説明

Fターム[3E051AA03]の内容

基本的包装技術−被包 (3,502) | 包装材(材料) (275) | 合成樹脂フィルム (203)

Fターム[3E051AA03]の下位に属するFターム

Fターム[3E051AA03]に分類される特許

1 - 20 / 122


【課題】 予備用の帯状フィルムをフィルム掛け渡し部にセットすることで簡単にフィルムの接続が行えるようにすること
【解決手段】 回転支持体13の前面に複数の原反ロール支持部20を設け、原反ロール支持部に隣接してフィルム掛け渡し部30を設ける。フィルム掛け渡し部は、平行に配置された第1ローラ31及び第2ローラ32と、両ローラ間に配置されたフィルム固定部36を有する。予備用の原反ロールから引き出された帯状フィルムが第1ローラに掛け渡されるとともにフィルム固定部で固定し、供給用の原反ロールから繰り出される帯状フィルムは、第2ローラに掛け渡され、フィルム掛け渡し部に固定された予備用の原反ローラから引き出された帯状フィルムと重なる経路を取り、フィルム掛け渡し部で重なった2つの帯状フィルムを挟み込んで熱シールするシール装置40を設ける。 (もっと読む)


【課題】被包装物である紙葉束を薄い樹脂シートで両面から挟み前後縁および両側縁を溶着ナイフで熱溶着する包装装置において被包装物の挿入時に抵抗がなく、包装仕上りにおいてシートにたるみを生じない包装装置の提供。
【解決手段】被包装物の進入路32に設けられ非稼動時には閉じているシャッター10を、被包装物2が挿入されシャッター10に接近すると開くようにするため、被包装物2の先端を検知するセンサSとその検知信号を受けてシャッター10を開にする制御手段29を設ける。更に、シャッター10の開き幅を被包装物2の厚みに合わせるために入力された被包装物2の厚みデータに応じて、シャッター10の開き幅を制御する制御手段を設ける。更には、挿入された被包装物2の厚みを検知する厚み検知手段14を設け、その厚みデータに基づき開き幅を制御する。 (もっと読む)


【課題】被包装物をフィルムで包装する包装装置において、包装過程に動作不良が生じたとしても、包装動作を停止させることなく稼働率を向上させ得る包装装置を提供する。
【解決手段】被包装物を包装部へ搬入し、フィルムで包装して排出するまでの各包装工程の動作速度として通常速度より減速した低速モードを備え、各運転速度での動作状況を検査する検査ステップと、前記検査ステップで包装工程のある動作状況に動作不良が生じた場合、前記包装工程の動作速度を通常速度から低速モードに切り替え、前記被包装物をフィルムで包装する各包装工程の動作を維持するよう制御する制御ステップと、を有する。 (もっと読む)


【課題】ランニングコストおよびイニシャルコストを低減して安価にシートパレットを折込むとともに、人手で難しかった厚みのあるシートパレットも折込むことができるようにする。
【解決手段】回転台に固定される支持台13上に折込み部材を設け、その折込み部材を、被包装物Hを載置したシートパレット17を支持する平パレット18を受け止める横向き部分14aと、シートパレット17の外周縁を上方側に折込む縦向き部分14bとで構成する。折込み部材を揺動可能に支持台13に設け、縦向き部分14bの背面側にバランスウェイト21を取り付け、シートパレット17に作用しない非作用状態では重量バランスによって上端側程横外側方に位置する傾斜姿勢を維持するように付勢機構を構成する。作用状態では、被包装物Hの重量により縦向き部分14bを鉛直姿勢に変位させてシートパレット17を上方に折込む。 (もっと読む)


【課題】 不安定な被包装物であっても、位置ずれを起こさずに確実に搬送すること
【解決手段】 搬送面上に、被包装物8の供給区間Kから下流側に至るまでサイドコンベア装置14を配置する。サイドコンベア装置は、水平平面内で回転するエンドレスベルト20の外周面に多数の羽部21を設ける。図示した供給区間で対向するベルト面間の距離が離れた開状態では羽部は被包装物に接触せず、供給ロボットに保持された被包装物はスムーズにその位置に挿入でき、そのまま前進移動させ搬送装置の搬送速度と同期をとる。この前進移動に合わせて、テンションローラ32,第2アイドルプーリ34を前進移動させて供給区間を下流側に延長し、供給ロボットによる被包装物の前進移動を許容しつつ、前回供給された被包装物(白丸)を支持した状態を維持する。その後、テンションローラ32や従動プーリ15′を中央に移動して供給区間にある羽部で供給された被包装物を支持する。 (もっと読む)


【課題】直方体形状の被包装品を一枚のフィルムで上包みする包装方法において、上包みが嵩張らないようにし、かつ、底面の隙間を極力小さくした上包み包装方法を提供することを目的とする。
【解決手段】包装フィルム1個分の四隅をカットすると共に該フィルムを被包装品に胴巻き後、両端面を左右から折り込んでフラップを底面に折り込む工程からなる被包装品の上包み包装方法において、四隅のカットが両端面を折り込んだ時、該折り込んだ左右の包装フィルム先端同士が重ならない形状でカットする。 (もっと読む)


【課題】包装機の高さ寸法を小さくする
【解決手段】包装機は、緊張保持させたフィルムに商品を押し上げてフィルムの周縁部を商品の下側へと折り込むもので、可動載置台32と、リフト駆動部37とを備えている。商品は、可動載置台32の上端の載置面35aに載る。リフト駆動部37は、リフト前ポジションからリフト後ポジションへと可動載置台32を上昇させる。リフト駆動部37は、モータ40と、そのモータ40の回転力を上昇力に変えるリンク機構41を有しており、モータ40は、リフト前ポジションにある可動載置台32の支持ピン49aよりも高い位置に設けられている。 (もっと読む)


【課題】小型でメンテナンスの良いおしぼり包装機を提供する。
【解決手段】ACステッピングモーター1を正逆転させることによって、スポンジアーム5を往復運動させることを特徴とするおしぼり包装機である。 (もっと読む)


【課題】ゴミの減量化に貢献でき、包装サイクルを短くすることが出来るヒートシール包装装置を提供する。
【解決手段】フィルムロール6から引き出したフィルムにて被包装物を包装するヒートシール包装装置Aにおいて、被包装物を載せた下地材を前記装置内のヒートステーションへ搬入するために前記下地材を載置する搬入部と、前記フィルムが被せられた被包装物の周囲のフィルムと前記下地材とを前記熱溶着するためのヒータ部と、前記ヒータ部と対応するヒータ受け部と、前記ヒータ部とヒータ受け部とによりヒートシール包装された包装物を排出する前記搬入部とは異なる位置に設けられた排出部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】包装機に農作物を供給する供給作業に要する労力を軽減できるようにする。
【解決手段】供給口5Aを形成した載置台を上部に備えて載置台に載置した包装シートとともに供給口5Aから人為供給される農作物aを包装シートで包装する包装手段と、長尺の包装シートをロール状に巻き付けた状態のシートロールRから設定長さの包装シートを引き出して載置台に供給する供給手段とを備えた農作物用の包装機において、載置台をその一端側が他端側よりも低くなる傾斜姿勢で包装手段に装備し、載置台の上端の外側に供給手段を配備して、載置台の上端側から下端側に向けて包装シートを引き出し供給するように、供給手段を構成してある。 (もっと読む)


【課題】切断刃をスムーズに切断運動させることができながら製作容易にかつコンパクトに得ることができる包装装置を提供する。
【解決手段】包装シート5の包装シート引き出し方向上手側部分を下方から受け止めるように供給口12と包装シート収容部20の間に設けた切断刃受け部45と、包装シート5の包装シート引き出し方向と直交する方向での両外側に分散配置した一対の切断アーム41,41と、切断刃受け部45に対して包装シート収容部20が位置する側に偏倚した箇所に包装シート引き出し方向と直交する方向に対して平行に設けた切断軸芯42aまわりに一対の切断アーム41,41を一体揺動自在に支持する切断用支持部42と、一対の切断アーム41,41の遊端部にわたって設けた切断刃43とをシート切断機構40に備えてある。 (もっと読む)


【課題】構造簡単な引出し機構によって包装シートをシートロールから破損など発生しにくい状態で引き出すことができる包装装置を得る。
【解決手段】包装シート収容部20に、シートロール7を載置して支持させるロール支持ローラ21を回転自在に設けてある。ロール支持ローラ21を駆動するモータ25を設けてある。引出し機構30を、包装シート5の包装シート引き出し方向と直交する方向での両端部を一対の挟持部32,32によって挟持して包装シート5をシートロール7から引き出すように構成してある。ロール支持ローラ21がモータ25によって回転駆動されてシートロール7を包装シート繰出し方向に回転操作するようにモータ25を駆動制御しながら、引出し機構30を駆動制御する制御手段を設けてある。 (もっと読む)


【課題】包装シートのシートリールからの引出しをスムーズに行わせることができながら製作容易に得ることができる包装装置を提供する
【解決手段】包装シート5の包装シート引き出し方向と直交する方向での両外側に分散配置した一対の引出しアーム31,31と、供給口12よりも低い配置高さに位置する箇所に包装シート引き出し方向と直交する方向に対して平行に設けた引出し軸芯35cまわりに一対の引出しアーム31,31を一体揺動自在に支持する引出し用支持部35と、一対の引出しアーム31,31の遊端部に支持させた挟持部32とを引出し機構30に備えてある。包装シート5の端部を挟持部32によって挟持させながら一対の引出しアーム31,31を揺動させることにより、包装シート5をシートロール7から引き出す。 (もっと読む)


【課題】トレーを用いずに物品を包装することが可能な包装装置を得る。
【解決手段】包装装置1は、帯状フィルム50の第1部分501に物品100を載置した状態でフィルム50をX1方向に搬送するとともに、第1部分501より前方のフィルム50の第2部分502をX2方向に折り返す搬送ユニット14と、第1部分501と第2部分502とを縁部同士で封止することにより、第1部分501と第2部分502との間に物品100が収容された袋体40を形成する封止手段と、袋体40をフィルム50から切断するカッタ32と、を備える。封止手段は、フィルム50を上下から挟み込んだ状態で熱シールを行うことにより、第1部分501と第2部分502とを封止する上部シール部及び下部シール部と、熱シールに伴って上部シール部又は下部シール部に付着したフィルム50を、付着先の上部シール部又は下部シール部から引き剥がす分離手段と、を有する。 (もっと読む)


【課題】トレーを用いずに物品を包装することが可能な包装装置を得る。
【解決手段】包装装置1は、帯状フィルム50の第1部分501に物品100を載置した状態でフィルム50をX1方向に搬送するとともに、第1部分501より前方のフィルム50の第2部分502をX2方向に折り返す搬送ユニット14と、第1部分501と第2部分502とを縁部同士で封止することにより、第1部分501と第2部分502との間に物品100が収容された袋体40を形成する封止手段と、袋体40をフィルム50から切断するカッタ32と、フィルム50を貯留するフィルム供給ロール30と、包装対象である物品100を載置するための載置台10と、フィルム供給ロール30と載置台10との間に配置され、フィルム供給ロール30から載置台10へのフィルム50の供給の許可及び禁止を切り換え可能なローラ11C3と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ミシン目や摘み片等を設ける必要がなく、包装後の被包装物から簡単且つスムーズに包装を開封することができる易開封性(易剥離性)に優れた包装用フィルム、及びその包装用フィルムを用いた包装装置を提供する。
【解決手段】被包装物Wの外周を環状に帯巻き包装する包装用フィルムであって、前記包装用フィルムを構成する基材フィルム1aの面上に、フィルム相互の溶着を阻害する塗料からなる溶着阻害層2を形成し、該溶着阻害層2は溶着力を阻害する前記塗料の塗布密度データに基づき塗布され、前記溶着阻害層の上に基材フィルムを重合溶着して形成される重合溶着部が開封部となることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】トレーを用いずに物品を包装することが可能な包装装置を得る。
【解決手段】包装装置1は、フィルム50を用いて物品100を包装する包装装置であって、包装対象である物品100を載置するための載置台10と、載置台10上に物品100が載置される前に載置台10上にフィルム50Aを搬送するチャック13と、載置台10上においてフィルム50Aの第1部分501上に載置された物品100の重量を計量する計量手段80と、第1部分501上に物品100が載置された状態でフィルム50Aを搬送し、第1部分501より前方のフィルム50Aの第2部分502を、物品100を越えて後方に折り返すチャック14と、折り返されたフィルム50Aの第1部分501及び第2部分502の端縁同士を封止するシール部16,17とを備える。 (もっと読む)


【課題】トレー方式の包装装置とノントレー方式の包装装置とを個別に設置する場合と比較すると、省スペース化を図ることが可能な包装装置を得る。
【解決手段】包装装置1は、フィルムを用いて物品を包装する包装装置であって、包装対象である物品を載置するための載置部2と、載置部2から供給された物品を、フィルムを用いて包装する封止部3と、封止部3によって包装された物品を排出する排出部5とを備え、封止部3は、トレー201を用いずに載置台10上に載置された物品100を、フィルム50を用いて包装する包装手段801と、トレー201上に置かれた状態で載置台10上に載置された物品200を、ストレッチフィルム82を用いて包装する包装手段802,803と、包装手段801〜803を切り替える選択手段804とを有する。 (もっと読む)


【課題】 その包装体に開閉可能なフラップがついている開口部を有するマスク包装セットを簡単に製造できる自動製造方法及びマスク包装セットの提供を目的とする。
【解決手段】 包装材を繰り出し、この包装材に対して所定間隔を置いて開口縁(314)を形成し、この開口縁(314)を覆うようにフラップ(32)を包装材に付着し、前記開口縁(314)で囲まれた領域にマスク(2)の一端が対応するようにマスク(2)を入れ、該マスク(2)を含む一つのマスク包装セット(1)となるように形成することを特徴とするマスク包装セットの自動製造方法。 (もっと読む)


【課題】トレーを用いずに物品を包装することが可能な包装装置を得る。
【解決手段】包装装置1は、物品100をフィルム50上に載置するための載置部2と、物品100が載置されたフィルム50を折り返すことにより袋状に成形し、フィルム50の縁部同士を封止することにより、物品100が収容された袋体を形成する封止部3と、物品100が載置されたフィルム50を載置部2から封止部3に搬送する搬送ユニット14と、載置部2において物品100をフィルム50上に載置する位置を報知する位置報知手段とを備える。 (もっと読む)


1 - 20 / 122