説明

Fターム[3E086BA33]の内容

被包材 (49,792) | 素材構造 (14,861) | 断面視的構造 (14,463) | 各層(単層も含む)の態様 (9,571) | 延伸した素材を用いたもの (840)

Fターム[3E086BA33]に分類される特許

741 - 760 / 840


【課題】膜厚を所定の厚さに保ちつつ、極めて優れたガスバリア性を有するガスバリアフィルムを提供することを目的とする。
【解決手段】基材の片面または両面に、プラズマCVD法によって形成された酸化珪素膜を有するガスバリアフィルムであって、前記酸化珪素膜は、Si原子数100に対してO原子数170〜200およびC原子数30以下の成分割合からなっており、さらに1055〜1065cm-1の間にSi−O−Si伸縮振動に基づくIR吸収があることを特徴とするガスバリアフィルムを提供する。 (もっと読む)


【課題】無機化合物系の酸素吸収材料を高含量で配合しても包装体としてのシール強度や耐ピンホール性を有するだけでなく、酸素吸収材料を配合した樹脂組成物の配合処方を大きく変更させること無く、ボイルやレトルト用途包材への展開も可能な酸素吸収バリア性積層体及びそれを用いて作製した包装体を提供する。
【解決手段】外層側より酸素ガスバリア層(A)、酸素吸収性樹脂組成物層(B)、必要に応じて最内層にシーラント樹脂層(C)を設けた包装体において、その酸素吸収性樹脂組成物層(B)が、ポリオレフィン樹脂を主成分とし、そのポリオレフィン樹脂100重量部に対し少なくとも還元処理を施した酸素吸収能を有する無機酸化物を1〜100重量部含有する樹脂組成物であり、かつ、その主成分となるポリオレフィン樹脂が、シングルサイト触媒を用いて得られたエチレン−αオレフィン共重合体である。 (もっと読む)


【課題】高いガスバリア性を有するものの,処理に際して無害である包装用の積層フィルム及び該積層フィルムから成る包装体を提供することを目的とする。
【解決手段】
基材層と,ポリオレフィンから成るシーラント層,バリア層から成り,前記基材層と前記シーラント層間に,有機高分子化合物及び/又は無機化合物がコーティングされ,又は無機物が蒸着されたバリア層を有し,酸素透過度が100ml/m・24hrs・MPa未満,突刺し強度が7N以上で,動摩擦係数が0.5未満であり,塩素化合物を含まない,常温で24ヶ月間にわたって前記シーラント層の添加剤のブリードが視認できない程小さい。 (もっと読む)


サーモトロピック液晶ポリマーは、芳香族ジカルボン酸およびジオールで作られたポリエステル、1種または複数種のヒドロキシカルボン酸、化学量論的に過剰の芳香族ジオール、およびカルボン酸無水物の反応により生成される。また、この方法により生成される新規の液晶ポリマーも開示する。これらの液晶ポリマーは、鋳造樹脂として有用であり、その成形物品が生成される。詳細には、物品には、これらのLCPを含むフィルム、シート、容器およびその一部が含まれる。 (もっと読む)


【課題】 高衝撃強度と良好な成形性と優れた外観性とを併有し、特に、低温衝撃強度が良好である深絞り成形用共押出フィルムを提供する。
【解決手段】 非晶性ポリエステル樹脂層(A)、ポリエチレンテレフタレート系樹脂(PET)層(B)、接着性樹脂層(C)、ポリアミド樹脂層(D)、エチレン含有率29〜47モル%のエチレン−酢酸ビニル共重合体ケン化物樹脂(EVOH)層(E)、およびシール性樹脂層(F)を有する共押出フィルムであって、前記非晶性ポリエステル樹脂層(A)、前記PET層(B)、および前記シール性樹脂層(F)からなる群から選ばれる少なくとも1層が着色剤を含有し、前記PET層(B)が非晶性ポリエステル樹脂を含有し、非晶性ポリエステル樹脂およびPETの極限粘度(IV)を、0.64〜0.90dl/gとし、かつフィルム全体の厚み(t)に対する前記非晶性ポリエステル樹脂層(A)および前記PET層(B)の厚みの合計(a+b)の比〔(a+b)/t〕を、0.75〜0.95とする。 (もっと読む)


【課題】 酸素ガス、水蒸気、保香性等に対するバリア性に優れ、かつ、防皺性、強度、剛性、ヒートシール性、易開封性等に優れ、また、金属探知機等による異物検査、更に、燃焼ゴミとして廃棄処分適性等の環境適性に優れた蓋材を提供することである。
【解決手段】 その一方の面に、無機酸化物からなる蒸着層とガスバリア性複合ポリマ−層とからなる複合ガスバリア層を設けた二軸延伸ポリアミド系樹脂フィルムと、二軸延伸ポリアミド系樹脂フィルムと、ポリプロピレン系樹脂フィルムとを順次に積層したことを特徴とする蓋材、または、二軸延伸ポリアミド系樹脂フィルムと、その一方の面に、無機酸化物からなる蒸着層とガスバリア性複合ポリマ−層とからなる複合ガスバリア層を設けた二軸延伸ポリアミド系樹脂フィルムと、ポリプロピレン系樹脂フィルムとを順次に積層したことを特徴とする蓋材に関するものである。 (もっと読む)


【課題】熱収縮性、低自然収縮性に優れ、かつPETボトルのラベルとして用いることが可能な透明性と常温での剛性や腰の強さを有し、比重が1未満である熱収縮性フィルムを得る。
【解決手段】ポリプロピレン系共重合体50〜95質量%と、石油系樹脂、ロジン系樹脂又はテルペン樹脂の少なくとも一種5〜50質量%とからなる樹脂組成物100質量%に対して、スチレン系エラストマーを1〜80質量%添加した混合樹脂組成物を、少なくとも一軸方向に延伸して、熱収縮性オレフィンフィルムを製造する。 (もっと読む)


【課題】 特定波長の光線を遮断する機能を有すると共に、容器リサイクルに貢献しうる合成樹脂製容器を提供する。
【解決手段】 口部と前記口部の下端に設けられたサポートリングと前記サポートリングに続く肩部と胴部及び底部とを備えた合成樹脂製容器本体と、
前記容器本体の底部壁面を外側から覆う遮光性を有する平板状の被覆部材と、
前記容器本体の口部下端から前記被覆部材の一部が重なり合う位置まで連続して表面を被覆する筒状に形成された遮光性を有するシュリンクラベルとから構成され、
かつ、遮光性を有するキャップが、前記容器本体の口部に装着されており、
かつ、前記の被覆部材が、前記容器本体の底部壁面に重ね合わせられると共に、前記のシュリンクラベルで被覆されて保持されるように構成されている。 (もっと読む)


エチレングリコールからの反復単位を有するジオール成分および非エチレングリコールのジオール成分およびテレフタル酸からの反復単位を有する二酸成分および非テレフタル酸の二酸成分を含んで成る「PETコポリマー」を含んで成るプレフォームから容器を製造する。非エチレングリコールのジオール成分および非テレフタル酸の二酸成分の総量はポリ(エチレンテレフタレート)コポリマー中に約0.2モルパーセント〜約2.2モルパーセント未満までの量で存在する。容器は飲料を充填するのに有用であり、対応する方法が開示される。
(もっと読む)


【課題】 飴との剥離性に優れ、生分解性を有したひねり包装用フィルムを提供する。
【解決手段】 主成分がポリ乳酸系重合体からなる二軸延伸フィルムであって、低分子量ポリマーを0.01〜1.0質量%含有することを特徴とするひねり包装用フィルム。低分子量ポリマーがポリオレフィンであることを特徴とする上記ひねり包装用フィルム。低分子量ポリマーの数平均分子量が1000〜8000であり、その融点が60〜140℃であることを特徴とする上記ひねり包装用フィルム。ポリ乳酸系重合体が脂肪族−芳香族共重合ポリエステルを1〜10質量%含有することを特徴とする上記ひねり包装用フィルム。 (もっと読む)


【課題】 内容物取り出し性(内容物の取り出し易さ)を確保するとともに、容器加工に要求される成形性、密着性、耐衝撃性を兼ね備えた容器用フィルムラミネート金属板とその製造方法を提供する。
【解決手段】 ポリエステルを主成分とする樹脂フィルムを樹脂フィルムA、前記ポリエステルを主成分とする樹脂フィルムであって、更に、質量比で樹脂に対して0.10〜2.0%のワックス成分を含有する樹脂フィルムを樹脂フィルムBとしたとき、容器成形後に容器内面側になる金属板の表面に樹脂フィルムB、容器成形後に容器外面側になる金属板の表面に樹脂フィルムAをラミネートする。前記ワックス成分としてカルナウバろう若しくはステアリン酸エステルを含有する。 (もっと読む)


重合体担体層(11a、11b)の第1側面上に直接コーティングされたSiOxのガス障壁コーティング(13a)を含む重合体フィルム(1a、1b、1c、1d)。該フィルムはまた前記重合体担体層(11a、11b)の第2の側面上に配置された加熱封じ可能なポリオレフィン層(17a、17b)を含む。本発明はまた、該重合体フィルムを含む包装用積層物(10)に関し、そしてそのような包装用積層物から形成された包装用容器(30)に関する。本発明はさらに、該重合体フィルムの製造方法に関する。
(もっと読む)


【課題】 高強力で柔軟性を有し、且つ、防滑性を有する重袋、フレキシブルコンテナ等の包装袋用積層シートを提供する。
【解決手段】 ポリオレフィンからなる延伸糸を用いた織編布の少なくとも片面に、ポリオレフィンからなる延伸糸を用いた織編布の少なくとも片面にポリオレフィン100重量部にテルペン系樹脂2〜15重量部を配合した組成物からなるラミネート層を設けたことにより、高強力で柔軟性を有し、且つ防滑性を有する包装袋用積層シートが得られ、重袋用、フレキシブルコンテナ用の包装袋に好適に使用される。 (もっと読む)


【課題】 内容物取り出し性を確保するとともに、容器加工に要求される成形性、密着性を兼ね備えた容器用フィルムラミネート金属板を提供する。
【解決手段】 両面にポリエステルを主成分とする樹脂フィルムラミネート層を有する容器用金属板であって、容器成形後に容器内面側になる樹脂フィルムの内容物と接する面の、表面自由エネルギーの極性力成分γsが、4.0×10−3N/m以下であることを特徴とする容器用フィルムラミネート金属板である。また、前記で容器成形後に容器内面側になる樹脂フィルムの内容物と接する面の、表面自由エネルギーの極性力成分γsが、2.0×10−3N/m以下であることを特徴とする容器用フィルムラミネート金属板である。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】本発明は、溶融して半液体状態になり易いペースト状製品、特にチーズに対する迅速な引裂き開口部を有する密封した矩形の平行六面体ポリプロピレン製包装体であって、適宜な輪郭外形に沿って切り且つ、製品を受け入れ、また、包装体を開けるための把持隅部2を提供する矩形の貝型形状をした第一のシート1と、カバーシートと、2つの引裂き片5、6とから成る包装体に関する。把持隅部2は、八角形の形状となるように切った第一のシートの側部の1つに形成された三角形の突起から成り、引裂き片5、6は、尖ったU字形の形状を形成し、その先端は、上記三角形の突起内に配置され、これにより容易に且つ、簡単に開けることを可能にする。
(もっと読む)


【課題】インキとフィルムとの接着性が良好で、従来の印刷方法の条件や設備を変更することがなく印刷ができるため印刷工程の効率を低下させず、かつ、包装フィルムの本来の機能も損なうことがない収縮包装用フィルムを提供する。
【解決手段】防曇剤が0.5〜5重量%添加されたポリエチレン系樹脂を表面層とし、少なくとも一方向に2倍以上延伸した後、2時間以内にフィルムの表面にコロナ放電処理を施す、コロナ放電処理面に印刷が施される収縮包装用フィルム。 (もっと読む)


【課題】 プラズマCVD法による着色のない、密着性、ガスバリア性に優れた構成のコーティング薄膜の形成を課題として、外観、ガスバリア性そして耐久性に優れた包装材料を提供することを目的とする。
【解決手段】 合成樹脂製基材の少なくとも片面にプラズマCVD法によるガスバリア性の薄膜が形成された包装材料において、薄膜が基材面上に形成された炭素薄膜と、この炭素薄膜上に形成されたケイ素酸化物薄膜からなる積層状とする。 (もっと読む)


【課題】 ミシン目カット性に優れ、直線引裂性を有する熱収縮性ポリエステルフィルムを提供する。
【解決手段】 ポリエステルAに非相溶なポリエステルBがポリエステルA中に細長い島状に分散した構造を有する延伸されたフィルムであって、ヘーズが20%以下であり、80℃の温水中で10秒間処理した際の温湯中収縮率が主収縮方向に35%以上であるとともに主収縮方向と直角方向に10%以下であり、長手方向に直線引裂性を有することを特徴とする易引裂性の熱収縮包装用フィルム。 (もっと読む)


【課題】 ポリプロピレン系樹脂の基材フィルム層、アンカーコート剤層、ポリカルボン酸系重合体を主体としてなるガスバリア層(A)が積層されてなる層構成を有する積層フィルムにおいて、包装袋として使用するときに、耐圧強度が大きく、湿度により影響を受けることのない高度のガスバリア性を維持する積層フィルムを提供する。
【解決手段】 ポリプロピレン系樹脂の基材フィルム層の少なくとも片面にアンカーコート剤層を介してポリカルボン酸系重合体を主体としてなるガスバリア層(A)が積層されてなる層構成を有する積層フィルムからなり、該ポリプロピレン系樹脂の基材フィルム層と該アンカーコート剤層の間の接着強度が100gf/15mm以上であることを特徴とする積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】 隠蔽性に優れると共に、フィルムに配合した無機フィラーが脱落することがなく、衛生上、外観上の問題のない、空洞含有フィルムを提供する。
【解決手段】 不織布と貼り合わせてドリップ吸収シートとして用いる空洞含有フィルムであって、上記空洞含有フィルムは、ポリオレフィン系樹脂基材層(A)と、該ポリオレフィン系樹脂基材層(A)の片面または両面に少なくとも表面層(B)を積層した後、延伸してなり、且つ、上記ポリオレフィン系樹脂基材層(A)が、ポリオレフィン系樹脂75〜90質量%、無機フィラー10〜25質量%(ただし、これら2者の合計は100質量%である。)を含有し、上記表面層(B)が、無機フィラーを含有しないものである空洞含有フィルム。 (もっと読む)


741 - 760 / 840