説明

Fターム[3D020AD09]の内容

車両外部の荷台、物品保持装置 (29,633) | 構造 (262) | 支持脚 (21)

Fターム[3D020AD09]の下位に属するFターム

Fターム[3D020AD09]に分類される特許

1 - 16 / 16


【課題】本発明は、ルーフボックスのクロスバーへの固定作業が容易でかつ、ルーフボックス内に収納する荷物の邪魔にならない様、クランプ装置の高さを極力低くすることにある。
【解決手段】クロスバーにルーフボックスを固定するためのクランプ装置が、開閉手段を有する一対のクランプ爪を有し、上記一対のクランプ爪は下方の互いに向かい合う面に上記クロスバーとの当接部が形成され、
更に上記クランプ装置は少なくとも上記一対のクランプ爪の上部と上記一対のクランプ爪の開閉手段を収納可能に構成したクランプボディを有し、
上記一対のクランプ爪の開閉手段は、上記一対のクランプ爪の上部位置における相互の距離を規制する規制手段と、上記一対のクランプ爪の上記クロスバーとの当接部間の距離を変更可能な可動機構を有する様に構成する。 (もっと読む)


【課題】バキューム車の車載ブラケットからの、車載用攪拌棒の脱落を回避する。
【解決手段】攪拌プレート16の重心点Gから偏心した位置に形成された貫通穴28に第1のブラケット30が挿通されると、貫通穴28の下方に攪拌プレート16の重心Gが位置する態様で、攪拌プレート16は第1のブラケット30に釣り下げられる。このとき、穴付きグリップ部18aは、穴20の開放方向を上下に向けて第2のブラケット32に挿通され、上記攪拌プレート16の貫通穴28に対する重心Gの位置に起因する、車載用攪拌棒26の姿勢変化により、第2のブラケット32の、フック形状の奥側へと1/2回転した態様で保持される。よって、バキューム車の走行時の衝撃により車載用攪拌棒26が揺動しても、車載ブラケット30、32からの不用意な脱落が回避される。 (もっと読む)


【課題】使用しない場合には隠すことができるクロスバーを有する車両貨物搬送器を提供する。
【解決手段】搬送器10は、外部ボディ表面14に固定された一対の支持レール16および少なくとも1つのクロスバー18を備えている。クロスバー16は、回転可能な端部支持部を有している。端部支持部は、クロスバーを支持レール間に概ね直角をなして取り付けられている状態である作動状態とし、支持レール16上にクロスバー18を持ち上げるためにヒンジ様に固定されている。一方非作動状態として端部指示部は、端部支持部のそれぞれがクロスバー18の中央部と同一平面に配置されるように横たわらせることにより、支持レール16に沿った収納位置にクロスバーを配置することもできる。 (もっと読む)


【課題】耐久性を向上させたルーフキャリアを提供する。
【解決手段】本発明のルーフキャリア1は、搬送物を積載するキャリアバー3と、このキャリアバー3を車体に取り付けるための取付部材4を備えている。取付部材4を構成するスライダー5のスライダー部51の底面52とキャリアバー3の底面31との間には、強化部材6が設けられている。この強化部材6は、ルーフキャリア1の耐久性を向上させるためのものであり、スライダー部51の底面52とキャリアバー3の底面31との間に介在する第一面61と、スライダー部51の両側面59とキャリアバー3の両側面34との間に介在する第二面62とからなり、例えば板材を曲げ加工することにより一体に形成されている。 (もっと読む)


【課題】
例えば自動車用ルーフレールの脚とルーフレール本体との接続に好適で、圧入強度を強化し、硬度の異なる軸部材と管材とを確実かつ強固に接続するとともに、圧入力を軽減して別仕様のルーフレールの圧入機の利用を図れ、圧入機の合理的な利用を図れる、軸部材と管材との接続構造を提供すること。
【解決手段】
周面に複数の凸部を軸方向に突設した軸部材2を管材1に圧入する。
前記軸部材2と管材1との間に接着剤15を介在して接続する。
前記軸部材2の周面の複数位置に、尖端部9aを有する複数の係止凸部9を圧入方向に離間して配置する。
前記軸部材2の圧入時、前記尖端部9aを管材1内面に食い込ませて摩滅可能にする。 (もっと読む)


【課題】外部に開放された車室とその後方の車体上方の空間とが連続する車両において、乗員の安全に十分配慮しつつ、大型の荷物を積載可能な車両の荷物積載構造を提供する。
【解決手段】車室3の後方の車体上方の空間を荷物積載空間として利用可能とし、該空間に積載される荷物を固定する支持ブラケット61及び荷物固定部50e(荷物固定手段)を設けると共に、該支持ブラケット61及び荷物固定部50eの車幅方向の荷物に対する支持剛性を、車体前後方向の支持剛性よりも弱くする。 (もっと読む)


【課題】外部に開放された車室とその後方の車体上方の空間とが連続する車両において、車室の後方の車体上方の空間を利用して大型の荷物を積載する場合に、荷物を固定可能な荷物積載構造を提供する。
【解決手段】車室3の後方の車体上面2aにロールバー8を設けると共に、前記車室3の後方の車体上方の空間を荷物積載空間として利用可能とし、前記ロールバー8に、該空間に積載される荷物を固定する荷物固定部材61(荷物固定手段)を設ける。 (もっと読む)


【課題】ルーフサイドフィニッシャとルーフモールディングの突き合わせ部の見栄えを良くするルーフモールディング構造を提供する。
【解決手段】樹脂材からなるルーフサイドフィニッシャ7と、ステンレス材からなるルーフモールディング8とを、車両のピラーアウターパネル2とルーフアウターパネル3との接合部に形成された凹溝4に配置したルーフモールディング構造であり、そのルーフサイドフィニッシャ7とルーフモールディング8の突き合わせ部に、車両に取り付けられるルーフラック5のセンター脚部10を上から覆うように配置した。 (もっと読む)


【課題】 一人でボートを車載可能であることは勿論、比較的非力な男性や女性であっても簡単且つ確実にボート等を車載することができるようにする。
【解決手段】
自動車Cのルーフキャリア1上に取り付けられるボート類の車載装置であって、方形枠体2と、方形枠体2の一側に取り付けられた略コ字形のハンドル14と、方形枠体2の上面に複数設けられたボート台座10A・10Bと、方形枠体2における対向する主枠部材3の溝3a内に嵌め入れられた回転自在なローラ8を両端に有するローラ軸9と、ルーフキャリア1の上面に取り付けられ、方形枠体2の端枠部材5が嵌め入れられるストッパー付の止め部材16と、主枠部材3の溝3aにおける端枠部材5とローラ軸9との間に嵌め入れられたボートバランス用棒状部材17と、一側の台座10Aに設けられた舷掛止用突部18とを備えている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、金属材料(アルミニウム)などの押出成形体からなる車両用ルーフレールを提供するものである。
【解決手段】 かゝる本発明は、概略弓型形状で長尺なビーム部110とその両端の脚部120が一体成形された押出成形体からなり、脚部底面側にネジ、ナットなどの車両取付け手段151が装着される脚固定部材140を固定すると共に、車両ルーフへの取付け状態において、脚部120のルーフ外側付近を、押出成形体と一体成形された鍔状の押出片からなるカバー部130で覆う車両用ルーフレール100Aにあり、これにより、ビーム部110と脚部120が一体的に構成され、これらの間に段差や色彩上の差異などが発生することのなく、低コストの優れた車両用ルーフレールが得られる。 (もっと読む)


【課題】 取付け作業の手間を省き、作業性良好に取付けできるルーフラックの取付構造を提供すること。
【解決手段】車両のルーフ上に設けるルーフラック1の脚端11を、ルーフパネル3がルーフサイドレール2と結合するルーフ側端部4を介してその下面に配したリテーナ5にボルト締め固定するルーフラックの取付構造であって、ルーフ側端部4に形成したボルト貫通穴41に、下方からリテーナ5のボルト挿通部53を挿通せしめ、リテーナ保持手段として、ボルト挿通部53の上端に形成した爪状の突起54を、上記ボルト貫通穴41の上端開口縁に係止させてリテーナ5を配置すると同時に仮止め保持せしめるようになした。 (もっと読む)


【課題】頑丈な構成を備える開放型クロスバーを有するキャリアシステムを提供する。
【解決手段】少なくとも一個の片側開放型クロスバー24はその対向端に端部支持アセンブリを含む。各端部支持アセンブリは結合されたサイドレール16に対して固定及び開放される軸回転据付固定部材30、32を含む。両方の固定部材は、使用者が一方の固定部材を手で係合させると共にその固定部材を開放位置へ軸回転させることにより固定及び開放される。これにより、両方の固定部材が夫々のサイドレール16に対して同時に固定及び開放されるように、クロスバー24の反対端において固定部材が同時に軸回転させられる。クロスバー24は開放位置にある時に、サイドレールの真上に持ち上げられることにより、使用者がクロスバー24をサイドレール16から完全に取り外したい時に、サイドレール16を分解する必要がなくなる。 (もっと読む)


【解決手段】本発明のルーフラック(100)は、ルーフパネルの内部に設けられた2以上の前側凹部(15)及び2以上の後側凹部(16)と、2以上の前側凹部及び後側凹部の各凹部にて垂直方向に起立する支柱と、一方の前側凹部を起点とし、対向位置の前側凹部を終点とする前側トランスバースチャネルと、前側トランスバースチャネルの中に配置され、垂直方向に起立する支柱とピボット接続された前側トランスバースバー(5)と、1つの後側凹部を起点とし、対向位置の後側凹部を終点とする後側トランスバースチャネルと、後側トランスバースチャネルの中に伸縮可能に配置され、2以上の後側凹部にて垂直方向に起立する支柱とピボット接続された後側トランスバースバー(6)と、を具えており、後側トランスバースバー(6)の各々と前側トランスバースバー(5)の各々は、収納位置では垂直方向の高さがルーフパネルの上面よりも下にあり、展開位置では垂直方向の高さがルーフパネルの上面よりも上にある。 (もっと読む)


【課題】 支持脚本体を軽量化しつつ、クッション材の先端部の垂れ下がりを抑制してルーフに組み付ける際の作業の困難性が高くなることを防止できるルーフレール支持脚及びルーフレールを提供する。
【解決手段】 基端部6eがルーフレール本体の端部に取り付けられている支持脚本体6と、支持脚本体6の先端部6rよりも更に先端側に膨出して形成されたカバー7と、支持脚本体6及びカバー7とルーフとの間に設けられるクッション材8とを備え、クッション材8は、支持脚本体6の先端部6r近傍に係止される先端係止部8Aaを備え、少なくとも支持脚本体6の先端部6rよりも更に先端側では、カバー7のルーフ側端縁7cに沿った外縁形状に形成され、ルーフに接する面とは反対側の面に、支持脚本体6の先端部6rよりも基端側から先端側へ延びる補強用リブRを備えている。 (もっと読む)


【課題】 ルーフガラスおよびルーフサイドレールの接続部の外観を確保しながら、ルーフキャリヤの荷重によるルーフガラスの割れを防止する。
【解決手段】 ルーフガラス12を支持するルーフパネル11とルーフサイドレール15との結合部に形成されたモール取付溝19に装着されるルーフモール16を、モール取付溝19に嵌合する支持脚22,23と、ルーフキャリヤ31のキャリヤベース39を支持するモール本体21とで構成する。ルーフパネル11およびルーフガラス12に跨がるように配置したモール本体21の少なくともキャリヤベース39およびルーフパネル11に当接する部分に芯金24を埋設したので、モール本体21でルーフガラス12からルーフサイドレール15までを連続的に覆って外観の向上を図ることができるだけでなく、キャリヤベース39から加わる荷重をルーフガラス12に伝達することなくルーフパネル11に効果的に伝達し、ルーフガラス12の破損を確実に防止することができる。 (もっと読む)


【課題】 使い勝手を向上させることができるルーフラックを提供する。
【解決手段】 このルーフラック2は、ルーフに左右に離間して設けられ、前後方向Aに延在した一対のレール3、3と、両レール3,3に支持されて荷物が載置される載置部4とを備えている。この載置部4は、バー51〜54と、これらの後方側に配置された伸長部6と、バー51〜54および、最後方側のバー54と伸長部6とを連結する連結手段とを備えている。この連結手段は、左右一対のバー支持部55〜58、61とから構成されている。各バー支持部56〜58、61は車両後方側へ移動されることで伸長部6が車両後方側へ伸長するように構成されており、この伸長部6が荷台103の上方まで伸長するように各バー支持部56〜58、61の車両前後方向Aの長さが設定されている。 (もっと読む)


1 - 16 / 16