説明

Fターム[3E086BA33]の内容

被包材 (49,792) | 素材構造 (14,861) | 断面視的構造 (14,463) | 各層(単層も含む)の態様 (9,571) | 延伸した素材を用いたもの (840)

Fターム[3E086BA33]に分類される特許

121 - 140 / 840


【課題】金属または無機化合物蒸着フィルムをバリアフィルムとして用いた積層材料より成形した液体用紙容器の、成形時に応力が集中する折り曲げ部分のバリア層のクラックを防止することができる液体用紙容器を提供すること。
【解決手段】金属または無機化合物を蒸着したバリアフィルムを含む積層体を用いた液体紙容器であって、該無機化合物蒸着層が延伸プラスチックフィルムの間にラミネートされていることを特徴とする液体紙容器。 (もっと読む)


【課題】フィルム2層構成にて直線カット性を有し、かつ、ボイル処理やレトルト処理を行った後でも高いガスバリア性と水蒸気バリア性を保持する包装材を提供する。
【解決手段】透明な無機化合物蒸着薄膜層を設けた直線カット性延伸フィルムの蒸着面に、接着剤を介してシーラント層を設けた包装材で、延伸フィルムがナイロンフィルムであること、印刷層を設けたこと、無機化合物蒸着薄膜層が酸化アルミニウムまたは酸化珪素からなること、シーラント層がポリオレフィンフィルムである包装材およびそれを用いた包装袋。 (もっと読む)


【課題】極性分子ガス透過性、無極性分子ガスバリア性を有する選択ガス透過性フィルムを提供する。
【解決手段】基材フィルム10に、有機珪素化合物、金属または金属酸化物を供給してなる厚さ5〜50nmの蒸着膜層20を設けたガスバリア性フィルムを伸長させてなる。水蒸気透過度を維持したまま酸素透過度が向上した、選択ガス透過性フィルムである。 (もっと読む)


【課題】容器の蓋材として使用したときに開封性、透明性に優れ、ピール部の糸引きなどのない、実用性と美観を両立した多層積層フィルムおよびそれを蓋材に用いた包装容器を提供する。
【解決手段】シール樹脂層(A)1および基材樹脂層(B)2を有する多層積層フィルムであって、(i)密度が0.915〜0.930g/cm3の低密度ポリエチレンまたはエチレン−α−オレフィン共重合体90〜30重量部と(ii)密度が0.850〜0.89g/cm3のプロピレンエラストマー10〜70重量部からなり、(i)と(ii)の合計が100重量部である前記シール樹脂層(A)上に、低密度ポリエチレンまたはエチレン−α−オレフィン共重合体からなる前記基材樹脂層(B)が積層されており、前記シール樹脂層(A)の層厚が1〜20μmであり、前記基材樹脂層(B)の層厚が20〜100μmであることを特徴とする多層積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】包装材の合理化(工程削減および薄肉化)と要求物性(耐熱性、ガスバリア性、落下耐性、耐衝撃性、耐圧縮性、突刺耐性)を両立した、積層体を提供する。
【解決手段】少なくとも多層共押出フィルムと、ガスバリア性フィルムからなる積層体であって、前記多層共押出フィルムが、ガスバリア性フィルムが貼られる面から順に、ポリプロピレン系樹脂から本質的になる第1層、接着性樹脂から本質的になる第2層、ポリアミド系樹脂から本質的になる第3層、接着性樹脂から本質的になる第4層、ポリプロピレン系樹脂から本質的になる第5層から少なくとも構成される。 (もっと読む)


【課題】 レーザー光による袋体への印字性に優れると共にレトルト適性を有するレトルト包装体を提供する。
【解決手段】 本発明のレトルト包装体は、少なくとも表面層、レーザー反射インキ層、中間支持層、バリア層、ヒートシール層の順に積層されたフイルム状積層体が、表面層側を外側とし、ヒートシール層側を内容物側として重ね合わされ、周端部がヒートシールされると共に、内容物に関する期限情報が表面層側に印字された包装袋において、該期限情報印字部におけるフイルム状積層体が、表面層側からのレーザー照射によりその断面方向に表面層側からレーザー反射インキ層の手前までハーフカットされ、期限情報が印字されたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】容器の蓋材として使用したときに開封性、透明性、ガスバリア性に優れ、さらにピール部の糸引きなどのない、実用性と美観を両立した多層積層フィルムおよびそれを蓋材に用いた包装容器を提供する。
【解決手段】シール樹脂層(A)(1)、その上に順に積層された基材樹脂層(B)(2)および基材樹脂層(C)(3)を有する多層積層フィルムであって、(A)は、(i)密度が0.915〜0.930g/cm3の低密度ポリエチレンまたはエチレン−α−オレフィン共重合体90〜30重量部と(ii)密度が0.850〜0.89g/cm3のプロピレンエラストマー10〜70重量部からなり、(i)と(ii)の合計は100重量部であり、(B)は、エチレン・無水マレイン酸グラフト重合体またはプロピレン・無水マレイン酸グラフト重合体からなり、(C)は、エチレン・ビニルアルコール共重合体からなることを特徴とする多層積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】充填機でトップ部分およびボトム部分をホットエアーで加熱し最内層シーラントを融解させてから加圧し、密封する、積層体のシール時に、加熱部分を加圧前に取り出して温度分布(ヒートパターン)を目視で確認を行うことが出来る液体紙容器用積層体の提供。
【解決手段】紙基材の外層側に熱可塑性樹脂層と、前記紙基材の内層側に透明バリア層と熱溶融性樹脂からなるシーラント層を積層してなる液体紙容器用積層体であり、前記シーラント層の加熱部分が平均粗さ(Ra)0.01〜0.5μm、かつJIS−K7105に規定する60度光沢度が50〜90%であることを特徴とする液体紙容器用積層体。 (もっと読む)


【課題】 レトルト適性を有すると共に直進開封性に優れ、手で容易に開封できる易開封性レトルト包装体を提供する。
【解決手段】 本発明の易開封性レトルト包装体は、少なくとも表面層、レーザー反射インキ層、中間支持層、バリア層、ヒートシール層の順に積層されたフイルム状積層体が、表面層側を外側とし、ヒートシール層側を内容物側として重ね合わされ、周端部がヒートシールされると共に手で引き裂き開封可能とされる開封部が設けられた包装袋において、該開封部におけるフイルム状積層体が、表面層側からのレーザー照射によりその断面方向に表面層側からレーザー反射インキ層の手前までハーフカットされ、開封部に直進開封性が付与されたものである。 (もっと読む)


【課題】
ヒートシール時に発生するカバーテープの浮き上がりを無くし、カバーテープとキャリアテープ間の隙間の発生を抑え、厚みが薄い電子部品のキャリアテープからのはみ出しや、電子部品の回転や転倒を抑えることが可能な、電子部品の実装効率を高めることができるカバーテープを提供する。
【解決手段】
少なくとも基材層(A)、中間層(B)およびシーラント層(C)を有し、中間層(B)の流れ方向と直角を成す方向の23℃における寸法を基準とした時の、130℃×10分の環境における同方向の加熱収縮率が20%以上であり、基材層(A)の厚みがカバーテープ全体厚みの40%以下であり、熱収縮する中間層(B)の厚みが、カバーテープ全体厚みの30%以上であるカバーテープ。 (もっと読む)


【課題】直線カット性に優れた底材及び/又は蓋材に使用することで、易開封性と耐破袋性とを両立させることができ、シール強度が強いにもかかわらず、イージーピール機構を設けなくとも容易に開封できる深絞り包装体を提供する。
【解決手段】底材と蓋材とがシールされた易開封性深絞り包装体であって、前記底材及び/又は前記蓋材が、20mm以下の直線カット性(縦方向(MD)に直線を引き、20cm引き裂いたときのその直線からのズレ量の絶対値M)を有する底材及び/又は蓋材である易開封性深絞り包装体。 (もっと読む)


【課題】高価な導電性材料の使用量を低減して低コスト化し、また導電性材料の脱落のないクリーンな電子部品包装用カバーテープを供給すること。
【解決手段】基材層、中間層、シーラント層の三層構成のカバーテープにおいて、基材層が少なくとも1層の2軸延伸フィルムを有し、シーラント層が熱可塑性樹脂に、強磁性体を含有するカーボンナノ繊維材料及び粒子状導電物質と溶媒とを分散した塗液を塗布乾燥する、もしくは熱可塑性樹脂に強磁性体を含有するカーボンナノ繊維材料と溶媒とを分散した塗液、及び熱可塑性樹脂に粒子状導電物質と溶媒とを分散した塗液、各々の塗液を順番にあるいは同時に塗布乾燥して、中間層上に形成されたものであって、シーラント層においてカーボンナノ繊維材料及び粒子状導電物質が接点を有し、カーボンナノ繊維材料及び粒子状導電物質が厚み方向に濃度勾配を持ってニ層化もしくは傾斜機能化している電子部品包装用カバーテープ。 (もっと読む)


【課題】耐屈曲性、熱寸法安定性、保香性、等に優れ、かつシール層をラミネートした時にラミネート強度の測定が可能となるポリアミド系多層延伸フィルムを提供することを目的とする。
【解決手段】外面層(A)と内面層(B)の少なくとも2層を有する多層積層体を2軸延伸することにより得られるポリアミド系多層延伸フィルムであって、
(A)層が結晶性ポリエステルを含有し、(B)層が脂肪族ポリアミドを含有し、
(B)層の厚みが5μm以上である、ポリアミド系多層延伸フィルム。 (もっと読む)


【課題】 開封予定線に沿っていずれの方向からでも容易に引裂くことができ、しかも切目と切目との間(繋ぎ部分)で引裂き線の橋渡しをより確実に行なうことができて、引裂き開封線が美麗な包装材およびその製造方法を提供することである。
【解決手段】 二軸方向に延伸した合成樹脂製フィルムからなる基材層と、熱接着性樹脂からなる内層とを少なくとも積層した長尺状の包装材であって、前記基材層には引裂き開封するための一定長さの直線状切目が一定間隔で一直線状に配置された開封予定線が形成されると共に、前記直線状切目はその長手方向の両端部に長手方向に直交する方向側に突出する裂目を有していることを特徴とする包装材。 (もっと読む)


【課題】無溶剤型接着剤を用いて、高速塗布で製造しても濡れ不良にならず、かつ液体内容物充填後のラミネート強度と耐衝撃性に優れ、環境に優れた多層フィルム、その製造方法、及びそれを用いた包装容器を提供すること。
【解決手段】順に、少なくとも内層フィルム2;接着剤層3;外層フィルム5を積層してなる多層フィルム1であって、前記接着剤層がポリエステル系の主剤、及び、脂肪族イソシアネート及び脂環族イソシアネートの硬化剤を含む無溶剤型接着剤からなることを特徴とする多層フィルム。 (もっと読む)


【課題】 素板ガラスと吸引機構の吸引パッドとの間に介在され、素板ガラスを吸引保持する素板ガラス搬送用スチレン系樹脂シートを提供すること。
【解決手段】 スチレン系樹脂シート製の素板ガラス搬送用シートにおいて、スチレン系樹脂シートの発泡倍率が1.1〜5.0倍の範囲で発泡されたものであることを特徴とする、素板ガラス搬送用スチレン系樹脂シートを要旨とする。 (もっと読む)


約10%〜約95%のヘイズおよび約50〜約125の45度光沢を有するポリ乳酸およびポリプロピレン配合物を含んでなるフィルム。ポリプロピレンおよびポリ乳酸を配合して重合体状配合物を製造し、重合体状配合物をフィルムに製造し、そしてフィルムを配向することを含んでなる配向フィルムの製造方法。ポリプロピレンおよびポリ乳酸を配合して重合体状配合物を製造し、重合体状配合物を型内に射出し、そして製品を製造することを含んでなる射出成型製品の製造方法。 (もっと読む)


【課題】高いガスバリア特性を有するポリエステル樹脂混合物を提供する。
【解決手段】予めテトラカルボン酸二無水物と混合したポリエステル樹脂に、溶融状態でポリアミドを添加し、重合体成分が互いに流動学的に融和性を有するように混合することにより、ポリエステル樹脂と、6〜22の炭素原子を有するジカルボン酸とm−キシリレンジアミンから誘導されるポリアミドとからなる、高いガスバリア特性を有する合成物を製造する。この合成物は容器や二軸延伸フィルムを製造するのに適する。 (もっと読む)


【課題】引き裂くことで開封する構成のパウチ容器に使用するフィルムシートにおいて、易引裂性及び強度を同時に確保できるようにする。また、パウチ容器の製造コスト増加も防止できるようにする。
【解決手段】基材フィルム層13と、一方向のみに易引裂性を有する直線カットフィルム層15と、シーラントフィルム層19とを順次積層してなり、前記基材フィルム層13の分子配向に関する物性値として、その誘電率の最大値と最小値との差Δεを0.3以下とし、誘電率の最大値方位角を−40°以上+40°以下とすることを特徴とするフィルムシート11を提供する。 (もっと読む)


【課題】透明蒸着用ポリエステルフイルムは、薄い蒸着膜厚さで高いガスバリア性能及び防湿性能を安定して付与し格段に向上させる透明蒸着用ポリエステルフイルム及びその透明蒸着ポリエステルフイルムを提供。
【解決手段】透明蒸着用ポリエステルフイルムは、少なくともA層とB層の2層を有してなる2軸配向ポリエステルフイルムであり、A層とB層がそれぞれ最表層に位置し、かつA層側に金属または金属酸化物を用いてなる透明蒸着層が積層される態様で用いられるポリエステルフィルムであって、A層表面(表面A)の中心線面粗さ(SRa)が10nm以下、表面Aの中心線面粗さSRaが表面Bの中心線面粗さSRaよりも小さく、かつ表面Aの山数SPcが表面Bの山数SPcよりも小さい、厚さ5〜25μmの透明蒸着用ポリエステルフイルムである。 (もっと読む)


121 - 140 / 840