説明

Fターム[3B200DC02]の内容

Fターム[3B200DC02]に分類される特許

1 - 20 / 724



【課題】吸収性能をさらに高め、液戻りや駅残りをさらに低減した吸収性物品を提供する。
【解決手段】肌当接面側に配置される液透過性の表面シート1、非肌当接面側に配置される裏面シート2、及び該両シートに介在された吸収体3を有する吸収性物品であって、前記表面シート1の少なくとも非肌当接面側は、裏面凸部が点在して凹凸形状をなし、該表面シートと前記吸収体との間には液透過性のサブレイヤ6が配され、該サブレイヤ6と前記表面シート1の裏面凸部とが当接部分で接しており、前記当接部分における前記サブレイヤの繊維密度が、該サブレイヤの他の部分よりも高い吸収性物品。 (もっと読む)


【課題】スキンケア剤が着用者の皮膚に移行した後に皮溝により多く存在しやすく、スキンケア効果を効果的に発現することができる吸収性物品を提供する。
【解決手段】着用時に着用者の皮膚に当接する部材にスキンケア剤を塗布した吸収性物品において、前記スキンケア剤として、吸収性物品を着用して該スキンケア剤が移行した状態での着用者の皮膚と水との接触角が、吸収性物品を着用する前の着用者の皮膚と水との接触角と略同じとなるものを用いた。前記スキンケア剤が移行した状態での着用者の皮膚と水との接触角が、90度以上100度以下であることが好適である。 (もっと読む)


【課題】排泄液を素早く吸収し、液戻りが生じ難い吸収性物品を提供すること。
【解決手段】本発明の吸収性物品1は、吸収体4及び該吸収体4の肌対向面側に配された表面シート2を具備する吸収性物品であって、表面シート2は、水との接触角が90〜110°の繊維を含んで構成され且つ着用者の肌側に向けて突出する凸部21と該凸部21に隣接する凹部22とをそれぞれ複数有している。凸部21は、凹部22に比して繊維密度が低い。 (もっと読む)


【課題】サイドシール部が波状に変形することを防止でき、装着感及び外観に優れる吸収性物品を提供すること。
【解決手段】肌対向面を形成する表面シート2、非肌対向面を形成する裏面シート3及びこれら両シート間に位置する吸収体4を具備する縦長の吸収性物品1であり、長手方向Xの両側に、表面シート2と吸収体4とが一体的に圧縮されて形成された縦長の二重の圧搾溝6,7を有しており、表面シート2及び裏面シート3が吸収体4の両側縁41から延出して熱融着されたサイドシール部51を有しており、サイドシール部51は、吸収性物品1の周縁部に形成されており、長手方向Xに沿うサイドシール部51には、弾性部材8が、長手方向Xに沿って伸長状態で固定され、該弾性部材8は、表面シート2と裏面シート3との間に105〜130%の伸長率で固定され、縦長の二重の圧搾溝6,7と並列に配置されている。 (もっと読む)


【課題】交換時に、吸収性物品が経血を吸収し、吸収体の内部に経血を保持していることを視認できることにより、着用者が安心感を得ることができる吸収性物品を提供すること。
【解決手段】液透過性のトップシートと、吸収体と、液不透過性のバックシートと、上記トップシート及び吸収体の間のセカンドシートとを有する吸収性物品であって、液滴下試験において、[1]上記トップシート及びセカンドシートの液残存率が、3.0質量%以下であり、そして[2]上記トップシートの肌当接面の、吸収性物品の長手方向の液拡散長が、上記吸収体の着衣側の面の、吸収性物品の長手方向の液拡散長よりも短いことを特徴とする吸収性物品。 (もっと読む)


【課題】トップシートの突条部の頂部が着用者の肌に張り付くことを抑制することができる吸収性物品を提供する。
【解決手段】本発明は、肌側に設けられた液透過性のトップシート2Aと、着衣側に設けられた液不透過性のバックシートと、トップシートとバックシートとの間に設けられた液保持性の吸収体とを備えた吸収性物品であって、トップシート2Aの少なくとも肌側の面の少なくとも一部が、肌側の面に滑剤層27Aが形成された樹脂フィルムで形成されており、滑剤層27Aは、撥水性および/または撥油性を有する。 (もっと読む)


【課題】トップシートの突条部の頂部が着用者の肌に張り付くことを抑制することができる吸収性物品、その吸収性物品のトップシートおよびそのトップシートの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明は、肌側に設けられた液透過性のトップシート2と、着衣側に設けられた液不透過性のバックシートと、トップシート2とバックシートとの間に設けられた液保持性の吸収体とを備えた吸収性物品であって、トップシート2は、並列に配置された複数の突条部21と、隣接する突条部21の間に配置された底部22とを備え、突条部21は、突条部21の延びる方向に並ぶ複数の凹部26を有する頂部23と、突条部21の延びる方向に並ぶ複数の開口部25を有する壁部24とを含む。 (もっと読む)


【課題】十分な量の便を収納し、褥瘡や膀胱炎の発生を抑制し、簡単に作成可能である。
【解決手段】背中から股間を介して下腹部へ到る生体部分を被覆するオムツ本体生地10と、このオムツ本体生地10が生体を被覆した場合に腰部に位置する部位の二端部から突出するように設けられるカバー生地20とを備え、前記オムツ本体生地20は、その縦方向の中央線によりに分けられた生地が前記中央線部分において結合されたものであり、前記中央線部分が生体の尻部中央に向かう部分に、大便及び小便を受ける有底便受穴30を有している。 (もっと読む)


【課題】吸収体の構成物が吸収体から漏洩することを抑制しつつ、トップシートに経血が残存しにくくし、トップシートのべたつき感をなくし、吸収性物品がサラサラ感を有するようにできる吸収性物品を提供する。
【解決手段】本発明の吸収性物品は、肌側の面と着衣側の面との間を貫通する貫通穴10を有する吸収体4を含み、トップシート2は、吸収体4の貫通穴10の穴内を被覆し、貫通穴10の穴内を被覆しているトップシート2には、血液改質剤8が塗布されており、血液改質剤8は、0〜0.60のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.05g以下の水溶解度とを有する。 (もっと読む)


【課題】パイル束を有するトップシートにおける逆戻りを防止する。
【解決手段】上記課題は、表裏に貫通する繊維突出孔82が間隔を空けて多数形成された基層81と、この基層81の裏側に配された繊維集合体層83と、繊維集合体層83における繊維突出孔82と対応する部分が、基層81の裏側から繊維突出孔82を介して表側に突出されて形成された、基層81の表側に突出するパイル束84とを備え、パイル束84の親水度をHAとし、基層81の親水度をHBとし、繊維集合体層83における基層81の一方側に位置する部分の親水度をHCとしたとき、HA<HB<HCの関係を満足するように構成されている、トップシート30により解決される。 (もっと読む)


【課題】尿と経血(粘性物)の両方の吸収に優れた吸収性物品を提供する。
【解決手段】吸収体6と、使用者の肌に接する液透過性の表面シート2と、表面シートと吸収体との間に配置される液透過性のセカンドシート3とを備え、表面シート及びセカンドシートは、繊維を面方向に粗密に分布させてなり、表面シート及びセカンドシートをそれぞれ平面から見て画像処理により2値化した場合に、セカンドシートの方が表面シートよりも単位面積当たりの繊維が密な領域2a、3aを表す画像の個数が多くなっている吸収性物品20である。 (もっと読む)


【課題】粘度の高い経血を吸収した後であってもトップシートにべたつき感がなく、トップシートがサラサラしている吸収性物品を提供すること。
【解決手段】液透過性のトップシート2と、吸収体3と、液不透過性のバックシート7と、上記トップシート2及び吸収体3の間のセカンドシート4とを有する吸収性物品であって、上記トップシート2と、上記セカンドシート4とが、0〜0.60のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.05g以下の水溶解度とを有する血液改質剤を含むことを特徴とする吸収性物品。 (もっと読む)


【課題】パイル束の周囲に大きな皺が寄り、素材が不必要に厚くなる、皺により形成される空隙が表裏方向の液の透過性を低下させる、パイル束から繊維端が突出して肌触りがチクチクする等の問題を解決する。
【解決手段】上記課題は、表裏に貫通する繊維突出孔82が間隔を空けて多数形成された基層81と、この基層81の一方側に配された繊維集合体層83と、繊維集合体層83における繊維突出孔82と対応する部分が、基層81の一方側から繊維突出孔82を介して他方側に突出されて形成された、基層81の他方側に突出するパイル束84と、を備え、繊維集合体層83は、基層81に沿って所定方向に連続する連続繊維の束からなり、かつ少なくともパイル束84を構成する連続繊維相互が接合されていない、ことを特徴とする吸収性物品用シート状素材80により解決される。 (もっと読む)


【課題】トップシートの繊維集合層に体液が残存することを抑制できる吸収性物品、その吸収性物品のトップシートおよびそのトップシートの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の吸収性物品のトップシート2は、樹脂フィルム層31と繊維集合層32と血液改質剤層33とを含み、並列に配置された複数の突条部21と、隣接する突条部21の間に配置された底部22とを備え、突条部21は、樹脂フィルム層31が突条部の延びる方向に並ぶ複数の開口部34を有する壁部24を側面に含み、前記繊維集合層の繊維は血液改質剤層33の血液改質剤によって被覆されており、血液改質剤は、0〜0.60のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.05g以下の水溶解度とを有する。 (もっと読む)


【課題】非熱融解性繊維を含む表面シートが剥離し難い吸収性物品を提供する。
【解決手段】生理用ナプキン1は、表面シート20と、裏面シート30と、表裏面シート20,30の間に位置する体液吸収体40と、表面シート20と吸収体40との間に位置する熱融解性シート50と、表面シート20の肌対向面に位置する一対のサイドシート60とを有する。熱融解性シート50およびサイドシート60は、熱可塑性樹脂を含む合成繊維によって形成されている。表面シート20は、天然繊維であるコットン繊維によって形成され、その厚さ方向に貫通する複数の開孔21が形成されている。サイドシート60は、表面シート20の両側縁20aを覆うように重なって取り付けられる。表面シート20とサイドシート60との間には、接着部71が形成される。サイドシート60と熱融解性シート50との間には、加熱、加圧による溶着部72が形成される。これら接着部71と溶着部72とがその一部において重なっている。 (もっと読む)


【課題】油溶性スキンケア剤の粘度に起因する問題を解消し、多量塗布を可能にする。
【解決手段】上記課題は、吸収性物品の製造過程で、油溶性スキンケア剤の水中油滴型エマルジョンに水溶性増粘剤を含有させ、粘度を1.5〜4.0m・Pa/secとした塗布液80を、トップシート30に0.5〜3.0g/m2の割合で塗布する、ことを特徴とする吸収性物品の製造方法により解決される。 (もっと読む)


【課題】粘度の高い経血を吸収した後であってもトップシートにべたつき感がなく、トップシートがサラサラしている吸収性物品を提供する。
【解決手段】液透過性のトップシート2と、液不透過性のバックシートと、上記液透過性のトップシート及び液不透過性のバックシートの間の吸収体とを有する吸収性物品1であって、上記液透過性のトップシートが、0.00〜6.0のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.00〜0.05gの水溶解度と、1,000以下の重量平均分子量とを有する血液改質剤を含むことを特徴とする吸収性物品。 (もっと読む)


【課題】所定量の塗布液をシートに効率良く安定的に塗布し得る塗布方法を提供すること。
【解決手段】塗布装置として、搬送中の帯状のシートSの一面Saに非接触で塗布液を塗布する塗布手段3と、塗布手段3よりシート搬送方向Vの下流側に位置し、外周面5aをシートSの一面Saに接触させつつ回転するロール5とを備え、且つ搬送中のシートSにおける塗布手段3とロール5との間に位置する特定部分S1、下記状態A〜Cの何れか1つの状態となる塗布装置2を用いる。また、ロール5として、外周面5aが加熱された加熱ロールを用いる。状態A:水平状態。状態B:特定部分S1のロール5側が塗布手段3側より下方に位置する垂直状態。状態C:特定部分S1のロール5側が塗布手段3側の斜め下方に位置する斜行状態。 (もっと読む)


【課題】粘度の高い経血を吸収した後であってもトップシートにべたつき感がなく、トップシートがサラサラしている吸収性物品を提供すること。
【解決手段】液透過性のトップシート2と、液不透過性のバックシートと、上記液透過性のトップシート2及び液不透過性のバックシートの間の吸収体とを有する吸収性物品1であって、上記液透過性のトップシート2が、0.00〜6.0のIOBと、45℃以下の融点と、25℃の水100gに対する、0.00〜0.05gの水溶解度と、1,000以下の重量平均分子量とを有する血液改質剤を含むことを特徴とする吸収性物品1。 (もっと読む)


1 - 20 / 724