Array ( [0] => 計器板 [1] => 目的 [2] => 表示 [3] => 走行路等の地図表示 ) 目的 | 表示 | 走行路等の地図表示
説明

Fターム[3D344AA30]の内容

計器板 (18,602) | 目的 (7,906) | 表示 (5,397) | 走行路等の地図表示 (264)

Fターム[3D344AA30]に分類される特許

1 - 20 / 264








【課題】照射領域のサイズが限られている場合であっても、指示地点までの進行方向を運
転者に示すことができる表示装置及び表示方法を提供する。
【解決手段】設定部は、運転者に指示すべき指示地点を設定する。判定部は、乗り物が指
示地点に接近した場合、指示地点を示すべき指標画像を表示領域内に表示することが可能
であるか否かを判定する。生成部は、表示することが可能である場合は、指示地点まで向
かって移動する指標画像を生成し、表示することが可能でない場合は、指標画像に付帯す
る付帯画像であって、表示領域外で指標画像が示しているであろう位置を、運転者に認識
させるための付帯画像を生成する。 (もっと読む)








【課題】 演出動作における表現に斬新さを与え、商品性、デザイン性を向上させることが可能な車両用表示装置及びその表示方法を提供する。
【解決手段】 少なくとも車両情報を含む所定の画像を表示可能な複数の表示手段100、200を備える車両用表示装置Aであって、所定の開始信号の入力に応じて、各表示手段100、200は、それぞれ少なくとも1以上のイベントからなる演出アニメーションを互いに連動するように表示する。表示手段として、前記開始信号の入力後に原点検出動作を行う駆動部材を備えない第一の表示手段100と、前記駆動部材を備える第二の表示手段200と、を備える。 (もっと読む)



【課題】車両の走行位置と当該走行位置における走行速度やエンジン回転数等の車両状態との関係が直感的に把握できる運転状況解析支援装置を提供する。
【解決手段】運転状況解析支援装置は、車両の走行位置と当該走行位置を走行しているときの車両状態(走行速度及びエンジン回転数)を含む車両情報に基づいて、走行位置により特定される地図画像P上の走行道路に、当該走行道路における最高走行速度に対応して予め定められた表示色で、走行軌跡の区間である軌跡線Kを、時系列的に順次表示するので、軌跡線Kを時系列的に順次表示することで車両の走行ルートを実際に走行した順路で再現できるとともに、当該各軌跡線区間における車両状況に応じて表示色を変えることができる。 (もっと読む)


【課題】電気自動車が、走行中に充電を要する事態や充電切れになることを防止するために、走行開始初期段階での、適切な表示を行い得る表示装置を提供する。
【解決手段】走行可能距離を算出し表示する表示装置における表示器1の負荷状態表示部2に、予め定めた標準状態での電装品の使用状態が表示されている。この標準状態を基礎として、標準走行可能距離を算出する標準状況算出手段と、標準状態での電力消費よりも大きい電力消費で、予め定められた電装品が使用されると想定された全負荷状態の基に、全負荷走行可能距離を算出する全負荷状況算出手段とが制御装置内に設けられている。算出された標準走行可能距離と、算出された全負荷走行可能距離とを並べて、標準走行可能距離表示部20と全負荷走行可能距離表示部21としてバーグラフ5、6にて表示する。 (もっと読む)




【課題】インストルメントパネルのモニターにおいて、その画面に運転席側および助手席側で個別に要求される画像を表示可能とし、かつ助手席側の乗員によるカーナビゲーションの各種操作を容易にする。
【解決手段】インストルメントパネル10のモニター14が、運転席側DSおよび助手席側NSに配列された少なくとも二つの画面14A,14Bを備えている。これらの画面に個別の画像を表示することが可能であるとともに、それぞれの表示内容を相互に切替えることが可能に設定されている。 (もっと読む)


1 - 20 / 264