説明

Fターム[3B131BA43]の内容

コルセット、ブラジャー (6,704) | 機能、特性 (1,685) | 着用、脱衣の容易さ (55)

Fターム[3B131BA43]に分類される特許

1 - 20 / 55


【課題】重ね着しないで済むように、ブラジャーの上部に布を設けた、おしゃれキャミブラを提供する。
【解決手段】ブラジャー1の上部に布2を設け、ブラジャーと外出用の衣類が一緒になった、ブラジャーつきおしゃれ着を特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造で、且つホック掛け合わせ時にホック鉤とホック受けの位置がずれていても、容易且つ正確に掛け合わせを実現可能なスマートスライドホックを提供する。
【解決手段】衣料部品分野におけるスマートスライドホック、特に女性用ブラジャーのホックであって、扁平状のホック鉤1とホック受け2とを備え、前記ホック受け2はV型に類似した挟み受けであって、そのV型の両斜辺は底部の連結箇所で円弧状に連接し、当該両斜辺の上端にはホック受け2を固定するための固定孔4が設けられることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】意識されにくい部位である下丹田を意識しやすくすることで、着用者自ら下丹田に力を入れて姿勢を矯正するサポーターを提供する。
【解決手段】伸縮自在で胴に巻かれる帯状本体1と、帯状本体に設けられ腹の下丹田位置に当たる板状物10とを備えてなるサポーターである。 (もっと読む)


【課題】本体布に皺よりが発生せず、しかも、体形補整機能を備えると共に、圧迫感を緩和して着心地を良くし、衣類の着脱操作も容易にすることができる下半身用補整衣類を提供すること。
【解決手段】本体布1と、臀部補整用裏打ち布2とを有し、臀部補整用裏打ち布2は、本体布1のクロッチ部5より上方で下向き凸の円弧状曲線C1として一連に形成された上縁2aと、クロッチ部5よりも下方で下向き凸の円弧状曲線C2として一連に形成された下縁2bとで囲まれた下向き凸円弧帯状とされており、かつ、臀部補整用裏打ち布2の後身頃1bの左右方向中央部における上縁2aと下縁2bとの間の幅寸法は、クロッチ部5から上縁2aまでの寸法L1よりも、クロッチ部5から下縁2bまでの寸法L2を大きく設定してあると共に、臀部補整用裏打ち布2と本体布1との身周り方向の伸び率の比を0.8:1〜1.5:1の範囲に設定してある。 (もっと読む)


【課題】乳房の周囲の脂肪をカップ部内に掬い寄せる動作を行いやすくすることのできるカップ付き女性用衣類を提供する。
【解決手段】ブラジャー1には、乳房を支持する右カップ11および左カップ12を含むカップ部10と、同カップ部10を下方から支持する支持部20とが設けられている。また、支持部20のうちの右カップ11の下方と対応する部分に右開口部36Rが設けられている。また、支持部20のうちの左カップ12の下方と対応する部分に左開口部36Lが設けられている。 (もっと読む)


【課題】着用するとき、前面部と後面部とをきれいに合わせることが容易にできるボトム衣類および水着を提供する。
【解決手段】本発明のボトム衣類1は、着用者の下腹部と左右の大腿部の前面を覆う前面部20と、着用者の臀部と左右の大腿部の背面を覆う後面部30とを有し、前面部20と後面部30とは、両側側面連結部4と股5とで連結しており、前面部20と後面部30とが両側側面連結部4で連結している2つの側面連結部4は、ウエスト口2側において前面部20と後面部30とが開閉自在であるウエスト口側開閉部6と、脚口3側において前面部20と後面部30とが開閉自在である脚口側開閉部7と、ウエスト口側開閉部6と脚口側開閉部7との間で前面部20と後面部30とが開閉不可である固定部8とをそれぞれ有し、それぞれのウエスト口側開閉部6および脚口側開閉部7において、前面部20と後面部30とが重なっており、接着および剥離して開閉できる。 (もっと読む)


【課題】結婚式披露宴等の大変慌しい、時間に追われる環境の中で、迅速に被着者の体格や体形に容易にフィットさせることができる着心地の良い衣装、つまり被着者にとって居心地の良い環境が得られる衣装を提供すること。
【解決手段】上半身に着用される上衣部は、垂直方向に配された調整バンドを通す為のカンを、胴部から胸部にかけて合い向かい合う形で複数本有し、上記各カンには、合い向かい合う1組のカン対に対し1本の調整バンドを通し、各調整バンドは水平方向に自由に長さを調整できる機能を有す。上記調整機能は、被着者がドレスを脱ぐことなく着用したまま、被着者に締め具合を確認しながら微調整を容易に行うことができ、作業者のやり易さは元より、被着者が脱ぐ必要がない為、恥ずかしさや、冬期など寒さも無く、居心地が良いことを特徴とする衣装。 (もっと読む)


【課題】 骨盤ベルトつき下着における骨盤ベルトは左右均等に張力がかかり、血流が阻害されないよう強い収縮力の無いものが望ましい。既存の骨盤ベルトつき下着の骨盤ベルトはいずれも強い収縮性があり、また左右均等に張力がかからないものも多い。また、骨盤ベルトが設置される下着本体もガードル等全体に収縮性があるものが多く圧迫感がある。また使用対象者が女性に限定されている。
【解決手段】 一般に多く普及しているパンツ素材の下着の後ろみごろに伸縮性の強すぎない骨盤ベルトを設置し、骨盤を周回した後に体の前面で組み立てる構造にすることによって、ガードルに対して下着全体の着心地のよさを向上すると共に、骨盤ベルトの立ちすわりの際のずれを防ぎ、排泄の際の着脱を簡便にした上で、骨盤矯正に適切な矯正力を適切な位置に左右均等に加える事を可能にしている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、女性のバストをカバーするためのブラジャーにおいて、胸部被服部、および、背部被服部のアンダーバスト部はゴム等で締め付けない形状にすること、胸部被服部の内側にバストをカバーする乳房被服部を設けたことを特徴とする締め付けないブラジャーを提供する。
【解決手段】 ブラジャーの胸部被服部(1)のアンダーバスト部(4)は、ゴム等で締め付けない形状にし、ブラジャーの背部被服部(2)のアンダーバスト部(4)は、ゴム等で締め付けない形状にし、胸部被服部(1)の内側に乳房被服部(3)を設け特徴とする締め付けないブラジャー。 (もっと読む)


【課題】体の横で着脱するブラジャーを提供する。
【解決手段】カップAの外側と肩紐CのベルトBの取り付け箇所の間に着脱箇所DとEを作る。 (もっと読む)


【課題】乳頭部を覆い、これを保護することにより、乳頭部分の痛みを抑制できる乳頭部保護用キャップの提供。
【解決手段】内層のフィルムと外層の支持体から成る複合シートから成り、中央成形部と周辺フランジ部を有する略容器形状を呈する乳頭部保護用キャップ。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ブラジャーを装着したまま授乳を行うときに、ブラジャーを外したり、外すことによりブラジャーを脱落してしまうようなことになったり、乳房を大きく露呈しなければ授乳操作が出来ない状態となっていた。
【解決手段】 本発明は、左右一対のカップとこれらカップを支えるフロント布、サイド布と該サイド布より延びるバック布、ストラップなどより構成し、前記カップは夫々対峙する先端部分を下方より外方向に捲り空けるように開口するものである。 (もっと読む)


【課題】本発明は、アンダーシャツとパンツの二点で気になる部分を補正して理想的な体型にするとともに体幹の矯正もすることができ、従来のような装着時の違和感や補整下着による膨らみを解消した補整下着を提供する。
【解決手段】本発明は、上記課題を解決するため、補整下着において、部分的にベルト状の収縮布を複数枚重ねて縫製したパンツと、部分的にベルト状の収縮布を複数枚重ねて縫製し、前記パンツの上から股下で着脱可能なアンダーシャツとからなることを特徴とする補整下着の構成とした。 (もっと読む)


【課題】 着脱が容易であるにも拘らず、着用時の身体の伸び縮みや回転動作等の多種の運動に対しても運動追従性に優れ、かつ、体型補整の効果を十分に得ることができる、快適なボトム衣類を提供する。
【解決手段】 下半身の一部を被覆するボトム衣類であって、着用時のウエストラインL上に帯状伸縮部材11と、背面パネル布12とを有し、前記帯状伸縮部材11は、着用時に少なくともウエストラインLから第三腰椎の範囲を覆う幅を有し、前記背面パネル布12は、略逆三角形状であり、前記帯状伸縮部材11よりも高伸縮性を有しており、前記背面パネル布12は着用時の背中心付近に配置され、前記帯状伸縮部材11は前記背面パネル布12が配置されている以外のウエストラインL上に配置されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【解決手段】 左右カップ部(1R、1L)底部に土台布(2R、2L)を設け、右土台布(2R)に左側端部にベルト(3)を、ベルトの先端部にはベルト先端部固定具(4a)を、右土台布中央部(2Rc)にベルト根本固定具(4b)を、左土台布中央部(2Lc)にベルト通し(5)をそれぞれ設け、ベルト(3)をベルト通し(5)で折り返し、ベルト先端部固定具(4a)をベルト根本固定具(4b)に固定することにより、左右を連結させると共に、着脱と締縛弛緩の調節を自在とし、且つ、ベルト先端部固定具(4a)とベルト根本固定具(4b)が磁力接着することにより脱着自在に固定する一対のマグネットボタンである障害者用ブラジャー。
【効果】 普通のブラジャーと同様に違和感なく着用でき、着脱が容易で、手指・肩・肘等に障害がある人の着装負担を軽減できる。 (もっと読む)


【課題】 一般検診や心電図検査の障害にならず、しかも装着者個々人の多様な体形、乳房サイズ、バストポイント位置などに的確に対応するよう自由度の高い調節機能を有する上、左右ポイントバッド部分の安定感を一段と高めて、検診中の女子生徒の不安やストレスをより効果的に解消できる新たな検診用肌着技術を提供する。
【解決手段】 ポイントバッド部3,3から脇帯部5,5を脇の下がわ所定位置まで延伸し、それらポイントバッド部3,3から脇帯部5,5に掛けての上下縁に通し孔6,6を形成してなる右用ポイントカップ2、および、該右用ポイントカップ2と左右対称形状、対称配置の左用ポイントカップ7を有し、それら左右各ポイントカップ2,7の上下各通し孔6,6,……に、2本のゴム紐8,8を適宜挿通し、各脇帯部5,5外端上下から導出したゴム紐8,8各端間を背面用ゴム帯9で繋いでなる胸部検診用肌着1である。 (もっと読む)


本発明は、衣料品を身体に開放可能に取り付けるシステムに関する。当該システムは、衣料品に取り付けるための第1の固定素子(2−1、3−1)、身体に付着するための第2の固定素子(2−2、3−2)、を有し、両方の固定素子は共同接続手段を具えられる。本発明によるシステムは、少なくとも第2の固定素子が実質的に硬い材料から製造され、前記第2の固定素子が実質的に平坦な付着表面を具え、共同接続手段が前記第1及び前記第2の固定素子の実質的に中央に配置され、前記接続手段がスライド接続を形成する、ことを特徴とする。

(もっと読む)


【課題】 身頃部を有しているにもかかわらず、着用者の動作に追随した安定した良好な着用感のあるカップ部を有しているカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 本発明のカップ部を有する衣類は、一対のカップ部11と、土台部12と、ストラップ13と、前身頃14aおよび後身頃14bから形成される身頃部14とを備えたカップ部を有する衣類であって、前記ストラップ13は、前記一対のカップ部11の上部と前記後身頃14bとをそれぞれ繋ぐように取り付けられ、または、前記一対のカップ部11の上部同士を互いに繋ぐように取り付けられ、前記一対のカップ部11と前記身頃部14の左右の脇側部分とは、前記土台部12を介して、前記カップ部11が前記前身頃14aに対して相対的に上下方向に変位するように繋がれていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】既存の骨盤サポートベルトはゴム製で、衣服内部での装着となる。
衣服内部での装着だと、脱着がめんどうになり、かぶれや蒸れ、筋力の低下に繋がる恐れそれがある。
本発明は、洋装、和装の区別なく衣服の外に装着でき、かぶれや蒸れ、筋力低下の恐それのない骨盤サポートベルトを提供する。
【解決手段】カラフルな帯状の布地の一方の先端に面ファスナーを設け、中間部に角カンを設け、他端部に設けた帯垂らし部にて面ファスナーを隠し、帯垂らし部の端をスリットを設けた帯留めで固定する。 (もっと読む)


【課題】熱を持った乳房を冷やすのに円形の基材で冷却ジェルシートが部分部分に規則正しく施され切れ目が付いている為に様々な大きさの乳房に限りなく対応出来切り取り線が施されているために切り取って一部の冷やしたい場所のみ冷やすことが可能になったオッパイ冷却ジェルシートを提供する。
【解決手段】円形の基材(不燃布、木綿紙など)に冷却ジェルシートが部分部分に施されて冷却ジェルシートの周囲には切り取り線が付いている円形の基材で切り込みも有り乳房に合う形状で肌に貼り付けて使う事を特徴とするオッパイ冷却ジェルシート。 (もっと読む)


1 - 20 / 55