説明

Fターム[3B038AA07]の内容

ヘアーカール (303) | ヘアーカーラーの機能 (111) | 髪を巻きやすいもの (36) | 毛が付きやすいもの (7)

Fターム[3B038AA07]に分類される特許

1 - 7 / 7


【課題】頭髪量を豊かに見せる。
【解決手段】頭髪HAを髪巻付軸1に巻付け、コールドパーマの還元剤からなる第一薬剤にて処理した後、コールドパーマの酸化剤からなる第二薬剤にて処理することにより、頭髪HAにパーマネントウェーブを形成するコールドパーマの施術方法であり、頭髪HAを髪巻付軸1に巻付ける際、毛流の分け目において、一束の頭髪HAの根元にして頭部HE上に髪巻付軸1を起立状態にて配置し、かかる髪巻付軸1の下端に前記一束の頭髪HAの根元側を固定し、かかる頭髪HAを根元側から順次先端側へと螺旋状に髪巻付軸1に巻付け、巻付けた頭髪HAの先端側を髪巻付軸1の上端側に固定することによって、頭髪HAを根元から立ち上げさせ、毛流の分け目を幾分覆い隠すと共に、頭髪HAに量感を醸し出させる。 (もっと読む)


【課題】ヘアーカーラーの温度がスピーディーに上昇するようにして毛髪のダメージを少なく、かつ、カールを素早く、上手く付けることができるようにする。
【解決手段】毛髪を巻き付ける金属製の円筒からなるパンチングボビン10を分割し、その分割したボビン片10a〜cの間にブラシ状の櫛歯17を直列に配置した櫛部12a〜cを設ける。こうすることで、パンチングボビン10に巻き付けた毛髪は、櫛部12a〜cに係止され密着する。この状態で、ドライヤーを当てると、ドライヤーの熱風は、毛髪以外は遮るものがないので、直接金属製のパンチングボビン10全体の温度を上昇させることができる。このように、スピーディーに温度を上昇させることで、毛髪のダメージを少なく、かつ、カールを素早く、上手く付けることができるようにする。 (もっと読む)


【課題】 パーマをかける際にエンドペーパーと輪ゴムを使用せず、カーラーを巻く要領で毛束を巻きつけるロッドカーラーと、それを固定するロッドクリップのセット。
【解決手段】 合成樹脂で円筒形のロッドカーラーをつくる。直径の異なるロッドの表面に合成樹脂の粉末を付着し、髪を巻きつけやすい状態にする。ロッドを固定するクリップは合成樹脂でつくり、両面を同じ形にし、指先でとっ手をつまむと歯先が開閉できるようにする。
以上を特徴とするロッドカーラーとロッドクリップのセットである。 (もっと読む)


【課題】巻き上げの際に、筒状体に挿入された毛髪束が筒状体の内部を円滑に移動できるため、毛髪束が屈曲し難く、綺麗な巻き上げ形状の毛髪束が得られ且つ、巻き上げ後に毛髪束から脱落し難い毛髪保持具を提供すること。
【解決手段】一端の開口部21から他端の開口部22に向けて毛髪束を挿入可能な筒状体2から構成された毛髪保持具であって、筒状体2を形成するシート23A,23Bは、少なくとも他端の開口部22側の長手方向半分の領域が、毛髪に対して低摩擦性を有する低摩擦性シートから構成されており且つ、筒状体2の内表面における一端の開口部21側に、毛髪に対して高摩擦性を有する高摩擦性部材3が配設されている。 (もっと読む)


【課題】睫毛カールを手際よくかつ美しく仕上げることができる睫毛カール用ロッド部材を提供する。
【解決手段】裏面1aに接着層5aおよびこの接着層5a上に剥離紙5bを有し伸縮性および可撓性を有するテープ1と、このテープ1の表面1bの一端10aに沿って接着された睫毛を巻き付けるための曲面3aおよび可撓性を有し例えば天然性の生ゴム材にて成るロッド3とにて構成される睫毛カール用ロッド部材4で、睫毛の生え際に沿って瞼にテープ1のロッド2が貼り付けられた一端10aの裏面1aの接着層5aを貼り付け、テープ1の一端10aが瞼に貼り付けられた状態からテープ1の他端10bを眉毛側に引き上げて睫毛を根元側から起こしてこの起こした状態を保つようにテープ1の裏面1aの接着されていない接着層5aを瞼に貼り付けて使用する。 (もっと読む)


【課題】軽量で毛髪および頭皮に負担をかけず、使用後は分別処理することなく燃えるゴミと一緒に廃棄処分することができ、焼却しても、有害物質が発生することのない環境負荷を極力少なくすることができる髪巻き具であって、特に、汎用性がある設計自由度の大きい発熱体を有することにより、髪巻き部本体を簡単に任意な大きさに設けることが可能となる、髪巻き具を提供することである。
【解決手段】髪巻き具10は、紙および/またはパルプを主材料として、筒状体に形成され、筒状体の周面に髪が巻かれる髪巻き部本体12を含む。髪巻き部本体12の直ぐ内側には、熱および/またはスチームが排出可能となる複数の発熱体40が配置される。複数の発熱体40は、それぞれ、円弧状柱面を有し、複数の円弧柱面が周方向および/または軸方向にずらして重ね合わされることにより1つの円筒状物40Aに形成される。 (もっと読む)


【課題】 両端に指を添えることができる領域が大きく確保されて使い易く、また、一度に多くの毛髪を巻くことができ、毛髪の巻きこぼれが生じにくく、毛髪をゆるく巻いたり、縦巻きにすることが容易なヘアカーラーを提供すること。
【解決手段】 この発明のヘアカーラーは、円筒状芯体1の外側に毛髪巻き体2を設けたヘアカーラーであって、両端に指を添えるための張り出し部Hを有しているものとしている。合成樹脂製の円筒状芯体1と毛髪巻き体2の間に金属体3を装着しているものとすることもできる。また、張り出し部Hが毛髪巻き体2と一連一体に構成されているものとすることができる。 (もっと読む)


1 - 7 / 7