説明

Fターム[2H042DC00]の内容

レンズ以外の光学要素 (41,122) | 反射鏡の製造方法 (1,740)

Fターム[2H042DC00]の下位に属するFターム

Fターム[2H042DC00]に分類される特許

1 - 20 / 63


【課題】オレフィン系樹脂を用いた反射材において、耐熱性に優れ、微粉状充填剤の分散による優れた反射性を発揮することができる、新たな反射材を提供する。
【解決手段】ポリオレフィン系樹脂(a)と、該樹脂(a)よりも極性が大きく、該樹脂(a)に非相溶な樹脂(b)とを含有し、且つ少なくとも樹脂(b)よりもポリオレフィン系樹脂(a)を多く含有する混合樹脂(A)、微粉状充填剤(B)、及び、酸変性ポリオレフィン系樹脂(C)を含有し、内部に空隙を有する樹脂層を備えることを特徴とする反射材を提案する。 (もっと読む)


【課題】 モバイル情報機器用液晶画面の面光源用反射フィルムとして、高反射率を有しているだけでなく、小型化への要求を満足するために従来の白色フィルムと比較して反射率を同等以上として薄膜化することができる、ポリプロピレンフィルムからなる光反射フィルムを提供すること。
【解決手段】 β晶形成能が50〜100%であるポリプロピレン樹脂と無機粒子とを含む組成物からなり、無機粒子の含有量が5〜20質量%であり、空隙を有し、厚み方向の樹脂−空隙界面数が500〜2,000/100μmである二軸配向ポリプロピレンフィルム(層A)から構成される光反射フィルムとする。 (もっと読む)


【課題】炭酸カルシウム粒子を含有するポリエステルフィルムであって、優れた反射率を有し、反射率の面内バラツキが抑制された反射板用ポリエステルフィルムを提供する。
【解決手段】少なくとも支持層と、炭酸カルシウム粒子を含有する反射層とを有するポリエステルフィルムであって、反射層の密度が1.20g/cm以下、反射層におけるガスマークが300個/m以下である反射板用ポリエステルフィルム。 (もっと読む)


【構成】ポリカーボネート樹脂(A)、酸化チタン(B)、硫酸二価金属塩(C)、シリコーン化合物(D)、有機金属塩(E)、繊維形成型の含フッ素ポリマー(F)からなる光反射性に優れた難燃性ポリカーボネート樹脂組成物、およびそれからなる成形品。
【効果】本発明の光反射性に優れた難燃性ポリカーボネート樹脂組成物は臭素や塩素を含有する従来の難燃剤を使用しないことから、燃焼時に当該難燃剤に起因する臭素や塩素を含むガスの発生の懸念もなく、かつリン系難燃剤も使用しないことから環境面において優れている。さらに、ポリカーボネート樹脂が有する種々の優れた性能を損なうことなく、高い光反射性および難燃性を有していることから液晶フレームまたはランプホルダー用光反射板等の用途に好適であり、実用上の利用価値が極めて高い。 (もっと読む)


【課題】鋳造性、成形性に優れたFeを主成分とする非晶質合金、前記非晶質合金を用いた光学部品およびその製造方法を提供する。
【解決手段】組成式Fe−B−Zr−Ni−Co(a、b、c、d、eは原子組成百分率(at%)を示し、60.0≦a≦69.4、22.3≦b≦29.3、3.6≦c≦7.8、3.0≦d≦7.0、0.5≦e≦2.0の関係を満足する。且つ、a+b+c+d+eの合計は99.8以上である。)からなり、前記FeB、Zr、NiおよびCo以外の元素を0.2at%未満含有する非晶質合金、前記非晶質合金を用いた光学部品およびその製造方法。 (もっと読む)


【課題】反射体より得られる反射光を効率的に被照射対象物に照射することができる反射光照射装置を提供する。
【解決手段】反射光照射装置1において、所定の波長範囲内の光を照射する発光素子2と、発光素子2から照射される光を集光する目的の集光体3と、発光素子の光照射方向(D1)とは異なる光取出方向(D2)に光を反射する反射体4と、を備え、発光素子2から照射される光が光取出方向に極力直接出力されず、反射体からの反射光を効率的に出力する。 (もっと読む)


【課題】 光反射性、軽量性、光拡散性、剛性に優れたポリオレフィン系光反射シート、及びその製造方法の提供。
【解決手段】 ポリオレフィン系樹脂を含有する樹脂材料と、気泡と、を含むポリオレフィン系樹脂発泡体を有する光反射層を含む光反射シートにおいて、前記樹脂材料が、フィブリル化剤を含有し、前記光反射層が、その表面に筋状の凹凸を有することを特徴とする光反射シート。 (もっと読む)


【課題】従来の光反射材料より高い光反射率を有する光反射材料およびそれを用いた発光デバイスを提供する。
【解決手段】ガラスを含有する無機化合物粉末の焼結体からなる光反射材料であって、Tiを含む酸化物結晶がガラス内部に析出してなることを特徴とする光反射材料。 (もっと読む)


【課題】加工性と光学特性に優れた光反射体を提供すること。
【解決手段】熱可塑性樹脂とフィラーを含有し、少なくとも1軸方向に延伸され、かつ面積延伸倍率が1.3〜80倍である基材層(A)と熱可塑性樹脂を含む層(B)よりなる積層フィルムを有し、全光線反射率が95%以上、表面強度が250g以上、かつ散乱係数Sが0.5以上であることを特徴とする光反射体。 (もっと読む)


【課題】優れた反射性を実現することができ、しかも耐熱性と、良好な製膜安定性、特に製品外観を損ねたり、延伸製膜時の破断トラブルの発生を防ぐことができる白色積層シクロオレフィン系樹脂反射材を提供すること。
【解決手段】シクロオレフィン系樹脂を含有してなり、その内部に微細な空洞を有する樹脂層Aの少なくとも片面に、シクロオレフィン系樹脂を含有してなる樹脂層Bが積層された2層以上の構成を備え、前記樹脂層Aの空隙率が、樹脂層Bのそれよりも大きいことを特徴とする白色積層シクロオレフィン系樹脂反射材。 (もっと読む)


【課題】優れた反射性を実現することができ、しかも耐熱性と折曲げ加工性に優れた白色積層シクロオレフィン系樹脂反射材を提供すること。
【解決手段】シシクロオレフィン系樹脂と有機充填剤及び/又は無機充填剤とを主たる構成成分とする樹脂組成物Aからなる樹脂層Aの少なくとも片面に、シクロオレフィン系樹脂と熱可塑性エラストマーとを含有する樹脂組成物Bからなる樹脂層Bを設けた2層以上の積層構成を有する白色積層シクロオレフィン系樹脂反射材。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、光反射性及び熱成形性に優れた光反射板を提供する。
【解決手段】 本発明の光反射板は、ポリオレフィン系樹脂を含有する光反射層と、この光反射層の一面に積層一体化され且つポリオレフィン系樹脂を含有する表面層とを有する光反射板であって、上記表面層は、酸化チタンを含有せず且つ上記ポリオレフィン系樹脂100重量部に対して蛍光増白剤0.01〜7重量部を含有していると共に、上記光反射層は、蛍光増白剤を含有せず且つ酸化チタンを50〜170g/m2含有していると共に延伸による空隙が形成されていないことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】難燃性を改善し、米国UNDERWRITERS LABORATORIES社規格UL−94に規定されたHB又はV−2相当の難燃レベルを有する積層フィルムを提供する。
【解決手段】積層フィルム1は、基材熱可塑性樹脂フィルム2と、難燃剤と糖構造を有する物質とを含有する樹脂層3と、を含む積層フィルムであって、該糖構造を有する物質の含有率が、糖構造を有する物質を含む当該樹脂層の全質量に対して0.1質量%以上5質量%以下となっている。また、バックライト用ランプリフレクター、バックライトおよびLEDを搭載したバックライト、太陽電池モジュールを封止するために用いた太陽電池封止用フィルムは、それぞれかかる積層フィルムを用いて構成されている。 (もっと読む)


【課題】 従来のハーフミラーに比べて輝度低下が少なく、直下型LCDバックライトユニットの蛍光管の輝度むら低減に好適な積層フィルムを提供する。
【解決手段】 熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)が、層厚みが20nm〜500nmの範囲で交互に少なくとも30層以上を積層された有機粒子を含有する積層フィルムであって、ヘイズが20%〜90%であり、かつF10光源における光線透過率が50%〜10%であることを特徴とする積層フィルムとする。 (もっと読む)


【課題】光取り出し効率を高めつつ、各色間でのクロストークの発生を抑制することが可能なカラーフィルタおよびその製造方法並びに発光装置を提供する。
【解決手段】封止パネル20において、カラーフィルタ層22側の一部が連結してなる複数の突部41が、カラーフィルタ層22に接して色ごとに設けられ、各突部41の側面には、反射鏡膜42が形成されている。各突部41へ入射した各色光は、突部41内を直進あるいは反射鏡膜42によって反射されて通過したのち、対応するカラーフィルタへ入射する。カラーフィルタ層22と複数の突部41との間に接着層や他の基板を介在させる場合に比べ、各突部41からの出射光が対応するカラーフィルタへ入射し易くなる。 (もっと読む)


【課題】高反射充填剤の配合量が少ないながらも、高度の反射率の反射板を提供できる液晶ポリエステル樹脂混合物を提供する。
【解決手段】液晶ポリエステルと粒子状酸化チタンと脂肪酸アミド及び脂肪酸金属塩からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物とを含有する液晶ポリエステル混合物とする。粒子状酸化チタンの含有量は、液晶ポリエステル100重量部に対して40〜80重量部とする。脂肪酸アミド及び脂肪酸金属塩からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物の含有量は、液晶ポリエステル100重量部に対して0.005〜0.15重量部とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、光学性能の変化や耐熱性の低下を防止しつつ、軽量化を図ることができる両面反射鏡及びその製造方法を得ることを目的とするものである。
【解決手段】前面に第1の反射鏡面2、背面に第1の軽量化加工部11aが設けられた第1の反射鏡部材11と、前面に第2の反射鏡面3、背面に第2の軽量化加工部12aが設けられた第2の反射鏡部材12とを、2つのC/C成形体10から作製する。そして、第1及び第2の反射鏡部材11,12の背面同士を組み合わせ、真空中で第1及び第2の反射鏡部材11,12に熔融金属シリコンを含浸、反応させ、C/CをC/SiC化することにより、第1及び第2の反射鏡部材11,12を接合し一体化する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、光の伝播方向に対して垂直に光を出射できる導光素子を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、基材の少なくとも1つの端部から光を入射し、該基材の側面から光を出射する導光素子において、該基材中に金属ナノワイヤが分散していることを特徴とする導光素子および該導光素子を用いた光源装置である。前記金属ナノワイヤは、銀ナノワイヤであるのが好ましい。また、前記基材は光硬化性樹脂からなるのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】光の入射方向による全反射率の異方性が小さく、かつ高い反射率を有する反射シートであって、より軽量化された反射シートを提供すること。
【解決手段】本発明の反射シートは、少なくとも表層部及び内層部を含み、前記表層部が0.3g/m〜20g/mの無機粉末及びポリオレフィン系樹脂(C)を少なくとも含み、前記内層部がポリオレフィン系樹脂(A)及び前記ポリオレフィン系樹脂(A)の延伸可能な温度において前記ポリオレフィン系樹脂(A)と非相溶である樹脂(B)の少なくとも1種を含んでおり、前記表層部において、(n−n)/n≧0.20(n:無機粉末の屈折率、n:ポリオレフィン系樹脂(C)の屈折率)を満足し、前記内層部に孔を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 アクチュエータアレイ用の基板とミラー面用の基板を別に製造することなく、効率の良く形状可変ミラーを製造する。
【解決手段】 形状可変ミラーの製造方法において、圧電膜と、圧電膜の下に配置された第1の電極と、圧電膜の上に配置された第2の電極と、を有する圧電アクチュエータが基板上に複数配置されたアクチュエータアレイを準備する工程と、最終的に除去される犠牲層を形成する工程と、犠牲層に孔を形成し第2の電極の少なくとも一部を露出させる工程と、露出した第2の電極の上に柱部を形成するために、犠牲層に形成された孔を柱部用材料で埋没させる工程と、犠牲層及び柱部の上面を平坦化させる工程と、平坦化した犠牲層及び柱部の上面にミラー面を形成する工程と、ミラー面が形成された後,犠牲層をエッチング法により除去する工程と、を含む。 (もっと読む)


1 - 20 / 63