説明

Fターム[3B154BB46]の内容

Fターム[3B154BB46]に分類される特許

21 - 29 / 29


本質的に耐炎性の繊維の組成物と、空気の断熱ポケットを有する間隙とを含み、空気の少なくとも一部が機械加工工程を通じて間隙内に組み込まれる、耐熱性防護布帛(22)。
(もっと読む)


【課題】 染布機の防皺装置の提供。
【解決手段】 染布機のメインシリンダ内において布の移動する方向に少なくとも一つのコンベヤベルトを設け、該コンベヤベルトが布の出口位置で布を受け取り、並びに該コンベヤベルトの運行を利用し、布がメインシリンダ内で循環移動する過程内に布を均一に伸展させ、布がメインシリンダ内で堆積し押圧しあう現象により形成される皺を防止し、染布品質を高める。 (もっと読む)


【課題】 繊維ロープ全体への処理剤のより均一な分布が達成される処理剤の付与方法を提供する。
【解決手段】 染色機での繊維ロープへの処理剤の均一付与方法では、連続したロープ4が、気体の給送媒体により力を受けるベンチュリ給送ノズル6により、閉じられた槽1内で回転され、これにより、液体の処理剤の作用を受ける。処理剤は、ロープ4と接触することなく、ロープ4から離間したチャンバ22に貯蔵され、ロープ4から排出された処理剤と混合することなく、時間の関数として制御される単位時間当たりの処理剤量で、ロープ4に作用するようにされる。 (もっと読む)


【課題】処理液を循環させて繊維品を処理するタイプの処理装置を用いた処理方法において、オリゴマーや染料残留物等を完全(もしくは略完全)に除去することができ、しかも洗浄不足や過剰洗浄となることのない、優れた繊維品の洗浄方法を提供する。
【解決手段】繊維品を処理槽内に装填し、処理槽内外を循環する処理液を、その循環路途中に設けられた間接熱交換器によって高温に加熱しながら上記繊維品と接触させることにより繊維品を処理する高温処理工程と、上記高温処理液を処理槽内から徐々に排出しながら洗浄水を処理槽内に徐々に供給し、その際、排出される高温処理液と供給する洗浄水とを直接熱交換し、かつ上記高温処理液の排出量と洗浄水の供給量を等量にして処理槽内の液量を一定に保ちながら処理槽内の液温を所定温度まで降下させる液置換洗浄工程とを備え、上記液置換洗浄工程における温度勾配の最適値を予め設定しておき、上記間接熱交換器による加熱もしくは冷却を行い、実際の温度勾配を最適値に一致もしくは近似させるようにした。 (もっと読む)


本発明は、洗濯・クリーニング及び乾燥機等の様々な装置における機械的応力を検知するための、テスト媒体、及び対応するテスト物質の使用、に関する。本発明の基本的概念は、機械的に応力がかけられた際に、体積、重量及び/又は表面の一部を失う基板を使用することであり、これは、装置内における工程又は処理に関与している。好ましくは、合成繊維により形成されたテスト媒体が提案される。
(もっと読む)


【課題】ジェット式処理機械で紐状の繊維製品を洗浄する方法または装置において、生産コストが最低限に抑えられるように洗浄液消費量と洗浄時間を調節する。
【解決手段】エンドレスの紐製品4の形態の繊維製品がベンチュリ搬送ノズル6により容器1内で気体状の搬送媒体によって循環させられる。この洗浄は、紐製品の進行方向で見て搬送ノズルの前および/または内部および/または後で紐製品に塗布される洗浄液で行われる。このとき、単位時間あたりの洗浄液塗布および/または紐製品の循環速度が、繊維製品の製品固有のデータおよび/または機械固有のデータおよび/または方法固有のデータに依存して制御される。 (もっと読む)


【課題】紐状の繊維製品を処理する装置において、複数のノズルハウジングと複数の配管接続部を備える搬送ノズルに搬送媒体を十分に均等に分配供給する。
【解決手段】紐状の繊維製品を処理する装置は、容器1、繊維製品のための搬送ノズル手段9を備えている。搬送ノズル手段は、軸方向に相並んで配置された少なくとも2つの別々の搬送ノズルをそれぞれの紐製品のために有しており、これらの搬送ノズルは共通の搬送媒体分配装置16、に挿入されている。搬送媒体分配装置は搬送媒体循環装置21,22,25とつながっており、搬送ノズルの搬送媒体入口に搬送媒体を供給する空間を含んでいる。 (もっと読む)


【課題】繊維の太さに影響されることなく布帛の牽引力を確保し、かつ、布帛に与えるダメージが少ない布帛牽引装置を提供することを目的とする。
【解決手段】無端状の処理布帛(以下、布帛という)を滞留部と移送管よりなる環状通路に架設して、布帛牽引装置と処理液の噴射により循環移行させて処理するようにした布帛の液流式処理装置において、前記布帛牽引装置を、前記滞留部出口上部と処理液噴射部との間に設けられて布帛の移行方向に対して直交して設けたドラム部21と、該ドラム部21を回転する駆動手段とで構成し、前記ドラム部21には開口部22をドラム部21の軸方向に沿って設けるとともに、該開口部22をドラム部21の周方向に所定の間隔を有して複数形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


ポリオール系布地ケア物質及び分散媒質を含む組成物で布地物品を処理するのに有用なシステム及び方法である。分散媒質は、室温で液状であり、約65℃超過の引火点を有する。特定的には、当該組成物は、分配され、布地物品乾燥プロセス中に器具内にて布地物品を処理してもよい。
(もっと読む)


21 - 29 / 29