説明

Fターム[3E038KA06]の内容

タイムレコーダ・稼動の登録 (14,139) | 投票機 (150) | 射幸用(競馬等) (84) | 投票者が操作するもの (49)

Fターム[3E038KA06]の下位に属するFターム

自販機 (11)

Fターム[3E038KA06]に分類される特許

1 - 20 / 38


【課題】既存の投票カードを使用してトータリゼータ端末により重勝賭式の投票券の購入を可能にする。
【解決手段】ホスト重勝情報格納部21は、ホスト通信部8を介してホストコンピュータから重勝の情報を取得し、投票カード読取情報比較部22がその重勝の情報と既存の投票カードに記入された購入情報とを比較してその購入情報が重勝対象かどうかを判断する。重勝選択画面制御部23は、購入方法をファンに選択させる制御を行い、重勝購入が選択された場合、重勝購入情報格納部24は、重勝対象のデータを蓄積していき、すべての投票カードを読み込んだ段階で、重勝購入確認画面制御部25が重勝購入可能情報リストの表示、重勝購入可能情報の選択、金額の入力および重勝購入確認の制御を行う。重勝購入が確認されると、発券部5により、重勝投票券の発券が行われる。既存の投票カードを使用できるので、重勝賭式の導入コストなどを抑制できる。 (もっと読む)


【課題】逆転オッズ情報を抽出するオッズ情報抽出装置、及び、それを備えたオッズ画面配信システムを提供する。
【解決手段】オッズ画面配信システム200は、オッズ情報抽出装置210と、オッズ情報抽出装置210から出力されたオッズデータと逆転オッズ情報とに基づいてオッズ画面を生成し、生成したオッズ画面を複数の表示装置103に配信するテレビ制御装置220とを含む。さらに、オッズ情報抽出装置210は、ホスト機器101からの複数の投票方法に関するオッズデータから異なる投票方法の投票内容間で当選確率に対してオッズが逆転する逆転現象に関する逆転オッズ情報を抽出する抽出部211と、ホスト機器101からのオッズデータと抽出部211により抽出された逆転オッズ情報とを記憶するデータ部212とを含む。 (もっと読む)


【課題】高いセキュリティを保持しつつ、発券に時間を取られない発券装置及び発券システムを実現する。
【解決手段】申込用紙に記載された申込内容である読取情報を読み取る読取ステップと、申込用紙を読み取った場合に、投票券に読取情報と読取情報とともに投票券に共通して印字させるための所定の印字情報とを仮の状態で印字する第1の印字ステップと、ホストコンピュータ151から、ホスト印字情報とホストコンピュータから送信された最終的に利用者に発券される投票券に関する発券情報とを受信する通信ステップと、印字情報とホスト印字情報とを照合して両者が一致するか否かを判定する判定ステップと、両者が一致すると判定した後に、読取情報と印字情報と発券情報とを投票券に印字する第2の印字ステップと、第2の印字ステップにおいて読取情報と印字情報と発券情報とが印字された投票券を発行する発券ステップと、を含む。 (もっと読む)


【課題】未成年者のなりすましによる公営競技への参加を防止する。
【解決手段】投票システム1では、自動取引装置2の生体認証取得手段2cでユーザの生体認証情報が取得され、公営競技ホストコンピュータ4の判別手段4cがユーザ情報記憶手段4aを参照して、自動取引装置2から送信された生体認証情報に対応する年齢の判別を行うようにした。これにより、ユーザは金融機関の自動取引装置2を用いて公営競技に参加できるため、自動取引装置2の利便性が向上し、公営競技への利用拡大が図れると共に、未成年者のなりすましによる公営競技への参加を防止することができる。 (もっと読む)


【課題】操作が簡便かつ迅速で、つり銭に関する利便性が改善された投票券発売払戻装置およびその現金管理方法を提供することを目的とする。
【解決手段】ネットワークを介してホスト装置と投票券発売払戻装置とが接続された投票券発売払戻システムによる現金管理方法であって、電子マネーの残額を読取ること、入力された投票内容を取得すること、前記電子マネーの残額により前記投票内容が決済可能か否か判断すること、前記判断の結果、残額が不足する場合には、入金を要求すること、貨幣の入金を確認すること、前記電子マネーの残額および前記入金された貨幣により、入力された前記投票内容が決済可能であり、かつ前記ホスト装置からの許可がある場合に投票券を作成すること、作成した前記投票券の代金に対してつり銭が生じた場合に、前記つり銭を電子マネーと貨幣とに振分けること、により上記課題の解決を図る。 (もっと読む)


【課題】投票券の印刷濃度を自動調整する発券機及びその自動調整方法を提供する。
【解決手段】投票券発券機1の運用中に投票券に印刷されたQRコード29の3つの角部に同一パターンで印刷される「切り出しシンボル」を一定印刷部分41として読出し、そのマッチング率と黒レベルを算出し、2段階に分けたマッチング率と3段階に分けた黒レベルとの対応関係から、サーマルヘッド31への印加エネルギーを10%下げるか2%下げるか、10%上げるか2%上げるか、印刷をリトライするかそのままOKか、を判定する。 (もっと読む)


【課題】既に発行された投票券と同様の申込内容で申し込まれる場合において、利用者が申込内容を申込用紙に記載する手間を省くとともに、申込用紙の消費量の低減を図ることが可能な発券装置を提供する。
【解決手段】発券装置100は、申込用紙および投票券が挿入される挿入口と、挿入口から挿入された申込用紙に記載された申込内容、および、挿入口から挿入された投票券に記載された情報を読み取る券面読取部5と、券面読取部5により読み取られた申込用紙の申込内容に基づいて、投票券を発行する発券部6とを備える。発券部6は、券面読取部5により読み取られた発行済の投票券の情報に基づいて、投票券を新たに発行することが可能なように構成されている。 (もっと読む)


【課題】集計誤差の発生を抑制すること。
【解決手段】端末装置200a、200bは、ホストコンピュータ100から投票券の発売停止通知を受けた後にホストコンピュータ100から集計の停止を予告する減算停止予告通知を受信する。そして、予告通知を受信したときに、発券のキャンセルを行っているか否かを判断する。発券のキャンセルを行っている場合、発券のキャンセル後にホストコンピュータ100に減算完了通知を送信する。 (もっと読む)


【課題】投票券を記念する記念投票券を投票券の発券装置を利用して迅速に発券する。
【解決手段】投票カード情報読み取り機構206と、読み取った情報をもとに投票券を発行するための投票券情報を作成する投票券情報作成手段207と、作成された投票券の情報にしたがって投票券を印刷する投票券発券機構210と、公営競技の終了後、投票券を読み取り、的中したか否かを判別する投票券的中判別手段204と、的中した投票券を記念する記念投票券を発券するための情報を作成する記念投票券情報作成手段208と、的中したと判別された投票券の情報を受け取り記憶する投票券情報記憶手段211とを備え、記念投票券情報作成手段208は、投票券情報記憶手段から的中した投票券の情報を受け取り、受け取った投票券の情報を切り換えて選択可能に所定の順序で順次表示するための情報表示選択手段を備え、選択された投票券を記念する記念投票券を発券する。 (もっと読む)


【課題】的中していない券類を排出部を介して顧客に返却する返却部を有する券処理ユニットにおいて、複数枚の券を処理する場合に、顧客が返却部に搬送された的中していない券を1枚ずつ逐次抜き取る必要を無くして、顧客が装置の前にいる時間を短縮する。
【解決手段】排出部12に、券類を返却部13に搬送するアシストローラに券類の両側端が載るようにしエスケープローラを当接するように対向配置すると共に、このエスケープローラの中間に位置するようにソレノイド等の駆動装置によって駆動される叩き落しローラを配置して、的中してない券が搬送されると、このエスケープローラを支点を介して回動させる同時に叩き落しローラを駆動して、排出ステージ上に券類を集積可能とした。 (もっと読む)


【課題】公営競技の投票又はくじに外れた投票者の落胆の度合いを考慮に入れたポイントを付与する。
【解決手段】ホストサーバ10は、各ユーザ端末20からなされた公営競技やくじの投票のうち、予想が外れた投票に対して、その予想がどれだけ惜しい投票であったのかを示す惜敗度を、予め設定されている惜敗度算出ルールに基づいて算出する。そして、ホストサーバ10は、算出した惜敗度と購入金額に対応したポイントを、その投票の購入者に対して付与する。 (もっと読む)


【課題】スポーツくじの購買意欲を促進し、かつ、地域振興を容易に図ることができるスポーツくじ販売方法を提供する。
【解決手段】ユーザ端末と通信可能なスポーツくじ販売装置が、前記ユーザ端末のアクセス地域を判断するアクセス地域判断ステップと、前記アクセス地域に予め関連付けられたチームを、ホームチームと判別するホームチーム判別ステップと、前記ホームチームの順位と対戦チームの順位との差分に応じて、スポーツくじの価格の割引率を決定する割引率決定ステップと、前記ホームチームが勝つという予想のスポーツくじを、スポーツくじの標準価格に前記割引率を乗じた金額をスポーツくじの標準価格から減じて販売するスポーツくじ販売ステップと、を少なくとも実行する。 (もっと読む)


【課題】気軽に取引を開始できるようにする。
【解決手段】電子通貨が設定されている利用者端末30から投票への参加要求を受け取ると、残高情報取得手段12は、端末IDを取得し、管理サーバ20から電子通貨残高の情報を取得する。電子通貨残高を取得したら、残高確認手段13は、投票券の購入用口座の開設に必要な開設用資金額と比較し、購入用口座開設の可否を判定する。口座開設手段14は、開設用資金額が確保されているときは、開設用資金額を設定して購入用口座を開設する。そして、端末IDに関連付けた口座情報を口座情報テーブル11aに登録するとともに、管理サーバ20に開設用資金額を通知して電子通貨残高の更新を指示する。 (もっと読む)


【課題】端末を利用したくじの投票において、ユーザによる投票用端末に対する予想情報の入力を補完して、ユーザに対する利便性を向上させること。
【解決手段】スポーツくじに投票するための投票用端末20と通信可能に接続され、投票用端末20に対する試合の結果予想の入力を補完するスポーツくじ管理サーバ10は、投票用端末20より送信された優先情報を受信し、記憶する優先情報受信部101と、投票用端末20より送信された入力補完要求信号を受信する入力補完要求信号受信部102と、入力補完要求信号を受信すると、記憶した優先情報及びチームの対戦情報に基づいて、試合の結果予想を入力補完情報として作成する入力補完情報作成部103と、作成した入力補完情報を投票用端末20に送信する入力補完情報送信部104と、備え、投票用端末20は、受信した入力補完情報を表示部22に表示する。 (もっと読む)


【課題】顧客の希望やキャリーオーバー状況に応じて、効率的に宝くじを販売するための宝くじ販売支援システム、宝くじ販売支援方法及び宝くじ販売支援プログラムを提供する。
【解決手段】くじ販売支援サーバ20の制御部21は、キャリーオーバー情報の取得処理を実行する。更に、制御部21は、キャッシュカード50のメモリ51に記録された登録ナンバー、申込タイプ、基準購入枚数に関するデータを取得する。そして、基準購入枚数から、キャリーオーバーに応じた購入枚数を決定する。次に、制御部21は、口座残高情報を取得し、購入必要金額以上の口座残高がない場合、制御部21は、口座残高に応じて購入枚数を修正する。そして、制御部21は、購入確認画面を表示し、登録ナンバーが選択された場合には、くじ販売支援サーバ20の制御部21は、宝くじ販売処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】紙媒体を発行する代わりに2次元バーコードを用いて、投票情報の照合および配当金の払戻しを行うための手段を提供する。
【解決手段】発券端末2は、顧客が携帯電話1の表示画面に表示した2次元バーコードを読取部4で読取って、その2次元バーコードを決済サーバ20に送信し、決済サーバ20は、受信した2次元バーコードをもとに登録顧客データと投票データをデータベース22に格納し、レース結果が確定した後、発券端末2は、再度顧客の携帯電話1から2次元バーコードを読取ったときに、その2次元バーコードを決済サーバ20に送信するで、決済サーバ20から払戻し額を受信して、その払戻し額に従って現金を支払うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】利用者自らが操作して投票を行なう公営競技の自動発券端末において、特に、的中した投票券の的中金額を全額利用して次レース以降の投票券を購入する際に複数の組合せに投票できるようにし、また、端数金額を金額情報として残すことで払い戻しの手間を省く。
【解決手段】投票を行なうためのマークカードに従来の金額指定欄と全額指定欄を設けて複数の組合せに投票できるようにした。また100円以下の端数を初めとする残金が出た場合、払い戻しを行なう代わりに当該残金を投票券に情報として記録して金券扱いとして残し、その後のレースにも使えるよう工夫することで、都度100円以下の残金払い戻しを受ける手間を省くことができる。 (もっと読む)


【課題】的中した投票券をシステム内に保持しておき、この的中投票券の払戻額に相当する金銭価値を使用して後の投票を行うことができる電子投票システムを提供する。
【解決手段】利用者端末から公営競技の投票を行う電子投票システムであって、予め登録された認証情報を利用者端末から受信して、利用者の認証を行う認証手段と、利用者認証された利用者端末から公営競技の投票情報を受信して、該投票情報に基づいて、公営競技の主催者投票管理システムに対して、投票券の発券要求を行う発券要求手段と、発券を行った競技の結果情報を主催者投票管理システムから受信する競技結果情報取得手段と、競技の結果情報と発券した投票券情報とに基づいて、該投票券情報が的中であった場合に、所定期間内において該的中投票券情報と利用者の識別情報とを関連付けて内部に保持する的中投票券情報保持手段とを備えた。 (もっと読む)


【課題】競技場・レ−ス場からの遠近を問わず、投票・払戻端末機を利用して気軽に、カ−ドのポイントで、競技・レ−スを楽しむようにする。
【解決手段】公営又は私営の各種競技・レ−ス等の各種デ−タを音声・映像又は印刷物等で表示し、投票者が選択して情報を得る手段と、上記端末機で投票する手段と、カ−ドサ−ビス部門のコンピュ−タ−で、投票金はクレジットカ−ドのポイントから差し引き、配当金は上記カ−ドにポイントとして加える手段と、上記端末機でポイントを現金に換金する手段と、を有することを特徴とする投票・払戻端末機システム。 (もっと読む)


【課題】臨場感があり、ユーザにとっての使い勝手の側面でも満足度の高い電子投票システムを提供することを可能とする。
【解決手段】サテライトシステム17は、公営競技を実況生中継するための視聴ユニット31と、視聴ユニット31を臨むように設けられ、公営競技サービス、及び予想情報サービスを顧客が享受する際に用いられる複数の投票端末33と、を備え、複数の投票端末33を介して、顧客に対して予想情報サービスを提供するとともに、顧客による投票の要求を電子決済する。 (もっと読む)


1 - 20 / 38