説明

Fターム[2H200GA31]の内容

電子写真における帯電、転写、分離 (284,478) | 装置全体の構成 (43,846) | 像露光に関する開示 (8,661)

Fターム[2H200GA31]の下位に属するFターム

Fターム[2H200GA31]に分類される特許

1 - 20 / 36


【課題】 接触式帯電装置を用いて画像形成装置における像担持体等の被帯電体の表面を帯電させるにあたり、帯電させる前の像担持体の表面における表面電位にむらがある場合においても、像担持体の表面を均一に帯電できるようにする。
【解決手段】 像担持体1の表面に接触して回転されるローラ状の帯電部材11に電圧を印加させて、像担持体の表面を帯電させるにあたり、像担持体の表面に接触する帯電部材の表面層11cが、その回転方向に硬度の異なる材料が交互に配置されるようにして構成され、像担持体の表面と接触する部分における硬度の低い部分11csと、像担持体の表面との間に空間部sが形成されるようにした。 (もっと読む)


【課題】 光学式のセンサを用いることなく、未使用のベルトクリーナユニットが装置本体に装着されたか否かを判定することが可能な画像形成装置を提供する。
【解決手段】 可動電気接点51と固定電気接点52、53とが接触することによる電圧変化を検出するとともに、電圧変化を検出したときに未使用のベルトクリーナユニットが装置本体に装着されたものと判定する。つまり、可動部材50が軸方向一端側の位置である第1ポジションから他端側の位置である第2ポジションに変位した後、可動部材50が第2ポジションから第1ポジションに復帰して、再び、第1ポジションから第2ポジションに移動することはない。したがって、可動部材50(可動電気接点51)が変位することによる電圧変化は、未使用のベルトクリーナユニット18が装置本体に装着されて最初にオーガ27が回転したときだけであるからである。 (もっと読む)


【課題】装置内における発熱量を削減し、消費電力を低減させる。
【解決手段】所定の出力電圧と周波数との設定信号に基づいて高圧電源を出力する電源装置において、前記電源装置内部の温度を検出する温度検出部と、前記温度検出部により得られる温度に応じて前記周波数を変化させた三角波を生成する三角波生成部と、前記周波数の設定信号により出力周波数を設定し、前記出力電圧の設定信号により出力電圧の振幅を設定して、所定の正弦波形状の信号を生成する正弦波生成部と、前記三角波生成部により生成された三角波形状の信号と、前記正弦波生成部により生成された正弦波形状の信号とを比較する比較部と、前記比較部から得られる出力信号に基づいて信号増幅を行うスイッチング駆動部と、前記スイッチング駆動部からの出力信号に基づいて高圧に変圧駆動する高変圧駆動部とを有することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】中間転写方式の一次転写部における転写部材としてシート部材を用いたカラー画像形成装置において、一次転写部のシート部材の位置関係を各ステーションにおいて適正に配置することで新たな部材を追加することなく装置の長寿命化を達成する。
【解決手段】シート部材32a〜32dは、中間転写ベルト13を介して感光体1a〜1dと中間転写ベルト13とシート部材32a〜32dとが接触して形成される第1領域と、該第1領域よりも中間転写ベルト13の回転方向下流側でシート部材32a〜32dが中間転写ベルト13に接触し、且つ感光体1a〜1dと中間転写ベルト13とが離間する第2領域とを有し、複数のシート部材32a〜32dのうち中間転写ベルト13の回転方向において最下流側に配置されるシート部材32dの第2領域の中間転写ベルト13の回転方向の長さが最も長いことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】駆動源や感光体への負荷を増加させることなく、像担持体上の未転写の黒色トナーとカラートナーを分別回収できるようにする。
【解決手段】中間転写ベルト11に対して圧接位置と離間位置とに移動自在の第1クリーニングブレード51及び第2クリーニングブレード61とを設けると共に、第1クリーニングブレードによって中間転写ベルト11から除去された未転写トナーを貯留する第1回収部52と、第2クリーニングブレード61によって中間転写ベルト11から除去された未転写トナーを貯留する第2回収部62とを設ける。そして、カラー画像形成時は、第1クリーニングブレード51のみを圧接位置として各色トナーを中間転写ベルト11から除去し、モノクロ画像形成時は、第2クリーニングブレード61のみを圧接位置とし黒色トナーを中間転写ベルト11から除去する (もっと読む)


【課題】高精度回転による高画質な画像を提供することができ、金属製ベルトを用いた駆動機構でありながら、駆動源から出力部までが電気的に接続されてしまうことを防止し得て、感光体ドラム等の作像部への電気的ノイズによる悪影響を抑制することができる金属製ベルト駆動機構及び画像形成装置を提供する。
【解決手段】駆動モータ30の出力軸31と、駆動プーリとしての出力軸31に離間して被駆動部(感光体ドラム)を回転駆動する入力軸としての回転軸25に設けられた従動プーリ32と、出力軸31と従動プーリ32との間に循環走行自在に張架された無端状の金属製ベルト33と、を備え、従動プーリ32を絶縁性部材からなる軸受けを介して回転軸25に固定又は絶縁性部材から形成することによって、出力軸31と回転軸25との間を電気的に絶縁状態にする。 (もっと読む)


【課題】転写材を把持した状態で転写を行う場合、転写ニップ、転写材解放位置、および転写材搬送部始点位置が仮想略三角形に配置されても、良好な画像を得る。
【解決手段】中間転写ベルト8の像をグリッパー17で把持された転写材20に二次転写ニップ13aで転写し、転写材20の転写画像面を鉛直下方に向けて転写材搬送部に移動する転写材20に、第1の気流発生装置23から制御部で気流吐出量を制御された気流を鉛直上方に吹き付け、二次転写ニップの終端位置ζと、二次転写ニップの位置より転写材移動方向側で鉛直上方に配置された転写材解放位置εと、転写材解放位置εより転写材移動方向側で鉛直上方に配置され、かつ第2の気流発生装置24でガイドされた転写材20の先端が転写材搬送部25に最初に当接する転写材搬送部始点位置ηとを仮想略三角形に配置する。 (もっと読む)


【課題】装置を大型化させることなく、白点現象を抑制し、画像の品質を高める。
【解決手段】2次転写ローラ35の両端側に、2次転写ローラ35の中間転写ベルト14への押付を規制するための押付規制部材38を設け、押付規制部材38を導電材料により形成すると共に、転写電圧を2次転写ローラ35だけでなく押付規制部材38にも印加する。これにより、転写電流の一部を、押付規制部材38を介して中間転写ベルト14側に流し、転写電圧を下げ、白点現象を抑制する。 (もっと読む)


【課題】転写材に対する画像の転写ずれの発生を抑制して、画像を転写材の所定位置に高精度に転写する。
【解決手段】トナー像を担持する中間転写ベルト8と、周面に凹部14を有するとともに中間転写ベルト8に転写材20を圧接して二次転写ニップ11aを形成し、前記二次転写ニップ11aで中間転写ベルト8に担持されたトナー像を転写材20に転写する二次転写ローラー12と、中間転写ベルト8の位置を検出する中間転写ベルト位置検出器28と、二次転写ローラー12の回転位置を検出するエンコーダー26とを有する画像形成装置1である。 (もっと読む)


【課題】 回収容器に回収するトナーを凝縮させて落下させることで、回収効率を向上させたトナー回収装置、及び、トナー回収装置を有する画像形成装置。
【解決手段】画像形成装置が備えるトナー回収容器において、トナー搬送路には、排出口と搬送手段の終端の間に搬送手段によってトナーが搬送されない領域があり、搬送手段によって搬送されたトナーは領域に一時的に堆積された後に排出口から排出されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】リーク現象の発生及び帯電電位の低下を効果的に抑制できる正帯電単層型電子写真感光体、そのような正帯電単層型電子写真感光体を含む画像形成装置、及び画像形成方法を提供する。
【解決手段】基体上に、感光層を有する正帯電単層型電子写真感光体、それを含む画像形成装置及び画像形成方法であって、感光層が電荷発生剤として、チタニルフタロシアニン結晶を含むとともに、添加剤として、酸化防止剤を含み、かつ、感光層の膜厚を22〜40μmの範囲内の値とし、さらに、JIS C 2110に準拠して測定される正帯電単層型電子写真感光体の正耐電圧を7.5kV以上の値とする。 (もっと読む)


【課題】PTLのメリットを生かし、且つPTLの副作用であるメモリ効果による画像ムラの低減をたに特別な部材を追加せずに、帯電・露光・転写という基本的構成のみを用いて低コスト実現する。
【解決手段】感光体21Y,21M,21C,21Kと、感光体表面を帯電させる帯電手段16と、帯電した感光体に光を照射することにより静電潜像を形成する画像書込部12と、画像書込部12を制御する書込制御手段と、該静電潜像を現像する現像装置20Y,20M,20C,20Kと、感光体上のトナー像を被転写体上に転写するための転写手段と、現像後で且つ転写前に該潜像担持体を露光する転写前露光手段とを有する電子写真装置10において、書込制御手段は、着目する所定の画像信号(A)と、当該画像信号(A)から副走査方向に潜像担持体周長分下流側の画像信号(B)との2つの画像信号に基づいて書込手段を制御する。 (もっと読む)


【課題】感度が高く、迅速な寄り補正を行うことにより、高画質の画像を安定して形成する画像形成装置を提供する。
【解決手段】ベルトユニットを位置決めしている4個の位置決め部材の内の1個を調整可能とし、該1個の位置決め部材の調整により、ベルトユニットを変形させ、ベルトユニットを構成している複数のローラを変位させてベルトの寄りを補正する。 (もっと読む)


【課題】画素量に応じた最適な転写バイアスの印加を可能とし、出力される画像の転写制御の最適化を図る。
【解決手段】像担持体に担持されたトナー画像を1次転写ユニット452及び2次転写ユニット453により中間転写ベルト及び転写紙に転写する転写装置において、転写する画像の画素量と画素の濃度とに基づいて前記1次転写ユニット452及び2次転写ユニット453の転写バイアス電圧をエンジン制御部450で設定する。前記転写する画像の画素量と画素の濃度は、送信されてくる画像情報を画像出力ページに所定の同一の大きさの区分に区分けし、区分けした領域内で画素情報量として抽出する。その際、前記画素情報量は、前記区分けした領域内の前記画素量と画素の濃度の積算値から求める。 (もっと読む)


【課題】気体による転写材の分離を効率よくかつより確実に行う。
【解決手段】転写材移動部材(中間転写ベルト4)とともに移動してくる転写材8の先端に気体を吹き付けて転写材8の先端部を転写材移動部材から分離する転写材分離エア装置20と、転写材8の転写材移動状況に基づいて転写材分離エア装置20の作動を制御する制御部とを備え、転写材分離エア装置20が第1の気流ダクト23aと、第2の気流ダクト23bと、第3の気流ダクト23cとを有する。第1の気流ダクト23aは転写材8の搬送方向と前記転写材の平面内で直交する方向の中央部に配設される。第2および第3の気流ダクト23b,23cは、転写材8の搬送方向と転写材8の平面内で直交する方向に
第1の気流ダクト23aと隣接するとともに互いに反対側に配設される。 (もっと読む)


【課題】コストをかけることなく、プレニップ領域にて中間転写ベルト上のトナー像が、放電によって飛散してしまうことを防止する画像形成装置を提供する。
【解決手段】本発明の画像形成装置は、絶縁性基材層と、この絶縁性基材層上に設けられる電極層と、この電極層上に設けられる半導電層とからなる中間転写ベルト40と、中間転写ベルト40の前記電極層に所定のバイアス電圧を印加する転写バイアス印加手段35と、前記中間転写ベルト40の外周に当接しニップ領域を形成すると共に、所定のバイアス電圧が印加される2次転写ローラ50と、を有し、前記2次転写ローラ50と対向して前記中間転写ベルトを挟持する部材を設けないことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】レジストローラの帯電によって引き起こされる転写材への不要な帯電を抑えることにより、転写不良を防ぐことができる画像形成装置。
【解決手段】ベルト状の像担持体100に接触して回転する転写ローラ102と、この転写ローラ102とベルト状像担持体100の接触する領域に転写材104を搬送する1対のレジストローラ22,23とを有し、転写ローラ102に電流又は電圧を印加することによって、ベルト状の像担持体100上に形成されたトナー像を転写材104に転写を行う画像形成装置において、レジストローラ22,23を絶縁体で構成し、レジストローラ22,23に接離可能な除電部材24を備え、転写材104がレジストローラ22,23と接触しているときは、除電部材をレジストローラ22,23から離し、転写材がレジストローラ22,23と接触していないときは、除電部材24をレジストローラ22,23と接するようにしている。 (もっと読む)


【課題】摩耗等により像担持体の表面粗さが大きくなっても、高いクリーニング性能を維持できるクリーニング装置、及び該クリーニング装置を備えることにより安定した品質の画像を形成できる湿式画像形成装置を提供することを目的とする。
【解決手段】トナー粒子とキャリア液とを含む液体現像剤によって画像を形成する画像形成装置の像担持体である潜像担持体又は中間転写体の表面に残留した前記液体現像剤を除去するクリーニング装置において、像担持体に接触して、像担持体の表面に付着したトナー粒子をキャリア液中に浮遊させる予備クリーニング手段と、浮遊したトナー粒子を静電力により回収するトナー粒子回収手段と、残ったキャリア液を回収するキャリア液回収手段の3段階のクリーニング手段を備える。 (もっと読む)


【課題】帯電特性、分散性が良好で画像濃度が高く、風合の優れた電子写真捺染トナー及び該トナーを用いた電子写真捺染方法の提供。
【解決手段】染料からなる着色剤を樹脂中に分散させたトナー粒子を電子写真方式により布などの被捺染体に捺染する場合に、樹脂として、25℃の炭素数が10〜14(以下C10〜C14として表示する)のパラフィン系オイルにおける溶解率が0〜10%であり、100℃のパラフィン系オイル(C10〜C14)における溶解率が80〜100%である樹脂A及びアルカリ可溶性樹脂又は水溶性樹脂である樹脂Bを含有する。 (もっと読む)


【課題】軽量柔軟な二重構造の帯電ローラを用いてハーフトーン画像に白点や黒点を生じさせない画像形成方法及び画像形成装置を提供する。
【解決手段】帯電ローラ16は、ニトリル系発泡ゴムと導電性カーボンブラックとからなり中心の芯金53上に支持された第1の導電性弾性層54と、エピクロルヒドリン系ゴムと導電性カーボンブラックとからなると共に表面にイソシアネートを含む表面処理液により表面処理されて第1の導電性弾性層54上に設けられた第2の導電性弾性層55とで構成される。この帯電ローラ16から感光体ドラム14に印加する直流・交流の重畳電圧の印加交流電圧Vpp(V)と感光体ドラム14の周面を被覆する有機感光体の膜厚d(μm)との間には2つの式「30d+950≦Vpp≦30d+1350」及び「14≦d≦28」の関係が成立するように構成され制御される。 (もっと読む)


1 - 20 / 36