説明

Fターム[3B131BB05]の内容

コルセット、ブラジャー (6,704) | 構成部品 (993) | カップ (179) | サポート材 (65)

Fターム[3B131BB05]に分類される特許

1 - 20 / 65


【課題】ブラジャーなどのカップ付き衣料におけるカップ繰りに沿って線状に集中する圧力を軽減できるカップ付き衣料を提供する。
【解決手段】パッド1の中間に扁平な繊維状紐状テープ2を介在させて一体に成形したパッド1は、カップの保形材がブラジャーなどの表面に現れない構造となる。扁平な繊維状紐状テープ2は、部分的な幅変更、使用本数、一部分の複数化などによって、保形機能を調節することができ、さらに、従来よりも細い線状材を併用して、保形性を補強することが出来ることを特徴とするカップ付き衣料。 (もっと読む)


【課題】楽な着用感を損なうことなく、バストに対するカップ部の上辺部の浮きを抑制することが可能なカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係るカップ部を有する衣類1は、バストを覆うためのカップ部12と、カップ部12の下辺部脇側12Lsを横に引く力を生じさせ、カップ部を安定させるバック部16とを有する衣類において、バストの造形性を補助するための第1の造形補助部であって、カップ部12の下辺部脇側12Lsから、バストトップTとカップ部12の下辺との間を通り、前記カップ部の前中心側に向けて延在する帯状の当該第1の造形補助部20と、バストの造形性を補助するための第2の造形補助部であって、カップ部12の上辺部に沿って下辺部前中心側端部12Lctから下辺部脇側端部12Lstまで延在する帯状の当該第2の造形補助部30とを備える。 (もっと読む)


【課題】バストの上部のボリュームアップを図ると共に下方への撓みを抑制する。
【解決手段】カップ部の前中心側周縁を始端とし、バストトップと対応させるカップ部のトップと該カップ部の最下点を結ぶ直線の間を通った後にカップ部の脇側縁に至る部位にテープ状部を設けてパワーアップ部分とし、該テープ状部は前記直線を横断する中央部の上端縁と下端縁を結ぶ寸法より脇側縁の終端の上端縁と下端縁を結ぶ寸法を大とし、該終端の下端縁は前記カップ部の脇側下縁に位置すると共に上端縁はストラップ連結位置に位置している。 (もっと読む)


【課題】バストの造形性の向上及び良い着用感との両立を可能とするカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 ブラジャー1は、左右一対のカップ部2と、カップ部2の下縁に設けられたワイヤ部4と、背側に延在するバック部5と、カップ部2の肌側の下部に設けられワイヤ部4に沿って帯状に延びる帯状部材14とを備える。帯状部材14は、ハリ、コシのある素材により形成されている。帯状部材14は、その下縁14bがワイヤ部4に連結され、着用時にワイヤ部4における着用者のバストを挟む力を補強する。 (もっと読む)


【課題】バストの造形性の向上及び良い着用感との両立を可能とするカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 ブラジャー1は、左右一対のカップ部2と、カップ部2の下縁に設けられたワイヤ部4と、背側に延在するバック部5と、カップ部2とバック部5とを繋ぐ肩紐部6とを備える。カップ部2の内部には、ワイヤ部4に沿って帯状に延在し、着用時にワイヤ部4におけるバストを挟む力を補強する補強部材11が内蔵されている。補強部材11は、一定の幅を有し、着用者のバストの下部ボリュームにフィットするように、ワイヤ部4の湾曲に倣って前中心側から脇側にかけて配置されている。 (もっと読む)


【課題】衣類の所定の部位にリキッド接着剤が熱溶着され伸張力を抑制して優れた補整効果によりボディラインを美しく見せることができると共に、通気性や着心地がよく、着用した時に塗布されたリキッド接着剤の模様が現出し外観優美な上半身または下半身の身体に密着する衣類を提供する。
【解決手段】伸縮性生地によって形成された身体に密着する衣類である。伸張力を抑制したい所定の部位に、リキッド接着剤を塗布した伸縮性のパーツ生地を接合するか、あるいは身生地にリキッド接着剤を塗布して伸縮性のパーツ生地を接合する。 (もっと読む)


【課題】ブラジャーを着用したままバストアップおよびバストを中央に寄せるための操作ができるとともに、左右のそれぞれのバストについて、それぞれ独立にバストアップを図ることができ、バストを中央に寄せることができるブラジャーを提供する。
【解決手段】左右のカップ部2L、2R裏面の脇側縁部および脇側方下辺に取り付けられ、カップ部2L、2R裏面の脇側縁部および脇側方下辺からバストを覆う左右一対の当て布8L、8Rを有し、左右のカップ部2L、2Rには、左右のカップ部の中央付近に当て布8L、8Rを通すための当て布通し孔が設けられ、左右の当て布2L、2Rの先端をそれぞれ当て布通し孔に通し、左右の当て布8L、8Rの先端を外部から引っ張ることができるものである。 (もっと読む)


【課題】 着用時にバストを押しつぶさずにバストの造形を保ちつつ、運動時のバストの揺れ動きを効果的に軽減することのできるカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 カップ部を有する衣類のカップ部101は、バストの膨らみの周辺部に沿ってサポート部材110が設けられている。サポート部材110は、下側サポート部材110Aと上側サポート部材110Bとで構成され、下側サポート部材110Aが、カップ部101の前中心側と脇側とを結ぶ方向に伸縮性を有しており、上側サポート部材110Bが、前記方向と直交する方向に非伸縮性または難伸縮性であり、上側サポート部材110Bが、前中心側および脇側の少なくとも一部で衣類に固定されており、下側サポート部材110Aが、カップ部101に対して変位可能な状態で、脇側の少なくとも一部で衣類に固定されている。 (もっと読む)


【課題】 圧迫感がなく、軽くて楽な着用感であるにもかかわらず、バストの造形性に優れた、カップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 本発明のカップ部を有する衣類は、一対のカップ部101、カップ支持部102およびバック部103を備え、カップ支持部102は、一対のカップ部101の下縁に設けられ、バック部103は、カップ支持部102の脇側に取り付けられ、さらに、造形部材107と芯材108とを備え、造形部材107は、カップ部101の肌側に設けられ、造形部材107は、カップ部101の少なくともバストトップ下部に配置され、芯材108は、カップ部101の脇側に縦方向に配置され、造形部材107の両端が、それぞれカップ支持部102の前中心側部分と芯材108とに取りつけられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】着用状態において、バック部のテンションによるカップ部の変形を抑制することができる、カップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】カップ部を有する衣類10は、一対のカップ部14,14、一対のカップ部14,14の下側を支持する支持部26、を少なくとも有する本体部16と、本体部16の脇側部分に連結されたバック部30とを備える。バック部30は、本体部16との間に表側から肌側に連通する筒状部33が形成されるように、バック部30の上縁部30bと下縁部30cとが本体部16に連結されている。この衣類10によれば、上記筒状部が形成されるようにバック部が本体部に連結されているので、バック部のテンションがカップ部に伝わり難くなっている。その結果、着用状態において、バック部にテンションが生じても、そのテンションによるカップ部の変形を抑制することができる。 (もっと読む)


【課題】バストを下から持ち上げて保持すると共に、バストが外側へ流れるのを阻止して前中心側への寄せ上げ機能を発揮し、バスト全体のボリュームアップを図って美しいバストラインを造形することができると共に、着用した時に肩にかかる負担が少なく肩紐がずれ動いたりしない極めて着け心地の良いカップ付き衣類を提供する。
【解決手段】 左右カップ2,2の裏面側の前中心から下辺部、側辺部および上辺部にかけてリフトアップ布6を重ね外側縁のみを縫着する。そのリフトアップ布6をカップ上端縁から延ばして肩紐7とする。さらにその先部をバック布5の後端縁5aに沿って縫着する。 (もっと読む)


【課題】 着用者のバストボリュームが予め設定されたカップサイズと多少異なる場合でも、バストにしっかりフィットすることができる、カップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 本発明のカップ部を有する衣類は、一対のカップ部101、カップ部を支持するカップ支持部102およびバック布103を備え、前記カップ支持部102は、前記一対のカップ部101の下縁に設けられ、前記バック布103は、前記カップ支持部102の脇側に取り付けられ、前記カップ部101の肌側には、保形布105が、前記カップ部101の脇側部分と前中心側部分とを互いに引き寄せるように、前記カップ部101の下縁部に架け渡されており、前記保形布105は、伸縮性素材を含んでおり、その上辺が折り返して形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】バストの下垂により生じるバスト上部の肉の削げ部分とカップ部との間に隙間が生じるのを防止するカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】左右のカップ部の前中央側上端と脇側上端とを結ぶ上辺の上端点を、該カップ部のバストトップの真上位置と前記脇側上端との間の中間の削げ発生位置に設け、
前記カップ部の上辺の上端点にストラップを連結し、該ストラップによるカップの引き上げで前記削げ発生位置に前記カップ部の上辺を密着させる構成としていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 楽に着用できるにもかかわらずバストの造形性に優れ、かつ、非装着時のカップ形状も崩れにくい、カップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 本発明のカップ部を有する衣類は、一対のカップ部101、カップ部を支持する変形可能なカップ支持部102およびバック部103を備え、前記カップ支持部102は、前記一対のカップ部101の下縁に設けられ、前記バック部103は、前記カップ支持部102の脇側に取り付けられ、前記カップ支持部102は、非装着状態においても前記カップ部101を立体的に保持するように、伸縮性素材を含む保形布105が架け渡されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ノンワイヤーブラジャーでも、バスト保形機能を高めたカップ部を有する衣類。
【解決手段】脇側バージスラインより前中心側のカップ脇部分から脇線ラインまで左右方向に延在し、かつ、肩ストラップ5と連結する上端から土台部分の下端まで延在する脇寄せサポートシート10を配置し、該脇寄せサポートシートは縦方向に強い張りを有する素材からなり、バージスラインの下方にカップ部材2と別体の土台部材3を配置し、前記土台部材と前記脇寄せサポートシートとからなるL型フレーム11を左右対称に備え、前記土台部材は前中央に配置する非伸縮材からなる前中心伸止材30と、該前中心伸止材と前記脇寄せサポートシートとの間に配置する伸縮材からなるカップ中央下伸縮材31とからなり、前記L型フレームは前記前中央伸止材が支点となり前記カップ中央下伸縮材が伸びて前記脇寄せサポートシートを前中央に向けて回転可能な構成とした。 (もっと読む)


【課題】 楽に着用できるにもかかわらず、バストの造形性に優れ、かつ、着崩れがし難いカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】 一対のカップ部、カップ部を引き上げるための肩ストラップ、カップ部を支持する支持部およびバック布を備えたカップ部を有する衣類であって、一対のカップ部の下縁に、支持部が備えられ、支持部の脇側にバック布が取り付けられ、カップ部は、外装カップと内カップとを有し、外装カップは、上部が肩ストラップに取り付けられているとともに、下縁部が支持部に接続されており、内カップは、上部が肩ストラップに吊着されているとともに、バストトップ位置とバージスラインとの間の略中央部分の領域のうち、少なくとも、バストトップ位置とバージスラインの最下点近傍との間の領域を含むバスト中間領域に、内カップの下縁部が接するように形成されている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、運動時の乳房の揺れを抑えて揺れによる胸の痛みを軽減し、かつ、着用時の圧迫感を軽減した、快適に運動することのできるスポーツ用ブラジャーを提供する。
【解決手段】左右の乳房を含む胸部を覆うフロント布部2、前記フロント布部2の上部から延びて左右の肩に掛け渡される一対のショルダー布部3、前記フロント布部2の両脇部から背面に延びて前記ショルダー布部3と接続するバック布部4、前記フロント布部2および前記バック布部4の下端に接続するアンダー部5を備えるスポーツ用ブラジャー1であって、前記フロント布部2の内側に、乳房の外周縁を上部から両横にかけて囲み、その両末端が別個にアンダー部5と接続した乳房外周縁布部6を備え、前記外周縁布部6は、前記フロント布部2よりも伸縮性の低い素材で構成される。 (もっと読む)


【課題】乳房脇部の肉がブラジャー着用時に、ブラジャーからはみ出さないようにする。
【解決手段】カップ2の脇部21の横側と、バック布4の上辺41の上側の所定箇所を占める脇部押さえ布6を、ブラジャー1に縫い付ける。具体的には、カップ2の上端部近傍とバック布4の上辺41の所定位置を結ぶ略直線と、カップ2の上端部近傍から脇部21を通ってバック布4の上辺41の所定位置に至るブラジャー1に沿った曲線で囲まれた領域を有する脇部押さえ布6を、脇部21と上辺41に沿って縫い付ける。 (もっと読む)


【課題】乳房間溝や高いバストラインを自然なシルエットで形成でき、ストラップおよびバックを省略することによって背中が大きく開いた服を着る際にも着用できると共に、軽量で長時間装着しても補整したバストのシルエットを自然な形で維持することが可能なブラジャーを提供する。
【解決手段】樹脂発泡材料を乳房の形に対応する略椀状に成形した左右一対のカップ12と、前記カップ12の内表面に設けられた粘着材層と、前記カップ12の内側部12a同士を互いに連結する連結部材16とを備えるブラジャー10であって、前記カップ12の下側湾曲縁12b側の内部奥に、円弧状のワイヤー18が前記下側湾曲縁12bの形状に沿うように固着されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】肋骨を支えて肩甲骨の動きをスムースにする。
【解決手段】ブラジャー1のバック布4に2本のボーン45,46を斜めに縫着し、ワイヤーチューブ6とボーン45の間に、伸縮テープ7を設ける。さらに、係止部47,48の近傍に伸び止め部49を設ける。非伸縮性生地からなる土台部3と伸び止め部49は、ブラジャー1を着用しても伸縮せず、固定点の役割を果たす。着用者が呼吸をした際に、伸縮性テープ7を含むバック布4が伸縮し、ボーン45,46は、ブラジャー1の着用時に肋骨に平行になるように設計されているので、呼吸の際に肋骨の動きを支える働きをし、その結果、肩甲骨の動きをスムースにする。 (もっと読む)


1 - 20 / 65