説明

Fターム[3E082BB01]の内容

飲料分配器 (5,425) | 分配される液体の種類 (1,141) | 飲料 (1,032)

Fターム[3E082BB01]の下位に属するFターム

Fターム[3E082BB01]に分類される特許

1 - 20 / 608




【課題】利用者が温飲料の提供を受ける部位への湯気に含有される飲料原料の飛散を防ぐことのできる飲料ディスペンサを提供することを課題とする。
【解決手段】粉末原料と温水とを混合した温飲料を飲料注出部3で利用者に提供する飲料ディスペンサ101は、粉末原料と温水とを混合し温飲料を生成するためのミキシングケース12と、ミキシングケース12内の湯気を導出するためのダクト状の排気用空間25cと、ミキシングケース12内の湯気を吸引し排気用空間25cに流通させる電動ファン24と、外部に排出される水又は飲料を流通させる排水流通部28aとを備える。排気用空間25cの湯気は、排水流通部28a内に向かって排出される。 (もっと読む)


【課題】外気との接触を抑制し、飲料水を清浄状態に維持することにある。
【解決手段】充填された飲料水4の残水量を満たす容積に収縮する収縮性水容器(飲料水容器6、収縮性水容器22)と、タンク内空気を排出させる排気口(排気管路60)を有し、該排気口から排気して満水状態に飲料水が充填され、該飲料水を冷却する冷水タンク8と、収縮性水容器と冷水タンクとを連結し、収縮性水容器から冷水タンクに飲料水を導く直結管路10と、直結管路を開閉する開閉弁(給水電磁弁12)と、冷水タンクから飲料水を外部に給水する給水路(冷水供給管64)と、開閉弁の開閉により、冷水タンクの給水量に応じて飲料水の直結管路から冷水タンクへの流入を制御する制御手段(制御基板18、制御部)とを備えている。 (もっと読む)


【課題】第1の課題は、老人や子供等であっても、ボトルをウォーターサーバーに容易に設置することができて、災害時においても大きな役割を発揮することができるウォーターサーバーを提供することである。第2の課題は、災害時における情報を容易に入手することができるウォーターサーバーを提供することである。
【解決手段】上部タンクを備えたケーシング本体と、段ボール入り貯水タンクを収容するために、前記ケーシング本体下部の床面に近接した位置に形成された収容部と、前記収容部に収容された前記段ボール入り貯水タンクから天然水を汲み上げて前記上部タンクに供給する汲み上げ手段とを備えている、ことを特徴としているウォーターサーバー。 (もっと読む)


【課題】容器の口部を、ニードルに対応する位置に容易に、かつ確実に位置決めすることができる装置を提供する。
【解決手段】内部に飲料水70が充填されるとともに、内外を連通する口部27が設けられる柔軟性を有する袋状の容器25と、容器25から供給される飲料水70を貯留させる給水タンク32と、容器25の口部27を貫通して容器25の内部に差し込まれ、容器25の内部と給水タンク32の内部との間を連通するニードル40と、給水タンク32から飲料水70を供給する給水口52とを備えた飲料水供給装置1であって、容器25を容器ホルダー15内に収納するとともに、容器25の口部27を容器ホルダー15に設けられた位置決め溝19内に嵌合させ、この状態で、容器ホルダー15を介して容器25をケーシング2内に装着することにより、容器25の口部27をニードル40に対応する位置に位置決めする。 (もっと読む)


【課題】カップ内での飲料製造中において、カップを外界から隔離する開閉扉の着脱が容易で、簡単に清掃することができる飲料製造装置を提供する。
【解決手段】
本発明の飲料製造装置は、カップ15を保持するカップホルダ13と、回転刃を有する回転シャフト19と、回転シャフト19を回転させるためのモータ17と、回転シャフト19を上下移動させるための移動機構と、カップ15の載置されている箇所を外界から遮断するための開閉扉43とを備えている。開閉扉43は移動機構によって回転シャフト19の上下移動とともに連動して上下移動可能とされており、開閉扉43は該開閉扉43の開閉とともに上下移動する固定治具19に抜き差し可能に把持されており、開閉扉43が最下端に到達したときに開閉扉43の下端を所定位置で停止させる停止部46が設けられている。 (もっと読む)


【課題】タンク内がエアレス状態となるまでに時間を大幅に短縮できる容器のエア抜き構造及びそれを用いたウォーターサーバーを提供する。
【解決手段】ウォーターサーバー1は、飲料水の入った袋体4から、飲料水を袋体4の下方に設置された冷水タンク5と、冷水タンク5のさらに下方に設置された温水タンク6とに順に供給するように構成された容器のエア抜き構造を備えており、エア抜き構造は、冷水タンク5内の頂部付近と温水タンク6内とを連通する連通管102と、袋体4から冷水タンク5に飲料水を供給したときに、連通管102を介して冷水タンク5から温水タンク6内に排出された空気又は飲料水を温水タンク6の頂部付近から排出する排出管63とを備えたものである。 (もっと読む)


【課題】タンク内がエアレス状態となるまでに時間を大幅に短縮できる容器のエア抜き構造及びそれを用いたウォーターサーバーを提供する。
【解決手段】ウォーターサーバー1は、飲料水の入った袋体4から、飲料水を袋体4の下方に設置された冷水タンク5と、この冷水タンク5のさらに下方に設置された温水タンク6とに順に供給するように構成された容器のエア抜き構造を備えており、このエア抜き構造は、冷水タンク5内の頂部付近と温水タンク6内とを連通する連通管102と、袋体4から冷水タンク5に飲料水を供給したときに、連通管102を介して冷水タンク5から温水タンク6内に排出された空気又は飲料水を温水タンク6の頂部付近から排出する排出管63とを備えた。 (もっと読む)


【課題】飲料の調製に使用するアルカリイオン水の供給量を確保するとともに、酸性水の流出量を抑制することが可能な飲料供給装置を提供する。
【解決手段】飲料調製用の原料を収容している原料キャニスタ11と、飲料調製用の湯水を貯留している温水タンク15、冷却コイル17と、温水タンク15、冷却コイル17に飲用水を供給する給水カセットタンク18、給水ポンプ19とを備え、原料キャニスタ11から供給される原料と温水タンク15、冷却コイル17から供給される湯水を用いて飲料を調製する飲料供給装置1において、給水カセットタンク18、給水ポンプ19から供給される飲用水からアルカリイオン水を生成するアルカリイオン整水器20を設けるとともに、該アルカリイオン整水器20のアルカリイオン水吐出口20bに連通する管路にブースターポンプ21を設けた。 (もっと読む)


【課題】飲料ディスペンサからの飲料注出作業をしやすくする。また、発光による視覚的効果も兼ね備える。
【解決手段】本発明は、飲料ディスペンサに次の手段を採用する。第1に透明状の飲料注出口と光源を備え飲料注出部付近の照明とする。第2に飲料注出時の動作と連動して光源より光を照射して飲料注出口を発光させる。第3にその発光を常時行い各種灯火類として使用できる。第4に上記光源に発光ダイオードと電子回路を用いることにより任意の発光色ならびに点灯状態に容易に変更できる。第5に上記光源の制御を外部機器との接続を可能とすることにより、上記発明を搭載した飲料ディスペンサ機器との統括制御も可能である。 (もっと読む)


【課題】整水器からの排水量が少なく、かつ、整水器が故障しにくい飲料水供給装置を提供する。
【解決手段】カセットタンク3の飲料原水を整水器4に送る吸上ポンプ5および整水器4で生成したアルカリ性水を吐出させる吐出ポンプ5の動作を制御する制御手段13は、吸上ポンプ5および吐出ポンプ6の動作を開始させるときに、吸上ポンプ5から吐出ポンプ6までの区間における配管内の圧力が所定の値よりも低い否かを判定し、配管内の圧力が所定の値よりも低いと判定した場合は、吸上ポンプ5の動作のみを開始させた後、所定の時間が経過してから吐出ポンプ6の動作を開始させ、配管内の圧力が前記所定の値以上と判定した場合は、吸上ポンプ5および吐出ポンプ6の動作を同時に開始させる飲料水供給装置。 (もっと読む)


【課題】提供する飲料に含まれる電解水の品質レベルを安定させて、提供する飲料の品質の低下を防止することができる飲料提供装置を提供すること。
【解決手段】水を電気分解してアルカリ性電解水と酸性電解水とを生成する電解水生成器10を備え、提供指令が与えられた場合に、電解水生成器10で生成された電解水を用いた飲料をカップCに供給することで飲料を提供する飲料提供装置において、提供指令が与えられ、かつ予め設定された所定の条件を満足する場合に、電解水生成器10から既に吐出されて冷水供給配管20に滞留する電解水を排出する排水制御を行う制御手段40を備えたものである。 (もっと読む)


【課題】バッグホルダーへの飲料水バッグのセットを容易に行うことができ、注水栓も不要になる飲料水バッグおよびウォーターサーバを提供する。
【解決手段】注入口を有する合成樹脂フィルム製の包装袋に飲料水を充填した後、注入口を熱溶着して密封した飲料水バッグ1を保持するためのバッグホルダー2と、飲料水バッグ1に孔を開けるために、針先を上向きにして配置される針部3とを備えており、バッグホルダー2は、底壁を有し、底壁に給水口が形成され、給水口の周囲の底壁は給水口に向けて下方に傾斜するように形成され、針部3は、針先がバッグホルダーの給水口よりも下方に引っ込んだ位置に位置するように給水口の近傍に配置され、飲料水バッグ1をバッグホルダー2の底壁上に載置したときに、飲料水の重みで飲料水バッグ1の一部が変形して給水口内に嵌り込むことにより、包装袋が針部3の針先に接触して破れるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】間欠運転させた撹拌モータの停止時間が長くなっても、撹拌モータ内に結露を生じにくくする。
【解決手段】飲料冷却装置10は、冷却水を貯える冷却水槽11内に設けられて飲料を冷却する飲料冷却管12と、冷却水槽11内の冷却水を撹拌する撹拌装置20とを備え、この撹拌装置20は冷却水槽11の上部に設けられた撹拌モータ21と、この撹拌モータ21から冷却水槽11内の冷却水中に突出してこの撹拌モータ21により回転するシャフト22と、このシャフト22の先端部に固定されて冷却水を撹拌する撹拌羽根23とからなり、撹拌モータ21を間欠的に作動させるようにしたものである。この飲料供給装置においては、撹拌装置20は撹拌モータ21を加熱するヒータ25を備え、撹拌モータ21を停止させたときにヒータ25を作動させるように制御した。 (もっと読む)


【課題】第1の課題は、地中深部から汲み上げるか、又は自然湧水した各種ミネラルが豊富で美味しい天然水を広く宣伝してその売上実績を向上させると共に、他企業の商品広告や各種組織、団体のイベント情報等のPRを最新の電子機器を装備し、費用対効果の高い広告機能付きウォーターサーバーを提供することである。
【解決手段】天然水Wを冷却する冷水タンク60及び天然水Wを温める温水タンク70を内蔵し、冷水タンク60及び温水タンク70から天然水Wを供給する供給口60a、70aが設けられたケーシング本体100と、ケーシング本体100の上部に装着される天然水Wが密封された貯水容器50をセットするホルダー20と、そのホルダー20内の中央部に取り付けられるニードルユニット40と、ケーシング本体100の内外に装着された広告手段30とから構成されている。 (もっと読む)


【課題】液体容器に対する装着性及びウォーターサーバーに対する水密性を向上させたボトルキャップを提供する。
【解決手段】ウォーターサーバー用液体容器の筒状口部2に装着されるボトルキャップ1において、筒状口部2の外周側に当接する外側筒状部30が形成される外側部材3と、筒状口部2内に突出され、ウォーターサーバーの給水軸5が挿通される内側筒状部40が形成される内側部材4と、を具備してなり、外側部材3及び内側部材4がそれぞれ別体に形成されて組み付けられる。 (もっと読む)


【課題】飲料水包装袋の交換をすばやく行え、その包装袋の安全・確実な穿孔装置を提供する。
【解決手段】飲料水包装袋21の穿孔アダプターAをその袋の口金25に挟み付け可能な割り脚26a、26bが設けられた袋受けホルダーHと、その割り脚のガイド芯筒と、その芯筒の内部を昇降し得るニードルNと、そのニードルに内蔵された開閉弁Vと、ニードルのボトムキャップBと、上記割り脚とガイド芯筒へ昇降自在に套嵌されたニードル引き下げ用操作リングと、上記ガイド芯筒の下方から割り脚へ螺合締結されることにより、その割り脚同士を全体的な円筒形の閉合状態に施錠するロックナットLとから組立ユニット化して、上記袋の口金に挟み付けられたアダプターをサーバー本体10側のカップCへ差し込み下降させ、これとの相対的に上昇するニードルが上記口金を通じて袋の底面を自づと穿孔するように定めた。 (もっと読む)


【課題】停電時においても水槽内の冷却水を攪拌することができる飲料供給装置及び冷却水の攪拌方法を提供する。
【解決手段】冷凍機と、冷却水116が貯留される水槽109と、水槽109に収容されて、蒸発管118と、飲料冷却管117と、冷却水116を流動・攪拌して飲料の冷却を促進する攪拌手段と、一つ又は複数の孔203aを有し、冷却水116が満たされた際の水面下に孔203aが位置するように設置される空気吐出管203と、を備え、外部電源の停電時に、空気吐出管203に外部の手動又は電池作動の空気供給手段201から空気が供給されることで、空気吐出管203の孔203aを介して前記空気を吐出して、水槽109内の冷却水226を流動・攪拌させて氷119の層との伝熱を促進させるように構成されたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】通常の正立姿勢で保持されたボトルに不活性ガスを充填して飲料の劣化を防ぐと共に、所定の分量をボトルから自動的に抽出するための飲料のサーバー装置において、装置内に残った液体を完全に排出し、品質低下を防ぐことができるようにする。
【解決手段】装置内に通常の正立姿勢で保持されたボトルから液体をあらかじめ決められた分量だけ自動的に抽出するための抽出ブロックが、ブロック本体と、二方弁である第一の電磁バルブ10と、三方弁である第二の電磁バルブ9とを備え、不活性ガス回路は内部で分岐して一方はボトルに、他方は第一の電磁バルブ10を介して第二の電磁バルブ9に接続される。液体回路7は前記第二の電磁バルブ9を介して注ぎ口72に接続される。抽出終了時に第一の電磁バルブ10を開き第二の電磁バルブ9のガス回路6側を開くと、第二の電磁バルブ9から注ぎ口までの間に残った液体が一掃される。 (もっと読む)


1 - 20 / 608