説明

Fターム[2H040DA51]の内容

孔内観察装置 (21,440) | 観察装置の構造 (8,027) | 付属装置 (1,840)

Fターム[2H040DA51]の下位に属するFターム

Fターム[2H040DA51]に分類される特許

1 - 20 / 351



【課題】使い勝手のよさと接地の確実性とが両立された内視鏡装置を提供する。
【解決手段】本発明の内視鏡装置1は、先端部に撮像機構を有し、湾曲可能な長尺の挿入部10と、撮像機構で取得された画像を表示する表示部40と、挿入部の湾曲操作を行う操作部20と、表示部および操作部が収容され、かつ挿入部が接続された筐体61と、筐体に取り付けられたバッテリー62と、筐体に電気的に接続されたアース部70とを備え、アース部は、筐体に接続されるリード部71と、リード部に接続される接地部72とを有し、自身の長手方向中心よりも接地部側の領域の重量が、残りの領域の重量よりも重いことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】挿入部を大径化することなく被検体や挿入部の汚れを除去し視野をクリアにする。
【解決手段】先端と基端とが開口した筒状のキャップ本体2と、該キャップ本体の基端側に設けられ、内視鏡の挿入部先端10に装着される装着部3と、前記キャップ本体の先端側に設けられ、前記装着部を内視鏡挿入部先端に装着して前記キャップ本体の先端を被検体に接触させたときに、前記挿入部先端と被検体との間隔を一定に保持して前記被検体を観察するための空間を形成するフード部4と、前記装着部又は前記フード部に設けられ、該フード部によって形成される空間内の流体を排出する排出口と、を備えた内視鏡用キャップ1を提供する。 (もっと読む)


【課題】挿入部が不規則な向きに不規則な曲率半径で屈曲されても、挿入部の屈曲状態の検出のための導電コイルに不規則な捩れ力が作用し難くて耐久性に優れ、しかも、導電コイルの保護チューブの先端部分を、その外径より大きな断面積のデッドスペースが生じることなく挿入部内に配置することができる挿入形状検出機能を備えた軟性内視鏡を提供すること。
【解決手段】導電コイル20aとその長手方向に連なる導電線20bとを一体化したコイルユニット20が、保護チューブ21の内周面に対し間隔をあけて保護チューブ21内に配置され、保護チューブ21内においてコイルユニット20を支持するコイルユニット支持部材22が保護チューブ21に対して軸線周り方向に回転自在に設けられて、コイルユニット20が保護チューブ21に対して軸線周り方向に回転自在である。 (もっと読む)


【課題】管体に挿し込んだ筒体の抜け止めを作業効率を損なうことなく、簡便な構成で行うこと。
【解決手段】筒体2に固定される鍔部材10と、筒体止水部5に固定される係止部材11で抜け止め機構1を構成する。鍔部材10は、二つに分割した分割リング12、12を締め付けボルト13で締め付けることによって前記固定がなされる。また、係止部材11は、筒体止水部5に固定するベース部17と、このベース部17に対して開閉自在に設けられたアーム部14と、このアーム部14を閉じた状態でロックする固定具18とから構成される。筒体2の挿し込みの際にはアーム部14を開いた状態とし、この挿し込みが完了したらこのアーム部14を閉じる。このようにすれば、鍔部材10と、係止部材11のアーム部14とが当接して、筒体2の抜け止めを図ることができる。 (もっと読む)


【課題】可燃性の気体または粉塵がある雰囲気中で急速充電を行うことができるバッテリを用いた場合でも、本体部を小型化することができる内視鏡システムを提供する。
【解決手段】内視鏡システム1は、挿入部2が接続される本体部3と、本体部3と接続され本体部3内の電気回路に対して電源供給を行うバッテリ4とを備える。本体部3は、バッテリ4と接続するための正極端子E1〜E3及び負極端子E5〜E7を有し、バッテリ4は、本体部3よりも多い数の、複数の正極端子A1〜A4及び負極端子A5〜A8を有する。そして、バッテリ4が本体部3へ接続された場合、本体部3に備えられた正極端子E1〜E3が、それぞれバッテリ4の正極端子A1〜A3に接続される。 (もっと読む)


【課題】バッテリパックの端子及び装置本体側の端子における電圧を制限しながら、内視鏡装置の必要とする電圧を供給でき、かつバッテリパックの発熱を抑えることができる内視鏡装置を提供する。
【解決手段】内視鏡装置1のバッテリパック11は、バッテリパック11のプラス電源又はマイナス電源側に一端が並列接続された複数の抵抗素子32a、32b、32cと、複数の抵抗素子32a、32b、32cの他端が接続された複数の端子33a、33b、33cを有する。バッテリパック11が接続される本体部4は、バッテリパック11の複数の端子33a、33b、33cと接触する複数の端子41a、41b、41cと、複数の端子41a、41b、41cに一端が接続された複数の抵抗素子43a、43b、43cと、負荷回路へ電源を供給するための電源回路13とを有する。 (もっと読む)


【課題】生体内内視鏡共焦点顕微鏡法の実施が可能である装置を提供する。
【解決手段】光ファイバ9の末端に接続された可撓性プローブによる内視鏡法に特に有用な走査型共焦点顕微鏡法システム及び装置であって、プローブは、対象物のある領域にわたって1次元に延びるスペクトル成分を有する多重スペクトル光のビームを送出し、別の次元での走査のために動かされる、回折格子12及びレンズ14を有し、領域の画像を提供するために、反射共焦点スペクトルが測定される。 (もっと読む)


【課題】視覚情報を活用しながら、緻密な操作を必要とする実作業を行う作業者の指に、作業性を低下させること無く触覚的に情報を提示する。
【解決手段】触力覚的情報提示装置は、対象物である被験者の生体組織に関する情報を検知するセンサと、センサによる検知結果を表す信号に基づいて、刺激信号を生成する刺激信号生成部と、刺激信号に基づいて振動刺激を生成する振動刺激部とを備えている。振動刺激部は、被験者の手に接触するよう配置され、道具を把持する複数の指の各々の筋肉の腱に振動刺激を与える。 (もっと読む)


【課題】着脱が容易で且つ意図しない脱落を防止できるアタッチメントを提供すること。
【解決手段】内視鏡装置100に装着されて内視鏡装置100の状態を保持するアタッチメントA1であって、内視鏡装置100の外面に接する第一接触部材13及び第二接触部材13と、これら接触部材13とを連結するフレーム10(弾性部材)と、を備え、これら接触部材13との少なくともいずれかは、内視鏡装置100の外面のうち互いに略反対側へ向けられた一対の面(被接触面M1)のいずれか一方に当接する当接面20(当接部)と、前記一対の面の面方向に対して交差する方向へ当接面20から延びる突出部22と、突出部22に設けられ前記外面のうち前記一対の面とは異なる面に向けられた押圧面23(押圧部)と、を有する。 (もっと読む)


【課題】 圧電振動子へ数ワットから数十ワットの電力量を有する駆動信号を供給しながらも、モニタに映し出される画像にノイズ成分の出現を低減する内視鏡装置の提供。
【解決手段】 内視鏡装置1は、挿入部先端に撮像用光学系に対向して設けられた透明部材32と、透明部材32に設けられ、超音波振動fを発生する圧電振動子37と、操作信号を出力する操作回路61と、透明部材32に設けられ、圧電振動子37で発生した超音波振動fを透明部材32の外表面に伝播する表面弾性波Φに変換する回折格子40と、圧電振動子37を駆動する駆動信号を供給する駆動信号供給系55と、被験者の身体映像を撮像する撮像素子34と、撮像素子34の映像出力信号が出力されていない期間内のみに駆動信号供給系の駆動信号の立ち上げを行うように制御する制御部52と、を備える。 (もっと読む)


【課題】内視鏡と、内視鏡が接続する外部装置とが接続または分離する場合であっても、冷却のための流路に対して気密性を容易に確保できる内視鏡用冷却ポンプ機構を提供すること。
【解決手段】ポンプ機構71は、制御装置200の内部に配設され、駆動力を構成する駆動源81と、気密が確保されたコネクタ65aの内部に配設され、コネクタ65aが制御装置200と接続した際に駆動源81によって可動する可動部95とを有している。駆動源81と可動部95とは、コネクタ65aが制御装置200と接続した際に可動部95が駆動源81によって可動することで、冷媒を発熱源に供給するポンプ部91として機能する。 (もっと読む)


【課題】観察窓に付着する汚れ除去用の振動子の過剰な発熱を抑えて、この振動子の損傷、特性劣化などを防止する内視鏡装置の提供。
【解決手段】内視鏡装置は、内視鏡の挿入部先端に撮像用光学系34に対向して設けられた透明部材32と、透明部材32の一方の面に設けられた振動子37と、振動子37からの超音波振動fが伝わる箇所に設けられ、温度変化に伴い物性値が変化する弾性部材38と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】体腔内に挿入される内視鏡の曇りを防止する、内視鏡の曇り防止システムを提供する。
【解決手段】本発明の一実施の形態では、内視鏡の曇り防止システムは、内視鏡の先端側に配置された磁気発熱手段と、内視鏡とは別体の交流磁場発生手段とを具備し、磁気発熱手段と交流磁場発生手段とが、交流磁場発生手段により発生された交流磁場が磁気発熱手段に作用する範囲内に近接した状態に配置される。 (もっと読む)


【課題】 内視鏡画像に関する各種操作性が向上すると共に、被検者、医療スタッフなどと内視鏡画像を供覧するときの術者への負担を軽減する内視鏡システムを提供すること。
【解決手段】 内視鏡2および内視鏡2を保持する内視鏡保持台3を有する内視鏡システム1であって、内視鏡2は、被検体に挿入される挿入部12に連設された操作部13および操作部13の上部に設けられ、撮像された被検体の被検部位の映像を表示する映像表示部31が回動自在に起伏する映像表示装置14を有し、内視鏡保持台3は、映像表示部31の裏面に接触して、映像表示部31を倒れた状態から所定の角度に起上させる内視鏡保持部40を具備する。 (もっと読む)


【課題】 内視鏡などの調査機器を送り出す案内部材を、管内へ挿入する際には確実に収納状態に維持する一方、管内で展開させる際にはスムーズで確実に展開させることができる管内調査機器挿入具の提供。
【解決手段】 補修弁5に着脱可能に取り付けられる取付部材25と、取付部材25に水密状態で上下動可能に設けられる挿入部材27と、挿入部材27の下端部に設けられ、内視鏡本体Sを収容可能なホルダー29と、ホルダー29に回転可能にかつ上下動可能に保持される案内部材31とを備える。案内部材31はホルダー29に対して垂下した状態では回動が規制されており、ホルダー29に対して相対的に上方へ押し上げられるとねじりコイルバネ107の付勢力により回動して展開する。案内部材31の回動が規制された状態で挿入部材27が押し込まれ、案内部材31の先端部が管底に当接してホルダー29に対し相対的に上方へ移動することで案内部材31が回動して展開する。 (もっと読む)


【課題】波長変換部材を配置した導光部材と、光拡散部材を配置した導光部材との光伝送損失を、一つの温度センサを用いて検知できる内視鏡装置を得る。
【解決手段】内視鏡装置は、第1の光源69、第1の導光部材57、波長変換部材65と、第2の光源71、第2の導光部材61、光拡散部材67と、第1の光源69の駆動信号に対応した波長変換部材65の発熱による第1の温度変化率、及び第2の光源71の駆動信号に対応した光拡散部材67の発熱による第2の温度変化率を記憶する記憶手段135とを備える。内視鏡制御部127は、温度センサ129により検出した温度測定値の第3の温度変化率を、第1の温度変化率、及び第2の温度変化率と比較することで、第1の導光部材57、第2の導光部材61に発生した光伝送損失を検出する。 (もっと読む)


【課題】三次元画像取得用プローブを検査部位に密着させる。
【解決手段】内視鏡の先端部14が挿通する内視鏡スコープ用挿通路21が形成されている。先端から少し基端側に離れた場所においてオーバーチューブ20の周面(下面)には側口29が開けられている。第1のワイヤ挿通路22内に挿通されている第1のワイヤ23が引っ張られると,オーバーチューブ20の先端部が上方向に曲がる。すると,内視鏡の先端部14に格納されている三次元画像取得用プローブ19の延長線上に側口29が位置する。三次元画像取得用プローブ19が側口29からオーバーチューブ20の外部に出されると,オーバーチューブ20の先端部分において三次元画像取得用プローブ19が検査部位に密着させられる。 (もっと読む)


【目的】内視鏡の回転を確実にオーバーチューブ30に伝達する。
【構成】内視鏡の先端部14には固定部材20が固定されている。固定部材20の外周面には長手方向に凸部22が形成されている。オーバーチューブ30の挿通路31には長手方向に沿って所定の長さの溝32が形成されている。固定部材20が固定されている内視鏡の先端部14がオーバーチューブ30の挿通路31に挿通されると,内視鏡に固定されている固定部材20に形成されている凸部22がオーバーチューブ30の挿通路31に形成されている溝32に入り込む。内視鏡の先端部14が回転させられると,その回転力がオーバーチューブ30に確実に伝達される。 (もっと読む)


【課題】 レンズが空間内の略同一のポイントに超音波及び光波を同時に合焦することができるシステムを提供すること。
【解決手段】 光及び/又は超音波を可変に屈折することができるシステムであって、第1及び第2の液体間の境界を形成する2つの不混和液と、前記境界の一部の変位を選択的に誘起するように前記液体の一方の少なくとも一部に力を直接付与する手段とを含む少なくとも1つのレンズを含み、前記第1の液体は、nの光に対する屈折率、vの音速を有し、前記第2の液体は、nの光に対する屈折率、vの音速を有し、前記第1及び第2の液体間の境界は、次の関係に従い、|n/n−v/v|<0.2、このとき、前記レンズは、空間内の略同一のポイントに超音波及び光波を同時に合焦することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 351