説明

Fターム[3E062LA17]の内容

剛性又は準剛性容器の細部 (31,081) | 長尺物の取出し (768) | 取出した収納物を切断する手段を有するもの (174)

Fターム[3E062LA17]の下位に属するFターム

Fターム[3E062LA17]に分類される特許

1 - 20 / 99


【課題】魚や肉等の食品などをオーブン等で調理する時に、食品から出る水分や油分が食品に付着したり、食品がアルミフォイルに焼きつくのを防ぐことができ、ヂンプルが不要の際は通常のアルミフォイルとしても利用する。
【解決手段】ロール収納ケース開口部を閉塞する蓋体の先端に、ケースの前側板2と重なり合う掩蓋板3が連設され、かつ掩蓋板の裏面にヂンプル型の凸部を複数設けた凸プレート4を装着し、ケース前側板面には凸プレートが重なり噛合う位置に、凸数と同数の孔あき凹プレートを設け、アルミフォイルを引き出す際に掩蓋板側を押えて出来るヂンプルで、噛合う凹凸部を様々な型にすることで違った形状もでき、ケース及び凹凸を構成する使用素材によっては、一体形も作れ繰返し利用も可能である。 (もっと読む)


【課題】プラスチック製の容器内に巻き込んで収納された巻回クッキングペーパーを容器外へ引き出して切断する際、より確実に切断することができる巻回クッキングペーパーの収納体を提供する。
【解決手段】クッキングペーパー収納体1は、透明又は半透明のプラスチックシートからなる一枚のブランクを組み立てて形成され本体4と蓋体5とを有する開閉自在な箱体3と、箱体3に設けられたカッター6と、を備えた収納容器2と、箱体3内部に巻き込んで収納された巻芯のない巻回クッキングペーパー7と、を備え、開蓋状態において箱体3内部から引き出された巻回クッキングペーパー7の一部71を閉蓋状態においてカッター6で切断するよう構成されている。箱体3内部に収納された巻回クッキングペーパー7の外周面72が、閉蓋状態において箱体3の対向する内面41a及び43a、並びに、42a及び54aに平面で接する。 (もっと読む)


【課題】食品包装用ラップフィルムの容器を、長期間使用できる耐久性と強度を兼ね備えた構造体とし且つ合理的に切断することと、フィルムが部分的に裂けてフィルムの本体ロールに吸着して絡まる弊害を解消することと、フィルムの切断端部を視易くし、容易に指先で掴んで使用する構造体にすること。
【解決手段】容器本体の素材を軽量で強度のある合成樹脂、合成繊維、合成紙、軽量金属などとした。容器本体6の両側面に支持ボルト11・11aを設け、本体ロールを配置した。容器本体6の前蓋9先端正面中央部に円弧形鋸刃カッター1を設けた。容器本体6の正面上半部に、ビニールテープを仮吸着板2として粘着固定して設け、仮吸着板2の色を黒色等の暗色系とした。容器本体6の正面下半部中央にフィルム断片取り出し口3を設け、その取り出し口中央横線上の空間のフィルム断片取り出し位置に、切断されたフィルムの断片が浮き出るように仮固定した。 (もっと読む)


【課題】幅20cm以上の比較的広いフィルムのカット性を向上させる。
【解決手段】巻回体収容箱1は、軸線方向D長さが20cm以上の巻回体91rを収容する本体部10と、蓋板21と掩蓋片22とを有する蓋部20とを備える。掩蓋片22は、長尺物91fを前板12との間で幅全体にわたって挟むことができる大きさに形成されている。そして、蓋部20を閉じたときに蓋部20及び前板12の相互に対向する部分の少なくとも一方に、長尺物91fの実質的に幅全体に対応して引出方向Pの長尺物91fの移動を規制する全幅係止手段12sが形成されている。而して、長尺物91fを前板12と蓋部20とで挟んで切断刃23で切断する際に長尺物91fが滑ってたるんでしまうことを全幅にわたって防ぎ、長尺物91fのカット性を向上させる。巻回体入り収容箱100は、巻回体91rと、巻回体収容箱1とを備える。 (もっと読む)


【課題】破損の発生を抑制する巻回体収容箱及び巻回体入り収容箱提供する。
【解決手段】巻回体収容箱1は、巻回体を収容する本体部10と、側蓋片25を有する蓋部20とを備える。側蓋片25は、基本長方形から下後交点Aまわりの角部が除去されて形成された切除辺25tが、最内境界線INLと最外境界線EXLとに挟まれた領域内に形成されている。最内境界線INLは、交点25bと交点25cとを結ぶ仮想直線であり、最外境界線EXLは、下後交点Aから天側辺25q側に前辺25pの長さの20%移動した点Eと、下後交点Aから前辺25p側に天側辺25qの長さの20%移動した点Fと、を結ぶ仮想直線である。而して、側蓋片25の浮き上がりが大きくなる部分の面積が少なくなって側蓋片25の引っかかりが低減され、巻回体収容箱1の破損の発生を抑制することができる。巻回体入り収容箱は、巻回体と、巻回体収容箱1とを備える。 (もっと読む)


【課題】 安全性と耐久性が向上する切断刃を提供する。
【解決手段】 切断刃は、帯板状を有する胴体11と、胴体11の一方端部に形成され鋸歯状に形成された複数の刃先12とを備える。刃先12の各々は、その外縁が胴体11の板厚方向に平行な平坦面13を有すると共に、板厚方向から見て円弧形状を有する先端部14と、先端部14に接続され、切断刃の内方に向かってその厚さが増加する移行部15とからなる。移行部15の一方面は平坦面13に接続する位置から平坦面13に対して直交する第1仮想平面に対して外方に傾斜し、他方面は平坦面13に対して直交する。先端部14の曲率半径は0.15mmに、平坦面13の厚さは0.10mmに、先端部14の先端位置16における移行部15の一方面の稜線28と第1仮想平面とがなす角度は15°に、それぞれ設定されている。 (もっと読む)


【課題】収納容器の組み立てに際し、巻回体を収納容器に短時間で挿入できる収納容器を提供する。
【解決手段】包装媒体12の巻回体2を収納し、一面に開口部30を有する収納容器3であって、開口部に対向する底板4であって、短辺61と、当該短辺61に直角で当該短辺61より長い長辺31とを有する底板と、底板の長辺に立設された前板5と、長辺31に対向する底板の他の長辺32に立設された後板6と、後板に連接された、開口部を開閉可能なと、前板に底板の長辺に対向する連接辺で連接された抑え板と、底板、および前板、および後板の少なくともいずれかの長手方向X1の端から延在し、短辺に立設された側面板とを備え、抑え板34は、蓋板22の裏側と接着する接着面36を有し、蓋板に接着され、前記接着は、蓋板を最初に開方向に回動させたときに破壊され、蓋板と抑え板とが分離するよう構成される。 (もっと読む)


【課題】包装媒体が変形せず、抑え板が抵抗とならず、収納容器からスムーズに包装媒体を引き出せる収納容器を提供する。
【解決手段】包装媒体巻回体2を収納する収納容器3であり、底板4と、前板5と、後板6と、側面板71、72とを備え、直方体に形成され、底板に対向する一面30が開口し、後板に回動可能に連接され、回動により開口した一面を塞ぐ蓋板22と、前板に連接され、包装媒体が収納容器の外へ飛び出すのを抑え、開口面を部分的に覆う抑え板34とを備え、包装媒体は、開口面を通して収納容器の外へ引き出され、抑え板は、連接辺に対向する対向辺37を有し、対向辺は、抑え板の中央部の幅が両端部34Aの幅より狭く形成され、対向辺は、抑え板の長手方向の両端部の幅が、開口面の短辺30Aの長さの20%〜98%に形成され、抑え板の中央部の幅が、短辺の長さの0%〜50%に形成される。 (もっと読む)


【課題】ロール状の貼付剤Tを密閉して収納する。
【解決手段】貼付剤Tを収納する本体10と、本体10に被せるキャップ20とを相対回転可能に組み合わせ、本体10に切断刃14を一体成形する。 (もっと読む)


【課題】 ラップロールの戻り回転を防ぎ、ラップフイルムの切り口が上面部に残り、中心軸のない切歯交換の出来るラップホルダーを提供する。
【解決手段】 ラップロールを受ける中心軸のないV字形のラップロール受け4を備え、ラップホルダー本体6上部角部に設けたラップフイルム引き出し口7から対面する上部角部の切歯2までを揺動板12で結び、ラップホルダー本体6の側面部の切歯押さえと側面板で切歯2を挟み固定してあるラップホルダー。 (もっと読む)


【課題】取付け面が曲面の場合であっても当該取付け面に一時的に安定して取付けることができる、収納ケースを提供する。
【解決手段】筒状に巻回されたシート状物が回動自在に収容される本体12と、シート状物を覆うように本体12を開閉自在とする蓋体14と、蓋体14の回動方向先端部に配設され、本体12からシート状物の長手方向に引き出された一端をシート状物の幅方向に切断する切断部16を有する収納ケース10であって、弾性および可撓性の少なくとも一方を有する材料で形成され、吸着力によって取付け面Pに一時的に着脱自在に固定する固定手段18を含み、固定手段18は、本体12の長手方向に延びるU字状のスリット開口部と、スリット開口部で囲繞された部位を取付け面P側に引き起こして形成され、吸着力を有する固定片76を含み、固定片76が取付け面Pに沿って吸着される。 (もっと読む)


【課題】 ラップフィルムの収納箱からラップフィルムを引き出して使用する際、箱体の開口部から出ているラップフィルムを自然体に裁断した時、ラップフィルムは箱の中に戻って、薄く透明なこともあり、切り口が不明になることが多々ある。手間がかかることもあり、セセロテープで切り口を取り出すように指示してある箱もある。使用者が不便でなく、無駄に捨てたりすることがないように、掴み器具を合体させた構成の収納箱。
【解決手段】 筒体に巻装されたラップフィルム体Qを収納し、所定の長さに裁断可能な箱体であって、前板A、底板B、背板C、側板Dで構成され、該箱の開口部Eを封じる蓋FにカッターGを設け、該前板中央底辺部に穴を開けて、紐状のものを通し、抜け防止器具に結び留め、紐状のものの他端をクリップの穴に通して結び、ラップフィルムを掴む器具を装置した収納箱。 (もっと読む)


【課題】ラップフィルム等のロール状被包装物を軽い力で切断することができる非金属製のV字状切断刃と、該切断刃を備える包装用容器を提供する。
【解決手段】本発明による切断刃24は、中央エリア28と、この中央エリアの両側に配置される、複数本の側部歯31からなる側部エリア30とから構成されており、中央エリアには、複数本の中歯36と、複数本の大歯38とが配置されている。大歯の一つはV字の頂点部に配置され、他の大歯は頂点部の歯を挟むよう所定の間隔で配置されている。中歯は大歯間に配置されている。大歯は中歯よりも突出している。この構成により、切断開始時、大歯が最初にラップフィルム14を突き刺し、次いで中歯がラップフィルムを突き刺す。このような2段階でラップフィルムが突き刺されるため、切断に要する力は小さくてすむ。 (もっと読む)


【課題】ロールペーパーを引き出して必要な長さで切り取る際、ロールペーパーホルダーの安定性が向上したロールペーパーホルダーを提供する。
【解決手段】このロールペーパーホルダー1は、底面部2と、底面部2の対向する横辺の前側の一辺に連設され、底面部2との接続部を軸として揺動可能な正面部3と、底面部2の対向する縦辺のそれぞれの一辺から立設される右側面部4及び左側面部5と、底面部2の対向する横辺の後側の一辺から底面部2に対し傾斜して立設され、右側面部4と左側面部5との間に接続される背面部6と、により、正面部3の揺動位置によって開閉可能な箱体を形成して成り、正面部3は、折り曲げ部分3cから先端部3bの間にペーパー誘導部分3bcが設けられ、正面部3が閉じている状態においてペーパー誘導部分3bcが背面部6の内面に対向するとともに、折り曲げ部分3bcと背面部6との間にペーパー取り出し口Phが形成される。 (もっと読む)


【課題】巻紙ロ−ルに紙切板を接し巻紙端片取出口を塞ぐことなく取出口を開口しておき巻紙端片を取りやすくし、適宜の長さに引き出す際に紙切板を巻紙ロ−ルに接し巻紙端片を繰出し切り離したあと開口の元位置に復帰せしめる巻紙がま口ホルダを提供する。
【解決手段】一端を支点にした片持梃子状で他端を紙切縁にした紙切板15を上げ下げするための巻紙ロ−ル回動作を、動作円盤23を介して作動円盤14と連動する紙切板15の紙切桝形空間39に紙切挑動ばね40を装入し、巻紙芯管2を巻紙押込連20と巻紙回動連13に挿着し巻紙芯管2の上面に紙切作動支点45を当接し紙切板15と所定仰角を保ち紙切板15を開口し巻紙端片3を取り出しの際巻紙芯管2が巻紙回動連13の動作円盤23と作動円盤14を連動し紙切板15が降下し紙切縁37で巻紙端片3を切り出し所用後は元位置に復帰するようにした巻紙がま口ホルダ。 (もっと読む)


【課題】ロールペーパーを切断した後に、確実にロールペーパーの端部に摘み代を形成させることができるロールペーパーホルダを提供する。
【解決手段】ロールペーパー27を収容する容器部2と、容器部2のロールペーパー導出部近傍に,このロールペーパー導出部を覆うように第1の軸7に軸支されるペーパー切断機構8とを有し、ペーパー切断機構8は、第1の軸7に傾動可能に枢設される支持板19と、この支持板19の下端部に第1の枢軸20を介し,容器部2側に一部重複する部分を備えて傾動可能に支持板19に連結される傾動板22とを備え、容器部2は、ロールペーパー導出部の下方近傍に,傾動板22の上端部22aを掛止可能に形成されるストッパー25を備え、ロールペーパー27は、容器部2のロールペーパー導出部を経て,容器部2の外側面とペーパー切断機構8の間を通過するように導出されるロールペーパーホルダ1Aとした。 (もっと読む)


【課題】手指に力がない使用者にとっても、容易に紙製シートを切り取ることが可能なペーパーディスペンサーを提供する。
【解決手段】回転軸を中心に回転可能に構成され、紙製シートの幅よりも離間した一対の回転盤と、一対の回転盤の端部に狭持されたペーパー固定ロールと、一対の回転盤の外面に一端が連結され、切り取り刃の幅よりも離間した一対の連結棒と、一対の連結棒の他端に狭持された負荷伝達ロールと、を備え、ペーパー固定ロールと負荷伝達ロールとの間に紙製シートを通過させる通過空間を形成する。そして、紙製シートを負荷伝達ロールに押し付けると、当該負荷伝達ロールに対する上方向への圧力により一対の回転盤が回転し、一対の回転盤の回転に連動して切り取り刃の方向へとペーパー固定ロールが移動して、通過空間を通過した紙製シートを切り取り刃の刃先に押し当てた状態で固定する。 (もっと読む)


【課題】消費者にわたるまでの流通段階では開封することなく、一方で消費者の使用時には開封片の取り外しが容易で、且つラップフィルム収納箱の外観品位を保ち、見苦しい切り取り状態にならないラップフィルム収納箱を提供する。
【解決手段】ラップフィルム収納箱1は、前板14と、底板15と、後板16と、脇板17とを有する上面が開口した本体部19と、後板16から前方に延びて本体部19の上面開口部を覆う蓋板11と、蓋板11から前板14側に延びて前板14を覆う掩蓋片10とを有する蓋部13と、掩蓋片10の先端縁に切り取り線21を介して接続され、前板14に接着された開封片20と、を有している。前板14には、開封片20が接着する接着部30が設けられている。接着部30の周縁部には、前板14の厚み方向に貫通する切り込み線31と、前板14における接着部30とその周辺部とをつなぐつなぎ部32が形成されている。 (もっと読む)


【課題】フラップの機能を確実に発揮させることができる巻回体収容箱及び巻回体入り収容箱を提供する。
【解決手段】巻回体入り収容箱1は、巻回体31rと巻回体収容箱10とを備える。巻回体収容箱10は、一面11hが開口した直方体状に形成された本体部11と、開口11hの一辺10jに回動可能に連接され、開口11hを塞ぐ蓋部16とを備える。本体部11は、蓋部16が連接する後板14と、後板14に対向する前板12と、前板12の開口11hに接する前板頂辺12tから本体部11の内部に伸びるフラップ21とを含んで構成され、前板12に、本体部11の内側に押し込まれることにより前板12と連接しつつフラップ21と噛み合う押片12pとなる押片用切り込み12cが形成されている。このような構成により、フラップ21を、前板12に対して適切な角度で開くことができると共に、適切な角度で開いた状態を維持することができる。 (もっと読む)


【課題】消費者にわたるまでの流通段階では開封することなく、一方で消費者の使用時には開封片の取り外しが容易で、且つラップフィルム収納箱の外観品位を保ち、見苦しい剥離状態にならないラップフィルム収納箱を提供する。
【解決手段】ラップフィルム収納箱1の箱本体には、開封片20を接着する接着部30が長手方向に沿って複数設けられる。開封片20には、切り取り方向Xに対し垂直な縦型のエンボス50が設けられる。エンボス50は、少なくとも切り取り方向Xに対し最も前方にある接着部30の後方側近傍に対応する位置に設けられている。 (もっと読む)


1 - 20 / 99