説明

Fターム[3E086BA33]の内容

被包材 (49,792) | 素材構造 (14,861) | 断面視的構造 (14,463) | 各層(単層も含む)の態様 (9,571) | 延伸した素材を用いたもの (840)

Fターム[3E086BA33]に分類される特許

161 - 180 / 840


【課題】遮光性及び断熱性を有すると共に、簡易な構成であって容易にリサイクルすることができる遮光性シュリンクフィルムの提供。
【解決手段】結晶性を有するポリマーからなり、長尺状の空洞をその長さ方向が第1の方向に配向した状態で内部に含有する結晶性高分子フィルムであって、前記結晶性高分子フィルムにおける、前記空洞の配向方向に直交する断面において、前記空洞の中心から前記結晶性高分子フィルムの表面までの距離が最も短い10個の前記空洞について、各中心から前記結晶性高分子フィルムの表面までの距離h(i)を算出し、算出された各前記距離h(i)の算術平均値h(avg)が、次式、h(avg)>T/100、の関係を満たす結晶性高分子フィルムと、熱収縮性合成樹脂フィルムとを備える遮光性シュリンクフィルムである。 (もっと読む)


本発明は、紙又は板紙のコア層と、ポリオレフィンの最外液密ヒートシール性層と、紙又は板紙の層の内側に付着された、液気障壁組成物の液体被膜コーティング及びその後の乾燥によって形成された酸素気体障壁層とを含み、この液体組成物が、液体媒体に分散され又は溶解したポリマー結合剤を含有するものである、液体食品包装用の非箔包装ラミネートに関する。本発明は、包装ラミネートを製造するための方法と、この包装ラミネートから作製された包装容器にも関する。
(もっと読む)


【課題】本発明の目的は、従来どおりのラベルの剥がし方ができると共に、指腹でラベル端部を押しずらすことでラベルを破って剥がし用のつまみを形成する剥がし方、さらに、爪をラベルに設けた一対の細長孔に入れてつまみ寄せることでラベルを破って剥がし用のつまみを形成する剥がし方ができる熱収縮性筒状ラベルを提供することである。
【解決手段】本発明に係る熱収縮性筒状ラベルは、少なくとも周方向に延伸され、熱収縮性を有する筒状ラベルにおいて、前記筒状ラベルの主軸方向に沿って延設された左右一組
の分断補助線と、前記ラベルの上端部位置又は下端部位置或いはその両方の位置に、前記一組の分断補助線を最外側から挟み、且つ、長径の方向が前記分断補助線と平行に形成されている左右一組の細長孔と、を有し、且つ、前記細長孔の長径が5〜15mmであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】高温高湿下や紫外線照射環境下において、高い剥離強度及び優れたガスバリア性を維持することができる耐候性ガスバリア性フィルムを提供する。
【解決手段】基材フィルム、その少なくとも一方の面に形成された耐候性コート層、及び該コート層面に形成された無機薄膜を有するガスバリア性フィルムであって、該耐候性コート層が、主成分であるポリカプロラクトンポリオール及び/又はポリカーボネートポリオールを架橋させてなるガスバリア性フィルムである。 (もっと読む)


【課題】高温高湿下や紫外線照射環境下において、高い剥離強度及び優れたガスバリア性を維持することができる耐候性ガスバリア性フィルムを提供する。
【解決手段】基材フィルム、その少なくとも一方の面に形成された耐候性コート層、及び該コート層面に形成された無機薄膜を有するガスバリア性フィルムであって、該耐候性コート層が、変性ポリビニルアルコールを架橋させてなるガスバリア性フィルムである。 (もっと読む)


【課題】
突刺強度に優れた包装用二軸配向ポリエステルフィルムと、耐突刺ピンホール性に優れた包装用二軸配向ポリエステルフィルムおよびそれを用いてなる包装体を提供すること。
【解決手段】
上記課題は、ポリエステルフィルムの少なくとも片面にポリエステル樹脂とメラミン化合物を用いてなる易接着層を形成してなる包装用二軸配向ポリエステルフィルムであって、該包装用二軸配向ポリエステルフィルムの面配向係数(fn)が0.167以上0.175以下、複屈折率(Δn)の絶対値が5未満、突刺強度が7N以上15N以下、フィルム厚みが7μm以上20μm以下であり、かつ該易接着層と金属層との間の剥離強度が1N/15mm以上である包装用二軸配向ポリエステルフィルムによって達成することができる。 (もっと読む)


【課題】優れたガスバリヤ性と強度を備えた積層体で、且つ生産性に優れた生分解性積層体を提供する。
【解決手段】一般式(1)で示される側鎖1,2−ジオール構造単位を含有するポリビニルアルコールを主成分とするガスバリヤ層の両面を、前記ガスバリヤ層との融点の差が20℃以下である脂肪族ポリエステル層で挟持してなる。(1)式中、R〜Rはそれぞれ独立して水素原子又は有機基を表し、Xは単結合又は結合基を表す。脂肪族ポリエステル層は、L−乳酸とD−乳酸の含有比率が95/5以上であるポリ乳酸を主成分とする層である。
(もっと読む)


【課題】アルミ箔を使用せずとも、光沢があり美粧性に優れ、適度な折り曲げ性を有し、かつ、コスト性、製造性、リサイクル性、更に断熱性にも優れた食品用包装材及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】結晶性を有するポリマーからなり、長尺状の空洞100をその長さ方向が一方向に配向した状態で内部に含有する空洞含有樹脂フィルム1であって、前記空洞含有樹脂フィルム表面1aから所定の距離においては前記空洞が形成されておらず、かつ、前記空洞の配向方向に直交する厚み方向における前記空洞の平均長さをr(μm)として、前記空洞の配向方向における前記空洞の平均長さをL(μm)とした際のL/r比が10以上である空洞含有樹脂フィルムからなることを特徴とする食品用包装材、及び、結晶性を有するポリマーからなるポリマー成形体を、特定の温度条件下で高速延伸することを特徴とする前記食品用包装材の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】封緘強度が高く、遮光性に優れ、かつ、焼却後の残渣の少ない食品用包装材及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】保護層と、空洞含有樹脂フィルム層と、ヒートシール層とを有してなり、前記空洞含有樹脂フィルム層が、結晶性を有するポリマーからなり、長尺状の空洞をその長さ方向が一方向に配向した状態で内部に含有する空洞含有樹脂フィルムであって、前記空洞含有樹脂フィルム表面から所定の距離においては前記空洞が形成されておらず、かつ、前記空洞の配向方向に直交する厚み方向における前記空洞の平均長さをr(μm)として、前記空洞の配向方向における前記空洞の平均長さをL(μm)とした際のL/r比が10以上である空洞含有樹脂フィルムからなることを特徴とする食品用包装材、及び、前記保護層と、前記空洞含有樹脂フィルム層と、前記ヒートシール層とを積層する工程を含むことを特徴とする食品用包装材の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】透明性およびガス透過性に優れた、果物や花卉類の鮮度保持包装に適したガス透過性フィルムの提供。
【解決手段】本発明のガス透過性フィルムは、メルトフローレート(ASTM D1238、230℃、荷重2.16kg)が、1〜10g/10分の範囲にあり、示差走査熱量計(DSC)で測定される融点が、145〜170℃の範囲にあり、特定の要件を満たす室温n−デカンに不溶な部分(Dinsol)90〜70重量%と、特定の要件を満たす室温
n−デカンに可溶な部分(Dsol)10〜30重量%とから構成されるプロピレン・エチ
レンブロック共重合体(A)を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】低延伸倍率でも延伸ムラがなく高い生産性を有し、なおかつ、ヒートシールにより袋体とした場合には、シール強度が高く、エッジ切れの生じない優れた品質のヒートシール用袋体構成部材用多孔質フィルムを提供する。
【解決手段】本発明のヒートシール用袋体構成部材用多孔質フィルムは、重量平均分子量30万〜250万の超高分子量ポリエチレン、前記超高分子量ポリエチレン以外のポリオレフィン及び無機充填剤を必須成分として構成される、未延伸フィルムを延伸処理することにより多孔質化してなる多孔質フィルムであって、多孔質フィルムを構成する全ポリマー成分中に超高分子量ポリエチレンを1重量%以上含有することを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】透明性が良好でポリエステル系樹脂との接着性能に優れるブロック共重合体樹脂組成物並びに熱収縮性多層フィルム、熱収縮性ラベル及びそれで被覆された容器を提供する。
【解決手段】下記の(a)を20〜90質量部、(b)を80〜10質量部からなる、熱収縮性多層フィルム用ブロック共重合体樹脂組成物である。(a)ビニル芳香族炭化水素と共役ジエンの比が60〜90:40〜10であるブロック共重合体またはそれを主体とした共重合体組成物。(b)下記の(A)乃至(C)から選ばれた少なくとも1種のビニル芳香族炭化水素系重合体。得られたブロック共重合体樹脂組成物は、熱収縮性多層フィルムに用いることができる。 (もっと読む)


【課題】袋内の酸素と二酸化炭素の濃度を好適な値に保つことができ、優れた経済性や透明性や熱溶着性や見栄え性を備える包装袋の製造方法と包装袋を提供する。
【解決手段】二軸延伸ポリプロピレンフィルムを捲回した第1のロールと、積層フィルムを捲回した第2のロールと、二軸延伸ポリプロピレンフィルムと積層フィルムとを熱処理しながら製袋する包装袋の製造方法において、積層フィルムは、低密度高圧ポリエチレン層をポリプロピレン層でサンドイッチ状に形成し、第1のロールから引き出した二軸延伸ポリプロピレンフィルムと、第2のロールから引き出した積層フィルムとを、それぞれ搬送しながら重ねる工程と、重ねたフィルムを、所定の方向に搬送し、所定の熱処理しながらシールする底部形成工程と、底部形成工程で形成した底部の形成方向に交差する方向に熱処理しながらシールして側部を形成し、フィルムを袋状とする袋形成工程を有する。 (もっと読む)


【課題】接着剤の塗布工程を省略して生産効率を向上し、廃棄に手間を要せず、焼却、埋め立てした際にも環境に悪影響を及ぼさず、しかも枯渇する石油資源からの脱却が可能なブリスターパックの提供を目的とする。
【解決手段】物品を収納するための凹部が形成されると共に、その凹部の周辺に凹部周辺部が形成されたカバー材と、この凹部を閉塞するためのシート基材とからなるブリスターパックにおいて、カバー材及びシート基材は、何れもポリ乳酸系重合体を主成分とする樹脂から構成され、シート基材は、結晶性の異なる少なくとも2層からなる積層体から構成され、この積層体の第1層を構成するポリ乳酸系重合体のD−乳酸の含有割合と、積層体の第2層を構成するポリ乳酸系重合体のD−乳酸の含有割合の関係が、所定の要件を満たし、積層体を構成する第2の層は、カバー材と接する面に配設され、カバー材の凹部周辺部とシート基材とを熱圧着させたことを特徴とする。 (もっと読む)


ポリプロピレンを含有しかつポリトリメチレンテレフタレートまたはポリメチルペンテンのいずれかを空洞化剤として5重量%から25重量%の量で含有して成る二軸配向フィルム。このフィルムは90%から100%のヘイズ値および10から150の光沢値を示す。このフィルムは食品包装用途および産業用途で使用可能である。 (もっと読む)


【課題】被覆用あるいは結束用等の包装材料分野において特に好適な熱収縮特性を発揮し、かつ、軽量で意匠性、印刷性、装着性、接着部の強度、後処理性(収縮仕上がり性など)に富んだ熱収縮性ポリエステル系フィルム、熱収縮性チューブ及びラベルを提供すること。
【解決手段】内部に空洞を有する層Aの少なくとも片面に層Aよりも空洞の少ない層Bが設けられてなる熱収縮性ポリエステル系フィルムであって、内部に酸化チタンを含有し、白色度が70以上であり、溶剤で接着可能なことを特徴とする熱収縮性ポリエステル系フィルム。 (もっと読む)


【課題】製造が容易であって工程数が低減でき、安定した透気度が得られるとともに、製造時及び使用時の安全性、衛生面で優れた通気性包装材料を提供する。
【解決手段】合成樹脂フィルム層2と通気性シート基材1と通気性コート層4とを積層した積層体8からなり、前記合成樹脂フィルム層2は前記通気性シート基材1に達する通気孔5を形成し、前記通気性コート層4がヒートシール性と通気性とを有するエマルジョン型コーティング剤を塗布して形成された塗膜からなる通気性包装材料10である。 (もっと読む)


【課題】容器に装着する際に高速に接着でき、仕上がり性が良好で、さらには容器に装着するのに適した長手方向を主収縮方向とする熱収縮性ポリエステルフィルムからなるラベルを提供すること、ならびに、軽量で美観に優れ、印刷や加工を施さなくとも光線カット性を有し、印刷を施した場合にも優れた美観を有する熱収縮性ラベルを提供する。
【解決手段】少なくとも1軸に延伸された熱収縮性ポリエステル系フィルムからなり、容器の周囲に巻回したフィルムの活性エネルギー線硬化型接着剤塗布部に、活性エネルギー線を照射することにより連続体に成形された熱収縮性ラベルであって、上記熱収縮性ポリエステル系フィルムは、90℃の温水中における長手方向の温湯熱収縮率が40%以上80%未満であり、主収縮方向が長手方向で、白色度が70以上または空洞を有する熱収縮性ポリエステル系フィルムである。 (もっと読む)




161 - 180 / 840