説明

Fターム[2H077FA00]の内容

電子写真における乾式現像 (140,598) | 各部材の材料、材質及び作成方法 (9,545)

Fターム[2H077FA00]の下位に属するFターム

Fターム[2H077FA00]に分類される特許

1 - 20 / 79


【課題】湿式定着方式において、定着液の供給量の低量化が図られ、定着速度の高速化が図られながらも、形成される画像に高い定着強度が得られる画像形成方法の提供。
【解決手段】静電潜像担持体上に静電潜像を形成する静電潜像形成工程と、前記静電潜像を、少なくとも結着樹脂を含有するトナーを含む乾式現像剤により現像してトナー像を形成する現像工程と、前記トナー像を画像支持体に転写する転写工程と、前記画像支持体に転写されたトナー像に、トナーの少なくとも一部を軟化する定着液を供給する定着液供給工程とを有する画像形成方法において、定着液は、水、軟化剤および定着助剤を含有するものであり、前記軟化剤は、炭酸エステルまたは脂肪族カルボン酸エステルを含有するものであり、前記定着助剤が、第4級アンモニウムカチオンを有する炭化水素化合物よりなるものであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】軸部に一体に成形された螺旋状羽根を有する樹脂製の現像剤撹拌・搬送スクリュー、及び中心軸部のない螺旋状羽根を有する現像剤撹拌・搬送スクリューの、金型成形する際のアンダーカットを防止する為の肉付けを最小化した、低コストの撹拌・搬送スクリュー及びその金型設計方法を提供する。
【解決手段】軸部と、軸部の軸線方向の断面形状が台形形状である螺旋状羽根を有する現像剤撹拌・搬送スクリューであって、螺旋状羽根側面と軸部との間に、又は軸部を有しない螺旋状羽根底面に、2方分割の金型でありながらアンダーカットを発生させないための複数の肉付けが形成されている現像剤撹拌・搬送スクリュー。 (もっと読む)


【課題】現像剤の昇温を有効に抑制することのできる現像装置を提供する。
【解決手段】非磁性の色剤と磁性粒子とを含む現像剤が収容される収容器と、該収容器内の現像剤が長手方向に循環されるように並列状態で設けられ、一端部に形成される開口部を介して互いに通じる第1の通路および第2の通路と、第1の通路に設けられ、搬送した現像剤を開口部を介して第1の通路側から第2の通路側に受け渡す第1の搬送手段と、開口部を介して受け渡された現像剤を開口部の反対側に搬送する第2の搬送手段とを少なくとも備え、第1の通路が有する底部について、少なくとも開口部と対向する領域を含む部位が、底部を形成するその他の部位よりも熱伝導率が高くなるように構成された。 (もっと読む)


【課題】現像剤規制部材と、それを保持するケース部材と、を異なる材料で形成した場合であっても、使用環境温度や機内温度が変動したときに、現像剤規制部材がケース部材とともに長手方向に撓む不具合が生じにくい、現像装置、プロセスカートリッジ、及び、画像形成装置を提供する。
【解決手段】現像剤規制部材23cを保持するケース部材23jに密着して保持されるとともに、ケース部材23jを形成する材料の線膨張係数よりも低い線膨張係数を有する材料からなりケース部材23jの熱変形を規制する規制部材23rを設置する。 (もっと読む)


【課題】現像剤を長手方向に搬送して循環経路を形成する2つの搬送部材が現像剤担持体に対向するように設置されて、現像剤規制部材が現像剤担持体の下方に配設された場合であって、第2搬送経路において現像剤担持体上から離脱された現像工程後の現像剤が再び現像剤担持体に担持されることを抑制する、現像装置、プロセスカートリッジ、及び、画像形成装置を提供する。
【解決手段】現像剤担持体13aに対向する位置に、第1搬送部材13b1による第1搬送経路と、第2搬送部材13b2による第2搬送経路と、を仕切る仕切り部材13dが設置されている。そして、仕切り部材13dは、第2搬送経路における現像剤搬送方向の下流側の位置で現像剤担持体13aに接触するように形成された接触部13d1と、それ以外の位置で現像剤担持体13aに接触しないように形成された非接触部13d2と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】 画像形成中の画像流れと長期放置時の画像流れを同時に解決し、長期にわたり高画質な画像形成を行えるようにする。
【解決手段】 個数平均粒子径が30乃至300nmの疎水化処理炭酸カルシウム粒子と個数平均粒子径が30乃至300nmの疎水化処理チタン酸ストロンチウム粒子を該像担持体表面に塗付する。 (もっと読む)


【課題】現像特性の低コントラスト領域の特性を制御することにより、目標とする現像濃度を出すことが可能な現像装置および画像形成装置を提供する。
【解決手段】第1トナー担持体24の導電性基体の静電容量は、第2トナー担持体25の導電性基体の静電容量よりも小さく設けられている。 (もっと読む)


【課題】シャッタの変形を防止することができる、トナーボックスおよびこれを備える現像装置を提供する。
【解決手段】シャッタ73が開放位置に位置する状態では、シャッタ73が開放位置に位置する状態で、シャッタ73の後端縁がトナー流通用開口83の前端縁よりも前側に位置している。また、シャッタ73が閉塞位置に位置する状態では、シャッタ73は、シャッタカバー72におけるトナー流通用開口83の周囲の部分によって被覆される。そのため、シャッタ73は、開放位置および閉塞位置のどちらに位置する状態であっても、閉方向と直交する方向である左右方向の全幅にわたってシャッタカバー72に覆われる。 (もっと読む)


【課題】トナーボックスが現像部から取り外された状態でシャッタが移動されることを防止でき、また、他の部材との衝突によるシャッタの破損を防止することができながら、現像部に装着された状態でのシャッタの円滑な移動を確保することができる、トナーボックスおよびこれを備える現像装置を提供する。
【解決手段】トナーボックス11は、内部にトナーを収容する本体51を備えている。本体51には、その内外を連通する連通口58が形成されている。この連通口58を開閉するために、シャッタが設けられている。シャッタ73は、シャッタカバー72に覆われている。シャッタカバー72は、弾性変形可能である。 (もっと読む)


【課題】トナーシールによる良好なシール性を発揮することができる、トナーボックスを提供する。
【解決手段】トナーボックス11は、内部にトナーを収容する本体51を備えている。本体51には、その内外を連通する連通口58が形成されている。この連通口58を開閉するために、シャッタが設けられている。トナーシール71により連通口58の周囲が取り囲まれている。トナーシール71は、接着面77を備える弾性層75と、弾性層75における接着77面と反対側の面に配置されるメッシュ層76とを有している。 (もっと読む)


【課題】本開示は、トナー粒子によって画像を生成するプロセスを提供する。
【解決手段】乳化重合会合製法による特定の粒径のトナー粒子を、未完成の単分子層としての基板に塗布し、その後、溶融させて、画像を形成する。前記画像の厚さは前記トナー粒子の直径の約70%未満の完成した単分子層であり、前記画像の形成に用いられる前記粒子の直径よりも小さな厚さを有する。 (もっと読む)


【課題】組立時に噛み込まれたシール部材を噛み込まれていない状態に復帰させることを目的とする。
【解決手段】シール部材30を円筒状突起143の内部空間に配置させるシール部材30の配置工程と、駆動力伝達部材20を円筒状突起143の内部空間に差し込み、シール部材30の中心孔に駆動力伝達部材20の被シール部201を嵌めると共に、駆動力伝達部材20の先端を、貫通孔142を突き抜けさせてトナー収納容器14の内部に到達させる駆動力伝達部材20の差込工程と、駆動力伝達部材20を、正逆回転させつつ差し込み方向と当該差し込み方向とは反対の戻し方向とに移動させることを繰り返し行わせる駆動力伝達部材20の移動工程と、を有する。 (もっと読む)


転写効率が高く、トナー消耗量の少ないトナーが提供される。該トナーは、結着樹脂及び着色剤を含み、トナー粒子の粒度分布が下記式(1)及び(2)を満足する。
GSDα≦GSDβ≦GSDγ(1)
0.80≦GSDβ≦0.88(2) (もっと読む)


【課題】 現像ローラーのフランジとブランクとの結合方法で、従来の圧入ではブランク両端部のインロー加工や圧入後の膨らみを取り除く為研削が必要であった。本発明は両加工を廃止してコストダウンを図る。
【解決手段】 現像ローラーのフランジとブランクとをYAGレーザーで溶接して結合する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の現像剤供給部材は、現像剤供給部材の体積抵抗率を抑制することにより、印刷枚数が増加した場合においても、記録媒体に現像した画像に印字カスレ及び印字濃度低下が発生することを防止することを図る現像剤供給部材の提供を目的とする。
【解決手段】 本発明の現像剤供給部材は、現像剤担持体に現像剤を供給する連立気泡の発泡フォームから成る現像剤供給部材において、前記発泡フォームが、イオン導電による高抵抗の電気導電性を有し、更に、気泡壁面にカーボンブラックを固着した後に低抵抗の電気導電性を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】現像ローラが規則的に回転することによる現像スリーブの周期的な画像濃度ムラが発生することを防止できる現像ローラ、現像装置、プロセスカートリッジ、及び、画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置はプロセスカートリッジを備えている。プロセスカートリッジは現像ローラを備えている。現像ローラはマグネットローラと、前記マグネットローラに内包された該マグネットローラの磁力により外表面に現像剤を吸着する円筒状の現像スリーブと、前記現像スリーブに圧入されるとともに該現像スリーブに接着剤で固着された、該現像スリーブを回転駆動させる、フランジ部と、を備えている。(イ)前記フランジ部には、瞬間接着剤を被覆(塗布)したテーパ部が設けられ、かつ、(ロ)前記テーパ部の外径が、前記現像スリーブの奥側に向うにしたがって徐々に小さく形成されている。 (もっと読む)


【課題】 画像形成装置の現像装置付近の熱を効果的に放散し、冷却できる画像形成装置の現像装置を提供する。
【解決手段】 現像装置31の現像剤収容部32aの内部には2本の搬送スクリュー34、35が配置され、トナーは搬送スクリュー34、35により混合撹拌されながら循環搬送されると共に所定の電位に帯電される。現像ローラ32及びシール部材が装着された搬送スクリュー34、35の端部は保持部材37の外に突出してギアが装着され、駆動ギア36と噛合する。搬送スクリュー34、35の軸端部のギアにはファン43が設けられ空気流を発生させる。搬送スクリュー34、35、軸受34b、35b、保持部材37は熱伝導性金属材料で構成し、搬送スクリューや軸受などで発生した熱、及びシール部材付近で発生した熱を保持部材37に速やかに伝達し、空気流で冷却する。 (もっと読む)


【課題】 円筒部材の端部にフランジを挿入して該円筒部材とフランジ軸の同軸度を高精度に取り付ける際に、双方の嵌合隙間寸法を小さくすることが重要である。しかし、こうしたフランジを円筒部材の端部に挿入する際には、非常に高い同軸度を保った状態を維持しながら挿入するような高額な装置が必要になり、製造コストを低く抑えることは困難である。
【解決手段】 円筒部材の端部にフランジが取り付けられた電子写真用部材であって、フランジは、誘導部と嵌合部と突き当て部とを有し、円筒部材は、フランジの誘導部をガイドする誘導部と嵌合部と突き当て部とを有する。フランジを円筒部材の端部に挿入する際において円筒部材の誘導部がフランジの誘導部をガイドされている際は、円筒部材の嵌合部がフランジの嵌合部以外の何れの部分にも触れないような長さを有することを特徴とする電子写真用部材を提供する。 (もっと読む)


【課題】トナー供給ローラ用成形型の成形面に固着したウレタンやワックス系離型剤残渣を簡単に除去することができるトナー供給ローラ用成形型の洗浄方法を提供すること。
【解決手段】芯金を把持する部位を有する少なくとも1つの駒と該駒により封印される内部円形状を有するパイプ状の成形型からなり、該芯金外周にポリエーテルポリオールとイソシアネートを主成分として得られるウレタンフォーム層を形成してなるトナー供給ローラを製造するために該内部円筒状部分にワックス系離型剤を塗布して使用するトナー供給ローラ用成形型を洗浄する方法において、(1)40℃以上100℃以下の水(H2O)を用いて、少なくとも該成形型の内面を洗浄する工程と、(2)少なくとも該内面を風乾するエアーブロー工程と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】層間への溶剤の残留を抑制可能な積層構造の現像剤規制部材、及びそれを備えた現像装置並びに画像形成装置を提供する。
【解決手段】規制ブレード29は、第1ブレード29aと第2ブレード29bとをスポット溶接により貼り合わせて一体としたものである。第1ブレード29aの第2ブレード29bとの接合面には、複数の断面矩形状の溝部31が所定の溝幅及び間隔で長手方向に対し平行に形成されている。また、各溝部31は第1ブレード29aの側端縁まで連続して形成されており、規制ブレード29の両側端において開口している。 (もっと読む)


1 - 20 / 79