説明

Fターム[3B087CA14]の内容

車両用座席 (18,370) | 不用の際に収納できる座席 (977) | 座席がその側方へ収納されるもの (66)

Fターム[3B087CA14]に分類される特許

1 - 20 / 66


【課題】操作レバー1の操作量に応じて被操作対象(フロアロック装置、スライド機構など)を操作する車両シート用操作レバー機構において、一つの被操作対象が操作される条件とは異なる条件下で、操作レバーの操作に伴い操作される被操作対象を設けることにより、一つの操作レバーで、ある条件下で操作されるべき被操作対象の他に、異なる条件下で操作されるべき被操作対象を操作可能として、一つの操作レバーで複数の被操作対象の操作を可能とする。
【解決手段】操作レバー1の操作により作動され、フロアロック装置及びスライド機構を操作する中間リンク2、6を備え、該中間リンク2、6は、シートバックが前倒しされている条件下ではフロアロック装置を操作し、シートバックが前倒しされていない条件下ではスライド機構を操作するように配置されている。 (もっと読む)


【課題】リクライニング機構6を解除することによりシートバックをシートクッション上に重なるように前倒しさせ、前倒しされたシートの車両フロアに対するロックを解除して車両側壁に沿うように格納するスペースアップシートであって、シートとフロアとのロックを解除するための解除リンク2を操作レバー1とは独立して動作させることにより、操作レバー1の操作角度を大きくしても解除リンク2を関連動作可能として操作レバー1の操作力を抑制可能とする。
【解決手段】リクライニング機構6の解除と車両フロアに対するロック解除とを行うための操作レバー1の操作を受けて作動され、車両フロアに対するロックを解除させる解除リンク2を、シートバックが前倒しされていないときは操作レバー1の操作に伴うフロアロック解除部12の動作範囲外に置き、シートバックが前倒しされたときは前記動作範囲内に移動させる。 (もっと読む)


【課題】自動車等の車両の室内の荷物積載用スペースを確保するために車両用シートの配置を変更可能に構成されるシートアレンジ構造において、通常の荷物よりも長さが長くなる長尺の荷物を積み込むことをできるようにする。
【解決手段】助手席13Aおよび車両後席15Aは車両幅方向一側となる車両幅方向右側に寄せた配置位置となるスペースアップ位置(T2)に配置変更する。ここで、このスペースアップ位置(T2)にて寄せられるように配置変更する助手席13Aおよび車両後席15Aの車両幅方向右側は、自動車10Aの室内11Aの運転席12A設置側と同じ側に設定されている。もって、自動車10Aの室内11Aの車両後席15A側から車両前面席側までの自動車10Aの室内11Aの長さを有効的に活用できるように荷物を積み込むためのスペースを纏めて確保することができる。 (もっと読む)


【課題】後席車両窓からの車両外の景観を見え易いようにしながら、車両の室内のスペースを拡げるようにシートの配置を横置きから縦置きに変更するにあたってスムーズに配置変更可能とする。
【解決手段】クッションフレームの車両幅方向外側部分を回動の支点とするように配設される回動軸71は、自動車10の室内フロアF側からとなるベース61にて支持されている。この回動軸71は、シート通常位置(T1)からスペースアップ位置に配置変更する際に、車両幅方向内側に向けてスライド移動可能になっている。この車両幅方向内側に向けた回動軸71のスライド移動により、自動車10の室内11を区画する自動車10の種々のボデー構造の干渉を受けることなく、右側後席シート20をシート通常位置(T1)からスペースアップ位置に配置変更することができる。 (もっと読む)


【課題】シート本体を跳ね上げて格納可能な跳ね上げ位置を容易に判別できる車両用シートを提供する。
【解決手段】起動操作レバーLの起動操作が一度実行されると傾動付勢手段の付勢が持続して、前倒れ状態1Bが維持され、傾動検知手段による検知に基づいて、スライドロック機構153、253が解除状態とされてシート本体1がスライド移動可能となる構成とされており、スライド機構100によるシート本体1のスライド範囲における予め定められたシート本体1の跳ね上げ位置100Aを検知する跳ね上げ位置検知手段を備えており、跳ね上げ位置検知手段による跳ね上げ位置100Aの検知に基づいてスライドロック機構はスライドロック状態となる操作が行われると共に、連結分離切替機構260、270は分離状態となり、シート本体1が跳ね上げ位置100Aで自動的にシート本体1の跳ね上げ作動が行われる。 (もっと読む)


【課題】シート本体を跳ね上げて格納可能な跳ね上げ位置を容易に判別できる車両用シートを提供する。
【解決手段】シート本体1は、車室の側面側に配設される第1スライド機構150側にはシート本体1を車室側面方向に跳ね上げる付勢手段4sを備えた回転ヒンジ機構4が設定されており、車室の内方側に配設される第2スライド機構250側には第2スライド機構250とシート本体1との連結を分離可能とする連結分離切替機構260、270が備えられており、連結分離切替機構260、270の分離状態で付勢手段によりシート本体1の跳ね上げ作動が行われる構成となっており、スライド機構によるシート本体1のスライド範囲における予め定められたシート本体1の跳ね上げ位置を検知する跳ね上げ位置検知手段を備え、跳ね上げ位置検知手段による跳ね上げ位置の検知に基づいて連結分離切替機構260、270を分離状態に切替える。 (もっと読む)


【課題】シート本体を跳ね上げて格納可能な跳ね上げ位置を容易に判別できる車両用シートを提供する。
【解決手段】スライド機構によるシート本体1のスライド範囲における予め定められたシート本体1の跳ね上げ位置100Aを検知する跳ね上げ位置検知手段を備えており、跳ね上げ位置検知手段による跳ね上げ位置100Aの検知に基づいて係止手段によるシートバック2の傾動係止が解除されてシートバック2が前傾状態1Bから前倒れ状態1Cとされて、スライドロック機構はスライドロック状態となる操作が行われると共に、連結分離切替機構260、270は分離状態となり、シート本体1が跳ね上げ位置100Aで自動的にシート本体1の跳ね上げ作動が行われる。 (もっと読む)


【課題】前方配置のスライドシートの後方スライド量を充分に確保する。
【解決手段】車両用シート10は、シートクッション11の前端部分11Fをベース部13に対して後方回動させて着座可能状態からチップアップ状態に移行する。ベース部13には、フロア面C2との間でベース部13にかかる荷重を支持する第1のレッグ14が連結される。シートクッション11の前端部分11Fには、フロア面C2との間でシートクッション11にかかる荷重を支持する第2のレッグ15が連結される。第2のレッグ15は、シートクッション11の底面11Eに沿って折り畳まれる。第1のレッグ14は、チップアップ状態におけるシートクッション11の前端よりも後方に配設される。 (もっと読む)


【課題】後方に設置される格納可能シートとアームレストとの干渉が防止されるアームレストを備えた車両用シートを提供すること。
【解決手段】シートバック90aとシートクッション90bが密着した折り畳み状態で、幅方向におけるシートクッション90bの一方側を回動軸として起立させて格納することが可能な格納可能シート90の前方に配置される車両用シート1であって、シート全体を前後方向にスライドさせるスライド機構40と、原位置から所定位置まで移動可能に設けられたアームレスト50と、を備え、前記アームレスト50の原位置から所定位置までの移動範囲の全部が、格納状態にある前記後方シートの下方に位置するように設定した。 (もっと読む)


【課題】簡易な構造によってシートクッションを安定良く支持し得るシートを提供する。
【解決手段】乗物用シート1であって、シートクッション2と、シートクッション2の後部2eに回転可能に連結されるシートバック3と、シートクッション2の第一サイド部2fを乗物本体に回転可能に連結する連結部材2iと、第一サイド部2fの反対側に位置するシートクッション2の第二サイド部2gを乗物本体の床20aに対して支える脚4を有する。脚4は、乗物本体の床20aに回転可能に取付けられる下取付部4a1と、シートクッション2の第二サイド部2gに取外し可能に取付けられる上取付部4a2を有する。 (もっと読む)


【課題】シート本体は、着座状態と、折り畳み状態と、起上状態と、に配置切替可能とされる車両用シートにおいて、シート本体を起こし上げた後、その起上状態の保持を確実かつ容易に行う。
【解決手段】シート本体10には、起上状態10Cを保持するためのストライカ12s(被係合部)が設けられており、ストライカ12sに対応したフック31(係合部)を備えたロック部材30が、起上状態10Cのシート本体10に向けて回動可能とされて車両天井部Cに配設されており、シート本体10の折り畳み状態10Bから起上状態10Cへの配置切替動作に連動して連動機構によりロック部材30がシート本体10の起上状態10Cの位置に向けて作動して、ロック部材30のフック31がシート本体10のストライカ12sと係合してシート本体10の起上状態10Cが保持される。 (もっと読む)


【課題】車両用シートの格納先の位置に突起物が設けられていても、車両用シートをコンパクトに格納できるようにする。
【解決手段】シートバック2を前方側に折り畳んで、シート本体1を側方へ跳ね上げることにより、シート本体1が車室内側壁Wに格納される車両用シートである。車室内側壁Wには、近接されるシートバック2の背面に向かって突出する突起物Wtが設けられている。シートバック2は、クッションパッド2Aの表面に布製の表皮カバー2Bが被せ付けられた所定の厚みを有した構成とされており、シートバック2には、シート本体1が格納状態とされた時に突起物Wtを内部に受け入れることのできる凹部2Cが形成されている。凹部2Cは、シートバック2の一部が厚さ方向に貫通されると共に、その前方側の面(背凭れ面)に着座者の荷重を弾性的に支持することのできる3次元構造の立体編物からなるネット材2Dが張設されて構成されている。 (もっと読む)


【課題】シートクッションを壁面に近づけ易い車両用格納式シートを提供する。
【解決手段】車両用格納式シート1であって、シートクッション2と、第一端部がシートクッション2のサイド部に回転可能に連結されかつ第二端部が車両壁面22に対して回転可能に連結される連結部材4,5と、シートクッション2を車両壁面22に沿う格納位置から車両床面21に平行な使用位置に下方へ移動させた際に連結部材4,5を上方から覆い得るように車両壁面22に回転可能に連結される第一カバー6を有する。 (もっと読む)


【課題】跳ね上げ位置での固定を簡単且つ確実に行うと共に、跳ね上げ位置から使用する際の脚体の引き出しも確実に行う。
【解決手段】横跳ね上げシート1のロック機構20は、横跳ね上げシート1の跳ね上げ位置で係止具12に係止可能なロック位置と、係止具12から離れるロック解除位置との間を移動可能なロックピン22と、ロックピン22をロック位置へ付勢するコイルバネ26と、脚体8とロックピン22との間に設けられ、脚体8のシート本体2への収納位置でロックピン22のロック位置への移動を許容し、脚体8のシート本体2からの引き出し位置でロックピン22をロック解除位置へ移動させる連係手段(ワイヤ36、フックプレート28、コイルバネ34)とを備えてなる。 (もっと読む)


【課題】車両用格納式シートにおいて、シート本体を車室内側壁によりコンパクトに格納させられるようにする。
【解決手段】車両フロアF上に配設されたシート本体1を側方へ跳ね上げて、上方が内側へ傾いた車室内側壁W側に格納する車両用格納式シートであって、シート本体1を支持台20(車両本体)に対して回転可能に連結する連結機構10を有するものである。連結機構10は、支持台20と一体の固定リンクと、シート本体1と一体の中間リンク3Aと、これら両リンクを繋ぐ第1リンク11と第2リンク12とを有する4節リンクから成り、第2リンク12は、シート本体1を跳ね上げる移動によって第1リンク11と中間リンク3Aとが成す角度θを大きくするように形成されている。 (もっと読む)


【課題】ケーブルの大径部と小径部の境部分を好適にスライド可能に設置し得るガイド部材を備えるケーブル装置を提供する。
【解決手段】乗物シート10のシートクッション11に対して脚部材12を移動させるためのケーブル装置1であって、脚部材12から延出するケーブル2と、シートクッション11に設けられかつケーブル2がスライド可能に掛けられるガイド部材3を有する。ケーブル2は、脚部材12側から延出する小径部2aと、小径部2aから延出しかつ小径部2aより径が大きい大径部2bを有する。ガイド部材3は、小径部2aがスライド可能に掛けられかつ大径部2bの太さよりも小さい幅を有する小ガイド部3bと、小ガイド部3bと直列的に配されかつ大径部2bがスライド可能に掛けられる幅を有する大ガイド部3cを有する。 (もっと読む)


【課題】シートバックをスムーズに車両幅方向へ回動させることができる車両用シートを得る。
【解決手段】シートバック30Bは、ブラケット34の軸部42及び上側ブラケット44の軸部46を中心にシートクッション30A側に前倒し可能である。シートバック30Bの外側端部31Aと内側端部31Bには、それぞれリテーナ40、50が設けられており、リテーナ40、50は、側壁部52と、シートバック30Bの背面部31Cに取り付けられる取付部54とを備えている。側壁部52の湾曲部52C及び取付部54の湾曲部54Bにはピン56の軸部56Aが貫通している。リテーナ40のピン56を取り外すことでシートバック30Bの外側端部31Aが車体側の側壁部52と分離され、シートバック30Bの内側端部31Bの軸部56Aを中心にシートバック30Bを回動させることで、シートバック30Bの外側端部31Aが跳ね上げられる。 (もっと読む)


【課題】シートクッションを前方に揺動させ(跳ね上げ)た状態においてシートクッションに汚れが生じることを防止できるシート装置を提供する。
【解決手段】シート装置15は、左シートクッション41を車体フロア11に対して着座姿勢にロックする左ロック機構93と、左ロック機構によるロックを解除する左ロック解除レバー251と、左ロック解除レバーをロック解除位置P2に保持する内外の左レバー保持手段255,256を備えている。左ロック解除レバー251は、左シートクッションの下側に配置されたロック位置P1と、左シートクッションの前部41bより前側に突出してロックを解除するロック解除位置P2との間で移動可能に設けられている。 (もっと読む)


【課題】
車両用シートが跳ね上げられた状態で、アンダーカバーの車室空間への突出量を抑制して、荷室幅を拡大することができる車両用シートを提供する。
【解決手段】
車両用シート10に設けられた平行リンク機構により、レッグ50の展開時にレッグ50と連動してシートクッション12から離間した位置Aにアンダーカバー80を移動するとともに、レッグ50の折り畳み時にレッグ50と連動してアンダーカバー80をシートクッション12に接近した位置Bに移動する。 (もっと読む)


【課題】大きな荷物を搭載するスペースを確保することができ、第1、第2のシート体を車体幅方向に円滑に移動させることができるシート装置を提供する。
【解決手段】シート装置15は、車体フロア11に支持されて車体幅方向に延びる固定レール35と、固定レールに摺動可能に連結された左スライダ48および右スライダ86とを備えている。また、シート装置15は、固定レールにおける左着座位置P3や左収納位置P4で左スライダをロックする左ロック機構131と、固定レールにおける右着座位置P5や右収納位置P6で右スライダをロックする右ロック機構171とを備えている。そして、左ロック機構131および右ロック機構171の各形状を互いに異なる形状とした。 (もっと読む)


1 - 20 / 66