説明

Fターム[3E014PB02]の内容

内容物取出用特殊手段を持つ容器、包装体 (24,623) | 吐出状態 (3,187) | ジェット (157)

Fターム[3E014PB02]に分類される特許

1 - 20 / 157


【課題】収容室の内圧を安定的に高め、操作性に優れた吐出容器を提供する。
【解決手段】高圧ガスGを収容するガス缶40と、ガス缶に上方付勢状態で貫設された噴出ステム41と、を有し、噴出ステムがガス缶に対して相対的に下降することで、ガス缶内の高圧ガスを噴出ステムから噴出させて容器2内に導入させるガスボンベ4と、噴出ステムに上方から係合するステム係合部5と、ガス缶及びステム係合部のうちの何れか一方を他方側に向けて付勢し、収容室21内の内容物Xの吐出に伴い一方を他方側に向かって移動させる付勢部材7と、が備えられ、容器は、その内部空間を、収容室と、ガスボンベから高圧ガスが導入されるガス導入室27と、に区画する可動隔壁部26を備え、可動隔壁部は、ガス導入室に導入された高圧ガスの圧力によって、収容室の内容積を減縮させ、かつガス導入室の内容積を増大させるように移動可能に配設されている。 (もっと読む)


【課題】 使用に際して人の手のみならず器具自体も便器に触れない点で極めて衛生的であり、付着性に優れ、トイレの便器内壁面への適用直後から使用することができ、さらに便器内で長時間ゲル状態を保持できるトイレ用芳香洗浄剤を提供することである。
【解決手段】 便器内壁面に付着させて使用するトイレ用芳香洗浄剤であって、下記の成分(A)〜(F)を含有するゲル状組成物であることを特徴とするトイレ用芳香洗浄剤である。
(A)水 25〜55質量%
(B)グリセリン 5〜30質量%
(C)非イオン性界面活性剤 20〜45質量%
(D)アニオン性界面活性剤 0.5〜5質量%
(E)香料 0.5〜10質量%
(F)油脂 0.5〜5質量% (もっと読む)


【課題】ポンプ式製品用の内容物収容容器に関して、容器本体の少量残留内容物の効率的な放出動作を確実化し、また当該放出動作における利用者にとっての利便化を図る。
【解決手段】容器本体1の底面側部分に、吸上げパイプ5の下端側流入口5aと当接して傾動可能な底板部材2を設けた。底板部材2の周囲には容器本体1の内周面と密接して下端側領域1fへの内容物流入を阻止する環状シール部3が設けられている。下面中央の球状垂下部2cが鞘状支持部1cで保持された底板部材2は平面360度の任意の角度方向に傾動する。内容物補充後の開口首部1aに内容物放出機構6を取り付けると、底板部材2は吸上げパイプ5の先端部分の押圧作用により傾動して流入口5aが傾動底板部材の最下縁部分に位置するので、容器本体内容物が少なくなった段階でも利用者は容器本体1を傾けるなどしなくても略最後の内容物まで放出することができる。 (もっと読む)


【課題】暗所や狭小部でも、内容物を正確に噴射できる噴射容器及び容器入り殺虫剤を提供する。
【解決手段】内容物を収納する容器本体3と、該容器本体3に装着され内容物を噴射する噴射ノズル22と、該内容物の噴射方向Fと略同方向に光を照射する光照射手段とを備えることよりなる。前記光照射手段は、LEDを光源とすることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ステムからの連通路内に噴射後の残留物があってこれを掻き出して簡単に洗浄できるエアゾール容器用のアクチュエータを提供すること。
【解決手段】エアゾール容器11のステム15,15を囲んでアクチュエータ本体41を装着固定し、各ステムと連通する複数の独立した連通路42aが形成され一端部に噴射口が他端部に各ステムへの嵌合連結部が形成されたノズル本体42をアクチュエータ本体41に設ける。ノズル本体42の噴射口から連通路42aに、内溶液の流路を形成する流路部および噴射後の残留物を掻き出す掻き出し部を備えた掻き出し洗浄部材43を挿脱可能に装着しておき、この掻き出し洗浄部材43を連通路42aから引き出した掻き出し洗浄位置を保持手段44で保持するように構成する。ノズル本体42から掻き出し洗浄部材43を引き出して、連通路42a内の残留物を掻き出した上で、洗浄路として水を流して連通路42aを洗浄する。 (もっと読む)


【課題】従来のボトル容器は、内部の底面が平面または凸面になっていたこと、不透明なボトル容器は、液面の状態が分からないこと、ノズルの吸い込み口の向きが分からないことから、内容物を最後まで残さず使用することは不可能であった。粘性が高いものを使用しているポンプボトル容器は、使用していると内容物の中心部が凹み、空気を吸い込み内容物が出てこなかった。スプレーボトル容器は、一般的に斜め向きで使用するが、ノズルの吸い込み口がどちらを向いているか分からないため、空気、ガスしか出てこないことがあった。
【解決手段】内容物を最後まで使い切ることができるよう、ボトル容器の内部の底面は内容物が中心に集まるよう中心部を窪ませた凹面構造とする。これにより自重で内容物が中心部に集まる。また、スプレーボトル容器は一般的に斜めにして使用するが、凹面構造にしたことより、ある程度斜めで使用しても最後まで使用可能となる。 (もっと読む)


【課題】再充填可能なエアゾール容器の開口側円筒状部に取付けるネジキャップの締めトルクのばらつきを防止して、開口側円筒状部とシール部材との過度な密接状態を防止し、ネジキャップの取り付け・取り外しの簡単化,安定化を図る。
【解決手段】ネジキャップを、従動爪(3e,3h)を有し容器本体の開口側円筒状部に螺合する内筒状キャップ3と、駆動爪4dおよび回動操作面4aを有する外筒状キャップ4とで構成した。従動爪および駆動爪は回動方向に対する直交面(3f,3j,4e)と斜面(3g,3k,4f)とを有している。ネジキャップを容器本体に取り付けるときには斜面同士が当接し、また取り外すときには直交面同士が当接して、操作トルクを伝達する。取り付けるときに一定以上の操作トルクが加わると斜面同士が滑り、外筒状キャップ4が空回りして操作トルクが内筒状キャップ3に伝達されない。 (もっと読む)


【課題】本発明は、噴射する液形態の種類を多くすることができ、また異なった形態の液が混ざることがなく、更にまた正面からの噴射する液形態の区別が簡単に可能なノズル、を有するトリガースプレイヤーを提供すること。
【解決手段】シリンダー部22内の液をピストン体3で加圧しノズル部Nから噴射させるトリガースプレイヤーAであって、ノズル部が回転ノズル部6を有し、該回転ノズル部6の噴射口61Aが回転ノズルの中心から一定半径線上に複数個設けられていることを特徴とするトリガースプレイヤー。 (もっと読む)


【課題】正立時も倒立時も確実に液の噴出が可能であり、しかも構造が簡単であり、従来の蓄圧式の液体噴出器に簡単な改良を施すことで形成できる優れた正倒立噴出可能な液体噴出器を提案するものである。
【解決手段】周壁部20下部に設けた連通孔21上方に逆止弁32を備えたシリンダB2と、蓄圧式の吐出弁52を備えた作動部材B3と、シリンダB2との間に流通用の隙間60を設け、自重でシリンダB2に対して相対上下動する筒状のアダプターB4とを備え、シリンダB2とアダプターとの間に、正立時に流通用の隙間60を遮断する上部シール部61と、倒立時に流通用の隙間60を遮断する下部シール部とを設け、正立時には上部シール部61が遮断し、下部シール部が開放されてアダプターB4下端部と連通孔21とが連通し、倒立時には下部シール部が遮断し、上部シール部61が開放されてアダプターB4上端部と連通孔21が連通する。 (もっと読む)


【課題】家庭で発生する使用済みのアルミ缶やペットボトルの廃棄前に実施する洗浄に対し、手を濡らさずに素早く洗浄を可能とした飲料容器洗浄器具を提供する。
【解決手段】
脱着可能な底板を具備する内部が空洞のドーム型で柔軟に弾性変形する樹脂からなる貯水タンクにおいて、注水が容易な注水受口と、注水受口の下部に逆止弁と、貯水タンク中央の上部に突起物を有したノズルとノズル周囲が五徳状の突起物を配置したことを特徴とした飲料容器洗浄器具。 (もっと読む)


【課題】内容物噴射口をスライド式の操作部材で覆って保護するエアゾール式製品やポンプ式製品の容器カバー体において、この単一の操作部材の選択的な操作で作動モードから静止モードまたはガス抜きモードへの移行の確実化,効率化を図る。
【解決手段】スライド式の操作部材7のガイド部を、静止モードまたはガス抜きモードを設定する固定式の前ガイド部5f’と、左側の前側自由端が下方に撓む片持ち梁状の後ガイド部5f''とで構成した。操作部材は、後方位置の作動モードから板バネ8の付勢力で前ガイド部の上面に沿いながら前方にスライドして静止モードに自動復帰する。作動モードの操作部材7を、その上面前端を押下して後ガイド部の前側部分を下方に撓ませながら前方に復帰させると、操作部材は、その前部分が内容物噴射部6を噴射位置に変位させた状態で前ガイド部の下側に入り込み、ガス抜きモードに保持される。 (もっと読む)


【課題】ステムB2内に嵌着したピストンロッド30の上端部に設けた逆止弁用の弁座32とで逆止弁74を形成する逆止弁用の弁部73を上端部に設けポペット弁体Cを備え、逆止弁用の弁座が逆止弁用の弁部の圧接力に充分対応することができる優れたポンプを提案する。
【解決手段】逆止弁用の弁部73に対する逆止弁用の弁座32の圧接部位の上端縁が、逆止弁用の弁座32の外周上端縁と同じか又は下方に位置することで、逆止弁用の弁体の圧接力に充分対向でき、逆止弁用の弁部が逆止弁用の弁座を変形させたり、逆止弁用の弁座に対する逆止弁用の弁体の食いつきを生じることがなく、その結果作動噴出部Bの押し下げが重くなる等の不都合を防止した。 (もっと読む)


【課題】高圧噴射の機能を確保しつつ、噴射パターンの切り換えが可能な液体噴出器を提供する。
【解決手段】本発明は、容器20の内容物を吸引、加圧及び圧送するポンプ2を有し容器口部21に装着されるボディ1と、ポンプに通じる開孔A1を有しボディ1の先端に固定される連結部材4と、連結部材4からの内容物を調圧する調圧弁5と、調圧弁5からの内容物を噴出させる開孔6aを有し連結部材4に保持されるノズル6とを備え、ノズル6と連結部材4との間に、調圧弁5の収納空間Sを形成し連結部材4に固定される中間部材7を設け、中間部材7に、ノズル6の背面に設けた凹部6nに嵌合保持される凸部7pを設けると共に、凸部7pの外周面に、周方向に間隔を空けて、空間Sに通じる断面積の異なる複数の凹溝7g1,7g2を形成し、ノズル6の凹部6nに、開孔6aに繋がる複数の凹溝6g1を形成すると共に、当該凹溝6g1が凹溝7g1(7g2)に連通するように、当該ノズル6を連結部材4の周りに回転可能に保持する。 (もっと読む)


【課題】吸上げパイプを連結筒部に強固に連結する。
【解決手段】吐出孔11を有する吐出ヘッド12と、容器体内に配設される吸上げパイプ13と、吐出ヘッド12と吸上げパイプ13との間に配設され、吸上げパイプ13を通して容器体内の内容物を吸上げて吐出孔11から吐出させるポンプ体14と、を備え、ポンプ体14に、吸上げパイプ13が連結される連結筒部23が備えられた吐出器1であって、連結筒部23は内筒24および外筒25を備えるとともに、吸上げパイプ13はその上端部が内筒24と外筒25との間に差し込まれて連結筒部23に連結され、外筒25には、その径方向の内側に向けて突出し、吸上げパイプ13の上端部を内筒24に押し付ける突出部26が形成されている。 (もっと読む)


【課題】
エアゾール内容物の噴射完了後に押釦の噴出路内に残留したエアゾール内容物を、簡易な構成により外部に排出してアフタードローを防止するとともに、エアゾール内容物の噴射完了後に押釦内にエアゾール内容物が残留するのを抑制して、次回の噴射時に於けるエアゾール製品の品質を良好に保つ。
【解決手段】
エアゾール容器6のステム7と連通し一端部をノズル4とする噴出路5を設けて押釦1を形成する。押釦1に噴出路5と隣接して噴出路5の密閉部材12をこの噴出路5の軸方向の一端部から他端部まで配置する。ステム7の押圧によるエアゾール内容物の噴射後に、密閉部材12を前記噴出路5側に移動させて前記噴出路5を密閉する。前記噴出路5内に残留したエアゾール内容物をノズル4から外部に排出する。 (もっと読む)


【課題】本願発明はインクカートリッジホルダ、インクカートリッジ及びインクジェット印刷システムを提供する。
【解決手段】インクジェット印刷システムは、インクカートリッジ26とインクカートリッジホルダ1とから構成される。上記カートリッジホルダは印刷フレーム25に取り付けられる。上記カートリッジホルダは少なくとも4つのカートリッジ取付部2を有する。上記カートリッジホルダ1の外側にはチップが備えられる。上記チップはPCB板とチップ部材とからなる。上記チップ部材はカートリッジ取付部に対応して同じ数だけ備わる。上記PCB板3はコントロールキー4を有する。上記コントロールキーの回路と上記チップ部材とは電気接続される。 (もっと読む)


【課題】従来の二重容器やデラミボトルにおける制約や難点を解消するものであり、外殻を形成する外容体と減容変形機能を発揮する内容体からなる二重容器において外容体の口筒部を広口にする等の形状的な制約を小さくし、外容体と内容体の簡略な組付け固定を可能とする合成樹脂製二重容器を提供する。
【解決手段】合成樹脂製二重容器において、外容体11と内容体21は共に合成樹脂製のブロー成形壜体で、内容体は、肩部23から底部25にかけての部分を萎み変形が自在に薄肉に成形したものであり、また内容体は、肩部から底部にかけての部分を萎み状、あるいは押潰し状に縮径変形させて外容体の口筒部12を通して、内部に挿入後、前記縮径変形部分を膨出状に元の形状に復元させたものであり、外容体から内容体が抜け出し不能に、内容体の肩部が外容体の肩部13に下方から係止する構成とする。 (もっと読む)


【課題】少ない液化ガス量で原液を非常に細かな粒子で噴射できるため、粒子の数が非常に多くなり(粒子の総面積が大きくなり)、効果が高く、空気中に噴射した場合は長時間滞留でき、殺虫、消臭、芳香効果が高く、噴射の勢いが抑制され、ソフトに噴射できるエアゾール製品および該エアゾール製品に充填されたエアゾール組成物を噴射するエアゾール組成物の噴射方法を提供する。
【解決手段】少なくとも2種の溶剤を含有する原液と液化ガスからなるエアゾール組成物が充填され、断面積が0.005〜0.06mm2である噴射孔を備えた噴射ボタンを有するエアゾール製品および該エアゾール製品を用いて噴射した粒子の平均粒子径が15μm以下、該エアゾール組成物の噴射量が0.3〜1.2g/5秒となるよう噴射するエアゾール組成物の噴射方法である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、2本のエアゾール容器に装着され、各容器内の内容物を同時に吐出するものであって、その内容物が通る通路を簡単に洗浄することができる吐出装置を提供する。
【解決手段】吐出装置11は、ノズル部27(筒部)を有するノズル部材18と、そのノズル部材18に着脱自在に装着される通路形成部材19とを備えている。この吐出装置11は、通路形成部材19をノズル部材18に装着することにより、各エアゾール容器内の内容物をノズル部材18内に導入する2つの導入部と、ノズル部材18内に導入された内容物を吐出する吐出孔と、前記吐出孔と導入部とを連通する吐出通路とが形成される。 (もっと読む)


【課題】エアゾール容器のロック機構を提供する。
【解決手段】噴射ボタン1と、噴射口4が臨む噴射窓と相対する後方凹部を備えたキャップ2と、キャップが周方向回動可能に嵌着される肩カバー3からなり、噴射ボタンは外周面に突起を有し周壁に第1深切欠部7aとその周方向一方側に隣接する第1浅切欠部7bからなる第1切欠部を備え、キャップは第1中央孔部8の内周面に第1切欠部に嵌入し噴射ボタン下動を規制する規制突起9を備え、第2中央孔部16を形成する環状周壁17の下端部に第2切欠部20aが形成され、噴射ボタン突起を第2切欠部に嵌入し規制突起を第1深切欠部に嵌入すると噴射ボタンが上下動可能で噴射口が噴射窓に臨むロック解除状態となり、キャップを周方向一方側に回動させると規制突起が第1浅切欠部に嵌入し噴射ボタンが下動不能で噴射口が隠蔽されるロック状態となる。 (もっと読む)


1 - 20 / 157