説明

Fターム[2H026FF29]の内容

感熱発色記録 (11,683) | 層構成 (2,380) | 接着剤層(例;ラベル用) (177)

Fターム[2H026FF29]に分類される特許

1 - 20 / 177


【課題】表面が樹脂で形成された支持体とバック層との接着性が良好で、耐水性、バック層塗工液の安定性に優れ、粘着剤を設けた場合でもバック層の剥がれ・カール等の発生がない感熱記録材料の提供。
【解決手段】支持体の一方の面に感熱記録層を備え、他方の面にバック層を備える感熱記録媒体であって、前記支持体は、表面が樹脂で形成された支持体であり、前記バック層はコア−シェル型アクリル樹脂とオキサゾリン系樹脂、及び/または、コア−シェル型アクリル樹脂とオキサゾリン系樹脂との反応物を含むことを特徴とする感熱記録材料。 (もっと読む)


【課題】着脱式剥離ライナーの装着及び廃棄が不要なバーコード用ラベル媒体を提供する。
【解決手段】本ライナーレスラベルは、ラベルの一方の面に塗布される特定のパターン又はパターンの組を含む。粘着剤パターンは、プリンタのカッター刃とラベルの一方の面上の粘着剤との間の接触を低減する。さらに、粘着剤パターンはカッター刃上の粘着剤の堆積を低減し、カッター刃上の特定の場所での堆積を低減する。すなわち、粘着剤パターンはカッター刃を横切って粘着剤の堆積をより均等に分散させる。その結果、カッター刃から粘着剤を清掃する必要が生じるまでにカッター刃を使用できる期間が長くなる。 (もっと読む)


【課題】ヘッド粕の感熱ヘッドへの堆積が抑制され、連続印字性に優れるライナーレス感熱記録ラベルの提供。
【解決手段】支持体11と、該支持体11の一面側の最外面を構成する剥離層14と、支持体11の他面側の最外面を構成する粘着剤層15とを有し、支持体11と剥離層14との間に、感熱記録層12が形成されたライナーレス感熱記録ラベル10であって、剥離層14は、少なくとも活性エネルギー線硬化型のシリコーン化合物を含む樹脂成分と、吸油量60ml/100g以上の顔料とを含有する。 (もっと読む)


【課題】感熱記録体の支持体の感熱記録層を設けその反対面に粘着層を設けた感熱記録体ラベルであって、耐減感性が良好な熱記録体ラベル、特に粘着層に熱活性粘着剤を用いた場合には、更に粘着持続性を向上させる一方で、十分な耐ブロッキング性を有する感熱記録体ラベルを提供する。
【解決手段】従来感熱記録層に増感剤として使用されていた化合物のうち特定の化合物を粘着層に含有させると、感熱記録体ラベルは耐減感性に優れ、特に粘着層に熱活性粘着剤を用いた感熱記録体ラベルは、更に粘着持続性を向上させる一方で、十分な耐ブロッキング性を有する。 (もっと読む)


【課題】構成の簡素化、及び低コスト化を図った上で、長期に亘って粘着ラベルを剥離可能な所定の粘着力を維持できるとともに、粘着ラベルを安定して搬送・保持できる粘着ラベル発行装置、及びプリンタを提供する。
【解決手段】感熱紙の感熱発色面の裏側に粘着層が設けられた粘着ラベルLを、粘着層側から加熱して粘着ラベルLの粘着力を発現させる粘着力発現ユニット4と、粘着力発現ユニット4の用紙搬送方向下流側に配置され、粘着ラベルLを搬送する搬送ユニット5と、を有する粘着ラベル発行装置において、搬送ユニット5は、粘着ラベルLにおける少なくとも一部が剥離可能な所定の粘着力で粘着保持された状態で搬送される搬送ベルト54を備え、搬送ベルト54は、粘着ラベルLにおける粘着層側の全面が載置可能な大きさに形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】易化切断部を施された感熱紙が剥離紙なしで巻回されたロール紙から、四隅が丸形状のラベルを専用工具なしで作成可能にすること。
【解決手段】ロール紙1には、ミシン目21の一端22から感熱紙11の一端側側面24に沿って感熱紙11に対称的に形成された一対の一端側R加工部26(26A,26B)と、ミシン目21の他端23から感熱紙11の他端側側面25に沿って感熱紙11に対称的に形成された一対の他端側R加工部27(27A,27B)とが施される。感熱紙11がミシン目21に沿って切り取られてラベルが作成されると、そのラベルの四隅が一端側R加工部26A,26Bと他端側R加工部27A,27Bとによって既に丸くなっているので、ミシン目21を施された感熱紙11が剥離紙なしで巻回されたロール紙1から、四隅が丸形状のラベルを専用工具なしで作成することができる。 (もっと読む)


【課題】高湿下で保存した際にも支持体と接着層の密着性が良好な可逆性感熱記録材料を提供する。
【解決手段】支持体上に通常無色ないし淡色の染料前駆体と、加熱温度および/または加熱後の冷却速度の違いにより相対的に発色した状態と消色した状態を形成させる可逆性顕色剤とを含有する可逆性感熱記録層を有し、該可逆性感熱記録層とは反対の支持体面に接着層を有する可逆性感熱記録材料において、該接着層がポリウレタン樹脂とブロックイソシアネート組成物を含有する。 (もっと読む)


【課題】一定の発色が得られる感熱シールラベル、感熱シールセット及び感熱シールロールを提供する。
【解決手段】紙、合成紙等の紙材からなり表面に感熱発色層12aを有する感熱紙と、感熱紙の表面側の発色をさせようとする部位以外の部位に設けられた非粘着層16と、感熱紙の裏面側12bの非粘着層16と対応する部位に設けられた粘着材層15とを備えて構成され、非粘着層16は、感熱紙の表面側12aの発色をさせようとする部位以外の部位にコーティングされた目止め層13と、目止め層13の上にコーティングされた剥離材層14とを備え、非粘着層16及び粘着材層15は、感熱性発色層12aの発色温度以下の温度において感熱紙上に塗布される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、水への分散性あるいは溶解性、感熱プリンターで印字した際の発色感度、画像部の保存性(耐水性など)に優れるとともに、リターナブル容器用のラベルなどの用途に好適に用いられる有害物質や内分泌攪乱物質を含まない水溶性感熱記録体及び水溶性感熱記録体ラベルを提供することを目的とする。
【解決手段】 水不溶性の繊維状カルボキシアルキルセルロースを5〜100重量含有する層を少なくとも1層以上有する単層または2層以上の層状構造からなる支持体に、無色ないし淡色の電子供与性ロイコ染料および安全性の高い特定の電子受容性顕色剤を含有するする感熱記録層が塗設され、かつ基紙がアルカリ化剤を含有することを特徴とする水溶性感熱記録体とすることが重要であることを見出し、本発明を完成するに至った。 (もっと読む)


【課題】熱活性前では印刷加工適性に優れ、熱活性後では被着体への糊残りがなく層間結着力が強いラベル状、シート状、ラベルシート状、ロール状の感熱性粘着材料を提供する。
【解決手段】支持体と、該支持体の一方の面上にアンダー層と熱可塑性樹脂及び加熱時に溶融する熱溶融性物質を主成分とする感熱性粘着剤層を有する感熱性粘着材料おいて、該支持体の一方の面上に体積平均粒径が2.0μm以下の微小粒子と3.0μm〜6.0μmの粗大粒子からなる2種類以上の粒子を質量比が1:2以下になるように含有して、表面の平滑度を100秒〜3500秒にしたアンダー層を設け、熱可塑性樹脂層および加熱時に溶融する熱溶融性物質を主成分とする感熱性粘着剤層を順次積層して一体化する。 (もっと読む)


【課題】封筒や葉書などの被転写基材上に表示された磁気情報を隠蔽できる磁気転写フィルムを提供する。
【解決手段】可撓性フィルム11上に、剥離層12と、被転写基材K上に熱転写される磁気情報を隠蔽する隠蔽層13と、磁気情報を被転写基材K上に熱転写する磁性体層14と、被転写基材K上に接着される粘着層15とを順次積層したことを特徴とする磁気転写フィルム10を提供する。 (もっと読む)


【課題】食品POS、医療用の採血管、点滴パックなどのラベルの用途として、高温高湿環境下での保存性に優れ、抗菌作用がある極めて実用性の高い感熱記録媒体の提供。
【解決手段】支持体と、該支持体上に、ロイコ染料及び顕色剤を含有する感熱記録層を少なくとも有する感熱記録媒体であって、前記感熱記録媒体が、ジヨードメチル−p−トリルスルホン、及び3−ヨード−2−プロピニル−ブチル−カーバメイトの少なくともいずれかを含有する感熱記録媒体である。 (もっと読む)


【課題】開示情報と非開示情報とを同時に感熱記録でき、生産性が良好で、製造コストも低い感熱記録多重シートを提供する。
【解決手段】第一の基材の片面上に第一の感熱記録層が形成された第一の感熱記録シートの前記第一の感熱記録層側に、擬似接着層を介して、第二の基材の片面上に第二の感熱記録層27が形成された第二の感熱記録シートが貼付されており、前記第二の感熱記録シートが、情報開示部28aと情報非開示部とから構成され、かつ前記第二の感熱記録シート上の前記情報非開示部に対応する位置に遮蔽層30が設けられていることを特徴とする感熱記録多重シート21を提供する。 (もっと読む)


2つの構成要素を有するラベルを表す印刷媒体。第1の構成要素は、印刷媒体の表面と裏面の両方に感熱画像形成できる。第2の構成要素は第1の構成要素に貼付されるが、そこから分離できる。また、第2の構成要素は、印刷媒体をオブジェクトに接着させる接着材料をその裏面の一部に沿って含む。
(もっと読む)


【課題】 2以上のミシン目等により切り離し・剥離可能に形成された3片以上の小片を1セットとするラベルをサーマルプリンタで印刷しても印刷する際に折れ・シワ・詰まりの発生等の支障がなく、かつ、剥離後にはベタベタしない粘着性感熱ラベル及びその印刷装置の提供を目的とすること。
【解決手段】 粘着剤層とラベル支持体とをこの順に有し、2以上のミシン目により切り離し可能に形成された3片以上の小片を1セットとする粘着性感熱ラベルであって、少なくとも両端の小片はラベル支持体上に感熱記録層を有するものであり、前記両端の小片を除く中片のうち、少なくとも1片は、粘着剤層の表面が、反転した文字情報または目視により識別不能なコード情報の印刷で該粘着層領域面のうちの75%〜95%が弱粘着加工層で覆われたものであることにより、該少なくとも1片の中片は平坦なSUS表面に対する粘着力が38mN/25mm〜195mN/25mmに粘着力調節されたものであることを特徴とする粘着性感熱ラベル。 (もっと読む)


【課題】感熱記録層が設けられた第1のシートに貼り合わされている第2のシートを剥離する際に、感熱記録層が第2のシートに転写されることを防止できる接着剤及びこれを用いた記録体を提供する。
【解決手段】状ジエン系ポリマーとビニル系モノマーとのグラフト共重合体を含有する水系混合物からなる接着剤。第1のシートと、第2のシートと、液状ジエン系ポリマーとビニル系モノマーとのグラフト共重合体を含有する水系混合物からなり、かつ、前記第1のシートと前記第2のシートとを貼り合わせている接着剤とを備えていることを特徴とする記録体。 (もっと読む)


【課題】 古紙パルプを含有させた支持体を用いても感熱記録材料の再発色能が低下せず、しかもサーマルヘッドの電蝕が大幅に低減する感熱記録材料および感熱記録方法の提供。
【解決手段】 支持体上に、直接又はアンダーコート層を介して、少なくともロイコ染料と顕色剤を含むサーマルコート層を有し、かつ、該支持体に古紙パルプを含む感熱記録材料であって、該支持体、該サーマルコート層、該アンダーコート層の少なくとも1、前記支持体上に直接にサーマルコート層を有する場合には、該支持体、該サーマルコート層の少なくとも1が、下記一般式(I)で表されるラクタム化合物とカチオン性界面活性剤と陽イオン交換樹脂を併用するものであるか、または下記一般式(I)で表されるラクタム化合物とアニオン性界面活性剤と陰イオン交換樹脂を併用するものであることを特徴とする感熱記録材料を主な発明とする。
【化1】


(一般式(I)中、Rは水素原子またはメチル基、nは1〜5の整数を表す。) (もっと読む)


【課題】支持体に古紙パルプを含有させても感熱記録材料の再発色能が低下せず、しかもサーマルヘッドの電蝕が大幅に低減され、更に感度倍率を維持したまま、地肌かぶりを抑制することが可能な感熱記録材料を提供する。
【解決手段】古紙パルプを含む支持体と、支持体上に設けられた、少なくともロイコ染料と顕色剤を含むサーマルコート層とを備え、支持体及びサーマルコート層のいずれか1つ以上に、尿素、並びに少なくとも弱酸とその共役塩基、または、弱塩基とその共役酸を含む緩衝溶液を1種類以上含む感熱記録材料。 (もっと読む)


【課題】水性フレキソインクにて印刷した画像の耐水性に優れ、かつUV印刷インクの転移性、結着性に優れ、さらに高温高湿環境条件下での搬送性及び低温低湿環境条件下でのスティッキング性が良好であり、なおかつ高感度な感熱記録材料を提供する。
【解決手段】支持体上に、少なくともロイコ染料及び顕色剤を含有する感熱発色層と、ジアセトン変性ポリビニルアルコール樹脂と有機及び/又は無機フィラーとを主成分とする保護層とをこの順で有する感熱記録材料において、該感熱発色層に酸価が85mgKOH/g以上の(メタ)アクリル酸樹脂のアルカリ塩を含有せしめてなることを特徴とする感熱記録材料。 (もっと読む)


【課題】レーザー出力を抑えたうえで包装材料の内部に鮮明に各種情報を印字できると共に、包装材料への影響を抑える包装材料の印字方法及び印字装置を提供する。
【解決手段】包装材料2の最内層ヒートシール性フィルムまたは最外層透明フィルムの外面に当接する金属板部材17を設け、該金属板部材17と包装材料2を介して対向する位置に配置されたレーザーマーカ18により感熱記録層に向かってレーザー光を照射する。これにより、レーザー光の入射及び金属板部材17からの反射より感熱記録層を発色させることができるので、レーザー出力を抑えたうえで包装材料2の内部に鮮明に各種情報を印字できると共に、包装材料2へのピンホール等の影響を抑えることができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 177