説明

Fターム[3B074AA02]の内容

床、カーペット、家具、壁等の清掃用具 (4,954) | 清掃部の素材 (2,128) | 合成繊維 (579)

Fターム[3B074AA02]に分類される特許

1 - 20 / 579



【課題】へら等の板状清掃体とブラシ等の清掃部とを分離して使いやすくすると共に、分離した板状清掃体の紛失防止のため、板状清掃体の収納が容易である清掃具を提供する。
【解決手段】ブラシ3(清掃部)を取り付けた柄2は、へら5(板状清掃体)を板面に沿う方向にスライドさせて収納する凹状の収納部2gを有する。へら5は、スライドさせる方向の一方側の板厚が他方側の板厚より厚く形成され、収納部2gは、へら5の一方側の板厚よりも狭い間隔で対向した壁部を有する。へら5は、スライドさせる方向と交差する方向での板の幅が収納部2gの幅より広いために、スライドさせる方向と交差する方向での板の縁部5bが収納部2gより横方向にはみ出す。縁部5bは凹凸を有する。 (もっと読む)


【課題】防護フェンスに用いる簡易最適な床面清掃用の防護体及びその製造方法を提供せんとする
【解決手段】床面清掃用の防護体は、袋体1内に液体吸収材2が収容された棒状体3である。袋体1は液が浸透する折曲可能な素材で形成されていること、液体吸収材2は棒状体3が折曲可能な状態で袋体1内に収容されていること、液体吸収材2には中和剤液5が含浸されている。袋体1内に、液体吸収材2を折曲可能な状態で収容した棒状体3を、両端面が閉鎖された樋状容器4へ注入した中和剤液5に浸し、中和剤液5を液体吸収材2に吸収させた。 (もっと読む)


【課題】 拭条同士が絡み難く、多数の拭条をほぐす作業の必要性が低く、清掃対象面を拭く際に拭条同士がもつれることが生じ難いため円滑な作業を行い易いモップ用拭材及びモップの提供。
【解決手段】 略並列状に配列した多数の拭条W1からなる一対の拭条W1群の基部同士を連結してモップ用拭材Wを形成する。モップ用拭材Wにおける一対の拭条W1群の基部同士が連結された部分は、保持体Hにより保持する。拭条W1は、1本の芯材Cと2本の条体S1・S2からなる。芯材Cは、長手方向に隣接して一定長毎に並んだ多数のループ部Lからなる糸状をなす。芯材Cにおける2ループ部Lおきのループ部L毎に、順次繰り返して、一方の条体S1を一方側から他方側へ挿通し、他方の条体S2を他方側から一方側へ挿通することにより、両条体を編んで拭条W1を形成する。 (もっと読む)


【課題】保持部に装着する清掃部材としてサイズが大きいものを用いるのに際し、使い勝手が良好な清掃具用のホルダを提供すること。
【解決手段】本発明の清掃用具のホルダは、清掃部材3の筒部31に挿入可能であり、かつ長棒状の弾性撓み変形可能なロッド部12を有する保持部1と、この保持部1の基端につながる柄2と、を備える。ロッド部12は、基端側から先端側に向かうにつれて断面積が漸次的に減少するテーパ状とされている。 (もっと読む)


【課題】清掃シートを挟む部材が汚れに直接接触することを防止でき、衛生状態を向上できる清掃用具を提供すること。
【解決手段】清掃用具1は、上面24及び下面21を有する板状の清掃部材取付部2と、清掃部材取付部2の上面24の略中央部に配置され、清掃部材取付部2の平面視における外形よりも小さい外形を有する支持板4と、支持板4に取り付けられる把持部6と、支持板4の側面42,43に配置され、シート状部材3を支持板4の側面22,23との間に挟持可能に構成される挟持部材5と、を備える。 (もっと読む)


【課題】簡単にシート取り付け・交換ができる掃除具を提供する。
【解決手段】清掃用シートが装着される掃除具は、ヘッド部1と、ヘッド部に連結された柄2と、ヘッド部に着脱自在に固定され、清掃用シートを取り付けるためのシート取付部20ととを備えており、シート取付部20に清掃用シートが装着される。シート取付部20は、ヘッド部1と平面視における外形が同一の略矩形形状であり、上面には、短手方向の中央に長手方向に沿った凹部21が設けられ、当該凹部21を挟んで短手方向の両側には長手方向に沿って第2対向面としての突部24、25がそれぞれ設けられている。凹部21は、長手方向及び短手方向に平行な上面部21aと、上面部21aの短手方向の両端部の各々と突部24、25とに連続して、上面部21aと直交する二つの側面部21bとを備え、第2嵌合部として、凸部3に嵌合される。 (もっと読む)


【課題】 複数の保持体を介して清掃体を保持する構成の清掃体ホルダにおいて、安価な構造で清掃体ホルダの使用形態を多様化させるのに有効な技術を提供する。
【解決手段】 本発明に係る清掃用具100の清掃体ホルダ130は、使用者の手指によって把持されるハンドル部150と、清掃体100を保持するべくハンドル部150から並行して所定の長尺方向にそれぞれ延在する2つの保持体142,142と、を含み、2つの保持体142,142がいずれも平板状の長尺部材として構成され、平板状の長尺部材は、ハンドル部150側の固定端部142aと、長尺方向に関し固定端部142aとは反対側の自由端部142bと、固定端部142aと自由端部142bとの間に設けられ、互いに法線ベクトルの異なる複数の延在面が長尺方向に沿って連接された延在部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】清掃シートを挟む部材が汚れに直接接触することを防止でき、衛生状態を向上できる清掃用具を提供すること。
【解決手段】清掃用具1は、上面24及び下面21を有する柱状の清掃部材取付部2と、清掃部材取付部2の上面24に配置され、清掃部材取付部2の平面視における外形よりも大きい外形を有する支持板4と、支持板4に取り付けられる把持部6と、支持板4の下面46側に配置されると共に、清掃部材取付部2の形状に対応した切り欠き部又は開口部51が形成されたシート押さえ部材5と、シート押さえ部材5の一部が清掃部材取付部2の下面21よりも下方に位置する開位置とシート押さえ部材5が支持板4に当接する閉位置との間で、支持板4とシート押さえ部材5とを位置変更可能に連結する連結部7と、連結部7に配置され、支持板4及びシート押さえ部材5を閉位置側に付勢する付勢部材8と、を備える。 (もっと読む)


【課題】清掃対象物の形状に対する追従性を向上でき、かつ、衛生状態を向上できる清掃用具を提供すること。
【解決手段】第1端部23及び第2端部24を有する縦長板状の清掃部材取付部2と、清掃部材取付部2の上面21に取り付けられる支持板4と、支持板4の長手方向LDに沿って支持板4の上面に配置される把持部材5と、を備え、清掃部材取付部2の下面22にシート状の清掃部材3が配置可能な清掃用具1であって、支持板4は、第1板部材41と第2板部材42とを折曲可能に連結する第1ヒンジ部43を備え、把持部材5は、第1把持端部51と、第1把持端部51と支持板4の上面とを角度変更可能に連結する第2ヒンジ部53と、第2板部材42の上面において少なくとも支持板4の長手方向LDに移動自在に配置される第2把持端部52と、を備える。 (もっと読む)


【課題】水解性に優れ、かつ剛性を高めることが可能なブラシヘッドを提供することを目的とする。
【解決手段】水解性材料からなるシート10を重ね合わせてシート積層体を構成し、このシート積層体を、ハンドルによって着脱自在に把持される基端部3において圧縮するとともに結合する。シート10は、フラット状の基材シート11と、波状の断面形状を有する立体シート12とを重ねて接着することによって形成する。これにより、例えば段ボールのようなフルート構造を取り入れることができるので、シート10の水解性および剛性を高めることができる。 (もっと読む)


【課題】この発明は、かかる技術的背景に鑑みてなされたものであって、床面等を清掃するための掃除用具に用いられる基布にパイルを植毛したモップ用パイル布帛であって、綿埃や塵埃の捕集性能に優れるモップ用パイル布帛を提供する。
【解決手段】基布にパイル糸が植設されたパイル布帛であって、パイル布帛を構成するパイル糸の少なくとも一部はポリエステルマルチフィラメント捲縮糸を含み、該ポリエステルマルチフィラメント捲縮糸に加熱処理が施されて、捲縮したことを特徴とするモップ用パイル布帛である。 (もっと読む)


【課題】高い意匠性と良好な強度特性とを兼ね備えた不織布およびその製造方法、ならびに当該不織布を用いた拭き取り材を提供する。
【解決手段】本発明の不織布は、構成繊維が交絡された繊維ウェブの前記構成繊維の一部が水流交絡により再配列されて形成された、各々規則的な模様を有し且つ相互に離間したストライプを複数有することにより、ストライプ模様を呈しており、前記ストライプの幅が4mm〜50mmである。ストライプの長手方向は、不織布のMD方向(縦方向)と平行であると好ましい。構成繊維に、5質量%〜40質量%の熱融着された熱融着繊維が含まれていると好ましい。 (もっと読む)


【課題】清掃用シート等の衛生物品に係るウエブ部材の起毛状態を検査する検査装置などを提供する。
【解決手段】衛生物品に係るウエブ部材の起毛状態の検査装置である。前記ウエブ部材は、少なくとも片面に、該片面から剥がれて起毛可能な部分を所定の配置パターンで離散的に有し、前記起毛可能な部分が剥がれて起毛した際には前記片面上に新たな露出部分を生じる。前記検査装置は、前記片面を撮像して前記片面の平面画像のデータを平面画像データとして生成する撮像処理部と、前記平面画像データに基づいて二値化画像を生成する際に、前記二値化画像において二値のうちの一方の値によって特定される画像に、前記平面画像のうちで前記新たな露出部分が撮像されている領域が含まれるように二値化処理を行う二値化処理部と、前記画像の大きさを示す値に基づいて、前記起毛状態の良否判定を行う良否判定処理部と、を有する。 (もっと読む)


【課題】家庭用の清掃具としては用いられていなかった、ステンレスファイバーを不織布状に加工したものを清掃具として使用することにより、耐久性に優れた洗浄具の提供を目的とするものである。
【解決手段】ステンレス繊維をフェルト状にすることにより、折り曲げを容易にすることができ、曲面部分を清掃することができる。ステンレス鋼の材質によっては、さびにくく、耐久性にも優れ半永久的に使用することができる。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、塵の通り抜けの問題や抜きカスによる品質悪化の問題を抑制しつつ塵や埃を十分に拭い取ることができる清掃シート、および清掃具を提供する。
【解決手段】 清掃部7を形成しているシート構造体21からなる清掃シート1であって、シート構造体21は、シート原材23に所定のパターンで多数の切れ目24を形成してなる切れ目群25を設けてシート原材23の厚み方向に対して交差する方向にシート原材23を引き伸ばして切れ目群25の少なくとも一部を構成する複数の切れ目24を拡幅してなる複数のスリット穴3を形成しているシート材2を備えており、且つ、清掃部7に、シート材2における少なくとも一部のスリット穴3が位置している、ことを特徴とする清掃シート1により、塵の通り抜けの問題や抜きカスによる品質悪化の問題を抑制しつつ塵や埃を十分に拭い取ることができる。 (もっと読む)


【課題】床拭き作業時などの際に広い払拭面積で払拭できるとともに、床上で動かしやすいモップ用払拭体が望まれている。
【解決手段】モップ用払拭体1は、並列する多数の払拭条2,2,2,・・・を平面状に束ねて平面束5を形成し、形成した平面束5の払拭条長手方向略中央部に、払拭条長手方向と略直交する方向に延在する柄装着用帯部6を固着することにより、柄装着用帯部6を境として平面束5を両側の小平面束5A,5Bに区画し、柄装着用帯部6を払拭条長手方向から斜行する方向に折り返して、両側の小平面束5A,5Bの重ね合わせ部13A,13B同士を重ね合わせ、両側の小平面束5A,5Bにおける払拭条2,2,2,・・・を、払拭条長手方向と交差する方向に配置された布テープ材8で連結したものである。払拭条2は、マイクロファイバー製の帯状体20で構成されている。 (もっと読む)


【課題】相対的に摺動運動するいずれか一方の部材に取り付け、相手部材の摺動面の潤滑の維持と付着するダストの除去を行うゴム弾性体で加硫結合強化した超極細樹脂繊維束集合体の許容温度範囲の拡大と高強度化を図る。
【解決手段】加硫結合強化した超極細樹脂繊維束集合体をシリコーン・アクリル共重合体樹脂エマルションを含浸処理を行い、加硫結合部及び超極細樹脂繊繊にシリコーン・アクリル共重合体樹脂皮膜を生成し、加硫結合部の補強と共に酸化劣化の進行を防止する。 (もっと読む)


【課題】 クリーニング後の面に、深い傷を残すことなく綺麗な表面が得られ、しかも作業中もストレスなく、簡単に洗浄・汚れ落とし作業が行えるクリーニング材を提供する。
【解決手段】 ゴム弾性JIS6253で、30〜70の範囲硬さであって、30〜500ミクロン範囲の粒子径である弾性粒子2と、0.2〜25ミクロン範囲の研磨粒子3aと、を接着剤5に均一分散させたスラリーを作成し、該スラリーを耐水性のある平滑基材4上に一度にコーティングして、弾性粒子の周囲表面上に研磨粒子が存在するクリーニング層1を形成させる。 (もっと読む)


【課題】被清掃面やゴミの乾燥状態にかかわらず、髪の毛、ほこり等のゴミに対して優れた捕集性及び保持性を示し、且つ構成繊維の抜けを起こし難い清掃用シートを提供すること。
【解決手段】本発明の清掃用シート1は、繊維集合体2及び該繊維集合体2を支持する支持体3を有し、繊維集合体2の構成繊維が、該構成繊維どうしで絡合していると共に該支持体3とも絡合して、該繊維集合体2と該支持体3とが一体的な絡合状態を形成している。清掃用シート1を側面視したときの該清掃用シート1の一面1aの輪郭を結ぶ直線BLよりも外方に、起毛処理によって形成された、長さ10mm以上の前記構成繊維の繊維端部21が存している。 (もっと読む)


1 - 20 / 579