説明

Fターム[3D023AB03]の内容

車両の内装・外装、防音・断熱 (17,020) | 対象物 (497) | モールディング(モール) (292) | フィニッシャー (19)

Fターム[3D023AB03]に分類される特許

1 - 19 / 19


【課題】ハウジングとレンズ部材とからなり、レンズ意匠裏面に突部を設けることにより、意匠性を向上させた自動車の外装加飾部品を提供することを目的とする。
【解決手段】自動車の外装加飾部品10は、ハウジング20と車両前方に離間して配置されたレンズ部材30とから構成されており、レンズ意匠裏面33に外装加飾部品10に沿って水平方向に長尺な突部34を設けることで、ハウジング意匠表面22に、突部34の形状に応じた陰影を映りこませることができる。 (もっと読む)


【課題】上方から入力があった時にフードシール部への荷重が下がるのみでなく連結板への荷重も下がり、歩行者保護性能を向上できるカウルルーバの提供。
【解決手段】カウルルーバ10は、カウルルーバ本体20と、連結板40を有する。連結板40は、平板部50と平板部50から車両左右方向に突出する山形状部52を有する。山形状部52の頂部58は平板部50からの車両左右方向突出量が山形状部52の上部54から下部56に向かって減少するように平板部50に対して傾斜している。フードシール部30への荷重F1によって山形状部52の上部54が下部56より伸長してフードシール部30が下がり、荷重F1が減少する。山形状部52の上部54が伸長すると連結板40が傾くので連結板上辺にかかる荷重F2も減少する。荷重F2は山形状部52を伸長させ、荷重F1が益々減少する。歩行者への反力が低減し歩行者保護性能が向上する。 (もっと読む)


【課題】歩行者保護性能を向上でき、しかも車体への組付性に優れた自動車のカウルグリル構造を提供する。
【解決手段】フロントウィンド17の前縁部からボンネット19の後縁部の下方にわたって設けられるとともに、車幅方向の全幅にわたって設けられたカウルグリル20と、カウルグリル20の後部の下側に固定された車幅方向に延びる排水樋40とを有する自動車のカウルグリル構造であって、排水樋40にカウルグリル20の下面に沿って前方へ延びる補強アーム42R、42Lを設け、補強アーム42R、42Lの前部をカウルグリル20に連結具53で連結し、補強アーム42R、42Lに対するカウルグリル20の下方への相対移動に対して、連結具53による補強アーム42R、42Lとカウルグリル20との連結強度を弱くする弱部46を形成した。 (もっと読む)


【課題】フロントガラスを固定する差し込み溝内に侵入する雨水等を、安定して一定の位置で差し込み溝から排出して、排水性能を向上させる。
【解決手段】車両のフロントフードの後方に配置されるデッキガーニッシュ10に車幅方向に延びて形成される差し込み溝14に対して、当該差し込み溝14に合わせて車幅方向に延びるシール材15とともに車両のフロントガラスの前端部を挿入して、フロントガラスをデッキガーニッシュ10に固定する車両のデッキガーニッシュのシール材固定構造であって、差し込み溝14の車幅方向端部において当該差し込み溝14を形成する下壁17とシール材15との間に隙間21が形成されるように、デッキガーニッシュ10にシール材15の車幅方向端部15cを支持する第1のリブ20を備えた。 (もっと読む)


【課題】カウルボックスの上下幅が確保されない場合であっても良好な衝撃吸収性を実現することが可能な車両前部構造を提供する。
【解決手段】車両前部構造1のカウルトップ30は、開口部6を覆うとともにエアコン吸気口31aを有する第一カウルカバー31aと、第一カウルカバー31aの上方に設けられてエアコン吸気口31aを覆う第二カウルカバー32と、を備え、第二カウルカバー32は、第一カウルカバー31に当接する前側面及び後側面と、前側面の上端及び後側面の上端を連結する意匠面と、を備え、前側面及び後側面は、上に向かうほど互いに近接する形状を呈し、意匠面は、前傾形状を呈する。 (もっと読む)


【課題】化粧パネルへのハウジングの取り付け作業を容易にすることができる照明ユニットを提供すること。
【解決手段】光を発する発光部12を有してなる発光機能部10と、発光機能部10が防水可能に収容されるハウジング20と、ハウジング20が取り付けされる化粧パネル40とを有してなる照明ユニット1において、ハウジング20は、発光部12から発せれる光が透過される光透過部27と、回動されることによって化粧パネル40に取り付けされるように軸心に設けられてなる回動軸部29とを有してなり、化粧パネル40は、化粧パネル40の裏面40bに設けられ、回動軸部29を回動可能に支持する軸受部53と、光透過部27から透過される光が化粧パネル40の表面40a側に出射される光出射部42とを有してなる。 (もっと読む)


【課題】下向面に操作スイッチ等の操作部を配置したとしても、操作者に操作部の存在位置を視覚によらずに伝えることができる車両用フィニッシャーを提供する。
【解決手段】車両用フィニッシャー10は、車両1に取り付けたときに外表面となる意匠面11及び意匠面11の下端から車両10に向けて折り返される下向面13が成形されと共に、下向面13に配置された操作部8aの周辺に、他の部位とは異なる触覚を操作者に与える触覚付与部位18(18a−18b)を配置した。 (もっと読む)


【課題】ドアパネルの上縁部に対するシール部材の取り付けを、作業性よく、簡単且つ確実に行えるように改善すること。
【解決手段】ドアパネルの上縁部に係合するパネル縁部係合部16と、シール部材70の取付基部72が係合するシール部材係合部とを有し、シール部材係合部は、取付基部72の上縁部76が嵌り込む上側嵌合部42と、取付基部72の下縁部78が嵌り込む下側嵌合部44とを有する。 (もっと読む)


【課題】クリップが係止軸に対して確実に組み付けられるようにする。
【解決手段】ウインドガラスGを装着するための窓枠部1の縦壁4には係止軸Sが突設されている。クリップCは縦壁4のクリップ装着面6に沿って押し込まれる。クリップCの基板13には係止軸Sを受け入れる装着孔15が開口し、入口には一対の抜け止め爪16が設けられる。抜け止め爪16はクリップCの取り付けが完了するまでの間、係止軸Sの外周面に摺接しつつ撓み、そして復帰する。クリップCは保持板17を有し、抵抗アーム11が形成されている。抵抗アーム11はクリップCの取り付けが完了する前に係止軸Sに摺接しつつ撓みを開始し、クリップCの組付け作業の完了と共に一気に弾性復帰する。このため、作業完了時に組み付け抵抗が急激に低下することから、作業者はこのことを体感してクリップCが正規に組み付けられたことを知ることができる。 (もっと読む)


【課題】ドアフレームへの組付作業性を向上し、且つ安価なガーニッシュ及び該ガーニッシュを備えるドアフレーム構造を提供すること。
【解決手段】車両ドアの窓枠を形成するドアフレーム3の立柱部31に沿って延在し、外部に露出する意匠面11と、意匠面11とは反対側の面であり、立柱部31に取付可能な取付部2を有する取付面と、を備えるガーニッシュ1において、取付部2は、立柱部31の一側端に対して当接可能に取付面から突出するとともに立柱部31の他側端側へ延在する第1係止部21aと、立柱部31の他側端に対して取付面から突出するとともに立柱部31の一側端側へ延在し、且つ第1係止部21aに対して延在方向にずらして配置された第2係止部21bと、を有し、第1係止部21aと第2係止部21bとの最短間隔を立柱部31の第一側端から他側端までの幅よりも大きく設定した。 (もっと読む)


【課題】外部に露出する意匠面を有するドアフレームの前記意匠面を覆うように取り付けられるモールに関し、外観不良が発生しないモールを提供することを課題とする。
【解決手段】ドアフレーム11の上縁部に当接する上部当接部61と、上部当接部61の外端部より垂下され、ドアフレーム11の意匠面31と対向する垂下部62とを有し、固定手段(両面テープ63)によって、ドアフレーム11の意匠面31と対向する裏面22がドアフレーム11の意匠面31に固定される。 (もっと読む)


【課題】歩留まりの悪化、並びに部品点数及び製造工数の増大を抑制しつつ、防錆性に優れた車両用ドアフレームを提供する。
【解決手段】ドアフレーム5は、ガラスラン収納部15を備え、車両ドアの窓枠を形成する。ドアフレーム5は、板材にて断面一定に成形される第1フレーム部材11と、板材にて断面一定に成形される第2フレーム部材21及び該第2フレーム部材21の車外側壁21aを埋設するとともにガラスラン収納部15の車外側壁を覆って車外側の意匠部を形成する樹脂製のガーニッシュ23を有しウェザーストリップ保持部22を形成する装飾部材16と、第1フレーム部材11及び装飾部材16を結合する取付孔31及び係止突部32とを備える。 (もっと読む)


【課題】製造工数の増大を抑制しつつ、より信頼性を向上することができる車両用ドアフレームを提供する。
【解決手段】車両用ドアフレームは、ガラスラン収納部を備え、車両ドア1の窓枠の立柱部5a及び上縁部5bを形成する。車両用ドアフレームは、板材にて断面一定に成形され閉断面形状を有して曲げ加工された立柱部5a及び上縁部5bの骨格をなす1本の第1フレーム部材11と、第1フレーム部材11に取着されウェザーストリップ保持部及び車外側の意匠部を形成する第1フレーム部材11とは別体の装飾部材16,17とを備える。 (もっと読む)


【課題】配置スペースの増大を抑制しつつ、見栄えを向上することができるフレームガーニッシュ取付構造を提供する。
【解決手段】ドアフレーム5(後側フレーム部5b)は、ガーニッシュ7に対向する1枚板の取付部11と、車両前後方向が対角線に一致する正方形状の嵌合孔12とを有する。クリップ30は、嵌合孔12の車両内側の周縁部に接合される頭部31と、頭部31から突出して嵌合孔12に嵌合するとともに該嵌合孔12から車両外側に突出する先端部の車両前後方向両角部がガーニッシュ7に配設された一対のリブ21に挟持される断面正方形状の筒部32と、筒部32の側面の嵌合孔12から車両外側に突出する先端部に突設され嵌合孔12の車両外側の周縁部に係止される係止爪33とを有する。 (もっと読む)


【課題】限られたスペースの中で高い奥行き感と光輝性を発揮できて、商品性の高い自動車の装飾用外装部構造を提供する。
【解決手段】車体前面部に、光輝性表面12が車両前方側Frを向く光輝性部材21を設け、前記光輝性表面12を車両前方側Frから透明なカバー31で間隔を空けて覆ってある自動車の装飾用外装部構造であって、前記カバー31を車両前方側Frに凸に湾曲させ、前記光輝性表面12を車両後方側に凸に湾曲させてある。 (もっと読む)


【課題】保護部材を外装用部品に取り付ける際の組み付けを容易に行うとともに、同外装用部品の外周縁部に対するリップ部の良好な密着性を確保する。
【解決手段】車両に取り付けられるラジエータグリルと車両の外面との間に介装されて同車両の外面を保護する保護部11と、ラジエータグリルの外周縁部表面に沿うように保護部11から延出されて同外周縁部表面に弾性接触するリップ部12とを有するプロテクタ10において、保護部11とリップ部12との境界部分15には同境界部分15に沿って延びラジエータグリルの外周縁部先端から離間するように凹設された逃げ溝16が形成される。 (もっと読む)


【課題】ドア後端部がドアフレームの後端から更に後方に延長された部位のベルトラインより上方まで加飾して見栄えのよい意匠を具備した自動車ドアの飾りモール取り付け構造をを提供する。
【解決手段】自動車ドア後端部がドアフレームの後端から更に後方に延長されたドア後端部位のベルトラインより上方まで飾りモールを取り付ける構造で、飾りモール7はモール取り付け用プレート1の表面に装着されており、モール取り付け用プレート1の一方はドアフレーム9に固定し、モール取り付け用プレート1の他方をドアパネルの延長部である端縁のヘミング部4に、ヘミング部端縁の挟み部5aとモール取り付け用プレート1の下端を係止する第1爪部5bとモール取り付け用プレート1の下端を挾持する挾持部5cとインナパネル3に設けたビード3aに係止して抜け方向を規制する第2爪部5dとからなるクリップにより取り付けた。クリップ5は耐熱性樹脂にて成形した。 (もっと読む)


【課題】積極的にモールディング本体側へのエンドキャップの引き込み力を作用させることにより、エンドキャップの蓋体の隙間の発生を確実に防止できるようにした構造を提供する。
【解決手段】モールディング本体5の切欠部15にエンドキャップ6を挿入して、切欠部15側に予め形成した係止爪16,17を折り曲げることで両者を結合し、端面5aに蓋体18を密着させる。係止爪16,17のうちモールディング本体5の反端末寄りの端面を予め傾斜面とするとともに、位置決め溝23,24の一方の側面23a,24aに対し所定量βだけオーバーラップさせる。係止爪16,17と側面23a,24aとの傾斜面当接をもって、モールディング本体5に対するエンドキャップ6の引き込み力を常時作用させる。
(もっと読む)


本発明は、車両ルーフのカバーストリップの組付け凹部のためのカバー装置に関する。このような組付け凹部は、例えばルーフキャリヤの脚部を固定するために設けられる。この場合にカバー装置は、カバーストリップ(3)内に位置決め可能な挿入部材(1)と、支承シェル(7)内にストリップ長手方向の軸線を中心として旋回可能に支承された、閉鎖位置で凹部(4)を充たすフラップ式カバー(2)とから成っている。このフラップ式カバー(2)は、両端に一体成形された支承ピン(6)並びに係止ピン(11)を有しており、これらの支承ピン(6)並びに係止ピン(11)は、挿入部材(1)一体成形された、係止ピン(11)に作用するばねエレメント(12)により、開閉位置で係止可能である。フラップ式カバー(2)が開放位置で凹部(4)へのアクセスを阻止せずに解放するように、支承ピン(6)と係止ピン(11)とは、それぞれ1つのU字形部材(5)を介してフラップ式カバー(2)に一体成形されており、前記U字形部材(5)は次のように、すなわち、凹部(4)の縁部(8)が、フラップ式カバー(2)が開かれた状態ではU字形部材(5)の自由スペース(9)内へ突入するように寸法取りされている。
(もっと読む)


1 - 19 / 19