説明

Fターム[3B131BA01]の内容

コルセット、ブラジャー (6,704) | 機能、特性 (1,685) | 開閉自在 (31)

Fターム[3B131BA01]に分類される特許

1 - 20 / 31


【課題】襟刳りを持って下方に向けて引っ張れば、大きく引き伸ばされて乳房の露出が容易になると共に、仰臥、横臥の姿勢になっても、バストを覆う面積が広く、バストの形の変化も少なくて脇こぼれもなく、母乳が漏れて滲み出ることのない授乳用ブラジャーを提供する。
【解決手段】胸部を被覆する前身頃2と、背中を被覆する後身頃3と、前身頃2と後身頃3を連結する肩紐4とで形成された縦横方向に優れた伸縮性生地からなる授乳用ブラジャーである。右前身頃2Rと左前身頃2Lが分離され、右前身頃2Rと左前身頃2Lが前中心部で交差され前後に重ね合わされ、下端部が裾口弾性体8に縫着される。右前身頃一側辺6の上部6aと左前身頃一側辺7の上部7aを交差しない開口部8を設ける。左右前身頃2L,2Rの内面に乳房を支持する左右カップ布13L,13Rを備える。 (もっと読む)


【課題】部分的に締め付け部材を配置しても、締め付け部材の存在が衣類本体部に現れることを抑制することが可能な体型補整衣類を提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る体型補整衣類1は、着用状態において緊締力を作用させるように複数の身頃部材12,14を左右方向に連結して形成された本体部10と、複数の身頃部材12,14の左右方向の異なる連結部分にそれぞれ連結され、本体部10の緊締力を部分的に大きくする締め付け部材CLとを備える。締め付け部材CLは、上下方向の端部のうち少なくとも一端部が本体部10に対して遊離するように本体部10に連結されている。 (もっと読む)


【課題】着用するとき、前面部と後面部とをきれいに合わせることが容易にできるボトム衣類および水着を提供する。
【解決手段】本発明のボトム衣類1は、着用者の下腹部と左右の大腿部の前面を覆う前面部20と、着用者の臀部と左右の大腿部の背面を覆う後面部30とを有し、前面部20と後面部30とは、両側側面連結部4と股5とで連結しており、前面部20と後面部30とが両側側面連結部4で連結している2つの側面連結部4は、ウエスト口2側において前面部20と後面部30とが開閉自在であるウエスト口側開閉部6と、脚口3側において前面部20と後面部30とが開閉自在である脚口側開閉部7と、ウエスト口側開閉部6と脚口側開閉部7との間で前面部20と後面部30とが開閉不可である固定部8とをそれぞれ有し、それぞれのウエスト口側開閉部6および脚口側開閉部7において、前面部20と後面部30とが重なっており、接着および剥離して開閉できる。 (もっと読む)


【課題】授乳時以外は乳房を適正に隠せると共に、授乳時は留め具の着脱なしに、様々な授乳体勢に応じて乳房を露出させ、さらに、乳児が乳首を容易に銜えることができる授乳用下着を提供すること。
【解決手段】一対のカップ部20,21と、一対のカップ部を吊るようにしたストラップ部30と、着用した際に乳房の下側周囲に配置されるアンダー部40と、を備えた授乳用下着であって、一対のカップ部は、それぞれ、前身頃におけるストラップ部とアンダー部とをつなぐ方向に沿って分割されて、胸元側カップ部24,25と脇側カップ部26,27に分けられ、胸元側カップ部は、少なくとも乳首を覆うと共に、伸縮性を有しており、胸元側カップ部と脇側カップ部とは、着用された際、乳首よりも脇側の領域で、正面視において互いに重ねられた重複領域ARを有していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】速やかに小用を足すことのできる簡便に小用を足すことができる男性用下着を提供する。
【解決手段】ガードル1は、性器の取り出しおよび取り入れを行うための出入部20を有する。そして、出入部20には、性器を取り出すための開放状態および性器を隠すための閉鎖状態がファスナ機構31の操作により変更される開閉部30が設けられている。また、閉鎖状態のときに下側スライダ33が開閉部30の下端に位置する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ブラジャーを装着したまま授乳を行うときに、ブラジャーを外したり、外すことによりブラジャーを脱落してしまうようなことになったり、乳房を大きく露呈しなければ授乳操作が出来ない状態となっていた。
【解決手段】 本発明は、左右一対のカップとこれらカップを支えるフロント布、サイド布と該サイド布より延びるバック布、ストラップなどより構成し、前記カップは夫々対峙する先端部分を下方より外方向に捲り空けるように開口するものである。 (もっと読む)


【課題】 身頃部を有しているにもかかわらず、着用者の動作に追随した安定した良好な着用感のあるカップ部を有しているカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 本発明のカップ部を有する衣類は、一対のカップ部11と、土台部12と、ストラップ13と、前身頃14aおよび後身頃14bから形成される身頃部14とを備えたカップ部を有する衣類であって、前記ストラップ13は、前記一対のカップ部11の上部と前記後身頃14bとをそれぞれ繋ぐように取り付けられ、または、前記一対のカップ部11の上部同士を互いに繋ぐように取り付けられ、前記一対のカップ部11と前記身頃部14の左右の脇側部分とは、前記土台部12を介して、前記カップ部11が前記前身頃14aに対して相対的に上下方向に変位するように繋がれていることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、体の胸部領域を覆うよう組み付けられ形付けされているアクセサリーに関する。人体の中心に谷間を表示するブラジャーに適用される場合に、該アクセサリーは特に有用である。ブラジャーに適用した場合に、該アクセサリーは被着者の谷間を覆い下着を模倣する。本発明のアクセサリーは、人が異なった社会状況にある際にブラジャーから取り外すことができる。アクセサリーは異なった生地から形成することができるが、アクセサリーを異なったサイズのブラジャーに適用することができ、さらに被着者の動きに追随して動くことが可能となるようにアクセサリーを伸縮性とすることが好ましい。アクセサリーの生地を2重ねとして固定エレメントの大部分は被疑者の肌に触れないようにすることが好ましい。このことは、アクセサリーを付ける際に快適性を与える。
(もっと読む)


【課題】 全身を覆い包むカップ部を有するボディ下着の着脱を容易にし、身体の正面、側面、背面全てにおいて優れた補整効果を有し、加えて着用者の身長に応じてカップ部位置を調節でき、動作時においてもカップの追従性に優れ、且つバストアップ効果のあるカップ部を有する女性用ボディ下着を提供する。
【解決手段】 左右一対のカップ部と身頃本体とストラップ部とからなり、前記カップ部は、前記身頃本体に対して、夫々の脇側端部及びストラップ部基端においてのみ接合され、下辺部において接合されずに遊離しているとともに、中央部に係脱可能な連結部が設けられて左右に開閉可能となっていることを特徴とするカップ部を有する女性用ボディ下着とする。 (もっと読む)


【課題】カップの外側縁から素早く乳房を露出して容易に授乳することができると共に、授乳時においては、カップや係止具など異物が当たらない安全で安定した自然体での授乳を可能にした授乳用ブラジャーを提供する。
【解決手段】ブラジャー本体1の前中心部に、左カップ2Lの内側下端部6aと右カップ2Rの内側下端部7aがクロスするフロントクロス部5を設ける。ブラジャー本体1の両側部に、左カップ2Lの外側下端部9aと左後布4Lの一側端部11aおよび右カップ2Rの外側下端部10aと右後布4Rの一側端部12aがクロスするサイドクロス部8を設ける。 (もっと読む)


【課題】左右独立して、いずれの側からでも乳房を固定することが可能なブラジャーを提供する。
【解決手段】ブラジャー10は、図1及び図2に示すように、右カップ11と、左カップ12と、右肩ひも13と、左肩ひも14と、背部15と、アンダーリブ(帯部)16と、右ホール21と、左ホール22と、右止定部23と、右被止定部24と、左止定部25と、左被止定部26と、を備える。アンダーリブ16に左右のホールを設け、アンダーリブ16の一端をホールを通して止定することにより、左右独立して、いずれの側からでも乳房を固定することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】授乳を容易にし、かつ、リラクゼーション感を損なわないようにしつつ、ブラジャー機能を有効に発揮できるブラジャー付き授乳用インナーウェアを提供すること。
【解決手段】略全体が伸縮性を有しており、胸の谷間付近で右前身頃と左前身頃とが交差するように前後に重なっているインナーウェア部12と、左右の乳房に対応したパッド部32を有するようにして、インナーウェア部12の内側に配置されたブラジャー部30とを備え、ブラジャー部30は、胸の谷間付近で右前身頃と左前身頃とが交差するように前後に重なっており、かつ、弾性力により使用者のアンダーバスト周辺を締付ける輪状部40を有し、さらに、脇ぐり部の肩より下側である第1の領域22,22、及び、後身頃の左右の肩甲骨の間であって首の根元側の第2の領域26でのみ、インナーウェア12と結合されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】構造が比較的に簡単な、乳房カップ部の間の距離が調節可能な前開きタイプのブラジャーを提供する。
【解決手段】一対の乳房カップ部2の間で前開きタイプのブラジャーである。一対の乳房カップ部2のそれぞれの末端から対向して設けられた2本のテープ41,51と、それぞれのテープに設けられた雌雄部材4,5からなるアジャスターとからなる。雌部材4は、一方のテープ41上に固定されている。雄部材5は、他方のテープ51を構成するガイドレールと、このガイドレール上をスライド可能及び特定位置で固定可能なスライダー6からなる。スライダー6は雌部材4と係合可能なホック61を有する。 (もっと読む)


【課題】 授乳の際に、容易に乳房を露出することが可能であり、乳房の露出を容易に維持可能であり、カップを装着した際に違和感がなく、かつバストの造形性に優れた授乳用ブラジャーを提供する。
【解決手段】 本発明の授乳用ブラジャーは、一対のカップ11および一対のストラップ15が、伸縮性を有し、カップ11上辺の前中心側の端点からそのカップに取り付けられたストラップ15の肩稜線に対応する位置15aまでの、カップ11上辺およびストラップ15に沿った長さ(X)の下記式で表される伸長率が、110%以上であることを特徴とする。

伸長率(%)=(Xa/Xb)×100
Xb:伸長前の前記長さ(X)
Xa:伸長後の前記長さ(X) (もっと読む)


【課題】着用者の体形にフィットして着用感が良好であり、外観も良好な衣服を提供する。
【解決手段】上半身にフィットする伸縮性の生地で作られた前身頃11と、前身頃11の胸部分の裏面に重ねて取り付けられた袋部材24と、袋部材24に入れられバストを覆う形状に成形されたカップ部材36を有する。前身頃11の胸部分の裏面の、袋部材24以外の部分に取り付けられ、袋部材24の上端部24aに縫い合わされて前身頃11より緊締力の強い裏地18,22を備える。袋部材24の下端部に縫い合わされ略水平に延出し、両端部が裏地18に縫い付けられているゴムベルト34を備える。袋部材24に形成されカップ部材36を出し入れする開口部30を有する。 (もっと読む)


【課題】容易に付け位置を決めることができ、位置ずれが起こることなく、確実に締め付けて矯正具の機能を発揮することができるリフォーム用ファンデーションを提供すること。
【解決手段】使用者のクッション性を有し伸縮性の低減された仙骨部材12と、骨盤周辺を覆うように配置される伸縮性を有する左右の側面部材13a等と、使用者の下腹部面を圧迫されるように装着される伸縮性の低減された下腹部材14a等を有し、使用者の骨盤周りが弾性的に圧迫されるように下腹部材の表面側15bに着脱自在に配置される固定端部31a等を有する骨盤矯正部材16a等を有するリフォーム用ファンデーション10。 (もっと読む)


【課題】 腰用を固定するものであって、圧迫感がなく且つずれ上がりなく固定出来きる腰部用サポ−タを提供する。
【解決手段】 弾力性のあるベルトに硬さのあるパッド(当て物)を設けて腰部全体ではなく、背骨に当てて背骨の曲がる部分を圧迫することにより、ベルトをきつく巻いて腹部に不快な圧迫感をあたえることなく背骨が曲がらないように固定をすることにより腰痛の防止や緩和が図れる。 また、背骨の曲がる部分を圧迫するパッドの位置がずれ上がらないようにないように股間にひも等を通してパッドの位置を固定することによりベルトの位置を調整しなくても済むことが出来る。 (もっと読む)


【課題】長時間の着用に際しても、母乳吸収用パッドがずれてしまうことがなく、母乳を確実に母乳吸収用パッドに吸収させることのできる授乳用ブラジャーの提供。
【解決手段】左右の乳房をそれぞれ覆うための左右のカップ部11a、11bの乳房の配置側に母乳を吸収する為の母乳吸収用パッド21を設置して保持するための保持部19a等を有しており、保持部19a等は、装着時に少なくとも乳房の中心領域である乳首M1部分が母乳パッド21に当接するための開口部18a等を形成している授乳用ブラジャー10等。 (もっと読む)


【課題】バストの丸みを綺麗に描き出しつつ、豊かな谷間の形成を可能にしたカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 ブラジャー1は、左右一対のカップ部2と、カップ部の脇側縁部に連結されたバック部と、カップ部2の上縁部に取り付けられた肩ストラップ7と、カップ部2の肌側に配置された寄せ上げ部材12とを備える。左右の寄せ上げ部材12は、それぞれカップ部2の脇側からカップ部2を左右方向に跨ぐように前中心側まで延在し、前中心側で互いに着脱自在に連結されている。左右の寄せ上げ部材12の前中心側での連結位置は、左右のカップ部2の前中心側での連結位置よりも高い。 (もっと読む)


【課題】 軽快な装着感を維持しつつ、ずれを防止する。
【解決手段】 コルセットの腰部補強手段は、身体腰部に巻回可能な腰部ベルト(100)の締め付け力により、補強板(420、440)を脊椎に当接することによって腰部を補強する。
腰部ベルトの先端部には、巻回状態の内面に面ファスナ(102、104)が形成され、前面の前基板面ファスナ(122)との係合によって、巻回長さを調節しつつ、腰部に固定し得る。
コルセットは、右、左大腿部にそれぞれ大腿部下部に結び付けられる、固定可能な大腿部固定紐(200、240)を有する。腰部補強手段は連結部によって大腿部固定手段によって移動が規制され、常に適正位置で腰部を補強する。 (もっと読む)


1 - 20 / 31