説明

Fターム[3B153AA39]の内容

ロープ又はケーブル一般 (6,360) | 構造 (1,692) | ロープの構造 (583) | ロープの長手方向に特定な構造を持つもの (39)

Fターム[3B153AA39]の下位に属するFターム

Fターム[3B153AA39]に分類される特許

1 - 19 / 19


【課題】 ワイヤと端子金具との分離強度を向上しながら簡易な構造とすることができるワイヤロープを提供する。
【解決手段】 本発明のワイヤロープは、ワイヤ31と、ワイヤ31の少なくとも一端部に固定される端子金具42を有している。端子金具42は、ワイヤ31にカシメ固定されるカシメ部42bを有している。そして、ワイヤ31は、端子金具42が固定される側のワイヤ端からカシメ部42bにより端子金具に固定される部位との間に拡径部33を有している。拡径部33の外径は、拡径部33以外であって、かつ、カシメ部42bにより端子金具42に固定される部位以外の部位におけるワイヤの外径より大きい。 (もっと読む)


【課題】他の部材との接着性が高く引き抜き強度が優れ、十分な強力を備えると共に低コストで製造可能な通信ケーブル用テンションメンバおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】ポリエステル系樹脂モノフィラメントを構成素材とし、通信ケーブルの内部補強部材として使用されるテンションメンバ1であって、前記ポリエステル系モノフィラメントは、その長手方向に沿って変形断面部2と非変形断面部3とが交互に連続しており、かつ前記変形断面部2の長径aと短径bとの比a/bが1.2〜4.0の範囲にあると共に、前記非変形断面部3の外接円直径が0.2〜5.0mmの範囲にある凹凸状外形を呈していることを特徴とする通信ケーブル用テンションメンバ。 (もっと読む)


【課題】腐食耐久性能がこれまで以上に向上したゴム物品補強用スチールコードおよびそれを用いた空気入りラジアルタイヤを提供する。
【解決手段】複数本のスチールフィラメントを2層または3層に撚り合わせた層撚りスチールコードを波型形状またはジグザグ形状に型付けしてなるゴム物品補強用スチールコードにおいて、少なくともシースフィラメント同士のフィラメント‐フィラメント間隔ΔLとシースフィラメント径dfとの比ΔL/dfが、0.08〜1.00であるゴム物品補強用スチールコードである。また、前記ゴム物品補強用スチールコードをベルト層に適用してなる空気入りラジアルタイヤである。 (もっと読む)


【課題】波状スチールコード32の振幅aをコード補強層30全体で均一化し、さらに制御を容易としながら高能率でコード補強層30を成形する。
【解決手段】振幅aが徐々に増大する波状スチールコード32を円筒状の成形ドラム35にそのまま複数回巻き付けることでコード補強層30を成形し、該コード補強層30における波状スチールコード32の振幅aをビードコア12のセット位置Pから軸方向に離隔するに従い大とする。これにより、コード補強層30を含む未加硫タイヤが略トロイダル状に変形したとき、波状スチールコード32の振幅減少と振幅増大とが相殺し合い、振幅aが均一化されるとともに、巻付けの際の制御が簡単となり、作業能率が向上する。 (もっと読む)


【課題】周方向ベルトに波型型付けスチールコードを用いた空気入りラジアルタイヤにおいて、かかる波型型付けスチールコードの耐久性の向上を図ることで、入力の増大に起因するスチールコードの疲労破断を防止できる技術を提供する。
【解決手段】左右一対のビード部間にわたりトロイド状に延在するカーカス1を骨格とし、そのタイヤ半径方向外側に、ベルト層2およびトレッド層5が順次積層配置されてなる空気入りラジアルタイヤである。ベルト層2が、タイヤ周方向に沿う向きに伸びる複数本の波型形状またはジグザグ形状の型付けスチールコードからなる周方向ベルト3を少なくとも1層含み、かつ、該周方向ベルトのスチールコードを取り出した場合の取り出したスチールコードの型付けの曲率半径Rが、18mm以上125mm以下の範囲内である。 (もっと読む)


本発明は強度及びゴム接着力が向上した空気圧タイヤのゴム製品補強用で使用される単線スチールコードに係り、より詳しくは一つ以上の波形を有する波形領域と非波形領域を含む単線スチールコードに関する。この単線スチールコードは、高強度の特性によって、タイヤ製造の際、スチールコードの使用量を大幅に節減することができ、タイヤ軽量化を実現することができ、生産工程の簡素化で製造原価を節減することができる。
(もっと読む)


膨張可能ロープは、3つの層と、嚢と、シースと、膨張可能ロープを圧縮した形態に保つ、合うように作られ穴があけられたプラスチックバッグとを備えている。圧縮した形態は、船から水中に落ちた人に向かって遠い距離を空気中に投げつけられ得る。膨張可能ロープは、寒冷な水中で器用さを失った人に、救助のための膨張可能ロープを容易に掴めるような大きさに膨張させられ得る。膨張可能ロープは、空気または別の膨張可能媒体を受容するための、膨張可能ロープの近位端に連結された鼻孔状部をさらに備えている。
(もっと読む)


【課題】操縦安定性に優れ、加工性、耐偏摩耗性および低燃費性の向上を図った空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】スチールコードが、素線径0.10〜0.20mmのスチール素線6〜10本からなる単撚り構造またはコア−単層シース構造を有し、スチールコードの打ち込み本数が40本/50mm以上であり、ベルト層2内で隣接する該スチールコード間の距離が0.3mm以上であり、かつ、トレッドゴム3が、天然ゴム及び/または合成ジエン系ゴムからなるゴム成分100質量部に対して、無機充填剤を含有する充填剤20〜150質量部と、前記無機充填剤と結合可能な元素もしくは官能基、及び保護されたメルカプト基を少なくとも含む化合物からなるシランカップリング剤1〜30質量部と、を配合してなるゴム組成物からなる空気入りタイヤである。 (もっと読む)


【課題】吸収空間を要することなくコアの長さ収縮量を吸収することができ、吸収空間が排除された分、超伝導ケーブルの外径を小さくすることができる新規なタイプの超伝導ケーブルコアの集合撚り構造を提供する。また、吸収空間の形成に必要な付随的な装備の使用に伴う製造上の手間や不便を解消することができる超伝導ケーブルコアの集合撚り構造を提供する。
【解決手段】本発明では、複数本のケーブルコアを撚り合わせてなるケーブルコアの集合撚り構造であって、上記複数本のケーブルコアが繰り返し方向を変えながら撚り合わせられて集合され、ケーブルコアに生じる長さ収縮量をケーブルコアの撚りが解かれることで吸収することを特徴とする超伝導ケーブルコアの集合撚り構造を提供する。 (もっと読む)


【課題】ステンレス鋼製のワイヤロープ表面に塗布した塗装の、剥離強度の向上を可能にする。
【解決方法】ワイヤロープを構成する素線のうち、少なくともワイヤロープの表面に位置する素線の表面に凹凸を形成し、素線表面の表面粗さを粗くすることにより、ワイヤロープの表面粗さを粗くする。また、この素線の表面処理工程は、伸線工程と同一工程(工程K11)で、伸線ダイスのスケジュールを設計することで素線表面に凹凸を形成する。 (もっと読む)


【課題】 コードのしなやかさ及びコンパクトさを確保しながら、コアへのゴム浸透を高め、耐コア抜け性、及び耐腐食性を向上する。
【解決手段】 n本(2〜5本)の金属素線Fcを引き揃えた1つの素線束11に捻りが加えられたコア12と、n本より多い金属素線Fsからなりかつコア12の周囲に螺旋に巻き付けられるシース13とを具える層撚り構造をなす。素線束11は、前記捻りを加える前の状態において、前記金属素線Fcが互いに平行に引き揃えられた束状態を保ちつつ該束自体が山部15と谷部16とを繰り返す2次元波状に型付けされた波状の型付け束11A、或いは該束自体が螺旋状に型付けされた螺旋状の型付け束11Bから形成される。型付け束11A、11Bは次式を充足する。
D1は、型付け束の金属素線の直径、Pは、型付けピッチP、hは型付け高さである。
10.0×D1≦P≦50.0×D1 −−−(1)
0.1×D1≦h≦2.5×D1 −−−(2) (もっと読む)


【課題】 波形の型付けを施した場合にあっても、コード本来の健全な断面構造を保持することが可能なコード構造について提案する。
【解決手段】 1〜3本のスチールフィラメントによるコアと、このコアの周りに多数本のスチールフィラメントを相互に隣接させて配列したシースとから成るコードに、2次元に変化する波状またはジグザグ状の型付けを施したコードにおいて、前記コアおよびシースを同一方向かつ同一ピッチで撚り合わせたコンパクト撚り構造とする。 (もっと読む)


布(40a)へのトランスポンダ(4a)の設置けを簡素化するために、トランスポンダが、チップ(6)とそれに接続されたアンテナ(8、10)とを含むトランスポンダ糸として構成されている。 (もっと読む)


【課題】主としてロボット等の携帯用装置や可搬用装置等に接続され、取り扱い時にケーブルの捻れ負荷の低減をはかり、耐久性に優れた捻れ防止可動用ケーブルに関する。
【解決手段】本発明は、可動用ケーブルにとって問題の捻れ負荷を低減し、実用上問題のない耐久性を付与することである。第1に、鋼線等の線状の硬質介在を外被成形時に外被中に縦添えで挿入することにより、ケーブルに捻れ応力が加わった時に、捻れ防止力が働き、更に、応力が解放した時には元に戻る反力が働き、極めて捻れにくいケーブルの提供が可能となる。第2に、ケーブル外被面にライン状のマークを長手方向に直線状に施すことにより、ケーブルに捻れが加えられた時に目視により捻れの程度が確認でき、ラインを直線状に戻すことにより容易に捻れを解消することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】4本の素線からなるスチールコードにおいて、ゴムを浸入し易くし、かつゴムとの接着面積を大きくして構成素線の周囲を殆ど被覆可能にし、また形状安定性を高め、曲げ剛性を小さくしたスチールコードの製造方法及びスチールコードを提供すること。
【解決手段】スチールコードSは、平面から見たコードの長手方向において、2本の素線1aの1組からなる並行様線1と、2本の素線2aの1組からなる並行様線2とが並列と交差を交互に繰り返すようにしてなり、また、その長手方向のいずれの箇所において、並行様線1、2の素線1a−2a間、各並行様線1、2の素線1a−1a間及び/又は素線2a−2a間に離隔部分gを設けて成る。 (もっと読む)


要求される性能を満たす短尺の撚り線を効率良く製造できるコンパクトな撚り機、撚り線製造方法、この撚り機又は撚り線製造方法で撚られてなるプライ及び空気入りタイヤを提供することを課題とする。
撚り機は、供給された複数本の素線を撚ってコード20とすると共に、このコード20に送り力を加える回転体30を有する。回転体30は送り機構58をハウジング31内に有しており、送り機構58によって回転体30からコード20が送り出される。また、撚り機は、撚り点のコード側又は素線側の何れか一方を開放にして撚る。これにより、回転性、真直性に優れたコード20を形成することができるコンパクトな撚り機を実現することができる。
(もっと読む)


【課題】コード端部の接着性を強固にし、コード端部からのセパレーションを抑制し、耐久性を向上させるコード及び空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】本実施形態に係るコードは、2層以上の層をなし、当該コードの端部において、最外層に配置されたフィラメント11が、その内部のフィラメント12より延出する。本実施形態に係る空気入りタイヤは、1対のビード部間でトロイド状に延びるカーカスを骨格とし、このカーカスのタイヤ径方向外側にベルト層を備え、上述したコードをカーカス又はベルト層に用いる。 (もっと読む)


本発明はロープ様構造物(10)、特に、コアスパンロープ、コードおよびロープ、に関し、そこでは、個々の繊維、加工糸、ストランドおよび/またはコードが縦繊維構造体(40)の縦繊維の形態で提供され、それら縦繊維が、縦繊維との関係において実質的に横に又はいずれかの特定角度で延びるもう一つの繊維(50)に結合されていて、縦繊維構造体(40)の縦繊維が相互に滑らずそして本質的に互いとの関係において反対方向に動くことができず、そこでは、他の繊維(50)は少なくともある時は縦繊維との関係において自由であり、そして従って、それによって後者はずれないように保たれる。
(もっと読む)


【課題】 タイヤの補強層に使用する補強材として、複数の捲縮率を持つ波状やスパイラル状の捲縮加工を施して、加硫後のタイヤにおいても充分に変曲点を保持でき、捲縮加工を施したことによる効果を充分に発揮できるタイヤ用補強材および空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】 フィラメントもしくはコード等の線状材よりなるタイヤ用補強材1を、その長手方向にわたって複数の異なった捲縮率の部分が連続するように捲縮加工を施したものとし、この補強材1を補強層の少なくとも1層に用いて空気入りタイヤを構成する。この補強材の捲縮率を0.05%以上とする。 (もっと読む)


1 - 19 / 19