説明

Fターム[3E014LB01]の内容

Fターム[3E014LB01]に分類される特許

1 - 20 / 53


【課題】収容物を取り出すための取出口を蓋う再粘着可能な蓋シールに未開封顕示機能を付加する。
【解決手段】蓋シール3は、開閉部31に隣接し袋体に付着した隣接部(両側隣接部34,35、両角隣接部)と、開閉部と隣接部との境界に形成された易引裂き部(ミシン目線34a,35a)とを有し、隣接部を袋体に付着したままにして開閉部を袋体から剥離することに伴って、易引裂き部において蓋シールの素材が切断されて開封される。蓋シールの開閉部と隣接部との境界の易引裂き部が切断されていないことによって未開封が顕示される。 (もっと読む)


【課題】蓋部を天面部に保持させやすく、且つ蓋部を閉めやすく、更に、蓋部の先端をロール状シートが切断されやすい形状に形成することが容易な家庭用薄葉紙収納箱を提供する。
【解決手段】天面部1から正面部3にかけて設けられたミシン目61を破断することにより形成された蓋部7を開けて露出させた取出口6からロール状シート20を取り出すロール状シート収納箱10において、ミシン目を破断することによって、平面視コ字状の切込みが形成されるとともに、ミシン目の背面部側の端部同士を結ぶ線をヒンジ軸7aとして折り曲げることで、蓋部が形成され、ミシン目が破断されることにより天面部に形成された一対の天面開口縁部13は、天面部の前後方向の所定の位置で互いに対向するように設けられた凹部13aを備え、蓋部は、前後方向に延在する一対の端部に、凹部に係止される等幅部位72a1を備える。 (もっと読む)


【課題】蓋部を天面部に保持させやすく、且つ蓋部を閉めやすい家庭用薄葉紙収納箱を提供する。
【解決手段】内部にロール状シート20を収納して、少なくとも天面部1に設けられた蓋部7を開けて露出させた取出口6からロール状シートを取り出すロール状シート収納箱10において、天面部1に設けられた係止部13と、蓋部7に設けられ、係止部13に差し込むことが可能な凸形状の切込み部73と、を備え、係止部13は、平面視T字状に形成され、蓋部7は、天面部1に設けられたヒンジ軸7aにより回動可能に構成され、切込み部73は、正面部3側が凸となるように形成されるとともに、指が挿入される大きさに形成され、蓋部7が背面部4側に回動されて切込み部73が係止部13に差し込こまれることで蓋部7が係止部13に保持される。 (もっと読む)


【課題】取出し口からの衛生用紙の取り出し時に、取出し口の長手方向の両端部と引き出される衛生用紙との摩擦抵抗を小さくし、衛生用紙を取出し口から円滑に取り出せるようにした衛生用紙収納箱を得る。
【解決手段】箱体1の上面パネル7に輪郭切り込み線21を設け、取り出し口20の輪郭形状は、長い略長方形を基本形状とし、取出し口20の両長辺20a,20aに相互に接近する方向に突出する第1フラップ部22,22を有する衛生用紙収納箱において、上面パネル7には、取出し口20の長手方向の一端または両端に、取り出し口20を拡張する拡張用第2フラップ部27,27を形成するための対向する2本の第2フラップ切り込み線28,28を設け、第2フラップ切り込み線28,28は、輪郭切り込み線21の対向する長手方向線の端縁部位から上面パネル7の長手方向両端側へ向かって伸び上面パネル7の長手方向両端に至らない範囲の長さに形成した。 (もっと読む)


【課題】従来のシート収納箱の、シート取り出し用開口部にシートの固定用シートを貼り付けたものは資源の面で無駄なものであり、開口部にシート固定用シートが貼り付けられてないものは、開口部縁が広すぎたために開口部自体が大きくなりシートの固定が弱くなるものや、開口部縁が近づきすぎたために開口部縁が部分的に小さくなりシートの取り出し抵抗が大きくなりすぎるという問題があった。
【解決手段】本発明は、従来の問題を解決するため開口部分の空間の面積を適度に狭めることでシートの動きを狭め、開口部縁を凸形状のなめらかな曲線とすることでシートをなめらかに滑らせやすくし、シートが開口部から出やすい部分とシートを引っかけやすい部分を効果的に構成した特願2009−290346の開口部において、組み合わせのバリエーションの明示により多様なセンスのユーザーに対応するシート収納箱である。 (もっと読む)


【課題】紙箱に設けられた開口予定部において、開口前の箱の美観と密閉性や強度を保持し、破断予定線通りスムーズに切り離し、直線で奇麗な開口縁にする事である。
【解決手段】紙箱10の内面側ではミシン目14とハーフカット線16のトムソン刃Gと刃Fを組み合わせて切り込むことでトムソン刃GとFの間の紙を層間剥離させてミシン目14のタイ部14bの剥離層と繋げる、外面側ではミシン目14のカット部14aの頂点付近Pで層間剥離させて、ハーフカット線15に連通させることでミシン目14のタイ部14bの剥離層と繋げて剥離した薄い層はちぎれることが無くなり、破断予定線どおりに繋がって直線の奇麗な開口縁となる。
破断予定線13の三本の切り込みは全てハーフカットであるので、密閉性や強度が優れている。
破断予定線のミシン目14のタイ部14bを破断する時に、紙箱の表裏で起こる剥離層の広がりを、あらかじめ表裏に入れたハーフカット線15と16で止める。 (もっと読む)


【課題】鏡を安定的に載置することができる家庭用薄葉紙収納箱を提供する。
【解決手段】内部に収納された複数のティシューペーパー100の各々が上面に形成された取出口11aから引き出されるティシューペーパー収納箱1において、略直方体形状の収納箱本体部11と、収納箱本体部11の上面に設けられた蓋部12と、を備え、収納箱本体部11と蓋部12との境界には、収納箱本体部11の上面の長手方向に延在する第1破断用切目線L11と、第1破断用切目線L11の両端から各々収納箱本体部11の上面の幅方向に延在する2本の第2破断用切目線L12と、が設けられ、第1破断用切目線L11及び第2破断用切目線L12を破断して、蓋部12を開けることによって、取出口11aが形成され、蓋部12を上側に突出するよう山型に折ることによって、所定の大きさの鏡200を立てておくことができる鏡置き部Pが形成されるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】包装袋のスリットから取り出される衛生薄葉紙に伴ってスリットまで引き出される次の衛生薄葉紙が、スリットで保持可能な位置まで上がってこれずに包装袋内部の前記空間に落ち込むことのない衛生薄葉紙製品を提供すること。
【解決手段】可撓性フィルムから形成された包装袋10と、包装袋10内部に収納された衛生薄葉紙束20と、を有し、包装袋10は、上面11にミシン目15を備えていてスリット15aを形成可能とされており、衛生薄葉紙束20は、JIS L 1096 E法に準じたハンドルオメータ法に基づいて測定されるソフトネスを1.0〜25.0cNとされ、坪量を25〜50g/m2とされた複数の薄葉紙20aが、スリット15aからポップアップ式に1枚ずつ取出し可能に積み重ねられることで形成されており、包装袋10を形成する可撓性フィルムは、厚みを10〜30μm、前記ソフトネスを1.0〜25.0cNとされている衛生薄葉紙製品X1とする。 (もっと読む)


【課題】ファッション性が良く、ゴミの減容化や低減が可能で平面置きあるいは自立置きのいずれでも使用できる使い勝手の良いウエットシート包装体を提供する。
【解決手段】フィルムまたはシートからなる自立タイプの袋体2を有し、この袋体2の内部にウエットシート5を積層して収容した状態で当該袋体2を密封した構成とする。袋体2の一側面21には、ウエットシート5を外部に取り出すためのウエットシート取り出し口6を形成すべき切り目7を入れ、この切り目7の内側全体および外側周辺部を覆う脱着可能なフラップラベル8を装着する。 (もっと読む)


【課題】破断予定線により箱本体と開口予定部とに区画され、破断予定線を破断して開口予定部を箱本体から切り離すことで開口を形成可能な紙箱について、開口予定部をスムーズに切り離し可能とし、開口縁の美観を改善する。
【解決手段】紙箱10の破断予定線13を、ミシン目14と、ミシン目14より外側の外ハーフカット線15と、ミシン目14より内側の内ハーフカット線16と、から構成する。ミシン目14の破断時には、開口予定部12が持ち上げられ、箱本体11が押えられるため、外面では箱本体11側に剥離しやすく、内面では開口予定部12側に剥離しやすい。剥離方向に先行してハーフカット線15、16があるため、剥離はここで止まり、箱本体11や開口予定部12に拡大してこれらを破損するのが防がれる。剥離がハーフカット線15、16に連通した以降は、この線に沿って開口予定部12は箱本体11からスムーズに切り離されてゆき、ギザギザのない綺麗な開口縁が形成される。 (もっと読む)


【課題】被包装物品積層体の一の表面に貼付した情報伝達票により消費者への購買意欲の促進や双方向的な広告効果を備え、広く頒布されることが可能なうえ、包装資源と作業工数を削減し生産時のリードタイムを損なうことのない包装体に関する。
【解決手段】複数の被包装物品20を積層した被包装物品積層体と、被包装物品積層体の表面上に設けられた第1添着部に添着され、表面に外部から視認可能な情報表示部31を有した情報伝達票30と、少なくとも情報伝達票の全面を被覆し、被包装物品積層体を構成する全ての被包装物品を固定する透光性樹脂フィルム40と、を含み、情報伝達票は、情報伝達票に設けられた第2添着部32において剥離可能な弱粘着手段により第1添着部に添着された包装体1。 (もっと読む)


【課題】ティッシュペーパーなどのいわゆる家庭紙の収納箱の上面において広範な情報掲示用スペースを確保しつつ、家庭紙の取り出し容易性を確保して家庭紙製品本来の機能が損われないようにする。
【解決手段】家庭紙収納箱として、1)蓋部の剥離により形成される取出口が箱上面部の長手方向の中心を境とした片面領域内に形成されるようにする、2)取出口の幅を上記長手方向の中心に近づくにつれて徐々に広くなるようにする、3)取出口の幅が最も広がった部分に取出口の中心側に凸となるようにされた折り曲げ自在のガイドフラップを形成する、4)箱上面部に対する蓋部の接続を、上記蓋部の全周にわたっては行わず上記長手方向の中心に近い部分に非接続部が与えられるようにして行う。これにより箱上面の片面に広範な情報掲示用スペースを確保しつつ家庭紙の取り出し容易性を確保することができる。 (もっと読む)


【課題】容易に乾電池を取り出すことができるとともに、使用済み乾電池と未使用の乾電池とを取り間違えることなく、簡便に未使用の乾電池を保管することができるブリスターパックを提供する。
【解決手段】天板3aと側壁3bとにより構成されて、複数の乾電池tが並列に収納される収納部3が形成されたケース体2と、このケース体2の収納部3の開口面を閉塞させる台紙4とを備え、台紙4に乾電池tを少なくとも一つ取り出せるフラップ状の開封口5が設けられている陳列用のブリスターパック1において、収納部3の天板3aに、天板3aを水平面に載置して開封口5を上方に位置させた際に、乾電池tを開封口5に向かわせる傾斜手段6を設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】包装体に表示する装飾デザインの自由度を高めることができる技術を提供する。
【解決手段】ウェットティッシュ収容空間200aを有する本体を形成する基材シート210には、第1の蓋部材213の外周縁に沿って切込み212が形成されている。中間シート220には、第2の蓋部材223の外周縁に沿って切込み222が形成されている。内部シートには、開口232aの外周縁に沿って切込み232が形成されている。中間シート220の一方の面は、第1の接着剤224により、第2の蓋部材223が第1の蓋部材213と対向する位置に配置された状態で、基材シート210の裏面に接着される。中間シート220の他方の面は、第2の接着剤225により、開口232aが第2の蓋部材223と対向する位置に(開口232aが第2の蓋部材223によって覆われるように)配置された状態で、内部シートの一方の面に接着される。 (もっと読む)


【課題】主部としての紙製の箱本体と、箱本体に固着された異質部としてのプラスチックフィルムとを容易に分離することができる包装材料を提供する。
【解決手段】箱本体3の天板4の裏側には、プラスチックフィルム7が天板4に固着されている。固着部位9は天板4の取り出し口5の口縁とプラスチックフィルム7の外縁との間に位置にしている。プラスチックフィルム7の外縁は自由端になっている。天板4には、分断予定部10が形成されており、この分断予定部10に囲まれた領域が分離部15となる。分断予定部10はミシン目11、11と切り込み部13、13とで構成されている。ミシン目11、11に沿って破断することで先ず箱本体3から分離部15を容易に分離でき、さらにその分離部15からプラスチックフィルム7を引き剥がすことで、プラスチックフィルム7と箱本体3を構成する紙とを容易に分別することができる。 (もっと読む)


【課題】商品陳列時等の使用前に箱外部から中身を視認できるものでありながら、使用時の外観が従来に近く簡素であり、見栄えが良い、衛生薄葉紙収納箱を提供する。
【解決手段】上記課題は、箱上面1Uに、上面裂開用ミシン目線11内に収まるように、又は上面裂開用ミシン目線11内及びその周囲部に跨り且つ取り出し口12を内側から覆うフィルムシート2と重なるように、中身視認用窓30を開口することにより解決される。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、衛生紙を収納するフイルムレスの収納箱であって、大きなごみが入りにくく、衛生紙の取り出し感が滑らかであり、さらに上面に保持された衛生紙が落下したり前かがみに崩れたりすることなく、しかも衛生紙が前記箱の上面で引き離される際、滑らかに引き離され、また箱や衛生紙の材質に応じて取り出しの滑らかさを調節できる安定した衛生紙の収納箱を開発し、提供することである。
【解決手段】2つの羽部を開口部をもち共通の切り込み線状に凹凸の谷部、山部を設け、互いにかみ合うようにして、さらに衛生紙の収納箱の羽部に各種切り込みをいれ、またそのスリットの端部に加工をし、取り出し口全体を、効果が高まる方向へ回転させ、斜めに配置したりする。 (もっと読む)


【課題】意匠性に優れ、需要者の購買意欲を喚起するとともに使用者に斬新な印象を与え、かつ、室内等に配置して使用する際の趣向性及び娯楽性に富んだ衛生用紙入りカートンを提供する。
【解決手段】箱状を呈するカートン本体20と、カートン本体20の内部空間に収納される、複数枚の衛生用紙でそれぞれ構成された二組の衛生用紙束と、を備え、上面2には、衛生用紙をカートン本体20の外部へと、二組の衛生用紙束のそれぞれから取り出す二つの取出口15A,15Bを有する開口部17を形成可能な切込線が形成されており、正面6Aには、それぞれの一部が二つの取出口15A,15Bからカートン本体20の外部へと引き出された二つの衛生用紙5A,5Bと組み合わされて、全体として一つのまとまったデザインが構成されるデザイン要素25が表されている衛生用紙入りカートン1である。 (もっと読む)


【課題】内部に収納される薄葉紙積層体Sを一体として簡単に取り出すことができる薄葉紙収納箱10とする。
【解決手段】六面体状の薄葉紙収納箱10について、側面20を、前面13から延出し境界線L1で山折りされた横フラップ22と、上面11から延出し境界線L2で横フラップ22上に山折りされた上フラップ21と、を有し、上フラップ21を引き上げると、側面20が開口し、この開口時においては、下面12から延出する下フラップを有さない構成とされている。 (もっと読む)


【課題】汎用性に優れ、かつ、様々な方向からティッシュペーパーを容易に取り出すことができ、更に、プラスチック製のフィルムなどを用いなくても使い勝手の良い箱ティッシュおよびそれに用いる収納箱を提供する。
【解決手段】上面12に上面取出口12Aが切割線で切り取れるように形成されている。上面12と側面14とにより構成される角部15には、上面12および側面14のそれぞれ一部と、その2面に隣接する2つの側面16,17のそれぞれ一部とを切り取るように、切割線で形成された角部取出口15Aが設けられている。角部取出口15Aには、稜線15Bに向かって突出した2対の角部突出部15Cが設けられ、稜線15Bの中心と両端とには切取面積が拡大された角部取出拡大部15Dが設けられている。 (もっと読む)


1 - 20 / 53