手段】搬送チェーン260に取り付けられて搬送される移動フック230は、ハンガー3のアーチ部3aとの上側当接面が凸状の曲面を有するものであり、当該曲面のうちの搬送方向の曲線が、ハンガー3のアーチ部3aの下側当接面の凹状の曲線と略一致するようにした。 (もっと読む)


【課題】ハンガーに掛けた状態の作業服を所定タイミングにて低所から高所へ移動させて搬送部が係止することで投入するようにし、作業員の作業や判断を少なくして作業員の手間を低減するランドリモニタシステムを提供する。
【解決手段】作業服が掛けられたハンガーのアーチ部が投入される投入口133と、投入されたハンガーのアーチ部を押送して作業服とともにハンガーを移送させる移送部と、移送されたハンガーのアーチ部を投入位置にて係止させる投入フック135と、を有する投入装置を備え、投入フック135に係止されるハンガーのアーチ部を搬送部の移動フックが移動させ、投入フック135から離れたハンガーのアーチ部を移動フックに係止させて搬送部への投入が行なわれるようにした。 (もっと読む)


【課題】ハンガーに掛けた状態の作業服のモニタリングを行う縦型ランドリモニタの検出部に対して確実な校正を行う校正治具を提供する。
【解決手段】作業服が掛けられたハンガーを吊す移動フックを移動させてハンガーとともに作業服を搬送する搬送部と、側面視凹字状に形成された側面の搬入口を通じて搬入された作業服に対して放射線の検出部によりモニタリングを行って汚染の有無を検出する縦型ランドリモニタと、を有し、放射性物質取扱施設の管理区域から搬出される作業服について放射性物質による汚染の有無を検査するランドリモニタシステムに用いられる校正治具100であって、搬送部の移動フックから吊下されるようになされ、移動フックの搬送とともに移動しつつ検出部の校正動作を行う校正治具100とする。 (もっと読む)


【課題】ハンガーに掛けた状態で搬送部により搬送される作業服の表裏方向の厚みを均一化するとともに縦型ランドリモニタの搬送路内へ確実に誘導し、迅速かつ正確なモニタリングを実現するランドリモニタシステムを提供する。
【解決手段】ハンガーに掛けられた作業服2を搬送する搬送部と、側面視凹字状に形成された側面の搬入口104aから搬入された作業服に対して前側検出部(上流前側検出部109a・下流前側検出部109b)および後側検出部(上流後側検出部109c・下流後側検出部109d)からなる検出部により作業服の表裏のモニタリングを行って汚染の有無を検出する縦型ランドリモニタと、を有するランドリモニタシステムであり、特に縦型ランドリモニタは、搬入口104a付近に設けられ、搬送部により搬送される作業服2を前後方向から挟んで薄くしてから検出部へ送る前側ローラ151,後側ローラ152を含むローラ部を備えるようにした。 (もっと読む)


【課題】重量がある測定機器を被測定対象物に当接若しくは近接して測定を行う際に、測定作業を容易かつ安全に行うことができる測定機器補助装置を提供すること。
【解決手段】測定機器補助装置10は、ステック状本体部12とステック状移動体14と載置台16とを有して構成される。ステック状本体部12は、中空円筒形状の筒状体部12aを有し、この内部を円柱体の部材で構成されたステック状移動体14が、上下動するように構成されている。このステック状移動体14の上端部には測定機器を載置する載置台16が取り付けられる。筒状体部12aの上端部には、載置台16の高さを調整し、所定の高さ位置で固定するための移動機構部18がラック部とピニオンギア部とを含んで形成されており、下端部には滑り止め部20が設けられている。 (もっと読む)


【課題】環境β線の影響を受けることなく測定対象のβ線を高感度かつ高精度で安定して測定できる放射線測定システムを得る。
【解決手段】被測定体1側から順に、被測定体1から放射される放射線および環境γ線と反応する第1のシンチレーションファイバー層21a、被測定体1から放射されるβ線を遮断する第1のβ線遮蔽体層22a、環境γ線と反応する第2のシンチレーションファイバー層21b、第2のシンチレーションファイバー層21bへの環境β線を遮断する第2のβ線遮蔽体層22bの順に配列し、第2のシンチレーションファイバー層21bで検出された放射線の測定結果に基づきγ線の影響を推定し、第1のシンチレーションファイバー層21aで検出された放射線の測定結果から上記γ線の影響を補償して被測定体から放出されるβ線を測定する。 (もっと読む)


【課題】遮光膜形成の困難性を解決して十分な遮光性を付与すると共に良好な感度特性を有する長尺の棒状放射線検出器およびその製造方法を提供する。
【解決手段】長尺状の放射線検出部の側面を覆うように第1遮光膜21が形成され、先端を覆うように第2遮光膜23が形成され、更に、第1遮光膜21及び第2遮光膜23の境界部を覆うように第3遮光膜25が形成されている。 (もっと読む)


【課題】バックグラウンド測定時間と試料測定時間の合計時間を短縮する。
【解決手段】放射線モニタは、放射線の検出に応じてパルス信号を出力する放射線検出器と、被測定試料が放射線検出器に対向設置されていない状態及び対向設置されている状態のそれぞれで放射線検出器からのパルス出力を計数して放射線測定を行い、それぞれの測定結果に基づいて被測定試料の正味の放射線量を求めるデータ処理装置とを備えて構成されている。上記課題を解決するため、データ処理装置は、被測定試料が放射線検出器に対向設置されていない状態で計数を行なうバックグラウンド測定時間の設定値(バックグラウンド測定時間Tb)と対向設置されている状態で計数を行なう試料測定時間の設定値(試料測定時間Ts)を、あらかじめ設定された放射線の検知可能な最小レベルを満たしかつ両者の測定時間の設定値の合計(通算測定時間Tall)が最小となるように設定する。 (もっと読む)


【課題】放射線量測定装置の最終応答値を時定数の経過を待たずに予測演算して表示する放射線量測定方法および予測対応型放射線量測定装置を提供すること。
【解決手段】放射線の入射により出力パルスを発生する出力部と、前記出力パルスの到達をカウントし適宜サンプリング・タイムTによってカウント毎秒計数率を算出する計数率演算部と、複数の前記カウント毎秒計数率に基づき移動平均値を算出する移動平均値演算部と、現移動平均値および前移動平均値ならびに前カウント毎分計数率に基づき現カウント毎分計数率を次式N0=60×(M0−M-1)/Δt+N-1(ここでN0:現カウント毎分計数率、N-1:前カウント毎分計数率、M0:現移動平均値、M-1:前移動平均値、Δt:サンプリング・タイム)により予測する予測演算部と、予測演算された現カウント毎分計数率を表示する表示部とを備えたこと。 (もっと読む)


【課題】原子力プラント稼働中に一次系配管内に付着する測定対象核種を高精度及び高感度で測定できる原子力プラント一次系配管内の放射線モニタリング装置及び放射線モニタリングシステムを提供する。
【解決手段】放射性流体を流す配管に付着した測定対象核種が放射するカスケードγ線を含む放射線を、コリメータを介して検出する少なくとも2個の放射線検出器と、放射線検出器で検出した放射線の検出信号の内から、放射線検出器でほぼ同時刻に検出したカスケードγ線に関する検出信号を計数する放射線計測処理装置と、を備え、放射線検出器に設置されるコリメータの見込む測定対象範囲が、コリメータ中心軸と同じ平面内に存在する配管径方向内面積の1/2以下である。 (もっと読む)


1 - 20 / 87