説明

Fターム[3E086BA33]の内容

被包材 (49,792) | 素材構造 (14,861) | 断面視的構造 (14,463) | 各層(単層も含む)の態様 (9,571) | 延伸した素材を用いたもの (840)

Fターム[3E086BA33]に分類される特許

701 - 720 / 840


【課題】水性グラビア印刷で印刷した印刷フイルムを積層した容器成形用積層材において、容器成形用積層材を容器に成形した際、低部コーナー部分の印刷濃度が薄くならないようにし、かつ、油性グラビア印刷と同等の印刷スピードで印刷できるようにする。
【解決手段】印刷用フイルムに水性グラビア印刷で印刷を施した印刷フイルムと主層とが熱貼合によって積層されている。印刷用フイルムが未延伸ポリプロピレンフイルム、延伸ポリプロピレンフイルム、ポリエチレンフイルム、高密度ポリエチレンフイルム又はアモルファスポリエチレンテレフタレートフイルムである。主層が発泡ポリプロピレンシート、ポリプロピレンシート、発泡ポリエチレンシート、ポリエチレンシート、発泡ポリスチレンシート、耐熱発泡ポリスチレンシート、ポリスチレンシート又は耐熱ポリスチレンシートである。 (もっと読む)


【課題】経時におけるトレーとの接着強度の上昇が比較的に低く、トレー開封時に構成層間のデラミネーションの発生がないイージーピール性トレー用フィルム蓋材を提供する。
【解決手段】積層構成が、表面側から順次、表面層110/ドライラミネーション用接着剤層120/中間層130/ドライラミネーション用接着剤層140/イージーピールフィルム層150からなり、かつ、表面層の積層構成が、表面側から順次、二軸延伸ポリプロピレンフィルム層111/印刷層112であり、中間層の積層構成が、表面側から順次、ポリエチレンテレフタレートフィルム層131/無機酸化物蒸着層132/保護コート層133からなる。 (もっと読む)


【課題】 フィルムの収縮仕上がり性、透明性、自然収縮に優れ、かつフィルムの層間剥離が抑制された熱収縮性積層フィルム、及び該フィルムからなる熱収縮性ラベルが装着されたプラスチック製容器の提供。
【解決手段】 中間層と該中間層の両面に積層された表裏層の少なくとも3層からなる熱収縮性積層フィルムにおいて、前記中間層を、芳香族系炭化水素50質量%以上を含有する芳香族系炭化水素と共役ジエン系炭化水素との共重合体(A)と、該共重合体(A)100質量部に対し、芳香族系炭化水素50質量%未満を含有する芳香族系炭化水素と炭素数5以下の共役ジエン系炭化水素との共重合体(B)又はその水素添加誘導体(B’)1〜30質量部との混合物を主成分として形成し、前記表裏層をポリエステル系樹脂で形成する。 (もっと読む)


液体吸収性層と不浸透性層とを含むフィルムを提供する。また、これらのフィルムの製造方法も提供する。このフィルムは、チューブ状ケーシング(casing)およびシュリンクバッグ、特に燻製にされる食料品用のケーシングの調製のために適切である。チューブ状ケーシング中で加工される食料品も記載される。 (もっと読む)


【課題】 含フッ素重合体の燃料バリア性を、より的確、かつ容易な手段により、PZEV規制等のより厳しい規制に対処しうるように、格段に向上させる。
【解決手段】 融点以下の温度で一軸又は二軸延伸した含フッ素重合体成形体を燃料バリア層として少なくとも一層含む積層体を、燃料用タンク又は燃料輸送用ホース用の積層体として使用する。含フッ素重合体しては、エチレン/テトラフルオロエチレン共重合体、ポリテトラフルオロエチレン、テトラフルオロエチレン/パーフルオロ(アルキルビニルエーテル)共重合体及びテトラフルオロエチレン/ヘキサフルオロプロピレン共重合体から選択される含フッ素重合体を使用する。 (もっと読む)


高温への暴露時に優れた密度保持性を示すボイド含有ポリエステル収縮フィルムを開示する。これらのフィルムは、高い収縮率を有し、且つ典型的なリサイクルプロセスにおいて使用される温度及び水分の条件下における加工後に、それらの低い密度を保持する。これらのフィルムは、スリーブラベル及び他の収縮フィルム用途に有用であり、それらは比較的低い密度を有するため、リサイクル操作過程において清涼飲料ボトル、食品容器などから容易に分離できる。また、高い収縮率を有し且つ高温への暴露後に低い密度を有するボイド含有ポリエステル収縮フィルムの製造方法も開示する。 (もっと読む)


【課題】包装用積層材料の基材として延伸された合成樹脂材料を用い、これに無延伸の熱可塑性合成樹脂材料を積層した包装用積層材料であって、引裂開始後も易引裂性が維持される包装用積層材料、およびこれを用いた易開封性包装袋を提供する。
【解決手段】延伸された合成樹脂材料からなる基材を含む少なくとも二層の合成樹脂材料が積層されてなる包装用積層材料であって、該基材の積層面側に、アクリルポリオール樹脂およびポリウレタン樹脂を含有する被膜からなる0.3μm〜5μmの厚みのコート層を直接的もしくは間接的に配設する。 (もっと読む)


【課題】 印刷を施しても、引裂きやすく、食品、医薬品、雑貨等の包装袋の易開封性とガスバリア性を兼備したポリエステルフィルム積層体を提供する。
【解決手段】 二軸延伸ポリエステルフィルムと、これ以外の少なくとも一種のフィルムと、蒸着層と、印刷層とからなる積層体であって、二軸延伸ポリエステルフィルムが、ポリエチレンテレフタレート(PET)と、ポリエステルエラストマーとを、PET/ポリエステルエラストマー=70/30〜95/5(質量比)の割合で混合した原料を用いて製造されたものであり、蒸着層が酸化アルミニウム、酸化珪素のうち少なくとも一種の金属化合物からなるものであり、蒸着層は二軸延伸ポリエステルフィルムの少なくとも片面に積層され、印刷層は蒸着層面に積層され、積層体の引裂伝播抵抗が1500mN以下であることを特徴とする、ガスバリア性と引裂直進性とを有するポリエステルフィルム積層体。 (もっと読む)


【課題】 接合缶胴の接合段差部がネジ部に形成されている缶容器のキャップの開栓トルクを低減する。
【解決手段】 側面に段差部15が形成された重ね合せ接合部16を有する円筒形の容器胴部と、該容器胴部の開口端にネジ山とカール部とが形成されてなる容器口部5があり、胴部の下端に底蓋が巻締められ、天板部の内面側に樹脂製の密封用ライナーが付設されたキャップを前記容器口部に被せて、前記ネジ山に合わせてキャップのスカート部にネジ溝を形成するようにして容器口部にキャップを巻締め密封したネジ付き缶容器であって、前記ネジ山が、前記接合部16に対して、重ね合わせた段部の上側から下側に向かいキャップ7が開栓される方向に形成されている。 (もっと読む)


【課題】 重量物を包装するのに十分なヒートシール強度を有し、腰感が良好で、開封時の引裂き性が良好で容易に開封できる、包装用途に好適なヒートシール性積層体及びかかる積層体を用いてなる包装体を提供すること。
【解決手段】 基材フイルムとヒートシール性フイルムからなる少なくとも2層以上の積層体であって、ヒートシール強度が8N/15mm以上であり、積層体の流れ方向(MD)と、該流れ方向に直行する方向(TD)の引張弾性率の積が4.0〜6.0(GPa)2であり、尚且つ積層体の流れ方向(MD)に直行する方向(TD)の引裂伝播抵抗が120mN以下であることを特徴とするヒートシール性積層体。 (もっと読む)


【課題】 麺の中期保存に好適な酸素ガスバリア性を有し、製造が容易で、従来の麺包装用プロピレン系共押出多層フィルムと同等の包装適性を示す麺包装用共押出多層フィルムと麺包装用ラミネートフィルム、および、これらのフィルムを使用した麺包装方法を提供すること。
【解決手段】 プロピレン系重合体(a)を含有してなる樹脂層(A)と、接着性樹脂層(X1)および(X2)と、ポリアミド系樹脂を含有する厚さ1.5〜8μmのガスバリア性樹脂層(B)と、プロピレン系共重合体(c)を含有してなる樹脂層(C)が、(A)/(X1)/(B)/(X2)/(C)の順に積層されている麺包装用共押出多層フィルム、このフィルムの樹脂層(A)上に基材をラミネートしてなる麺包装用ラミネートフィルム、および、これらフィルムをヒートシールしてなる袋の中に、麺と炭酸ガスを充填した後、ヒートシールにより密閉する麺包装方法。 (もっと読む)


【課題】 包装袋の内面に付着しやすく、外表面の形が崩れやすい被包装物であっても、包装前と同等の外観で袋外に取り出せる良好な包装袋を提供することであり、特に、包装袋を構成するフィルムのこしに優れると共に、物品の包装に際し要求されるヒートシール性、耐ピンホ−ル性、耐突き刺し性、酸素ガス、水蒸気等の透過を阻止するバリア性、流通保存性、耐熱性等の良好な包装袋およびそれを用いた包装体を提供する。
【解決手段】 少なくとも基材フィルムの一方の面にヒートシール層を積層した積層材を製袋してなる袋状容器本体からなり、かつ、前記の積層材全体のテーパー曲げこわさが、0.43g・cm〜0.80g・cmであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、内部に水分と油分や糖分を多く含む液状物と固形状物からなる食品等を収納して、業務用の高出力の電子レンジにて加熱調理され、部分的にマイクロ波が集中して包装袋が局部的に強く加熱されることがあっても、包装袋に穴があくことのない電子レンジ加熱用包装袋を提供することである。
【解決手段】 ポリブチレンテレフタレート系フィルムと熱接着性樹脂層が積層された積層体、ないしは2軸延伸ポリエチレンテレフタレートフィルムとポリブチレンテレフタレート系フィルムと熱接着性樹脂層が積層された積層体からなる電子レンジ加熱用包装袋である。 (もっと読む)


【課題】カット性付与のための加工を施すことなくどこからでも横方向にカットでき、しかも基材フィルム/シーラントフィルムという2枚のフィルムを用いた構成であってもガスバリア性を有する包装用積層フィルムおよび包装袋を提供する。
【解決手段】少なくとも横方向にカット性を有する基材フィルムと少なくとも横方向にカット性を有する熱融着性フィルムを積層したことを特徴とする包装用積層フィルム、および上記包装用積層フィルムを熱融着してなることを特徴とする包装袋を提供して、上記課題を解決する。基材フィルムにアルミニウムまたは金属酸化物を蒸着しガスバリア性を付与することができる。 (もっと読む)


【課題】 包装袋の内面に付着しやすく、外表面の形が崩れやすい被包装物であっても、包装前と同等の外観で袋外に取り出せる良好な滑性、表面粗さ、フィルムのこしに優れると共に、物品の包装に際し要求されるヒートシール性、耐ピンホ−ル性、耐突き刺し性、酸素ガス、水蒸気等の透過を阻止するバリア性、流通保存性を有し、レトルト処理等の加工に伴う熱処理に耐えうる包装袋およびそれを用いた包装体を提供する
【解決手段】 少なくとも基材フィルムの一方の面にヒートシール層を積層した積層材を製袋してなる袋状容器本体からなり、かつ、前記の袋状容器本体の内表面の平均表面粗さRaが、0.03μm〜0.5μmであり、かつ、前記の袋状容器本体の内表面の静摩擦係数が、0.01〜0.2、動摩擦係数が、0.01〜0.2の摩擦係数であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 ニ軸延伸ポリエステル樹脂フイルムの優れた特性を失うことなく実用面の特性を維持し、良好なひねり性と帯電防止性を具備し、さらには生産性も良好な実用性あるひねり包装用フイルムとして有用なニ軸延伸ポリエチレンテレフタレート樹脂フイルムを提供すること。
【解決手段】 実質的にポリエチレンテレフタレートを主成分とする樹脂フイルムであって、該フイルムの摩擦係数が0.25〜0.90、かつ該フイルムの少なくとも片面の表面固有抵抗が1×107(Ω/□)〜1×1014(Ω/□)であることを特徴とするひねり包装用ニ軸延伸ポリエチレンテレフタレート樹脂フイルム。 (もっと読む)


【課題】 包装用積層フィルムにおいて、積層フィルムの層間から接着処理剤を取り除くことにより、積層工程数および使用条件数を低減して、積層フィルムコストの低廉化を図る。
【解決手段】 いずれか一方の表面に薄膜バリア層を形成した、一軸もしくは二軸延伸のベースフィルムに対し、薄膜バリア層側およびそれとは反対側のそれぞれの表面に、接着性のオレフィン樹脂よりなるそれぞれのシーラント層を、予めの接着処理なしに直接的に押出し積層する。 (もっと読む)


【課題】
柔軟性、透明性に優れ、熱融着性を有するので自動製袋機に適した、従来のポリオレフィンフィルムからなる包装用フィルムと同様に包装用フィルムとして好適に使用しコンポスト処理可能な生分解性フィルムを提供する。
【解決手段】
融点(Tm)が80〜120℃、結晶化温度(Tc)が35〜75℃及び(Tm)−(Tc)が35〜55℃の範囲にある、脂肪族または脂環式ジカルボン酸成分(a1)、脂肪族または脂環式ジヒドロキシ化合物成分(a2)及び2官能脂肪族ヒドロキシカルボン酸成分(a3)からなる脂肪族ポリエステル共重合体(A)97〜60重量%とポリ乳酸(B)3〜40重量%との組成物(C)からなる二軸延伸フィルム基材の少なくとも片面に、上記脂肪族ポリエステル共重合体(A)からなる熱融着層を有してなることを特徴とする多層二軸延伸フィルムである。 (もっと読む)


【課題】 遮光性に優れ、電子レンジの使用が可能であって、しかも安価である遮光性包装材及びこれを用いた包装体を提供する。
【解決手段】 本発明の遮光性包装材は、内層1、遮光性接着剤を含む遮光性接着剤層2及び表層3がこの順で積層されている。前記表層1の両側の面のうち少なくとも一方の面には印刷層が設けられていてもよい。また、本発明の遮光性包装材は、前記内層1と表層3との間に、2以上の遮光性接着剤層が各遮光性接着剤層間に中間層を介して設けられており、且つ表層3に隣接する最外遮光性接着剤層よりも濃色の遮光性接着剤層が前記最外遮光性接着剤層よりも内層1側に少なくとも一層設けられていてもよい。 (もっと読む)


プラスチック材製の第1の層(11,111,211,311,411,511,611,711)と、プラスチック材、金属材、紙状材あるいはそれらの類似材の中から選択される材料製の少なくともひとつの第2の層(12,112,212,312,412,512,612,712,213,313,413,513,613,713,614,714)とからなり、各層は接着材の間挿層(15)により隣接層に結合されている梱包材用多重積層フィルム。本発明に基づく前記多重積層フィルム(10,110,210,310,410,510,610,710)は、プラスチック材(11,111,211,311,412,512,613,713)のより高い剛性層の少なくともひとつの面(16,216,416,616,117,317,517,717)上に連続的かつ平行な複数の並置切込み(18,18a,18b,18c,18d,18e,118,218,318,418,518,618,718)を有しており、これらは切込み(18,18a,18b,18c,18d,18e,118,218,318,418,518,618,718)の方向に対して直角な破断荷重の低減を促進するために適合している。前記切込み(18,18a,18b,18c,18d,18e,118,218,318,418,518,618,718)は材料を除去することにより得られ、またより高い剛性層の厚さに対して部分的に影響を及ぼすものである。 (もっと読む)


701 - 720 / 840