Fターム[2H077EA14]の内容

電子写真における乾式現像 (140,598) | 現像方式 (9,648) | 一成分現像 (4,458) | 絶縁性非磁性トナー現像法 (3,028)

Fターム[2H077EA14]の下位に属するFターム

Fターム[2H077EA14]に分類される特許

41 - 60 / 1,407


【課題】弾性ローラの停止時に、画像形成装置を構成する構成部材の当接によって弾性ローラの外周面に変形が生じ得る画像形成装置において、弾性ローラの変形に起因して発生する画像不良を簡単な構成で精度よく抑制する。
【解決手段】帯電ローラ2の外周面の変形部22を検出するための検出手段と、回転している帯電ローラ2を停止させる場合、検出手段による検出結果を用いて、帯電ローラ2の外周面の変形部22が感光ドラム1に当接した状態で帯電ローラ2を停止させる停止制御を実行可能な制御手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】いわゆるロータリー現像方式の画像形成装置において、高湿環境下での現像装置内のトナー帯電量の低下を抑制し、現像装置からのトナー飛散を防止する。
【解決手段】装置本体の主電源がオフとされたときや一連の画像形成が終了したとき等に、ソレノイドSへの通電を停止して、カム板61を軸62を中心として反時計回りに回転させる。すると、カム板61の外方端とレバー部材51の当接部53との当接が解除され、レバー部材51はねじりコイルばね54の付勢力によって回転ラック10の方向に移動し、蓋部材56がケース12の開口部14を封止し、ケース12を密封する。 (もっと読む)


【課題】可撓性容器を用いた現像剤収納ユニットであって、開封性の優れた現像剤収納ユニットを提供する。
【解決手段】画像形成に用いられる現像剤を収納する現像剤収納ユニット25であって、現像剤収納ユニット25は、収納した現像剤を排出するための開口部を備えた可撓性容器である現像剤袋16と、開口部を封止するとともに移動されることによって開口部を露出する封止部材19と、を有する現像剤収納容器と、封止部材19に取り付けられ封止部材19を移動させる開封部材20、21と、現像剤収納容器と開封部材20、21とを収納し可撓性容器である現像剤袋16を固定する固定部を有する枠体と、を備えることを特徴とする。更に、封止部材19を移動させて現像剤袋16の開封を行う際に、現像剤袋16の移動を抑制する固定部を備える。 (もっと読む)


【課題】小型化且つ製造が容易な軸受部材とシール部材とが一体的に形成された軸受兼用シール部材並びにこれを用いた現像装置および画像形成装置を提供する。
【解決手段】回転軸を回転自在に支持する軸受部材154と、前記軸受部材154の軸方向に沿った一側に一体的に設けられ、前記回転軸をシールするシール部材155と、前記軸受部材154及び前記シール部材155のうち、一方の部材から他方の部材に向けて前記軸方向に沿って延長され、延長方向の先端側が基端側よりも前記軸方向と交差する方向に突出して前記軸受部材154と前記シール部材155とを一体的に結合する結合部160とを備えるように構成した。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成でありながら、現像剤の偏りに起因する画像形成不良を防止することができる現像剤収容器、および、その現像剤収容器を備える画像形成装置を提供すること。
【解決手段】
現像剤を収容する現像剤収容室68と、現像剤収容室68に回転可能に設けられ、現像剤収容室68に収容された現像剤を搬送する弾性変形可能な搬送部材37とを備えた現像剤収容器(現像ユニット25)である。さらに、本現像剤収容器は、搬送部材37が摺擦して搬送部材37を弾性変形させる摺擦部80を有し、現像剤収容室68と上方の空間とを区画する区画壁59と、摺擦部80に対して搬送部材37の回転方向下流側に配置され、現像剤収容室68の内外を連通し、摺擦部80で弾性変形された搬送部材37を復元させる連通部60と、連通部60に対して搬送部材37の回転方向下流側に配置され、連通部60によって復元された搬送部材37が当接される当接部58とを備える。 (もっと読む)


【課題】 カートリッジの把手部に現像剤が付着することを抑制する。
【解決手段】 現像剤担持体2aの露出部を覆うカバー部材30aが、カートリッジ5aに取り外し可能に設けられる。このカバー部材30aには、カートリッジ5aに近づく方向に突出し、把手部31aと現像剤担持体2aの露出部の間を遮る突出部30a7が設けられる。また、カバー部材30aには突出部30a7よりも現像剤担持体2aの露出部に近い位置に、カバー部材30aを貫通する通気孔30a6が設けられる。 (もっと読む)


【課題】万が一、排出口が詰まっても破損を防止できる現像剤収容器を提供する。
【解決手段】容器本体70内で排出口52と対向して配設され、容器本体70の内面との間に搬送部材53によって現像剤を搬送する現像剤搬送空間66を形成するひさし部65を設けた。さらに、ひさし部65の排出口52と対向する部分よりも搬送部材53の現像剤搬送方向下流側の部分に、排出口52から排出されなかった現像剤を現像剤搬送空間66から現像剤収容部51内に戻す戻し口67を設けた。搬送部材53は、現像剤収容部51内の現像剤を排出口52へ搬送する第1搬送部H1と、排出口52から排出されなかった現像剤を戻し口67へ搬送する第2搬送部H2とを有する。第2搬送部H2の現像剤搬送速度Q2を、第1搬送部H1の現像剤搬送速度Q1よりも遅くした。 (もっと読む)


【課題】トナー収納室と現像室との間をトナーが循環するという現象の発生を抑制しながら、トナー供給室のトナー量を適切にコントロールする。
【解決手段】現像装置124は、第1開口部29aおよび第2開口部29bが形成された仕切壁28を含み、この仕切壁28を隔てて現像室22とトナー収納室24とが隣接する現像ハウジング20と、現像室22に配置される現像ローラー31および第1撹拌部材34と、トナー収納室24に配置される第2撹拌部材36と、現像室22側の仕切壁28の壁面に固定される第1弁部材30aと、トナー収納室24側の仕切壁28の壁面に固定される第2弁部材30bとを備えている。 (もっと読む)


【課題】長尺シートにトナー像を転写することが可能な画像形成装置において、トナーの劣化に伴う画像欠陥の発生を防止する。
【解決手段】長尺シートS22に印刷処理を施すに際し、当該長尺シートS22が白紙領域P1を含んでいる場合に、その白紙領域P1の現像タイミングにおいて現像ローラーからトナーを回収する剥ぎ取り動作が行なわれる。剥ぎ取り動作は、現像ローラーと磁気ローラーとの間の電位差を調整することで実行される。印字領域G21、G22の現像タイミングにおいて、現像ローラーと磁気ローラーとの間の電位差は所定の第1電位差に設定され、白紙領域P1の現像タイミングにおいては、前記第1電位差よりも小さい第2電位差に設定される。 (もっと読む)


【課題】
現像ローラと、該現像ローラに圧接する規制部材を備える現像装置において、現像ローラと接触する規制部材表面で凹凸が形成されにくく、局所的なトナー層厚の低下やスリ抜けを生じず、均一なトナー層の形成ができる現像装置、及び該現像装置を備えた画像形成装置を提供することを課題とする。
【解決手段】
現像ローラに向けて規制部材を圧接する棒状部材を配し、現像ローラ軸方向の規制部材の両端を固定することで、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】連続使用によってカーボンブラックが動き、導電パスが得られにくくなる所謂電流値低下を低減する。
【解決手段】少なくとも軸芯体と、カーボンブラックを含む導電性の弾性層とを有する現像部材であって、該弾性層は、マトリックス中にドメインが分散している海島構造を有し、該マトリックスは架橋ゴムを含み、該ドメインは熱可塑性樹脂を含み、更に、該マトリックスの単位断面積当たりに含有しているカーボンブラックの含有率をA、該ドメインの単位断面積当たりに含有しているカーボンブラックの含有率をBとしたとき、A<Bなる関係を満たしており、かつ、該ドメインと該マトリックスとの間に、中間領域を有し、該中間領域の単位断面積当たりに含有しているカーボンブラックの含有率が、該マトリックスの単位断面積当たりに含有しているカーボンブラックの含有率Aよりも多く、該ドメインの単位断面積当たりに含有しているカーボンブラックの含有率Bよりも少ない中間領域を有することを特徴とする現像部材。 (もっと読む)


【課題】長期間の使用によっても性能が変化し難い電子写真用部材の提供。
【解決手段】軸芯体、弾性層および表面層を有する電子写真用部材であって、該表面層は、下記式(1)および式(2)で表わされる化学結合を有する酸化チタン膜からなることを特徴とする電子写真用部材:
式(1)
O−Ti−O
式(2)
Ti−O−C。 (もっと読む)


【課題】
トナーを表面に担持して回転する現像ローラと、該現像ローラに圧接してトナーの層厚を規制する規制部材を備える現像装置において、現像ローラと接触する規制部材表面で凹凸が形成されにくく、局所的なトナー層厚の低下やスリ抜けも生じず、均一なトナー層の形成ができる現像装置、及び該現像装置を備えた画像形成装置を提供することを課題とする。
【解決手段】
現像ローラに向けて規制部材を圧接する棒状部材を備え、規制部材上で現像ローラ回転方向もしくは逆方向に棒状部材を移動させることで、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】トナー収納部に配置された回転部材の自由落下時の回転量に基づいてトナー残量を検出する残量検出方法では、回転部材の当接部がトナーに当接して停止するとき、なるべくトナー表面に近い位置で回転停止することが望まれるが、トナー表面下に入り込んでしまうことが多かった。
【解決手段】現像剤収容部内に配置され、軸部27a,27bと攪拌部27eとを備えた攪拌部材27と、軸方向が水方向にあるとき、攪拌部材27が鉛直方向最上部からトナー表面に当接するまで、自由落下よる攪拌部材27の回転を許容する回転駆動部(30,31)とを備え、攪拌部eが、両端部に位置する断面円形状の円形部27fと中央部に位置する断面扁平状の扁平部27gとから形成されている。 (もっと読む)


【課題】 規制部材が現像剤担持体を押圧する力のピーク値を安定させ、画像の濃度ムラ等を抑制する。
【解決手段】 規制部材は、弾性を持つ、板状の支持部材4Aであって、固定部に固定されるための被固定部4A1を有する支持部材4Aと、支持部材の厚さ方向Tにおける一端側から突出する、現像ローラ2と接触するための第1接触部4B1と、第1接触部4B1よりも被固定部4A1側に位置する、現像ローラ2と接触するための第2接触部4B10と、を備える。 (もっと読む)


【課題】トナーに対する摩擦電荷付与能の環境依存性が小さい現像部材を提供する。さらに、多様な環境の下でも安定して高品位な電子写真画像を形成することのできる電子写真画像形成装置およびプロセスカ−トリッジを提供する。
【解決手段】表面が導電性の軸芯体と、該軸芯体の周面を被覆する導電性の弾性層と、該弾性層の周面を被覆する導電性の表面層とを具備している現像部材であって、該表面層は、ポリウレタンとカーボンブラックと分子内にアミノ基を有するアクリル樹脂とを含有し、該表面層は、ポリウレタンを含有するマトリクス相とポリウレタンを含有するドメイン相とからなる海島型の相分離構造を有し、該アクリル樹脂が該ドメイン相に偏在していることを特徴とする現像部材。 (もっと読む)


【課題】2成分現像と1成分現像との併用型の現像装置において、高画質、高画像安定性の利点を確保しつつ、画像メモリーの発生を抑える。
【解決手段】静電潜像担持体10に対してその回転方向上流側に配置されたトナーとキャリアとからなる現像剤を保持する現像剤担持体21と、静電潜像担持体10に対してその回転方向下流側にかつ現像剤担持体21と近接して配置されたトナーのみを保持するトナー担持体22と、トナーとキャリアとからなる現像剤を保持し、該現像剤がトナー担持体22に接触するように配置された現像剤担持体23と、バイアス電圧印加手段33,34,35とを備えた現像装置。 (もっと読む)


【課題】印刷物の生産性を向上させる。
【解決手段】トナー消費量算出部303が、静電潜像の現像により現像部から消費されるトナー消費量を算出する。第1補給判断部307が、現像部内のトナー量から現像部にトナーを補給するか否かを判断する。補給制御部309が、前回のトナー補給開始後から第1補給判断部307によりトナーを補給すると判断されるまでの間に算出されたトナー消費量の累積をトナー補給量として補給部から現像部にトナーを補給させる。第2補給判断部311が、現像部へのトナー補給中に算出されたトナー消費量の累積がトナー補給量以上の場合に現像部にトナーを補給すると判断する。補給制御部309が、第2補給判断部311によりトナーを補給すると判断された場合、現像部へのトナー補給中に算出されたトナー消費量の累積をトナー補給量として補給部から現像部に更にトナーを補給させる。 (もっと読む)


【課題】複数の供給ローラから現像ローラに安定した量のトナーを継続的に供給することができる現像装置、並びに、良好な画像を形成することができる画像形成ユニット及び画像形成装置を提供する。
【解決手段】現像装置13は、画像形成装置100又は画像形成ユニット1K,1Y,1M,1Cに含まれる現像部であり、トナーを収容するトナー収容部20と、現像ローラ30と、現像ローラ30にトナーを供給する第1の供給ローラ31と、第1の供給ローラ31によりトナーが供給された現像ローラ30にトナーをさらに供給する第2の供給ローラ32と、トナー収容部20内を区画して、第1の供給ローラ31を収容する第1のトナー収容室21と第2の供給ローラ32を収容する第2のトナー収容室22とを形成する隔壁24とを有している。 (もっと読む)


【課題】現像剤の劣化を抑制して、画像ノイズが生じるのを抑制することができる現像装置および当該現像装置を用いた画像形成装置を提供する。
【解決手段】
ハウジング51内に、現像ローラー52と、現像ローラー52との間でニップ部Nを形成し、回転により現像ローラー52に現像剤を供給する供給ローラー53とを収納してなる現像器5であって、トナーが供給ローラー53の回転に伴いニップ部Nに向けて流れる往路D1と、現像ローラー52に付着しなかったトナーがニップ部Nから遠ざかる方向に流れる復路D2との間に整流板60を介在させた。 (もっと読む)


41 - 60 / 1,407