Fターム[3B087DD02]の内容

車両用座席 (18,370) | 懸架装置の構造 (293) | 座席の運動案内構造 (114) | リンクによるもの (90)

Fターム[3B087DD02]の下位に属するFターム

Fターム[3B087DD02]に分類される特許

1 - 20 / 60


【課題】シートの使い勝手を良好に維持しつつ、シート構成部材の振動を低減することにある。
【解決手段】第一部材10と第二部材20のいずれか一方に第二筒部材44sを取付けるとともに、軸部材42を、第一筒部材44fに挿入しつつ一方とは異なる第一部材10と第二部材20のいずれか他方に取付けることにより、第一部材10と第二部材20を、制振機構40を介して連結する構成とし、制振機構40を、レール部材9の配索方向から見てレール部材9とは異なる位置に配置しつつ、レール部材9の端部側からシート内方に向けて突出配置した。 (もっと読む)


【課題】使用状態のシートに前向きの過大な荷重が作用した場合には,その荷重をリクライニング機構以外の部分に分散して支承するようにして,シートを使用状態に強固に保持し得る車両の折り畳み式シートを提供する。
【解決手段】シートクッション4を使用位置Aから,その使用位置より低く且つ後方の格納位置Bへと移動させるクッション格納機構5と,シートバック6を起立位置C及び倒伏位置Dに選択的に保持するリクライニング機構7と,シートバック6の起立位置Cから倒伏位置Dへの回動に連動してシートクッション4を使用位置Aから格納位置Bへと移動させる連動機構8とよりなる,車両の折り畳み式シート装置において,クッション格納機構5には,シートクッション4を格納位置Bから使用位置Aへと移動させたとき,このシートクッション4の使用位置Aでの移動限界を規制する移動規制手段28が設けられる。 (もっと読む)


【課題】シートの折り畳み状態では,シートクッション及びシートバック間から無駄な空間を排除して,シート全体をコンパクトにする。
【解決手段】シートクッション4は,その前後左右面に沿って延びていてクッション格納機構5が連結されるクッションフレーム14を有し,またシートバック6は,その上下左右面に沿って延びていてリクライニング機構7が連結されるバックフレーム17を有し,クッション格納機構5は,シートクッション4の使用位置Aではクッションフレーム14を前方上向きの傾斜状態に保持し,格納位置Bではクッションフレーム14を略水平状態に保持するように構成され,リクライニング機構7は,シートバック6の倒伏位置Dでは,前記バックフレーム17を略水平状態に保持するように構成される。 (もっと読む)


【課題】車両用シートの防振構造を、耐候性及び耐熱性に優れたものにする。
【解決手段】シート本体1をフロアFに対して支持する支持構造に設けられ、この支持構造を構成するフロア側の部材(前後スライドレール6のアッパレール6A)からシート本体側の部材(内側ロアフレーム4B)に伝わる振動を抑制する車両用シートの防振構造10であり、一対の対向リンク11,12と、これらリンクを起立させる方向に附勢する引張バネ14とを有する。各対向リンク11,12は、互いに接近する方向に傾けられた状態として、内側ロアフレーム4Bに軸回転可能な状態に連結され、アッパレール6Aに軸回転可能かつ水平方向にスライド可能な状態に連結され、引張バネ14の附勢力により、常時は各々の下端側の連結点(スライドピン11B,12B)を各リンクを起立させる方向にスライドさせた状態として、内側ロアフレーム4Bを弾性支持する構成となっている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、両シートフレームをベース部材に対して円滑に昇降させることができ、シートを円滑に昇降させることができるシートリフター及びシートの提供を目的とする。
【解決手段】本発明のシートリフター1は、第1リンク部材4a〜第4リンク部材4dと、第1リンク部材4aと第2リンク部材4bとを連結した第1太陽ギア及び第2太陽ギアを有する連結部材とを備えている。第1リンク部材は、第1リンク本体41と、複数の第1遊星ギアを有する第1遊星ギア群と、遊星ギア操作部とを備えている。第2リンク部材は、第2リンク本体と、複数の第2遊星ギアを有する第2遊星ギア群とを備えている。 (もっと読む)


【課題】車両用シェル型シートにおいて、汎用性を具えたシートクッションシェルを提供する。
【解決手段】シートクッションシェルと、シートクッションシェルの下部に、上下動、及び任意な角度に傾動自在に設けられたサポートパネルと、シートクッションシェルとサポートパネルの間に設けられた弾性体とからシートクッションシェルユニットを構成する。サポートパネルの前部と後部をシートフレームに固定し、シートクッションシェルユニットをシートフレームに取り付ける。 (もっと読む)


【課題】車両用シートの昇降機構において、少ない部品点数で簡素に構成することができながら、回動ストッパ機構としての強度を向上させる。
【解決手段】規制用当接部48の配設位置は、リフタリンク41の回動軸支点となる軸支部材49に対して、長孔45の前面側端部451の配設位置よりも回動径方向外側の位置するように設定されている。このため、リフタリンク41の回動規制により規制用当接部48にかかる荷重は、長孔45の前面側端部451の位置とはずらされた位置にかかることとなり、リフタリンク41の回動規制により規制用当接部48にかかる荷重は、長孔45とは異なる切り欠かれていない中実(金属の肉有り)部分となる前面延在部46にて支持できるものとなる。 (もっと読む)


【課題】建設機械用シートにおいて、背凭れと座とが連動して傾動しながら操作者の変化する作業姿勢に追従することを可能とする。
【解決手段】メインフレーム2と、座板支持部3aと背凭れ支持部3bとからなり座板支持部3aがメインフレーム2に揺動自在に連結される背凭れフレーム3と、座20を支持する座板支持部材4と、座板支持部材4に揺動自在に連結されると共に座板支持部3aに揺動自在に連結される前リンク部材5,5と、座板支持部材4に揺動自在に連結されると共に座板支持部3aに揺動自在に連結される後リンク部材6,6と、メインフレーム2と背凭れフレーム3との間に介在してメインフレーム2に対して背凭れフレーム3の座板支持部3aの後部を上方に押し上げ且つ背凭れ支持部3bを前方に押し出す付勢力を発揮する傾動動力源7とを有するようにした。 (もっと読む)


【課題】重量低減と、高度の剛性、特に高い捩り剛性または曲げ剛性とを合わせて実現する車両シート用のシートフレームを提供する。
【解決手段】シートフレーム1を、車両の長手方向に延びる2つのシート支持部材3と、シートクッションを収容するための軽金属から形成されたシートシェル4とから構成するとともに、このシート支持部材3を、シートフレーム1を車両のフロア2またはシートフレーム1取付用の調整レール16に横方向から取り付けるように構成し、シートシェル4が、シート支持部材3に組み付けられるときに、シートシェル4およびシート支持部材3の接続領域において閉じたプロファイル(断面)を形成するように固定接続する。 (もっと読む)


【課題】 振動吸収特性を従来よりも向上させる。
【解決手段】固定マグネットユニット51が、上部フレーム10の下部フレーム20に対する相対変位方向と略同方向に変位可能に弾性支持されている。好ましくは、固定マグネットユニット51は、移動マグネットユニット52の移動方向と略同方向にも変位可能に弾性支持されている。これにより、固定マグネットユニット51に対して移動マグネットユニット52が相対移動して比較的低周波の振動を主として除振する機能に加え、弾性支持されている固定マグネットユニット52が2自由度系で振動するため、系全体のバネ定数が変化し、低周波、高周波の各入力に対する除振機能が向上する。 (もっと読む)


【課題】 体重調整範囲を広げると共に、薄型化を図る。
【解決手段】2本のトーションバー31,41の初期弾性力を共に調整可能な初期位置調整部材15を設けた。このため、1本のトーションバーのみの弾性力を調整する従来の構成と比較して、体重調整範囲が広がる。移動マグネットユニット52を、移動体の移動方向が上部フレーム10の下部フレーム20に対する相対変位方向と略直交方向となるように設けているため、移動マグネットユニットを、移動体の移動方向が上部フレームの下部フレームに対する相対変位方向と略同方向となるように設けた場合と比較して、固定マグネットユニット51の厚さ(高さ)が薄くなり、上部フレーム10が下部フレーム20に最も接近した位置(下限位置)におけるシートサスペンション全体の厚さを薄くすることができる。 (もっと読む)


【課題】より簡単な構成によって、車両用シートのポジション間の変位量を大きくすることにある。
【解決手段】車両用シート2を、リンクアーム28の回転動作によって、上段面UP上に配置する他方ポジションと、下段面側に配置する一方ポジションの間を変位させる構成とし、他方ポジションにおいては、リンクアーム28を上段面UP側に倒して、車両用シート2の下部に設けたロック部8を、上段面UP上に設けたキャッチ部36に係合するとともに、一方ポジションにおいては、リンクアーム28を下段面DP側に倒して、上述のロック部8を、リンクアーム28に設けた別のキャッチ部34に係合する構成とした。 (もっと読む)


【課題】よりシンプルな構成によって、車両床面の障害物を避けつつ、車両用シートのポジション変位を行うことにある。
【解決手段】一方リンクアーム20f,20bと他方リンクアーム26の連携回転によって、車両用シート2一側を車両用シート2他側よりも下方に配置した状態で車両一側又は他側に移動させる変位動作と、他方リンクアーム26の一側への回転によって、車両用シート2一側の高さ位置に車両用シート2他側の高さ位置を対応させる位置合わせ動作を行うことにより、車両用シート2を、上段面UP上に配置する他方ポジションと、車両一側に張出す一方ポジションの間で変位させる構成とし、一方リンクアーム20,20bと他方リンクアーム26を、車両用シート2に対して傾斜状に配置して、変位動作時の車両用シート2を、障害物Hを斜めに跨ぎつつ一方ポジションと他方ポジションの間で変位させる構成とした。 (もっと読む)


【課題】アッパーフレームの高さを容易に調節することができる車両用シートを提供する。
【解決手段】サスペンションばね53の付勢力を調節する付勢力調節機構6のねじ軸61に歯車101を固定する。アッパーフレーム2にモータ102を設ける。モータ102の出力軸102aにウォームギヤ103を設ける。ウォームギヤ103を歯車101に噛み合わせる。ねじ軸61をモータ102によって回転させる。 (もっと読む)


車両シートを調整するためのデュアルフロントリンクシステムが、シートサブフレーム部材と、第1リンク部材と、第2リンク部材と、ベース部材とを含む。シートサブフレーム部材の第1端部は第1リンク部材の第2端部に連結され、シートサブフレーム部材の第2端部はシートベースに連結され、第1リンク部材の第1端部は第2リンク部材の第1端部に連結され、第2リンク部材の第2端部はベース部材の第1端部に連結され、ベース部材の第2端部は車両に連結される。リンクシステムは、シートベース及びシートバックが収容位置へと前方及び下方に折り畳まれることを可能にし、車両への進入及び退出を向上させるためにシートが前方に倒されることを可能にする。
(もっと読む)


【課題】シートクッション2とシートバック1とからなるシートAを、使用状態から、その後方の車体フロア4に形成した収納凹部5に移動させて収納可能とした車両用シート構造において、シートのレイアウト上の制約を緩和するとともに、その使用感の向上を図る。
【解決手段】先端部がシートクッション2の後側の部位の左右にそれぞれ回転自在に連結される一方、基端部が収納凹部内の前側の部位にそれぞれ回転自在に連結された一対のリンク部材26,26を設ける。シートバック1をシートクッション2側へ折り畳んで、それらを一体に後方へ引き下ろすことで、リンク部材26の後端部の回りに回転移動させて収納凹部5に移動させることができる。 (もっと読む)


【課題】シートクッション2とシートバック1とからなるシートAを、使用状態から、その後方の車体フロア4に形成した収納凹部5に移動させて収納可能とした車両用シート構造において、シートのレイアウト上の制約を緩和するとともに、その使用感の向上を図る。
【解決手段】先端部がシートクッション2の後側の部位の左右にそれぞれ回転自在に連結される一方、基端部が収納凹部内の前側の部位にそれぞれ回転自在に連結された一対のリンク部材26,26を設ける。シートバック1をシートクッション2側へ折り畳んで、それらを一体に後方へ引き下ろすことで、リンク部材26の後端部の回りに回転移動させて収納凹部5に移動させることができる。 (もっと読む)


【課題】高さ及び傾斜角度を無段階に連続して調節することができる車両用シートを提供する。
【解決手段】右前可動部材2A及び左前可動部材2Cには、調節リンク3A,3Bの上下端部には、第1前側リンク5A及び第1後側リンク5Bを回動可能に設ける。左前可動部材2C及び左後可動部材2Dには、第2前側リンク5C及び第2後側リンク5Dの各下端部をそれぞれ回動可能に設ける。リンク5A,5B及びリンク5C、5Dの各上端部を左右支持部材13A,13Bに回動可能に設ける。左右支持部材13A,13Bには、第1、第2ラック18,24を移動可能に設けるとともに、第1、第2ラック18,24とそれぞれ噛み合う第1、第2ピニオン22,28を設ける。第1連結リンク19の前後端部を、第1前リンク5A及び第1ラック18に回動可能に設ける。第2連結リンク25の前端部及び後端部を、第2ラック24及び第2後リンク5Dに回動可能に設ける。 (もっと読む)


【課題】磁気ばねユニットを1個のみ使用することにより軽量化及びコストダウンを達成するようにしたサスペンションユニットを提供すること。
【解決手段】下部フレーム2と、下部フレーム2にリンク機構を介して上下動自在に取り付けられる上部フレームとを備えたサスペンションユニットに、上部フレームを下部フレーム2に対し弾性的に支持する複数のトーションバーと磁気ばねユニット94とを設け、磁気ばねユニット94の平衡点回りの静特性を拡大する静特性拡大機構をさらに設けた。 (もっと読む)


【課題】操作性を改善した車両用格納シートを提供する。
【解決手段】車両用格納シートSは、シートクッション11に折り畳み可能なリクライニング機構27を備えたシートバック12と、リクライニング機構27と脚部係止手段とに連結されたリンク機構30と、リンク機構30を介してリクライニング機構27と脚部係止手段を操作できるストラップ20とを有している。リンク機構30は、ストラップ20とリクライニング機構27に連結された第1のリンク部材31と、第1のリンク部材31を係脱可能な第4のリンク部材70とを備えており、格納操作の際に、ストラップ20の引っ張り操作を止めても第1のリンク部材31が第4のリンク部材70により係止されるため、リクライニング機構27の係止解除状態が維持され、確実にシートバック12を折り畳んで格納することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 60